ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「管理職」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「管理職」に関する情報が集まったページです。

50%が「管理職に興味がない」 なりたくない理由1位は?
エン・ジャパンの調査から、管理職経験のない人の50%が「管理職に興味がない」と回答していることが分かった。なぜか?(2024/6/17)

なぜ? 「残業が半減」したのに「年収27%アップ」──元ブラック企業が取った、思い切った施策
あるIT企業が掲げた「残業時間を50%減らしつつ、年収は20%アップ」という目標は、3年間でいずれも目標を上回る形で達成した。また、多くの上場企業が今なお実現できていない「女性管理職比率30%」を早々に成し遂げている。掲げた目標を次々に達成できた訳とは?(2024/6/13)

55歳だったの? 役職定年の廃止広がる 
大阪ガスが、一定の年齢に到達すると管理職などの役職から外す「役職定年制度」を廃止する方針を固めたことが6日、分かった。。(2024/6/7)

少数派の「管理職を目指す女性」に聞く、その動機 2位は「成長したい」、1位は?
将来、管理職に就きたいと考える女性は2割程度──。そのような結果がプロフェッショナルバンク(東京都千代田区)による「女性活躍・管理職」に関する意識調査で明らかとなった。少数派である「女性管理職」を目指す、その動機とは。(2024/5/31)

部下が突然「休職・離職」──なぜ? 困った中間管理職は約6割
「部下が突然、休職または離職して困った経験がある」という中間管理職は約6割に上った──。そのような結果がメドピア(東京都中央区)の連結子会社であるMediplat(東京都中央区)による調査で明らかとなった。部下が休職・離職する原因とは。(2024/5/29)

Cybersecurity Dive:
Microsoftがセキュリティ大変革に“本腰” 報酬体系を変更して6つの領域を強化
Microsoftはハッキング被害に遭い顧客情報が漏えいしたことで厳しい批判にさらされたことを受けて、CISOの下で管理職の役割を強化し、報酬の一部をセキュリティの実績と連動させると発表した。変革の6つの柱についても明らかになった。(2024/5/25)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
大失敗しない「部下の育て方」とは…… どうするこれからの大企業管理職
あまりにもホワイトな環境は、若者にとってかえって“ぬるい”と思われ、離職理由になっているという。成長したい若者と、育て方が分からない上司の間で、非常に不幸なすれ違いが生じている。(2024/5/23)

ベースアップした割合、「管理職」で最多 賃上げしたら行きたい外食の1位は?
ぐるなびが調査結果を発表した。(2024/5/14)

その悩み、生成AIが解決:
部下に飲み会、どう誘えば嫌われない? ChatGPTの答えは
チームをまとめる中間管理職として、お互いを知るために飲み会を開きたいと考えているが、今の若者は職場の飲み会を避けたがるという話も耳にする。無理に誘って嫌われたくはないが、面と向かって本音を聞くのも難しい……。(2024/5/13)

ヒット記事ダイジェスト:
「管理職になりたくない」 優秀な社員が昇進を拒むワケ【管理職を取り巻くトレンド記事6選】
令和のビジネスパーソンは「管理職」に対してどのような考えを持っているのでしょうか。また、管理職を希望するビジネスパーソンを増やすために、企業にできる対策はあるのでしょうか。「管理職」に関するヒット記事を、ITmedia ビジネスオンライン編集部が厳選してお届けします。(2024/5/4)

Cybersecurity Dive:
管理職なら年収2000万円超え サイバーセキュリティという困難だが“もうかる仕事”
サイバーセキュリティの仕事は難しく、常に感謝されるわけでもなく、燃え尽き症候群の報告も多いが、給与は悪くないようだ。ISC2の調査からセキュリティ業務に携わる人たちの平均年収が明らかになった。(2024/4/28)

キャリアニュース:
管理職への転職に関する調査、非管理職から管理職に転職した人は15.9%
Indeed Japanが「管理職への転職に関する調査」の結果を発表した。15.9%が非管理職から管理職に転職していた。また、管理職への転職者は、非管理職よりも転職後の仕事に満足している割合が高かった。(2024/4/25)

「管理職は絶対にイヤ」 エンジニア組織で“昇進拒否”が多発、どうしたらいい?
管理職になりたくない人が増えていることは、多くの企業に共通しているお悩みです。とりわけエンジニア職や研究開発職、編集・記者職など、専門性の高い職種では昔からその傾向が強いようです。専門職組織での管理職の育て方を考えます。(2024/4/23)

転職後の給与 管理職は30代で52万8000円アップ、非管理職は?
Indeed Japanは、直近5年以内に転職活動経験のある正社員を対象に「管理職への転職に関する調査」を実施した。管理職に転職した人と非管理職に転職した人では、年収面や仕事への満足度で差が生じたことが分かった。(2024/4/16)

平成→令和で「管理職」に求められるスキルはどう変化した? 役割はさらに複雑化……
ここ20年間、平成と令和の間でも実際の働き方や働き手の意識が大きく変わってきました。それに伴い、管理職に求められるスキルも大きく変化しています。今回はそのような「管理職」に求められるスキルの過去と現在について見ていきたいと思います。(2024/4/12)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
管理職としてZ世代を率いるリーダーが、チームビルディングのために意識すべき「3つのこと」とは?
古い世代とは異なる価値観を持つZ世代。上司として彼らをマネジメントしていくには、どのようなことに注意していくべきなのだろうか? Z世代を率い、強い組織を作っていくためにリーダーがやるべき3つのこととは。(2024/4/9)

部下の退職、困るし寂しい! けれど……「辞めるスタッフに中間管理職ができること」描いた漫画に共感集まる
作者さんにお話を聞きました。(2024/4/6)

管理職を育てる人事施策【後編】
「会社が変わればリーダーは動く」 管理職を育てる“逆転の発想”とは?
企業が成長を維持するためには、各チームを導く管理職が適切な働きをすることが欠かせない。だが管理職の誰もがうまく活躍できるとは限らない。管理職が育つために、企業には何が必要なのか。(2024/3/28)

役職定年した“年上の部下” 「期待されていない」と意欲低下も、どう接する?
50代以降の会社員に、課長や部長のポストをしりぞいた後もいきいきと活躍してもらうためには、どのような関わりが有効なのでしょうか? 本稿では、役職定年後の部下に管理職としてどのようにアプローチすべきかを考えます。(2024/3/25)

管理職を育てる人事施策【前編】
遅刻常習犯の部下をどう指導すればいい? 新米上司の“あるある”な悩み
管理職になった全ての人が実務とマネジメントの両方をバランスよく実施できるわけではない。管理職としての経験が浅い人材が、管理職としてうまく育つためには何が必要なのか。(2024/3/21)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(111):
「Z世代さん」はいない――「何を考えているのか分からない」と嘆く前に
世代間ギャップに悩む管理職、リーダーの皆さん。メンバーと話をしていますか?(2024/3/13)

窓際でゲームざんまい……働かない高給取り「ウィンドウズ2000」が存在するワケ
「ウィンドウズ2000」「働かない管理職」に注目が集まっている。本記事では、働かない管理職の実態と会社に与えるリスクについて解説する。(2024/3/5)

優秀な女性が「管理職になりたがらない」 上司が着手すべき4ステップ
近年、管理職を取り巻く環境はより厳しさを増しています。期待しているメンバーが管理職になるまでの道を上司はどのように整備し、サポートしていけばよいでしょうか。4つのステップに分けて解説します。(2024/2/27)

「管理職は残業代ナシOK」、実は誤解 法令の正しい意味を知る
【Q】課長に昇進した従業員から「残業手当も休日勤務手当も支払われなくなった結果、昇進前より手取り給与が少なくなった」とクレームがありました。他の企業でもよく聞く話ですし、問題はないですよね?(2024/2/21)

セキュリティニュースアラート:
Azureを使う組織は要注意 管理職などを狙うアカウント乗っ取りキャンペーンが進行中
日本プルーフポイントはAzure環境のクラウドアカウント乗っ取りキャンペーンを新たに確認した。このキャンペーンはさまざまな組織が標的になっている。(2024/2/15)

Q&A 45歳からのIT転職:
ミドルの転職「管理職のオファー」 油断してはならないワケ
とあるベンチャー企業からマネジメントポストのオファーが来た。注意すべきことは?(2024/2/15)

ブーメラン社員は人材不足の救世主になるか【後編】
「こんなはずじゃなかった」 ブーメラン社員を安易に受け入れた企業の末路
退職後に再雇用される「ブーメラン社員」は、即戦力が期待できる人材だ。ただし、採用する際にはさまざまな点から情報を整理し、他の従業員に配慮する必要がある。管理職が留意すべきポイントは。(2024/2/8)

仕事と育児を両立する「覚悟」:
『アイドルマスター ミリオンライブ!』プロデューサー・わかちこPが明かす女性管理職の働き方
『アイドルマスター ミリオンライブ!』のプロデューサーであるわかちこPこと狭間和歌子さんに自身の仕事観を聞くと、仕事と育児を両立するための“覚悟”が見えてきた。(2024/2/2)

キャリアニュース:
男性上司より女性上司のいる管理職の方が「今の仕事が好き」の割合が高い
JTBコミュニケーションデザインが「女性管理職の本音とマネジメント行動に関する調査」の結果を発表した。男性上司よりも女性上司がいる管理職の方が「今の仕事が好きである」の回答割合が高かった。(2024/1/26)

20〜30代1156人に聞いた:
管理職に興味がない理由 「報酬メリット少ない」「責任負いたくない」、1位は?
20代・30代のビジネスパーソンの3割が「管理職に就くことに興味がない」と回答したことが、エン・ジャパン(東京都新宿区)による調査で明らかとなった。若手社員が管理職に興味を持たない理由とは。(2024/1/26)

「部下に任せられない管理職」が実はやっている、”間違った動機付け”
「メンバーの力量が不足しており、プレイヤー業務を代わりにやらざるを得ない」「仕事を任せられる人材がいない」──そんな悩みを抱える管理職は多いようですが、実は部下に対し気付かぬうちにNG対応をしている可能性があります。(2024/1/26)

「女性は管理職になる意欲がない」という企業が、新卒採用から見直したほうが良いワケ
(2024/1/24)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
管理職のダメな話し方、5つのクセ――部下に話が伝わらないと嘆く前に
話し方のプロとして数多くのビジネスパーソンにレクチャーをする中で、「部下に話が伝わらない」という管理職の悩みをよく聞きく。どうすれば“伝わる”話し方を習得できるのか。(2024/1/18)

管理職をイヤがる女性部下 上司に必要な「5つの働きかけ」
女性は管理職になるに当たって多くの不安を抱えている。上司はどのように向き合い、働きかけるべきなのか。(2024/1/16)

「女性が管理職をイヤがる」本当の理由 意欲アップに効果的な施策とは
女性の管理職は少ない。企業が最も問題視しているのが「女性の昇進意欲のなさ」だが、なぜこうした状況が起きるのか。意欲向上のために必要な施策とは。(2024/1/11)

GCSE受験データから読み解く英国のSTEM教育【後編】
IT業界の人材問題は「義務教育」に原因? 女性管理職がみる問題の核心は
英国の卒業認定試験「GCSE」にコンピュータサイエンスが加わったのは2010年代だが、ITのさまざまな技術革新があったにもかかわらずカリキュラムの変更がないことを業界人は疑問視する。ある女性管理職の見解は。(2024/1/8)

「職務給」の社員は「異動したら給与が下がる」のか?
業務内容を給与にひも付ける「職務給」を導入する企業が増えていますが、まずは管理職層からという流れになっており、一般社員層はこれまで通り職能給のままという企業が少なくありません。一般社員層の職務給はどのような状況になっているのでしょうか。(2023/12/28)

GCSE受験データから読み解く英国のSTEM教育【中編】
英国女子生徒のSTEM学習は不足しているのか? 「女子の方が優秀」の謎
IT業界に身を置く女性管理職は、業界で潜在的に続く「人材不足」や「多様性の欠如」といった問題は、教育制度と地続きだと考えている。英国の成績データから見える、コンピュータサイエンスの男女差は。(2023/12/25)

GCSE受験データから読み解く英国のSTEM教育【前編】
英国の女子生徒がSTEM科目を敬遠する流れは、まだ続くのか
英国の卒業認定試験GCSEの結果によると、コンピュータサイエンスを受験する女子生徒の数は増加傾向を見せている。ただしIT業界に身を置く女性管理職は、女子生徒がSTEM分野を学ぶのを阻害する「壁」に課題を感じている。(2023/12/18)

管理職とプロフェッショナル職 どちらを選べばより稼げる? 人事のプロが解説
従業員のキャリアに、マネジメント職(組織長)とプロフェッショナル職(非組織長、専門職)の2つの選択肢を設ける企業が増えてきました。両者の給与をどのように設定・調整するかは、自社の人事制度を試行錯誤する人事職のみならず、キャリアに悩む多くのビジネスパーソンにとっての関心事でしょう。マネジメント職とプロフェッショナル職、どちらを選ぶ方が給与処遇面で有利になるのでしょうか。(2023/12/8)

働き方の見取り図:
「今何してる?」束縛系上司がどんどん時代遅れになるワケ
人口減少が進み、職場環境も大きな変容を遂げている。経営者や管理職はこれからの会社組織を率いていくために、どんなマネジメントが求められるのか。(2023/11/28)

「部下なし管理職」の給与は、どう定めるのが適正か?
業務内容を給与にひも付ける「職務給」。その導入状況を見ると、全社員に職務給を導入する企業と管理職層だけに導入する企業とに分かれます。そして、一般社員層だけに職務給を導入する企業はありません。どうやら企業の職務給導入目的は「管理職層をどうにかしたい」というところにありそうです。(2023/11/21)

「若手が管理職になりたがらない」問題、原因は上司の“ふるまい”
(2023/11/6)

部下と会話できない理由、「話しかけてこないから」21.4%
Webアプリ「ワカチエ」を提供するソノリテ(東京都千代田区)が、20〜60代の管理職1013人を対象に「部下に対するコミュニケーションの悩み」に関する調査を行ったところ、約2割の管理職がうまくコミュニケーションを取れていないことが分かった。(2023/10/31)

指示ナシ組織で中間管理職を救え! 「忙しすぎ問題」の背景に2つの元凶
(2023/10/31)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
全て「管理職のせい」なのか? 昭和おじさん社会が抱える、ある問題点
「マネジメントスキルが低下している」「従来のマネジメントでは成果が上がらない」――日本の企業が思うように伸びない一因として、管理職の問題が言及されることが多い。企業も管理職の育成に課題を感じているようだ。しかしその一方で、全て「管理職のせい」と考えると見落としてしまう重大な問題点がある。それは何かと言うと……。(2023/10/27)

キャリアニュース:
部下の成長を感じている管理職の44%が「即時にフィードバック」を実践
ラーニングエージェンシーとラーニングイノベーション総合研究所が「管理職意識調査」の結果を発表した。部下の成長を実感している管理職としていない管理職では、フィードバックの手法に明確な違いがあることが分かった。(2023/10/26)

部下にフィードバック、管理職の6割が「ためらう」 なぜ?
管理職の6割が、部下にフィードバックするのを躊躇していることが、ラーニングエージェンシー(東京都千代田区)による「管理職意識調査」で明らかとなった。(2023/10/19)

Q&A Z世代部下のマネジメント法:
優秀な部下、管理職になるのを拒否 どう説得する?
【Q】仕事ができる部下に管理職を任せようと打診したら、「責任が重い」と断られてしまいました。どうやって説得すればいいでしょうか?(2023/10/12)

忙しいのに……管理職層が「プレイヤー業務」も担うワケ
リクルートマネジメントソリューションズ(東京都港区)は、企業の人事担当者150人と、管理職層150人の合計300人に「マネジメントに対する人事担当者と管理職層の意識調査2023年」を行った。(2023/9/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。