ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「大合奏!バンドブラザーズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「大合奏!バンドブラザーズ」に関する情報が集まったページです。

立ちどまるよふりむくよ:
「ピアノToy-Con」に至る任天堂音楽ソフトの歴史
4月20日のNintendo Laboまで待てない人向けに、任天堂音楽ソフトのこれまでの流れをまとめてみた。(2018/2/23)

ニンテンドーDSとWiiのネット通信サービス「Wi-Fiコネクション」終了
任天堂は、ニンテンドーDSとWii向けのネット通信サービス「ニンテンドーWi-Fiコネクション」を5月20日午後11時で終了する。対応ソフトでは通信ができなくなる。(2014/2/27)

スーパーファミコンのコントローラを楽器に改造してみた動画
演奏してみたい。(2014/2/16)

ヤマハが超お手軽なボカロ曲制作iPhoneアプリ「VOCALOID first」を無料公開 水口哲也プロデューサーに話を聞いてきた
あらかじめメロディーが入った、伴奏付きの素材をつなげるだけで短い「ボカロ曲」が完成。さらに歌詞も簡単に作れる仕掛けが。(2013/11/7)

VOCALOIDエンジン引っさげ、ヤマハがゲームに参入 第1弾「ボカロダマ」で遊んでみた
ドコモがiPhoneを売り始め、日本のスマートフォンが一気にiPhoneに向かおうとしている。iPhoneアプリ「ボカロダマ」はVOCALOIDの裾野を広げるか……!(2013/9/11)

新作「大合奏! バンドブラザーズP」はボカロ機能搭載 自分の声がボカロになるぞ
1億総ボカロ化の時代……!(2013/8/8)

「バンブラ」新作はVOCALOIDで歌声も 「P」になれる「バンブラP」13年冬発売
任天堂は「大合奏!バンドブラザーズP」を今冬に発売。新たにVOCALOID技術を搭載、自分の分身「シンガー」に自由に歌わせることができるという。(2013/8/8)

日々是遊戯:
ニンテンドー3DSのローンチタイトルは8本――これって多い? 少ない?
ニンテンドー3DSの公式サイトが更新され、本体と同時に発売される「ローンチタイトル」のラインアップが判明しました。でもこれ、ちょっと少なくない……?(2011/1/13)

日々是遊戯:
ゲーム化も遠くない……? 「侵略! イカ娘」がゲーム業界も侵略中!
筆者の周りでも人気沸騰中のアニメ「侵略! イカ娘」。今回は「ニコニコ動画」から、ゲームと関係ありそうな「イカ娘」ネタをいくつか集めてみました。(2010/12/10)

「ちょっとマジック大全 スキ・キライ発見器」「バンブラDXラジオ」など新たに7タイトル登場――DSiウェア
4月1日、ニンテンドーDSiウェア向け7タイトルが新たに配信される。(2009/3/24)

配信してもらいたい楽曲を募集――「大合奏!バンドブラザーズDX」
(2008/12/11)

週間ソフト販売ランキング:
デッドヒートを繰り広げる2タイトル
「リズム天国ゴールド」と「ファンタシースターポータブル」の動きから目が離せません。(2008/8/21)

日々是遊戯:
「バンブラDX」“あの曲”の投稿者にお話をうかがってみました!
DS用ソフト「大合奏! バンドブラザーズDX」の特徴のひとつが、ユーザーが投稿した楽曲をWi-Fiでダウンロードできる点。そのダウンロードランキングで、なんと1位を獲得した「残酷な天使のテーゼ」の投稿者は、実は身近なアノ人だった!(2008/7/18)

日々是遊戯:
ひそかに人気爆発中の「バンブラDX」――その人気の秘密とは……
DS初期の名作「大合奏! バンドブラザーズ」が「DX」になって帰ってきた! ……のだが、この「バンブラDX」が現在、ものすごい勢いで品薄になっているという。その人気の秘密をうかがってみた。(2008/7/17)

日々是遊戯:
ひそかに人気爆発中の「バンブラDX」――その人気の秘密とは……
DS初期の名作「大合奏!? バンドブラザーズ」が「DX」になって帰ってきた! ……のだが、この「バンブラDX」が現在、ものすごい勢いで品薄になっているという。その人気の秘密をうかがってみた。(2008/7/17)

「大合奏!バンドブラザーズDX」レビュー:
気の向くままにリズムを刻め。必要なのはスキルではなくパッション
“バンブラ”の愛称で知られる、ニンテンドーDSの音楽ゲームシリーズ続編。前作からの改良点はというと……いや、そんな紋切り型の紹介など止めよう。初めてでも従来からのファンからでも、どちらだっていい。音で遊ぶ。その気持ちがあれば他に何もいらない。(2008/7/14)

週間ソフト販売ランキング:
みんなで大合奏してますか?
追加曲カートリッジをのぞくと、実に4年ぶりの続編「大合奏!バンドブラザーズDX」が、もっとも伸ばしてランキングトップに躍り出た。(2008/7/10)

週間ソフト販売ランキング:
ゲームにイメージガールはつきもの?
新作ラッシュで上位に大量ランクイン。夏のボーナスもあいまってか、なんだか景気のいい結果となっております。そういえば、ゲームによってはイメージガールが登場しますね。(2008/7/3)

「大合奏!バンドブラザーズDX」体験版を配信――DSステーション
(2008/6/12)

「リズム天国」レビュー:
身体をリズムに乗せて、指先をリズミカルに心踊らせ
リズムに乗って操作するだけという、簡単なルールが斬新なGBA用タイトル「リズム天国」。「メイドインワリオ」などと同じ脱力系かと思いプレイしてみると、見た目はそうでも中身は全然違うものだった。で、その中身は?(2006/8/21)

日野氏、感涙!「ドラゴンクエストVIII」が最優秀賞を獲得――第9回 CESA GAME AWARDS
CESAは、10月27日に「第9回 CESA GAME AWARDS」を開催。「GAME AWARDS 2004-2005」各賞を始め、東京ゲームショウ2005にて出展された作品を対象とする「GAME AWARDS FUTURE」、未製品の作品を対象とする「GAME AWARDS INDIES」受賞タイトルが発表された。(2005/10/28)

「大合奏!バンドブラザーズ」追加曲カートリッジの収録曲が発表――9月26日発売決定
(2005/8/23)

あなたのリクエストした楽曲がカートリッジに収録される――「大合奏!バンドブラザーズ」バーバラサマ キャンペーン開催
「大合奏!バンドブラザーズ」専用の追加曲カートリッジが発売されることが決定。しかも、収録される楽曲はユーザーからのリクエストで決定するうえに、リクエストした人には豪華なプレゼントも用意されている。(2005/7/1)

Dr.Shingo meets “Dai Gassou! Band Brothers”
境界線突破大作戦。ニンテンドーDSと楽器の真っ向勝負!
8トラックのシーケンサーがあることで、2004年末一番の話題となった「大合奏!バンドブラザーズ」。その能力を限界まで引き出すべく、1人のアーティストが立ち上がった!(2005/6/20)

ニンテンドーDS ダウンロードサービスが始動――「メテオス」体験版や「大合奏!バンドブラザーズ」の追加楽譜データなどが手に入る
(2005/2/25)

ニッポン放送とのタイアップで「バンブラ選手権」を開催
任天堂は、ニッポン放送のラジオ番組「HOT'n HOT」とのタイアップにより、バンブラ合奏のコンテスト「HOT'nバンドブラザーズ選手権大会」を開催すると発表した。(2005/1/17)

新米記者の家族捜しとゲーム三昧の行き当たりばっ旅
ゲームは国境を越えたのか?(前編)
正月の成田空港にひとりの新人記者がニンテンドーDSとPSP、そしてパスポートだけを握り締めて立っていた。彼が身を持って経験する、海外でのゲーム関連のあれやこれやを、家族を捜しながら紹介しよう。(2005/1/5)

今年のゲーム業界を独断と偏見で振り返るつもりになる
2004年もあとわずか。後半しばらくぶりの盛り上がりを見せたゲーム業界は、ソフトの充実ぶりを見るまでもなく円熟期を迎えている。12月にはニンテンドーDS、PSPと相次いで発売されるなど、ハード面でも次世代家庭用ゲーム機の尻尾を見据えての熾烈な戦いも見られた。そんな2004年を振り返る。クリスマスも会社で寂しくトロに癒され、ピクトチャットで会話する記者Sと記者Kによる忘年会ついでの回想録。(2004/12/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。