ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ビジネスマンの悩み相談室」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ビジネスマンの悩み相談室 電子書籍版はこちら

ビジネスマンの悩み相談室:
「思考の枠」を緩める
思考の枠を外すと人の人生は豊かになり、外せないと全ての思考を停止させる。思考の枠とは何だろうか。(2013/8/26)

ビジネスマンの悩み相談室:
人と組織は育て合う
新年度を迎えたこの時期だからこそ、改めて考えてほしいことがある。それは「人と組織」についてである。(2013/4/22)

ビジネスマンの悩み相談室:
人間としての金メダルを目指せ
人に勝つよりも「己に勝つ」。礼儀、人を敬う、敗者の気持ちが分かる。勝者にはそのような振る舞いが求められる。(2012/10/10)

ビジネスマンの悩み相談室:
チームに貢献するメンバーを育てる
「みんなのため」「組織のため」となる仕組みを作る。個人の能力を発揮させながらチームに貢献させる、これがリーダーのすべきことである。(2012/9/18)

ビジネスマンの悩み相談室:
決めつけは百害あって一利なし
「思考の枠」にはまっていないだろうか。変化に対応するには、思考の枠を広げる、取り去るなど常に新しいものを取り入れることが求められる。(2012/8/9)

ビジネスマンの悩み相談室:
怒りは百害あって一利なし
怒りにまかせることでどんなことが起きるかを想像してみてほしい。少し考えれば、得をすることは何もないのが分かるだろう。(2012/7/4)

ビジネスマンの悩み相談室:
若い人には横から目線で共感する
若い人を率いてうまく能力を発揮させていると感じるのは、なでしこジャパンの佐々木監督。みんなと力を合わせることで頑張ることができ、成果もあがっていく。(2012/5/25)

ビジネスマンの悩み相談室:
真のプロフェッショナルとは
「部下のモチベーションが低い」という声を聞くが、それではあなた自身のモチベーションはどうだろう。高いといえるだろうか。(2012/4/25)

ビジネスマンの悩み相談室:
3月はフォローアップの時期
1年のうち、4分の1が過ぎたが年初に立てた目標を見直しているだろうか。計画通り進んでいない場合は、どのように改善すればいいか考えるのも重要である。(2012/3/23)

ビジネスマンの悩み相談室:
資格を取るなら目的を明確にせよ
新年の1月から年度始まりの4月までは、雑誌やテレビなどあちらこちらで資格や語学学校などの宣伝を目にする。しかし、何のためにやるのか、資格をどのように生かすのか、それが明確でないと結局長続きせず中途半端になる。(2012/2/22)

ビジネスマンの悩み相談室:
やめることから始めよう
今年は何をやろうかと張り切っている人も多いだろう。しかし与えられた時間は限られており「選択と集中」が重要だ。「何をやらないか」を探し、取り組んでみてはどうだろうか。(2012/1/20)

ビジネスマンの悩み相談室:
真摯さとまじめさがすべての土台
ビジネスパーソンとしてダメな人はまじめではない人、真摯さのない人である。ではそのような人を改善することはできるのだろうか?(2011/12/15)

ビジネスマンの悩み相談室:
「忙しい」では仕事はしていない
毎日目の前のことに追われていないだろうか。忙しくても結果が出ない組織では仕事をしていないも同然。結果が出せるリーダーを育成するには。(2011/11/24)

ビジネスマンの悩み相談室:
問題がないという部下が問題
指示したことをきちんとこなし、問題なくことを運んでいる部下は本当に問題がないのだろうか。問題ないと捉えた時点で次への成長を止めてしまっている場合がある。あなたの部下は大丈夫だろうか。(2011/10/25)

ビジネスマンの悩み相談室:
ロールモデルがいない
高校生に対して行われたある調査で10人中7人は「あこがれている人がいない」と答えたという。社会人でも「ロールモデルがいない」と嘆く人が多いが、1人で完璧な人などいない。どこかまねたいと思う部分があったらまずそこから始めてみよう。(2011/9/22)

ビジネスマンの悩み相談室:
実務をして部下から仕事を奪う上司
リーダーの仕事とは何だろうか。それは課題解決であり、他部門を巻き込むことであり、ビジョンを描いて人を引っ張り、育成することである。チームで働くためにはリーダーが欠かせない。リーダーが自分の実務のことばかり考えていたらチームはどうなるだろうか。(2011/8/19)

ビジネスマンの悩み相談室:
結果の出ない部下をどうするか
結果を出す人にはある要素が共通して見られる。上司は今は成果が出ていなくても、そのような部下がいたら、その個性を見抜いて結果を出す方を教えてあげる必要がある。(2011/7/22)

ビジネスマンの悩み相談室:
ぬるい部下に悩む上司その3
ビジネスにスピード感が求められる昨今、環境の変化を素早く感じ、つかんでいかないと顧客に置いてかれてしまう。ぬるい部下を目覚めさせる方法とは。(2011/6/24)

ビジネスマンの悩み相談室:
ぬるい部下に悩む上司その2
あなたは自身のミッションを持っているか。ミッションがないと、何のために仕事をしているのかが見えなくなる。そして、頑張っても何も見返りがない、自分が得るものは何もないと感じると頑張らなくなってしまう。(2011/5/23)

ビジネスマンの悩み相談室:
ぬるい部下に悩む上司
今のような変化が激しい時代には、ぬるい社員は生き残ることができない。入社時には優秀だったが、徐々に組織の色に染まり、危機感が薄れ、使命感を持てなくなっていった社員をよみがえらせる、7つのステップ。(2011/4/22)

ビジネスマンの悩み相談室:
いつでもいい人でいようとする上司
周りを見渡すと、人当たりが良く優しいのだが、誰に対してもいい人でいようとする人はいないだろうか。(2011/3/18)

ビジネスマンの悩み相談室:
「ダメ出し」ばかりする上司
新しい発想が生まれないと嘆いている、あなたに原因はないだろうか。チャレンジすることが楽しいと思える職場づくりを。(2011/2/21)

ビジネスマンの悩み相談室:
過去のことを「なぜ」と問い続ける上司
新年になり、心機一転頑張ろうと考えている人も多いのではないだろうか。そんな方々に、今の時代だからこその新しい思考を提供したい。「未来創造型」という考え方である。(2011/1/27)

ビジネスマンの悩み相談室:
失敗した部下を激しく叱責する上司
今年も残すところわずかになった。せわしなく過ごしている人も多いだろう。ところで、部下が失敗してお客様や周りの人間に大変な迷惑をかけたようなときに、ひどく叱責したことはないだろうか。今回はそのことについてお話ししたい。(2010/12/15)

ビジネスマンの悩み相談室:
部下にレッテルをはる上司
あなたは部下を見て第一印象で「あいつはこういうやつ」と決めつけたりしていないだろうか。今回はそのことについてお話ししたい。(2010/11/24)

ビジネスマンの悩み相談室:
自分はがんばっていると主張する部下に悩む上司
何かにつけて、「自分はがんばっています」と主張する部下がまわりにいないだろうか。なぜ彼らはそのような行動を取るのだろうか。今回はそのことについてお話ししたい。(2010/10/25)

ビジネスマンの悩み相談室:
ネガティブな思考をする部下に悩む上司
暑い夏がようやく終わり、やっと秋を迎えた。秋は人事異動の季節でもあり、新しいチームでスタートをするという人もいるだろうか。(2010/9/30)

ビジネスマンの悩み相談室:
営業成績が上がらない部下に悩む上司
部下の営業成績がなかなか上がらない。なぜか。わたしは営業リーダーには、求められる資質があると考えている。今回はそのことについてお話ししたい。(2010/7/23)

ビジネスマンの悩み相談室:
「数字」や「データ」がすべてだと思う部下に悩む上司
今回は「数字」や「データ」がすべてと考え、現場になかなか足を運ばない部下を抱えるリーダーの方にお話ししたい。(2010/7/22)

ビジネスマンの悩み相談室:
ホウレンソウをしない部下に悩む上司
今回は新年度に際して、多くのリーダーの方々に共通する悩みである「ホウレンソウをしない部下をどうしたらいいのか」についてお話ししたい。(2010/4/30)

ビジネスマンの悩み相談室:
「草食男子」の育成に悩む上司
日ごろお会いする企業のリーダーの方々から「最近の若手社員の考えがまるで分からない」という意見をしばしば聞く。上司としてどう対応すれば良いのだろうか。(2010/3/24)

【新連載】ビジネスマンの悩み相談室:
働かないバブル世代に悩む部下
日々奮闘するビジネスマンに悩みは絶えない。中でも特に厄介なのは、上司や部下に対する問題など職場における悩みである。新連載ではビジネスコーチングの見地から解決策を施していく。(2010/2/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。