ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「藍澤光」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「藍澤光」に関する情報が集まったページです。

Windows 10を応援する萌えキャラのビジュアルが決定、名付け親を募集! みんなで女の子の名前を考えよう!
か、かわいい……。(2015/5/26)

台湾Microsoftの萌えキャラ・藍澤光が「Azure girl」に
SilverlightからAzureへ。(2014/9/9)

ねっと部:
ありがとう藍澤光さん 台湾Microsoftの公式サイトが終了
台湾MicrosoftのWebサイトに突然現れてから4年、SilverlightのPRキャラ「藍澤光」の公式サイトが終了した。ありがとう。(2014/6/23)

マイクロソフトがまた萌えた! アニメ作品をひっさげIEキャラ「藍澤 祈」爆誕 変身シーン見ごたえありすぎぃ!
さては台湾のしわ………ち、違うわ、これは……シンガポール!!?(2013/11/7)

目指すは「俺たちのマイクロソフト」 冬コミ初出展にかける“サブカル戦略”
冬コミに初出展するマイクロソフト。「思いつきの企画ではない」と語るプロジェクトメンバーに、コミケ出展に込めた狙いと当日の出展内容を聞いた。(2012/12/27)

みんな気合い入りすぎ:
【超速報】エイプリルフールネタ合戦まとめ 2012年も盛り上がっていこうぜ!
今年もエイプリルフールがやってきた。ネットの盛り上がりっぷりはいかほどか? ネタ合戦に注目だー!(2012/4/1)

どうしてこうなった:
台北地下街が萌えている 萌えキャラの声に花澤香菜さん
台湾始まってた……! 台北地下街が萌えキャラをフィーチャー。しかも日本の人気声優・花澤香菜さんが声をあてている。(2012/2/2)

おっぱいもアップグレード?:
MS台湾の萌えキャラ「藍澤光」、Silverlightに合わせてバージョンアップ
Silverlightのバージョンアップとともに、台湾Microsoftの萌えキャラが新しい衣装に。あれ、胸が……?(2011/12/16)

つ、ついに:
日本と台湾のMicrosoftが萌えでコラボ! 藍澤光×クラウディアの年賀状キャンペーン
つ、ついに台湾MSの「藍澤光」と日本マイクロソフトの「クラウディア」がコラボするぞ!(2011/12/7)

台湾MSの萌えキャラ「藍澤光」、Silverlightバージョンアップでも続投
Silverlightバージョンアップとともに引退か、と言われていた台湾Microsoftの萌えキャラ「藍澤光」の続投が決定。コスチュームが新しくなるという。(2011/10/31)

台湾MSの萌えキャラ「藍澤光」、Silverlightバージョンアップで引退か?
「台湾MS始まりすぎ」と言われるきっかけになった萌えキャラ「藍澤光」さんが、Silverlight 5のリリースで代替わりするとみられる。(2011/10/4)

台湾MSが萌えキャラ・光のゲーム公開 浴衣姿や水着姿も
台湾MSがまたも萌え萌えなゲームを公開。落ちもの系ゲームをクリアすれば、萌えキャラ・光の壁紙をゲットできる。(2011/7/20)

「エウレカセブン」の吉田健一氏が手掛けたイラストが、日本マイクロソフトの中小企業向けサイトに登場
日本マイクロソフトの中小企業向けサイトに、なにやらかわいらしいイラストが登場。壁紙もダウンロードできる。(2011/7/20)

ねとらぼ:
台湾MSの萌えるSilverlight「藍澤光」が日本上陸 pixivで公認イラストイベント
台湾MicrosoftでSilverlightの普及に励んでいるあの萌えキャラがpixivに降臨! イラストを募集する公認イベントが始まった。(2011/1/25)

Weekly Access Top10:
続「いまいち萌えない」旋風
「いまいち萌えない」娘の人気が引き続き拡大している。一方、萌え萌えなあのSilverlightのキャラはチャイナ服にお召し替え中。(2011/1/24)

ねとらぼ:
ありがとう台湾Microsoft ついにギャルゲー公開 「藍澤4姉妹」とXmasを過ごそう!
萌え萌えで始まりすぎな台湾の「Silverlight」公式サイトがとうとうギャルゲーを公開してしまった。(2010/12/20)

ねとらぼ:
Silverlight始まりすぎ MS台湾の公式サイトが萌え萌えに
台湾の「Silverlight」公式サイトがすごいことになっている。(2010/9/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。