ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「管理職」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「管理職」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

管理職の悩みダントツ1位は「部下の育成」 “部下の成長を感じていない”管理職が5年前の3倍に
管理職の悩み1位は5年前と変わらず「部下の育成」という調査結果――。5年前より10ポイント増加し50.5%と半数を超えた。2位は「チーム・部門の運営」、3位は「時間の不足」と続く。部下との月間のコミュニケーション時間はどのくらい?(2020/8/3)

キャリアニュース:
管理職と新入社員の意識比較調査、意識のズレから生じたギャップ
ラーニングエージェンシーが「管理職と新入社員の意識比較調査」の結果を発表した。新入社員時代のうちに身につけたいスキルや理想の上司像について尋ねたところ、いずれも管理職と新入社員との回答に大きなギャップがあった。(2020/7/2)

理想の上司像:
社会人1年目に身につけてほしいスキルは? 管理職と新入社員の意識にズレ
社会人1年目に身につけたい、身につけてほしいスキルとは? 管理職と新入社員に聞いたところ、最もギャップが大きかったのは……? ラーニングエージェンシー調べ。(2020/6/22)

2015年に就職した人はどうなった? 転職&管理職に対する考え方
会社に就職したものの、転職を考えている人はどのくらいいるのだろうか。2015年に就職した男女に聞いたところ……。(2020/6/17)

「感染対策」にとどめず成果へ結び付けるために:
「監視」や「名ばかり管理職」はもういらない 「ニューノーマルのテレワーク」に必要なものとは?
ニューノーマルの最たるものといえるテレワークだが、最近では社員の監視システムが登場するなど、旧来の「時間管理」の延長で運用する企業も少なくない。しかし、これでは新しい時代を企業が生き抜くことは難しいだろう。ようやく定着の兆しを見せるテレワークを「感染防止策」にとどめず成果に結び付けるには? 大関暁夫氏が解説する。(2020/6/4)

コロナ禍を機に考える「定年後の自分」(5):
家の中でも管理職のように振る舞い、嫌われる65歳元大手電機メーカー役員のリアル
今回のコロナ禍では一部の高齢者による地域社会でのモラルが皆無な行動に対し、「暴走老人」などといった批判が生まれ、新たな火種となりそうな状況です。医学博士の高田明和氏が、50代のうちに「定年後の自分」に早く向き合う必要性を事例とともにお伝えします。今回は、定年後に地域や家庭で孤立を深めていった男性の事例です。(2020/5/24)

「チームの生産性が上がった」はわずか7.6%:
管理職と一般社員、より強くテレワークの継続を望むのはどっち?
新型コロナで広がるテレワークの導入。その一方で、チームの生産性が下がってしまっているケースも多いようだ。現場はどういった点に困っているのか? Uniposが発表した調査結果を見てみると……(2020/5/1)

部下を信頼しない管理職:
分単位で業務報告、返信は5分以内に――テレワークを地獄に変える「拘束系上司」
新型コロナで急速に進むテレワーク。中には「分単位での業務報告」などを要求する“拘束系上司”も。部下を信頼できない管理職の実態とは。(2020/4/27)

テレワークをしてみて、管理職の3割は「さみしい」
新型コロナの感染拡大を受けて、テレワークを導入している企業が増えてきた。自宅などで働くビジネスパーソンは、どのように感じているのだろうか。あしたのチーム調べ。(2020/4/26)

50歳以上の管理職が対象:
味の素が希望退職者の募集結果を発表 応募者数は想定を上回る結果に
味の素が希望退職者を募集していた。50歳以上の管理職が対象。応募者数は総定を上回る結果となった(2020/3/31)

「管理職になりたくない」83%、理由は?
「将来、管理職になりたい」と考えているビジネスパーソンはどのくらいいるのだろうか。20〜50代の男女に聞いたところ、全体の8割が「なりたくない」と回答した。マンパワーグループ調べ。(2020/3/17)

当事者のデータ分析で判明:
「部下を厳格管理する」上司ほど自分の業務も辛くなる――マネジメントの“自業自得なループ”とは
働き方改革で加速する「中間管理職の負担増」。だが彼らの部下への管理方法がむしろ負担を増やしているという。“自業自得”のループを調査から解き明かす。(2020/3/13)

当事者調査データで判明:
日本の管理職が「どれほど激務でも絶対に報われない」残酷なメカニズムとは
働き方改革で逆に負荷が増す傾向にある日本の管理職。「高負担でも評価やパフォーマンスは上がらない」という残酷なデータも。データ分析から「管理職はつらいよ」問題に迫る。(2020/3/10)

現状は「10%未満」:
女性管理職、増えない理由は? 「2020年30%」達成は外資系で17%、日系企業は……
エンワールド・ジャパンが発表した調査結果によると、「女性管理職を2020年までに30%にする」目標をすでに達成している企業は、外資系企業で17%、日系企業は8%にとどまった。(2020/3/9)

管理職の課題:
ジャニー喜多川は偉大な「2軍の監督」だった 部下の個性伸ばす「ジャニーズ式教育法」とは?
会社の部下をいかに成長させるか――。そんな悩みを抱えている管理職も多いだろう。どのように部下が自らの長所や課題を見つけ、伸ばすことをサポートできるか。多くの優秀な人材を生み出してきたジャニーズ事務所の創始者、ジャニー喜多川氏の教育方法からヒントを探る。(2020/3/10)

「1on1残業」をしている中間管理職は多い?:
リクルートマネジメントが新対話方法「2on2」を開発 業務過多の中間管理職向け
リクルートマネジメントソリューションズは、「組織における対話方法の開発」に関する研究の中間成果を発表した。同研究の目的は、中間管理職が「対話の方法」を活用して、より良い組織を構築すること。研究成果の実用化も検討予定だ。(2020/2/28)

「日本は災害に対する意識が高い」:
日本本社が考える海外のリスクと、アジア拠点が考えるリスクに隔たり デロイト
デロイト トーマツ グループは、リスクとクライシスに関する企業の意識や取り組みについての調査結果を発表した。それによると、国内リスクの第1位は自然災害。アジア拠点の不正行為は、半数以上が管理職以上によるものだった。(2020/2/20)

『嫌われる勇気』著者の仕事術(後編):
『嫌われる勇気』著者、アドラー心理学の第一人者が語る組織論「部下を思い通りに動かそうとするのは間違い」
国内累計208万部、世界累計485万部の大ヒットを記録している『嫌われる勇気』。続編の『幸せになる勇気』との合計部数は世界で600万部を突破し、21世紀を代表するベストセラーになっている。この二部作を、仕事の悩みを解決するために読みたいと考える人は、少なくないだろう。後編では、経営者や管理職向けにアドラーの思想を正しく読み解いてもらい、部下をマネジメントする上でのヒントを提示してもらった。(2020/2/8)

70歳就業法案が持つ2つの課題
管理職だった人は定年後に会社で何をすれば……。(2020/2/6)

キャリアニュース:
40代、50代管理職の約半数が現在の業務や待遇に不満足
インバスケット研究所が、「管理職の実態と本音」に関するアンケート調査結果を発表した。40代、50代管理職の約半数が、現在の業務や待遇に納得しておらず、業務量やプレッシャー、部下の育成が給料に見合わないと感じていることが分かった。(2020/2/6)

中間管理職の6割は「働き方改革によって負担が増えた」、具体的に?
働き方改革によって中間管理職の負担が増えているといった声があるが、現場で働く人たちはどのように感じているのだろうか。部長、課長、次長といった中間管理職の肩書を持つビジネスパーソンに聞いたところ……。(2020/2/4)

RPAやAI導入のリスク管理、金融機関の9割超が「自信がない」――アクセンチュア調査
アクセンチュア2019グローバルリスク管理調査の結果によると、金融機関のリスク管理部門を担う管理職の多くが、自身に最新技術のリスクを適切に評価できる能力があるとは考えていないことが分かった。(2020/1/30)

金融機関は破壊的技術のリスク評価に苦戦 AI導入リスクの適切評価は11%
金融機関は破壊的技術のリスクを適切に評価できていない。人工知能(AI)を導入する際のリスクを適切に評価できると回答した、リスク管理部門管理職はわずかに11%。ロボティクス・プロセス・オートメーション(RPA)やブロックチェーンのリスクについては、それぞれ9%、5%とさらに低かった。(2020/1/29)

職場の多様性を促進するAI:
管理職の仕事の7割をAIが代替、Gartnerが2024年を予測
Gartnerは、AIや新興技術の採用によって2024年までに、管理職の日常作業の69%が代替されるようになるとの見通しを示した。AIは人々から仕事を奪うといわれており、確かにそのような一面もある。だが同時に職場の多様性を促す働きもある。例えば障害がある労働者がより働きやすくなることだ。(2020/1/28)

4割は「なりたくなかった」:
管理職の業務・待遇、40〜50代の5割は「満足していない」 尽きない悩みの種は?
インバスケット研究所が発表した調査結果によって、悩みが尽きない管理職の実態が明らかになった。40〜50代の管理職の2人に1人が現在の仕事に満足していない。「経営層からのプレッシャー」「部下の育成」に不安・不満を感じている人が多いことが分かった。(2020/1/27)

それでも開催するべき理由:
忘年会、スルーしたいのは若者だけではない! 「同一飲食同一支払」を求める管理職の悲痛な叫び
SNSで話題の「忘年会スルー」。「高いお金を払ってわざわざ上司の自慢話に付き合いたくない」という若年層のコメントが目立つ。一方で、管理職の方でもスルーしたい人が増えているのだとか。スルーしたいのは管理職も同じ?経営コンサルタントの横山信弘氏が斬る。(2019/12/18)

「上意下達」の限界か:
会社で立てた目標に社員の半数「自分の意見反映されず」――管理職は「部下のモチベ上げる」と思い込み!?
会社で立てられるサラリーマンの「業務上の目標」。調査で管理職の7割が「部下のモチベ向上につながる」と回答。一方で一般社員の半数は「自分の意見反映されず」とギャップ大きく。(2019/12/10)

適応障害の先生に「明日、授業できる?」 現役中学教員が語る「管理職の能力が低い学校はどう壊れていくのか」
「20年後、公立中学校がヤバいことになるかもしれない」。(2019/12/22)

味の素、管理職の希望退職募集 50歳以上から100人
(2019/11/28)

エグゼクティブ層に聞く、QRコード決済を使い始めた、使っていない理由
管理職以上のエグゼクティブ層は、キャッシュレス決済をどのくらい使っているのだろうか。利用頻度のほかに、QRコード決済を使い始めた理由などを聞いた。経営者JP総研調べ。(2019/11/7)

プレミアムコンテンツ:
技術職もいつかは管理職に? これからのITリーダーの理想像とは
いつの時代も、管理職に転身したばかりのリーダーは「この選択が正しかったのか」と迷うものだ。技術者から管理職になった筆者の体験談と、組織行動論の研究者が説く「イノベーションリーダーの役割」を紹介する。(2019/10/15)

負担が部下からしわ寄せ……:
働き方改革進む会社ほど管理職は「仕事増えた」 6割が回答
働き方改革が進む企業ほど、中間管理職は「業務量が増えた」と感じていることが明らかに。6割の管理職が回答しており、非管理職の業務量削減のしわ寄せが来ているのが原因。(2019/10/3)

働き方改革関連法から半年で:
中間管理職の7割「残業時間減っていない」 “身代わり残業”で「仕事量増」も3割
働き方改革関連法施行から半年がたったが、7割以上の中間管理職の残業時間は減っていない。リクルートスタッフィングの調査によると、部下の残業削減のために自分の仕事が増えている人も3割以上に上った。(2019/9/30)

世界基準の部下育成法とは?:
上司はなぜ部下の価値観を「無視」してしまうのか?――元GE「リーダー育成専門家」が斬る
部下の価値観に合わせて仕事を設計する……。言葉では簡単でも実はハードな管理職の仕事だ。GEでリーダー育成に携わった筆者が具体的にレクチャーする。(2019/10/2)

ITツールは生産性向上にどこまで有効か?:
PR:働き方改革、従業員の働く意識を変える「強い仕掛け」とは
法律があっても制度を作っても、従業員の働き方は一向に変わらない。多くの企業が働き方改革を実践する中で感じる課題だろう。この問題を解決すべく、管理職と従業員の双方の意識を変える「強いしかけ」を持つITツールがある。(2019/9/17)

面倒な勤怠管理業務を省力化できる
就業状況を一元的にリアルタイムで“見える化”して手軽に勤怠管理する方法
「働き方改革関連法」の施行により、従業員の就業管理がますます重要になっている。総務・人事部門の作業を減らすとともに、従業員や管理職に負荷をかけることなく正確な就業管理が実現できる「就業管理システム」とは何か。(2019/9/4)

RPGに学ぶセキュリティ〜第5章:
ラスボスを倒した後の主人公編――セキュリティエンジニアが目指すべき未来
40〜50代の経営者や管理職に向けて、RPGを題材にセキュリティについて理解を深めてもらう連載。最終回は、RPGにおける「感動のエンディング」を例に、セキュリティエンジニアの活躍によって世界に平和が訪れたという(あくまで仮想の)未来について記したい。(2019/7/25)

会社をダメにする「仕事ごっこ」:
もう、やめない? 部下に理不尽強い続ける“管理職ごっこ”
「管理職らしくふるまうために、コミュニケーションの壁、情報の壁をつくる」「情報がほしければ、礼儀作法をわきまえて「お前から頭を下げてこい」な空気を作る」――会社にはびこる、こんな“管理職ごっこ”、もうやめませんか?(2019/7/17)

昭和な制度が変わらないワケ:
「エライ人=管理職」をやめようとして大失敗した話
変化の時代に実務を知らないマネジャーは使いものにならない――というのは昨今の定説だが、その問題を解消するのは非常に難しいようで……。(2019/7/4)

防止法の意味:
上司はつらいよ パワハラ防止法の施行が与える管理職への影響
いわゆるパワハラ防止法が可決、成立しました。ハラスメント研修では、官公庁や大手から中小企業までさまざまな職場、それも管理職向けのセミナーを行っている立場から考えます。(2019/6/3)

RPGに学ぶセキュリティ〜第4章:
転職と上級職編――はじめから賢者にはなれない! セキュリティエンジニアに必要なスキルセット
40〜50代の経営者や管理職に向けて、RPGを題材にセキュリティについて理解を深めてもらう連載。今回は、RPGによくある「職業」や「転職」を例に、セキュリティエンジニアに必要なスキルセットについて説明したい。(2019/6/3)

令和時代の「インパール作戦」か?:
激増する“ワンオペ管理職” 「かりそめの働き方改革」が日本をダメにする
日本では1人仕事をする「ワンオペ管理職」が激増している――。ワンオペが増えること、ノウハウは受け継がれることなく消滅し、結果的に組織として生産性は下がってしまう。(2019/5/23)

役割分担、ついにここまで:
「管理職やリーダーの仕事すらアウトソースする時代」がやってきた
【お知らせ】記事本文を取り下げいたします。(2019/5/16)

「剣と魔法のログレス」開発元、約40人の早期退職者募集 スマホゲーム競争激化で収益減
ゲーム開発のAimingが早期退職者を約40人募集すると発表。「剣と魔法のログレス」シリーズなどの人気作を手掛けてきたが、開発競争の激化に伴う収益減が続いていた。責任を取り、常勤取締役と一部管理職は役員報酬を5〜7月にかけて減額する。(2019/5/7)

RPGに学ぶセキュリティ〜第3章〜:
ダンジョンに入った主人公編――攻撃者も侵入時には暗中模索?
40〜50代の経営者や管理職に向けて、RPGを題材にセキュリティについて理解を深めてもらう連載。今回は、RPGに必ずといっていいほど登場する「ダンジョン」を例に、「初めて侵入したシステム内での攻撃者の動き方」について説明したい。(2019/4/8)

働けど働けど報われない理由:
ブラック企業だけじゃない 「ワンオペ管理職激増」の深層
長時間労働、ワンオペ地獄、給料が上がらない、人材に投資しない……。「働き方の不条理」はなぜ生まれるのだろうか?(2019/3/7)

「休み増やしたい」管理職は少数派:
年収上げたい若手、達成感求める管理職――調査で分かった「転職理由」の差
課長職以上の管理職の転職理由は? リクルートキャリアが調査結果を発表。2位は「自分の仕事が評価されていない」「上司のマネジメントへの不満」だった。1位だった理由は何なのか。そして若手の転職理由とどんな差があるのか。(2019/3/4)

RPAのその先へ
GEのAI活用、botを部下として扱うために必要なこと
GEはAI戦略の強化を図るため、AIを人間的にしようとしている。開発したAI botは管理職の下に配属した。課題は山積している。(2019/2/28)

管理職も技術職も、人生の選択に悩む
技術職もいつかは管理職になるべきなのか? 後悔しないキャリアの選び方
熟練の技術者が管理職になるケースもあれば、技術系のキャリアを貫くケースもある。しかし誰しも、本当にこの選択が正しかったのか迷う日が来るだろう。本稿では、技術職から管理職に転身した筆者が「管理職の実情」を解き明かす。(2019/2/3)

労働政策研究・研修機構 主任調査員に聞く(後編):
現場知らぬ社員が管理職になる時代 人を育てない「フリーランス化社会」の行きつく果て
フリーランスという働き方に未来はあるのだろうか。労働政策研究・研修機構 主任調査員の山崎憲さんに米国での事例を聞き、解決策を探った。(2019/1/11)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。