ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「バード電子」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「バード電子」に関する情報が集まったページです。

バード電子、MacBook Pro Retina用のアクリル製キーボードルーフ
バード電子は、MacBook Pro Retina 15インチモデル用となるアクリル製キーボードカバー「RF-MBPR15」を発売する。(2014/5/20)

バード電子、Mac Pro底側に光学ドライブを“一体化”できる専用スタンド「マックステージ」
バード電子は、外付け光学ドライブをMac Proの底面部に配置できる専用スタンド「マックステージ」を発売する。(2014/5/9)

バード電子、古いラジオケースのようなデザインのiPhone 5用ケース
バード電子の「Tr-5B」は、古いトランジスタラジオのケースをイメージしたiPhone 5用ケース。ロゴ入りのポリカーボネート製クリアカバーも数量限定でプレゼントする。(2012/11/12)

わびさびの世界:
“旧式”iPhoneをさらに古めかしく 4/4S用「錆」ケース
バード電子は、島製作所とコラボレートしたiPhone4/4S用「錆カバー」ケースを発売した。iPhone 5で旧式になってしまった4/4Sを、まさに錆び付かせる。(2012/9/20)

バード電子、乾電池でスマートフォンを充電できる外部電源を発売
バード電子から、スマートフォンを単三形乾電池4本で充電できる外部電源が登場した。エネループやエボルタはもちろん、アルカリ電池やマンガン電池での利用できる。(2011/11/11)

バード電子、吊り下げタイプのiPhone/スマートフォン用スリーブケース「Tr-4B」
バード電子は、iPhone/スマートフォンをベルトに吊り下げておけるスリーブケース「Tr-4B」を発売。ベルトループを使ったり、短く留めたりと2通りの取付け方が可能だ。(2011/11/7)

薄いけど熱いMBA用に──11枚羽で強化したPC冷却台「インタークーラーGT-1J」
バード電子より、MacBook Airでの使用に適するというパワーアップ型アルミ製ノートPC冷却台が登場。価格は6720円。(2011/8/12)

バード電子、MacBook Airが乾電池で動くモバイル電源「EP-15V」
バード電子は、MacBook Air用となる乾電池動作対応の外部電源「EP-15V」を発売した。(2011/6/9)

iPod Style:
電源不要のビーナッツ型スピーカー、バード電子「EZ21」
バード電子の「EZ21」は、ピーナッツ型のピロースピーカーである。電源が不要のため、バッテリー内蔵のプレーヤーと組み合わせれば、停電中でも音楽を楽しめる。(2011/3/23)

バード電子、デニム素材を使ったブックカバータイプのiPadカバー「DENIM #1」
バード電子が、ヴィンテージ感があるデニム素材を使ったブックカバータイプのiPadケース「DENIM #1」を発売した。(2010/9/17)

4台同時充電可能な電源ステーション「iPad変電所」――バード電子
バード電子は、USBバスパワー給電アダプタ「iPad変電所」を発売する。(2010/8/19)

バード電子、枕元で使えるピーナッツ型のピロースピーカー「EZ21」
バード電子は、枕の上やピローケースの中に入れて使えるピーナッツ型のピロースピーカー「EZ21」を5月10日に発売する。(2010/4/30)

iPod Style:
iPhoneをおサイフケータイにできる「iPhone 3Gラヂオケース」
バード電子の「iPhone 3Gラヂオケース」はちょっと懐かしいラジオケースをイメージしたiPhone 3G用ケース。カードホルダーを備えており、iPhoneをおサイフケータイのように使うことも可能にする。(2010/3/26)

バード電子 エネループ使用、980円のiPhone充電器
バード電子が乾電池を利用したiPod用携帯充電器「USB 乾電池パック」(MB-5V)を販売開始。「エネループ」を使えばiPhoneも充電できる。(2009/6/1)

不況に効く!?:
バード電子 電源不要iPodスピーカー「EZISON02」
ハード電子が電源不要のiPod用スピーカー「EZISON STEREO」(EZ02)を販売開始。(2009/5/11)

たこつぼスピーカー発売――バード電子
バード電子は、筐体に本物のたこつぼを用いたステレオスピーカー「たこつぼスピーカー」を発表した。(2009/3/3)

プロとセッション?できるiPodミキサー
バード電子がiPodとエレキギターを接続して手軽にトレーニングができる、ヘッドフォン専用のギターミキサー「DJ-4G」を発売する。(2008/12/18)

バード電子、MacBookにもフィットするノートPC冷却台「インタークーラーGT」
バード電子は、冷却ファン内蔵のノートPC冷却台「インタークーラーGT」を発売した。(2008/9/1)

バード電子、「幸せを呼ぶかもしれない」スピーカー
バード電子がアルミの質感をいかしたサイコロ型スピーカー「EZ13」を発売。金銀2色のバリエーションで「幸せを呼ぶかもしれない」(同社)。(2008/7/16)

夏はビールと……:
バード電子、“枝豆”iPodスピーカー発売
バード電子は、iPodスピーカー「おやすみピーナッツスピーカー」を発売した。(2008/7/10)

ひとりで盛り上がる:
電源不要、シンプルiPodミキサー「iPod DJ Mixer」
バード電子がiPod用のミキシングツール“iPod DJ Mixer”「DJ7」を発売。ケーブルだけのシンプルさで、ひとりでも楽しめる。(2008/6/20)

仕事耕具:
ひざ上で快適タイピング 天然木製のキーボードトレイ
バード電子は、天然木製キーボードトレイ「AirBoard」と、パームレスト2種(ローズウッド/くるみ)を発売した。AirBoardを使えば、不安定なひざの上でもキーボードを扱いやすいという。(2008/5/28)

バード電子、電池なしで使えるモバイルスピーカー「EZISON0」
バード電子が電池なしで使えるスピーカー「EZISON0」を、限定カラーを含む5色展開で発売。(2008/3/27)

3分LifeHacking:
電話の内容を安価かつ効率的にメモする
「電話の内容を効率的にメモする」は、まずまずの注目を集めたが、バード電子の「MemoPad」の価格に不満を感じる人もいたようだ。代替品を考えてみよう。(2007/12/5)

(たぶん)世界最小のDJミキサー、バード電子から
バード電子はiPodなどとの組み合わせに適した小型DJミキサー「DJ-5」を発売する。手のひらサイズで、「たぶん、たぶんですが、(DJミキサーとしては)世界最小サイズ」(同社)(2007/11/9)

バード電子、廉価版「ストラト」iPodミキサー
バード電子は、手のひらサイズの小型ミキサー「DJ-4S」の販売を開始した。「DJ-4」と同仕様ながら、表面処理を半光沢のシルバーにすることで価格を抑えた。(2007/7/12)

手軽にDJ気分♪:
ギターのボリュームノブを使ったiPodミキサー、バード電子から
バード電子が小型ミキサー「DJ-4」を発売した。2つの入力を持ち、iPodを2台接続すると「ホイール操作がターンテーブルっぽい」。(2007/5/25)

“真っ黒なラヂオ”みたいになるiPodケース
バード電子は、昭和40年代のラジオ/カメラケースをイメージさせるiPodケースをぶ厚い本革製で、スピーカー内蔵タイプも用意。(2007/3/19)

バード電子、Mac用「HappyHackingキーボード」のルーフ同梱モデルを限定発売
バード電子は、PFU製のMac用コンパクトキーボード「HHKB Lite2」に専用のキーボードルーフを同梱したモデルの発売を開始した。(2007/2/20)

バード電子、クリスマスに最適な高級レザーiPodケース
バード電子はイタリアのバケッタレザーを利用したiPod nanoケース「CP-402」「CP-403」の販売を開始した。(2006/12/18)

iPodの“空箱”をスピーカーにするキット
「ひょうたんスピーカー」のバード電子が、iPodのプラスチックケースをリサイクルするエコロジーなキットを発売した。(2006/11/14)

バード電子、第2世代iPod nano対応の「POCO」
バード電子はバックスキンのような肌触りの合成繊維「セクセーヌ」を利用した第2世代iPod nano専用ケース「POCO」(POCO-GN2)を発売する。(2006/10/12)

バード電子、W-ZERO3専用レザーポーチを発売
(2006/9/8)

バード電子、殻付きピーナッツ風スピーカー発売
バード電子は殻付きのピーナッツをイメージした、ステレオスピーカーを発売した。すべてのiPodで使えるという。(2006/8/23)

電源不要、超シンプルな“iPod ミキサー”
バード電子は2台のiPodの音をミキシングして楽しめるミキシングケーブル“iPod DJ Mixer”「DJ-2.20」を発売する。(2006/8/16)

バード電子、“ひょうたんの日”に選べるひょうたんフェア
バード電子は8月8日の「ひょうたんの日」を記念し、直販サイトにて「形の選べるiPodひょうたんスピーカーフェア」を行う。(2006/8/7)

大人のiPodケース、バード電子
バード電子は30Gバイト iPod用のソフトレザーケースを発売した。スリーブタイプのシンプルなデザインで、「大人のためのiPodケース。女性にもおすすめ」(同社)という。価格は各4200円。(2006/5/29)

バード電子、今度は「竹」のiPod用スピーカー
バード電子は、天然竹を使用し煤竹をイメージした仕上げのiPod用ステレオスピーカー「EZISON take」を発売した。(2006/5/26)

イラストレーターたかしまてつを氏が、作品を手書きしたサイコロスピーカー
バード電子は、イラストレーターのたかしまてつを氏による「花」と「へび」のイラストが入ったサイコロスピーカーを発売した。価格は4900円。(2006/5/24)

「ロード・オブ・ザ・リングも最後まで見れる」バード電子のiPod給電パック
バード電子は第5世代iPodなどに給電可能な乾電池パック「DC-Pod」を4月18日より販売開始すると発表した。同社直販サイトでの価格は9870円。(2006/4/13)

インタビュー:
「最初はタコ壷だった」――iPod用ひょうたんスピーカー
異色のiPod用スピーカーとして人気なのが、バード電子の「iPod用ひょうたんスピーカー」だ。いったいどんな経緯で誕生した製品なのか、製造販売元であるバード電子に話を聞いた。(2006/4/12)

バード電子、ジンバブエデニム素材を採用するMacBook Pro用インナーケース
バード電子は、ブックカバー風のスリーブタイプデザインを用いたMacBook Pro用インナーケース「MODE-M154」を発売する。価格は6720円。(2006/4/5)

バード、トスカーナの革なめし職人による品質保証付きiPod nanoケース
バード電子は、バケッタレザーのiPod nanoケース「CP-302」を4月10日に発売する。トスカーナの革なめし職人が手がけた本革素材を使用。(2006/3/28)

駒は出ないけど音がでる。バードのひょうたんスピーカーフェア
バード電子は天然ひょうたんを加工したiPod向けスピーカーによる「ひょうたんフェア」をスタートした。ステレオタイプや超小型タイプのほか、組み合わせに適した1ビットデジタルアンプも用意。(2006/3/7)

バード電子、部屋を“中学校の教室”みたいにするスピーカー
バード電子はクラシカルなデザインのスピーカー“学校のスピーカー15型”「EZ15G」を2月7日より販売開始する。中学校の教室の壁に掛かっているような、ノスタルジーを感じさせるデザインだ。(2006/1/30)

バード電子、電源なしでも楽しめるサイコロスピーカー
バード電子はアンプレスタイプの小型スピーカー「サイコロスピーカー」の販売を開始した。価格は3000円で、カラーはブラックとホワイトの2色。(2006/1/17)

傷ついたiPodもお色直し――バード電子「FACE CARD」
バード電子は12月28日、新iPod/iPod nanoに対応する保護プレート「FACE CARD」を発表した。iPodの表面についてしまった傷を隠すほか、“白ボディに黒ホイール”など雰囲気を変えるツールとしても利用できる。(2005/12/28)

“ラヂオ”みたいになるiPodケース――バード電子
バード電子は、昔のトランジスタラジオをイメージした「ラヂオケース」シリーズを12月22日に発売する。ぶ厚い本革製で、スピーカー内蔵タイプも用意した。(2005/12/16)

バード電子、素早く収納できるスリーブ付きのiPod nanoケース
バード電子は柔らかな牛革を使用したiPod nano用ケース「PULL-UP」の販売を開始した。サイドスリーブが設けられており、素早く収納できる。(2005/10/18)

柔らか手触りのイタリアンバケッタレザーiPodケース
バード電子は、柔らかな「バケッタレザー」を使用したiPodケースを発売した。(2005/7/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。