ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ブリヂストン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ブリヂストン」に関する情報が集まったページです。

世界を読み解くニュース・サロン:
ロシアに進出している企業はどうなる? 撤退は「吉」か、継続は「凶」か
ロシア国内で海外の各企業はどのような対応を取っているのか。大手外国企業1000社以上のロシア国内での動きをウォッチしている、ある研究所のデータによると……。(2022/5/6)

スゴい奴らだぜ……!! ケータハム・セブンに近未来の「エアレスタイヤ」履いて激走 「超クール」「これぞ車輪の再発明」
セブンに履いても大丈夫!(2022/4/25)

シェアサイクリング・ブギ:
どっちがお得? 早く会社に行けるのはどっち? シェアサイクルを乗り比べてみた
前回のドコモ・バイクシェアに加え、HELLO CYCLINGを使って17km弱の自転車通勤をしてみた。(2022/4/15)

トヨタ、森永…巧妙化ランサムウエアの被害急増 狙われる関連企業や海外拠点
「ランサムウェア」の被害が広がっている。2月末にはトヨタ自動車が国内全工場の稼働を停止。デンソーやブリヂストン、森永製菓といった大企業でも被害が相次ぐ。手口も巧妙化しており、海外拠点やグループ企業も含めた対策が求められている。(2022/4/7)

電動アシスト自転車のバッテリーに発火のおそれ ヤマハ発動機とブリヂストン、無償交換へ
ヤマハ発動機は5日、電動アシスト自転車に採用していたリチウムイオンバッテリーの一部で内部から発火する可能性があり、無償交換を実施すると発表した。ブリヂストンサイクルの製品でも採用していた。(2022/4/6)

【画像100枚】わくわくバイクいっぱい、お姉さんも意外とたくさん! 日本最大級のバイクの祭典「東京モーターサイクルショー2022」開幕
3年ぶり実開催、わくわくなバイクがいっぱいですよぉぉ! 東京ビッグサイトで3月27日まで。(2022/3/25)

ブリヂストン米グループ会社がランサムウェア被害で一時業務停止に 犯罪者集団が犯行声明
ブリヂストン アメリカスは、ランサムウェアによるサイバー攻撃を受けた。同社は攻撃検出後に業務を停止していたが、問題に対処したとして業務の再開およびセキュリティインシデントについて報告した。(2022/3/19)

森永製菓に不正アクセス 日本企業を狙った攻撃相次ぐ
森永製菓は同社が管理する複数のサーバーに、第三者から不正アクセスを受けたことを確認したと発表した。(2022/3/18)

ブリヂストンにランサムウェア攻撃 クルマ関連企業へのサイバー攻撃相次ぐ
ブリヂストンの米子会社にランサムウェア攻撃。自動車関連企業ではこの3月、デンソーやトヨタに関連する企業がサイバー攻撃を受けている。(2022/3/18)

連載・2021年、役員改革が始まった:
なぜ、トヨタは執行役員を“半分以下”にしたのか 大企業に迫る「2つの波」
リーマンショック後に起こった執行役員の廃止や削減の動きは、2010年代に入ってからは大企業にも広がっていきました。その一例が、日本を代表する企業の一つであるトヨタです。なぜ、トヨタは改革に踏み切ったのでしょうか。(2022/2/15)

ブリヂストンからキーマンを招へい:
DXで飛躍する出光興産・木藤俊一社長を直撃 「昭和シェルとの経営統合」の効果は?
石油元売り大手の出光興産が、昭和シェル石油との経営統合によるシナジー効果とDXによって、脱炭素が求められる新時代で飛躍しようとしている。DX銘柄にも選定された。出光興産の木藤俊一社長に新しいエネルギー時代に求められる将来像を聞く。(2022/1/31)

2022年4月1日から:
ブリヂストンの市販タイヤ、7〜10%値上げへ 2年8カ月ぶり、原材料価格の高騰で
ブリヂストンは日本国内で市販するタイヤなどを4月1日から一斉に値上げすると発表した。原材料価格の高騰が原因。(2022/1/14)

高根英幸 「クルマのミライ」:
スタッドレスタイヤはどうして氷上でもグリップするのか
雪道ではスタッドレスタイヤやタイヤチェーンなどの装備が欠かせない。スタッドレスタイヤに履き替えていれば、大抵の氷雪路では問題なく走行できる。しかし、そもそもスタッドレスはなぜ氷雪路でも走行できるのか、考えたことがあるだろうか。(2022/1/4)

年末のまとめ:
「ジョブ型雇用」のよくある誤解 “現実解”に迫る記事5選
ジョブ型を見誤らないために、理解しておくべきことは何でしょうか。従来のメンバーシップ型とは、どのように折り合いをつけるべきでしょうか。ITmedia ビジネスオンラインの記事の中から、ジョブ型導入の“現実解”に迫る記事を紹介します。(2021/12/27)

スピン経済の歩き方:
ブリヂストン「中国企業への事業売却」を叩くムードが、日本の衰退につながったワケ
ブリヂストンが大規模なリストラを明らかにした。中国企業に「防振ゴム事業」を売却することに対し、批判の声が高まっているが、こうしたムードが強まるとどういったことが起きるのか。筆者の窪田氏は「日本を衰退させるという皮肉な現実がある」と指摘する。どういう意味かというと……。(2021/12/21)

電子ブックレット(製造マネジメント):
ブリヂストンの“強烈な危機感”とは/「タイヤ力」のデータ価値
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、製造業で広がるサービタイゼーション事例を、過去のニュースから取り上げ紹介する「事例で見る、モノづくりからコトづくりへの挑戦」をお送りします。(2021/12/13)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
スペルを間違いがちなブランドを調査 「ランボルギーニ」「フェラーリ」、そしてなぜか「スズキ」も?
そこに「h」? 「s」が連続? ブランド名の表記(アルファベット)の難しさに戸惑うのは日本人だけではないようです。(2021/11/29)

モータースポーツ超入門(11):
電動化でさらにレースを面白く、時速380kmの戦い「インディカー・シリーズ」
時速380kmにも達する超高速スピードで競う北米最高峰のモータースポーツが「インディカー・シリーズ」だ。(2021/11/24)

視点:
競争環境を勝ち抜くためのDXによる標準化・差別化の進め方
企業はDXがもたらす価値を最大化するために、「標準化」と「差別化」という一見対極的な、しかし実際には両輪で取り組むべき活動をDX推進の中で行うべきである。(2021/10/25)

3分インタビュー:
SUV専用タイヤが靴底に 洋服の青山とブリヂストンが作った革靴は何が違うのか
青山商事が、ソールにSUV用タイヤのトレッドパターンを採用した革靴を発売している。(2021/10/20)

モータースポーツ超入門(9):
GR86と新型BRZでさらなる盛り上がり、ワンメイクの「86/BRZレース」とは
トヨタ自動車とスバルが共同開発した小型FR(後輪駆動)スポーツカー、トヨタ自動車の「86」とスバルの「BRZ」を使った参加型モータースポーツが「トヨタガズーレーシング86/BRZレース」だ。(2021/8/27)

「ジョブ型」とは結局何か?:
「日本版ジョブ型雇用」の現在地 日立、富士通、ブリヂストンなど【まとめ読み】
「ジョブ型」とは結局何か? 日本でジョブ型の導入を進める7社の事例を通して、「日本版ジョブ型雇用」の現在地を探る──。(2021/8/5)

電気自動車:
マツダが初の太陽光発電設備、本社工場で生産するEVなどに1.1MW
マツダは2021年7月13日、広島本社工場に太陽光発電設備を導入し、同日から稼働したと発表した。(2021/7/14)

各社の取り組みを紹介:
経産省、28社を「DX銘柄2021」に認定 グランプリ企業は?
経済産業省は6月7日、デジタル技術を前提としたビジネスモデル・経営変革に取り組む企業28社を「DX銘柄2021」として発表した。グランプリ企業として選出された2社はどこか?どんな取り組みをしているのか?(2021/7/12)

DXを意識:
ジョブ型とメンバーシップ型を融合、ブリヂストンの人事制度は“日本型のスタンダード”になるか
ブリヂストンが中期事業計画の一環で、人事制度を改革している。その中で注目したいポイントが2つある。1つは、組織の階層構造のシンプル化。もう1つは、ジョブ型とメンバーシップ型を組み合わせた人事制度の導入だ。(2021/6/14)

DX銘柄2021発表 「伊藤レポート」伊藤邦雄氏が語る経営責任としてのDX
「DX銘柄2021」が発表された。企業のDXの実践状況を基に事業の成長性を投資家向けに示す取り組みだ。今後予定されるデジタルガバナンスコード改訂では、経営者陣の中のDX人材の有無などの情報開示を求められる見通しのため、株式市場に参加する企業はいよいよ経営課題としてDXを推進する必要性が高まる。(2021/6/8)

製造マネジメントニュース:
「DX銘柄2021」グランプリに日立、Lumada事業が高評価
経済産業省は2021年6月7日、東京証券取引所と共同で「DX銘柄」を選定し、「DX銘柄2021」の選定企業28社と「DX注目企業2021」20社を発表した。さらに、新型コロナウイルス感染症の影響に対する優れたデジタル対応の取り組みを実施した企業として「デジタル×コロナ対策企業」を11社選定した。(2021/6/8)

製造業IoT:
NTTコムがローカル5Gサービスを提供、工場向け中心に5年で500システム納入目指す
NTTコミュニケーションズは2021年同年3月31日から提供する「ローカル5Gサービス」について説明。ローカル5Gの環境構築に必要となる導入コンサルティングから運用の支援をワンストップで行う。クラウド5Gコアを活用するなどして月額利用型サービスとしての提供を実現。製造業の工場向けを中心に、2025年までに500システムの納入を目指す。(2021/3/31)

NTTコムがローカル5Gの支援サービスを提供 ドコモとも連携して“キャリア品質”目指す
NTTコミュニケーションズが、2021年3月31日から「ローカル5Gサービス」を提供する。企業がローカルを5G導入する際のコンサルティング、免許取得、機器構築、運用などの支援をトータルで行う。NTTドコモが持つ、エリア調査や回線設計などに関する知見を取り入れることで、高品質なエリア構築を目指す。(2021/3/30)

5Gビジネスの神髄に迫る:
ローカル5G、フルMVNO、ドコモとの連携――NTTコミュニケーションズの5G戦略を聞く
NTTのグループ会社の中で、とりわけ法人向けビジネスに強みを持つNTTコミュニケーションズ。最近ではフルMVNOやローカル5Gなど、無線通信を活用した法人ソリューションの強化も推し進めている。同社では、法人ユースに対応したネットワークのクオリティーや知見を強みとしている。(2021/3/29)

モータースポーツ超入門(5):
GRスープラやNSX、GT-Rが競うスーパーGT、共通化と競争領域を使い分け
最高峰のGTレースにして、世界でも類を見ないコンペティティブな環境が整うレースカテゴリーが日本に存在する。それがスーパーGTだ。上位クラスのGT500ではトヨタ自動車、ホンダ、日産自動車が三つどもえの戦いを展開し、下位のGT300ではポルシェやランボルギーニ、フェラーリといった世界の名だたるスーパースポーツカーが参戦する。(2021/3/23)

20年12月期:
ブリヂストン、69年ぶり最終赤字 「稼ぐ力の再構築」で、来期は黒字化へ
ブリヂストンの2020年12月期の通期連結業績は、最終損益が233億円の赤字(前期は2401億円の黒字)に転落。最終赤字は69年ぶり。新型コロナウイルスの影響でタイヤ需要が大幅に減った。(2021/2/16)

自動車業界の1週間を振り返る:
単なる下請けと組んでも「アップルらしいクルマ」は作れないのでは
おはようございます。土曜日です。1週間、お疲れ様でした。今週は月曜から花粉が飛び始めたような気がします。憂鬱な季節のスタートです。(2021/2/6)

メカ設計ニュース:
ブリヂストンのSUV専用タイヤ「ALENZA LX100」、「REGNO」の技術で静粛性2割向上
ブリヂストンがSUV専用タイヤ「ALENZA LX100」の開発背景や技術的な特徴などについて説明。主に舗装された道路での走行を前提とするオンロードSUV向けに快適性を追求したタイヤであるLX100の投入に併せてオンロードSUV向けをALENZA、オフロードSUV向けをDUELERに統一する。(2021/2/1)

製造マネジメント 年間ランキング2020:
COVID-19で相次いだ工場停止、一方で企業のDXや構造改革を強力に後押し?
2020年に公開したMONOist 製造マネジメントフォーラムの記事をランキング形式で振り返ります。公開記事の1年間分のデータを集計した上位10位の記事を見てみると、2020年はやはり新型コロナウイルス感染症に関する話題が目立ちました。(2020/12/22)

製造業IoT:
ローカル5Gの帯域幅が12倍に拡張、NTT東西とコムはサブ6で免許申請
総務省は2020年12月18日、ローカル5Gで利用できる使用周波数帯を拡張するための、関係省令及び告示を公布、施行し、免許申請の受付を開始した。従来はミリ波帯の28.2G〜28.3GHzだけだったが、今回の拡張ではサブ6(Sub-6)と呼ばれる6GHz以下の4.6G〜4.9GHzを加えるとともに、ミリ波帯も28.3G〜29.1GHzを追加した。(2020/12/21)

自動車業界の1週間を振り返る:
クラウンが生産終了!? それでも最先端の技術はセダンから始まる
みなさんこんにちは、金曜日です。1週間、お疲れさまでした。今週も自動車業界ではさまざまなニュースがありました。ゆるゆると振り返ってみたいと思います。(2020/11/13)

ジョブ型も一部で導入:
ブリヂストン、執行役員制度を廃止 経営層を3分の1に
ブリヂストンが執行役員制度を廃止する。経営層を減らし、意思決定を迅速化する。人事制度も刷新し、一部でジョブ型制度を取り入れる。(2020/11/12)

研究開発の最前線:
ブリヂストンの研究開発拠点はここから始まる、技術ショールーム「BIG」レポート
ブリヂストンは2020年11月21日から、リニューアルした技術ショールーム「Bridgestone Innovation Gallery(BIG)」の一般公開を開始する。同社は東京都小平市の拠点を再開発し、新たなイノベーション拠点となる「Bridgestone Innovation Park」を開設する方針を発表しているが、BIGの一般公開はその皮切りとなるものだ。(2020/11/11)

「ランフラットタイヤ」はなぜパンクしても走れるの?
タイヤの側面に秘密があります。(2020/10/27)

研究開発の最前線:
ブリヂストンは“強いリアル”とDXで技術イノベーション、東京・小平を再開発
ブリヂストンは、2020年7月に発表した中長期事業戦略構想「Bridgestone 3.0」で重要な役割を果たす技術イノベーションの方向性について説明。ブリヂストン技術センターや東京工場が位置する東京都小平市の拠点を再開発し、新たなイノベーション拠点となる「Bridgestone Innovation Park」を開設する。(2020/9/16)

「新時代」のマーケティング教室:
デジタルで「4P」はどう変わる 価格の流動化と“新通貨”登場で新たに脚光を浴びる2つのビジネスモデルとは?
マーケティング理論として知られる「マーケティング・ミックス」(4P)。デジタル時代にどう変わっている? 東京都立大学経済経営学部の水越康介教授が解説する。(2020/9/9)

製造マネジメントニュース:
「DX銘柄」35社と「DX注目企業」21社を発表、グランプリはコマツとトラスコ中山
経済産業省は2020年8月25日、東京証券取引所と共同で「デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)」を選定し、「DX銘柄2020」選定企業35社と「DX注目企業2020」21社を発表した。(2020/8/27)

100年前からあるビジネスモデル:
サブスクを成功させるか、失敗させるか、キモは「3+1」
多くの企業がサブスクビジネスを始めている。当初の目標を達成できずに苦しんでいるところも多いようだが、どこに問題があるのか。成功事例をひも解くと、共通点が見えてきて……。(2020/7/14)

製造業がサービス業となる日:
「タイヤを売るだけでは生きていけない」ブリヂストンが抱える“強烈な危機感”
ブリヂストンは2020年7月8日、第3の創業(Bridgestone 3.0)として2020〜2030年を対象とした中長期事業戦略構想を発表した。タイヤ事業をコアと位置付けつつも、タイヤを取り巻くデータなどを活用したソリューション事業に大きく舵を切る方針を示した。(2020/7/10)

コロナ感染拡大で増益・減益する企業はどこ? AIがランキング予想
金融系AIベンチャーのxenodata lab.は、新型コロナの影響で増益・減益する企業のランキング予想を公開した。予想には同社の業績予想AI「xenoBrain」を使用したという。(2020/6/9)

医療機器ニュース:
柔らかい人工筋肉のダイナミクスを用いて高精度の長さ推定に成功
東京大学とブリヂストンは、空気圧アクチュエーターに基づいた人工筋肉について、人工筋肉のダイナミクスと機械学習法を組み合わせることで、加圧駆動時にリアルタイムで高精度に長さが推定できることを示した。(2020/6/2)

5Gビジネスの神髄に迫る:
なぜキャリアの5Gとは別に「ローカル5G」が必要なのか? メリットと課題を整理する
5Gはキャリアが展開するものだけでなく、自由に5Gのネットワークを構築できる「ローカル5G」という仕組みも存在する。特に法人での5G活用においては、ローカル5Gに高い関心が寄せられている。ただしNSAでの運用が求められていること、参入事業者に知見があるとは限らない、などの課題もある。(2020/5/8)

工場ニュース:
ブリヂストンが自社生産ウレタンマスクを工場周辺自治体に提供、合計30万枚
ブリヂストンは、国内グループ従業員向けに自社生産を開始したウレタン製の簡易マスクについて、国内生産拠点周辺の自治体に提供すると発表した。合計30万枚をゴールデンウイーク明けから順次提供する。(2020/5/7)

地域のニーズに応えて:
ブリヂストン、自社生産マスクを社外にも提供 工場立地の17自治体に計30万枚
ブリヂストンは、自社生産する簡易マスク計30万枚を、国内生産拠点がある地域の自治体に提供する。従業員が使用する目的でマスクの生産を始めていたが、地域での需要に対応するために外部への提供を決めた。(2020/5/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。