ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「賞味期限」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「賞味期限」に関する情報が集まったページです。

消費者のニーズに合わせてキャンペーン配信 KDDIとローソンが実証実験 位置情報と購買データ活用
KDDIとローソンが、スマートフォンの位置情報やコンビニでの購買情報を活用して、各消費者のニーズに合わせたキャンペーン情報などの通知を行う実証実験を始めた。(2020/9/24)

ポイント還元も:
KDDIとローソン、位置情報で「50%値引き」案内 消費期限が近い弁当など、廃棄ロス削減へ
KDDIとローソンが、位置情報や購買情報などに基づき、特典や値引き情報をスマートフォンアプリに配信する実証実験を始める。店舗の廃棄ロス削減も目指す。(2020/9/24)

西都城駅「かしわめし(冷凍4個入り)」(2592円)〜「駅弁の通信販売」を楽しもう! 我が家で旅気分(vol.7せとやま弁当編)
(2020/9/20)

有田駅「有田焼カレー スタンダード(ねこ)」(1890円)〜「駅弁の通信販売」を楽しもう! 我が家で旅気分!(vol.6有田テラス編)
(2020/9/18)

スマホ専用「テプラPRO」登場 アプリでラベル作成、「ごみ出し日」「賞味期限」などをお知らせする機能も
キングジムが、ラベルプリンタ「テプラ」PROシリーズ初のスマートフォン専用モデルを発売する。スマホアプリには、ラベルに「ごみ出し」「賞味期限」など特定の日時を設定し通知する機能を搭載。価格は1万5000円(税別)。(2020/9/8)

「シュールストレミング」の非正規輸入品に注意 購入時に気を付ける点などを正規輸入代理店に聞いた
「シュールストレミング」の非正規輸入品の購入は様々なリスクがあるようです。(2020/9/4)

食の流行をたどる:
賞味期限5秒のせんべい!? じわり広がる「瞬間グルメ」の正体
賞味期限の短さを売りにした瞬間グルメが注目されている。バナナジュース、せんべい、生ハムなど多岐にわたる。そのビジネスチャンスとは?(2020/8/31)

小淵沢駅「高原野菜とからあげの弁当」(1100円)〜この夏は「からあげ」がアツい! 高原野菜とからあげのハイブリッド駅弁誕生!!
ふたを開けた瞬間にハッと目を奪われる、インパクトある2個の大きな「からあげ」。ガブリといけばジュワっと広がる鶏肉のうま味。消費期限はたったの3時間!(2020/8/14)

コロナによって東京都の人口減少が早まる? テレワークなら都心やその近郊に住む必要性は
総務省によると、東京都は転出が転入を1069人上回り、人口流出が起きているという。テレワークの導入が進めば都心に住む必要がなくなり、マンション価格の低下や郊外の渋滞の売れ行きが良くなる可能性がある。(2020/8/6)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
Arm再売却の予想と、Intel TMGの行方
エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウオッチする連載。今回は、2020年7月の業界動向の振り返りとして、SoftBankがArmの売却に動いている件についての見解と、Intelの半導体製造を担うTMG(Technology and Manufactureing Group)についてお届けする。(2020/8/5)

傷んだ牛乳、見分けるポイントは? タカナシ乳業が「乳製品の取り扱い方法まとめ」公開
最後までおいしく飲むための保存方法を紹介。(2020/7/27)

加賀温泉駅「炙りのどぐろ棒寿し」(1600円)〜「通信販売の冷凍駅弁」は食べたいときが旬の味!
封を開ければ、白板昆布の下に、キラッとテカり、脂がのった「のどぐろ」が! 炙りの焦げ目が、酢飯の香りと相まって食欲をそそります。(2020/7/25)

加賀温泉駅・高野商店「香箱蟹の和風ドリア(6個セット)」(4000円)〜「駅弁の通信販売」を楽しもう! 我が家で旅気分(vol.4高野商店編)
とろ〜りとしたチーズと共に、香箱蟹の内子・外子がたっぷり入ったホワイトソースのうま味を感じながら、ハフハフしていただく瞬間がたまりません。(2020/7/24)

「サトウのごはん」賞味期限を1年へ延長
食品ロス削減にも期待。(2020/7/23)

宇都宮駅「きぶなカレー(プレミアムブラックシーフード)」(900円)〜駅弁135年の底力! 発祥の地・宇都宮の意地を感じる免疫力アップ駅弁!!
シーフードのうま味を感じつつ、スパイシーさはそのままにマイルドな食感が楽しめます。紐を引き抜いて蒸気で温める加熱式容器なので、いつでもホカホカ!(2020/7/23)

液体ミルクを半額以下の専用価格で販売 江崎グリコが多胎児家庭への育児支援策を開始
多胎児を持つ母親の約9割が「授乳回数の多さ」にストレスを感じているとのこと。(2020/7/18)

「近づけない、集めない」時代を生き抜く、企業の知恵:
コロナ禍で「社員の出社が前提」のサービスが危機! 「おかん」と「キリン」の生き残り策とは
コロナ禍でオフィスに出社する社員は減少した。社員向けの福利厚生サービス事業者はどう生き残るのか? 「オフィスおかん」と「KIRIN naturals」の戦略とは。(2020/7/6)

「いないいないばあ!」の曲で焦りがち 2歳児母のEテレあるある「Eテレで時間を把握する」に共感の嵐
「それはプテラ プテラノドン」で時間を知るやつ。(2020/7/2)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
1日で300万円稼ぐ“ドライブスルー魚屋”も登場 コロナ禍で見直された販売形態の魅力
コロナ禍をきっかけにドライブスルーが見直されている。緊急事態宣言が解除された後も、需要がありそうだ。1日で300万円を稼ぐ“ドライブスルー魚屋”も登場している。(2020/6/30)

今治駅「瀬戸の押寿司」(1400円)〜「駅弁の通信販売」を楽しもう! 我が家で旅気分!(vol.11二葉編)
愛媛発! 鯛と酢飯が生み出す自然な「甘さ」がおいしく感じる今治の名物駅弁です!(2020/6/28)

不織布マスク「寿命3年」は本当? 専門家の意見
新型コロナウイルスの流行で一時は深刻だったマスク不足だが、最近はドラッグストアなどの店頭でも品切れは少なくなった。一方で、すでに大量にマスクを買い置きしているという人には気になる情報もある。(2020/6/26)

スピン経済の歩き方:
長く低迷していたインスタント袋麺のブレイクは、“復権”の兆しなのか
これまで長く低迷してきたインスタント袋麺が、この3月から急にブレイクしている。「ステイホームの影響で売れているんでしょ」と思われたかもしれなしが、自粛解除後も売れているのだ。背景に何があるのかというと……。(2020/6/23)

ロスジェネ女子の就職サバイバル:
「早すぎたリケジョ」が氷河期に味わったジレンマ――“ダイバーシティー無き企業社会”は変われたか
ロスジェネ女子、中でも当時のある「早すぎたリケジョ」。「理系で有利」どころか就職、結婚などで強烈な不利に。「ダイバーシティー」が皆無だった時代とは。(2020/6/19)

新型コロナで伸びる飲食テイクアウト 市場拡大も夏場は食中毒警戒
新型コロナウイルスの感染拡大で飲食店が、テイクアウト市場に続々参入している。関連サービスも充実してきたが軌道に乗せるのは簡単ではない。夏場には食中毒が発生する恐れもあり、警戒が必要だ。(2020/5/11)

ビールは鮮度が大事:
新型コロナで余ったビールが消毒用の高濃度エタノールに“変身” キリンとアサヒが協力
新型コロナの感染拡大を受けて飲食店の客数が減っている。飲食店向けのビールが工場から出荷されずにいる。このビールを原料にして高濃度エタノールを製造する。(2020/5/8)

CDの代わりにバウムクーヘンだと……? 「ゲスの極み乙女。」世界初の“賞味期限付きアルバム”をリリース
忘れられない味になりそう。(2020/5/3)

やすこーんの「くらしの鉄道」:
自宅で駅弁、旅気分! 「#うちで食べよう」 家で「激ウマ駅弁大会」しませんか?
おいしくて懐かしくて幸せ〜。思い出の駅弁は「お取り寄せ」もできます。ぜひおいしく家でいただきましょう。(2020/4/30)

飲食業界でネット販売、先払いが活発化 自粛後の利用も促す
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、大きな打撃を受けている観光業界や飲食業界では、外出自粛中にも収益を出すためネット販売を行う事業者や、自粛後に使える飲食店た宿泊施設の利用券を先払いして支援するサービスなどが登場している。(2020/4/15)

4月には初の値上げも:
東京ばな奈、関西へ“出張営業” 一部免税店を除いて首都圏以外での販売は初、その切迫した理由とは?
東京ばな奈が、阪急うめだ本店で期間限定販売する。一部免税店を除いて首都圏以外での販売は初めてだという。このご時世にわざわざ“出張営業”する理由とは?担当者に聞いた。(2020/4/6)

PR:「アイスの実 濃いぶどう」と本物のぶどうをぶどうガチ勢がレビューしてみた
「アイスの実 濃いぶどう」があまりにもぶどうだった件。(2020/3/31)

生産性を4倍に:
PR:人手不足を味方に付けるスイーツメーカーは、なぜスマート工場化を進めるのか
「人手不足はチャンスだ」とする冷凍ケーキメーカーの五洋食品産業。なぜ同社はスマート工場化を進めるのか。同社のロボット活用とスマート工場化の取り組みを追う。(2020/3/17)

「食品ロス」削減への現在地:
新型コロナ感染拡大で行き場を失った食品を救え! 農水省や食品宅配事業者らの支援続々
物産展や飲食に関連したイベントの中止が相次ぐ。学校給食の中止で食材が行き場を失っている。食品ロスを防ぐための試行錯誤が続く。(2020/3/13)

スマートリテール:
リテールテックの国内市場、2030年に8737億円まで成長へ
富士経済は、小売、外食、宿泊業向け機器、システム&サービスの国内市場を調果した「リテールテック関連機器・システム市場の将来展望 2019」を発表した。2030年の国内市場は8737億円まで成長すると予測している。(2020/3/10)

水曜インタビュー劇場(一丁焼き公演):
行列ができる店があるのに、なぜ「たい焼き店」は増えないのか
たい焼き店の「御三家」をご存じだろうか。「浪花家総本店」「わかば」「柳屋」――。人気店の前に行列ができていることは珍しくないが、疑問がひとつ。もうかっていそうとなれば、同じような店が増えてもおかしくないのに、そうでもない。その秘密を探ってみると……。(2020/2/26)

スマートリテール:
トライアルが首都圏初のスマートストア、リテールAIによる流通情報革命の現場に
トライアルカンパニー、サントリー酒類、日本ハム、日本アクセス、ムロオ、フクシマガリレイがリテールAI(人工知能)プラットフォームプロジェクト「REAIL(リアイル)」の戦略について説明。トライアルとして首都圏初のスマートストアとなる長沼店にリテールAIなどを全面採用し実証を進めていく計画だ。(2020/2/26)

短期間の試験導入で得た、大きな知見:
「良い物を作るだけでは売れない」老舗和菓子店がマーケティングにAIを導入した理由とは
2019年、創業200年超の和菓子屋がマーケティングにAIを導入した。現場の勘や職人の経験が生きる業界で古い伝統を守りつつ新技術を取り入れて成長を続ける、老舗の挑戦を追った。(2020/2/17)

あまった海苔、どうしていますか? 食材の保存と使い切りを上手にやろう
(2020/2/12)

賞味期限切れの缶詰は破裂するかも! 備蓄品を見直しておこう
賞味期限を過ぎると「おいしさ」の保証もなくなるので、やっぱり期限内に食べたいところ。(2020/2/8)

今日のリサーチ:
恵方巻の予約購入派は35%、企業側は70%以上が予約販売を実施――ONE COMPATH調べ
恵方巻とフードシェアリングサービスに関する意識調査です。(2020/1/27)

スマートリテール:
RFIDを活用した店舗での情報共有システムの実証実験に関する成果報告書を公開
大日本印刷は、ICタグを活用した情報共有システムの実証実験に関する成果報告書を公開した。店舗でのRFID活用によるダイナミックプライシングと広告配信効果、家庭内での新サービスの可能性などを検証した。(2020/1/17)

ノザキのコンビーフ、くるくるして開ける缶が廃止決定 製造設備の限界により めくって開けるシールフタに
さびしい話ではありますが、容器の改良で保存期限が半年延びるなどのメリットもあります。(2020/1/15)

ファミマが“レンチンおでん”を本格導入 売り上げ減を承知で販売方法を見直した理由とは?
ファミリーマートが店頭でのおでんの販売方法を見直し、新たにレンジで温めるおでんを導入する。その理由は?(2020/1/14)

PR:化学大好き! 吉岡里帆の新たな魅力が炸裂する「DIC岡里帆」のかわいさで胸が苦しい
メガネ×三つ編み大変キュートです……(拝む)。(2020/1/9)

「売ってナンボ」の風潮に危機感、データドリブンな居酒屋に ワタミがクラウド型ERPを導入する理由
居酒屋チェーンを運営するワタミがクラウド型ERPを導入し、データを活用した店舗運営に乗り出していることを明らかにした。レガシーシステムから脱却し、データを活用した店舗運営に切り替えるという。経営企画本部 IT戦略部 部長の若林繁氏に、その背景と狙いを聞いた。(2019/12/20)

新連載・目利きが選ぶ「今使いたいビジネスツール」:
年末のデスク整理に最適 「地味だけどすごい」オフィスグッズ5選
(2019/12/20)

食の流行をたどる:
「賞味期限20分のジュース」「1本2000円」 バナナの高付加価値化が止まらない背景とは
バナナの消費量が増えている。バナナの専門店が人気になっているだけでなく、高額な国産バナナにも注目が集まる。“第3次バナナブーム”が起きていると筆者が指摘する背景は?(2019/12/16)

高タンパク、低脂肪の「昆虫食」に挑戦するチャンス……! 食用イモムシを使った「いもむしゴロゴロカレー」がクラウドファンディング開始
友だちとチャレンジしてみるのもありかも……?(2019/12/8)

Hitachi Social Innovation Forum 2019 TOKYOレポート:
PR:小売店舗の未来形とは、AI需要予測や3D LiDARによる来店客の行動検知、指静脈決済などで貢献
日立製作所のプライベートイベント「Hitachi Social Innovation Forum 2019 TOKYO」のリテールコーナーでは「小売現場の高度化」をテーマにさまざまな展示を行った。西友との協創事例の他、3D LiDARによる来店客の行動検知、指静脈認証による決済など独自技術のデモンストレーションを披露し、来場者の注目を集めた。(2019/11/29)

風味が異なる:
セブン、「たこ焼き」235万食を自主回収 紅ショウガの偏りで
セブン&アイ・ホールディングスは、グループ各店舗で販売する冷凍食品「セブンプレミアム とろ〜り食感たこ焼」約235万食を自主回収。紅ショウガの偏りによって、風味が損なわれた商品があるという。(2019/11/8)

CAD/GIS:
30mのスキャンを可能にするCAD/GIS向けエプソン初の大判複合機
エプソンは、CAD/GIS向けで、これまでラインアップに無かったスキャナーとの一体型プリンタ「SC-T5450M」を2019年10月末に発売した。低価格と省スペース設計の提案で、現在3位に位置する国内コーポレート市場のシェア獲得に乗り出す。スキャナーは独自に開発し、道路や橋梁などの長尺図面であっても、最大30.48メートルまでの読み取りが可能になる。(2019/11/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。