ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「上司」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「上司」に関する情報が集まったページです。

新社会人へ:
上司を「まねる」ことが仕事なのか そんな時代は
昨年は、ちらほらとしかリクルート姿の学生くんたちを見ることがなく、今年入社する人たちは、ほぼオンラインでの面接をやり遂げた人たちなのだろう。大企業やIT関連の企業を中心に、すっかりテレワークが浸透している。自分のデスクがない新人ということもあるうる世代となりそうだ。(2021/3/31)

遠い存在:
社長との心理的距離は「1万キロ以上」25.2%、上司は?
社長、上司、同僚との間に感じる心理的距離はどのくらいですか? リモートワークを行っている人に聞いたところ……。JTBコミュニケーションデザイン調べ。(2021/3/24)

【漫画】「赤ちゃんを守れるのはあなたしかいない」 妊娠で休職した時に上司がかけてくれた言葉に「涙がでました」の声
力強くもやさしい言葉。(2021/3/16)

今日からできる組織改善のススメ(3):
「テレワークで相談しにくい」を解消! 助け合える組織風土を作る“3つの行動”
テレワークを始めたものの、メンバーが何に困っているか見えづらくなってしまった、ミスやトラブルの察知が遅れて対応が後手に回ってしまった、という企業も少なくないのではないでしょうか。困ったことがあればすぐに上司に相談でき、メンバー同士が助け合う組織を作るために、人事や管理職が取り組むべきアクションのアイデアを紹介します。(2021/3/2)

「コミュニケーションを円滑にする3つの方法」とは:
上司や部下に言えない理由は「相手の気分を害するから」 リクルートマネジメントソリューションズが調査結果を発表
リクルートマネジメントソリューションズは「上司・部下間コミュニケーションに関する実態調査」の結果を発表した。すれ違いなどの実態が明らかになり、同社はテレワーク環境下で管理職と一般社員のコミュニケーションを円滑にする3つの方法を提案する。(2021/2/25)

【その視点はなかった】ビデオ会議であと何の機能が欲しいか →「上司の声が緑川光に変わる」に共感続々
ときめいちゃう……!(2021/2/24)

コロナ禍で:
いま注目の自律分散型組織「ティール組織」とは何か?
「ティール組織」は、社長や上司がマイクロマネジメント(過干渉)をしなくても、目的のために進化を続ける組織を指します。どんな特徴があるのでしょうか。(2021/2/24)

「経済の 柱となった 炭治郎」 第16回「オタク川柳大賞」の一般投票がスタート
他にも「『え、オタクなの?』うっせぇうっせぇうっせぇわ」「部屋映り 上司に言われた『子供部屋?』」など秀逸な作品が多数。(2021/2/22)

改善方法は:
上司との関係性が「良くなった」「悪くなった」、それぞれの理由
コロナ禍において、上司との関係にどのような変化が出ているのだろうか。20〜50代の社会人に聞いたところ……。(2021/2/6)

嫌いな上司の特徴ランキング、2位は「仕事を押し付ける」 1位は?
ビジネス上の問題解決を考えるメディアを運営するビズヒッツが、働く男女500人を対象に「嫌いな上司に関する意識」を調査した。その結果、嫌いな上司の特徴1位は「相手によって態度を変える」だった。(2021/2/3)

「密」や「YOASOBI」というワードも:
「はんこレス 上司の仕事 吹き飛んだ」 サラリーマン川柳、優秀100句を発表
第一生命保険は1月27日、同社が実施している「サラリーマン川柳コンクール」の優秀作品100句を発表した。(2021/1/27)

ドラッカーが教える成果をあげる人の8つの習慣:
第2の習慣 組織のことを考える
成果をあげる上司が身に付けている習慣は「部下になされるべきことを考えさせること」。上司は、成果をあげるために何から何まで指示をすることはできないからだ。(2021/1/26)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
なぜ「嘘ついて出社」? 数字に縛られる管理職を変える“リモート時代のマネジメント”
「上司が有給休暇を取得して出勤している」という、霞が関で働く人の発信が話題になった。河野大臣は罰則に言及したが、正論だけで人は動かない。今は“リモート仕様のマネジメント”教育が不可欠。社員の自律性を高め、つながりを強めるマネジメントのための投資が必要だ。(2021/1/22)

看護部長・師長向けVR研修、NTTコムが提供 上司・部下の面談を疑似体験 接し方を学ぶ
NTTコミュニケーションズと関東学院大学が、看護部長・看護師長向けのVR研修コンテンツを提供すると発表した。部下である看護師との効果的なコミュニケーション方法をレクチャーする。(2021/1/21)

フォロワーが幸せな気分になる醤油店 今も続く「Twitterの奇跡」
「上司と同僚が『フォロワーが40人もいて、いいねもたくさんついててメッチャバズってるじゃん!』と言っていました」と投稿し、大反響になったしょうゆメーカー「安本産業」。今でもお歳暮ギフトのネット注文数は例年の約10倍を記録。従業員は増え、10年以上使っていた会社のPCも買い替えることができたという。(2021/1/21)

あなたが中の人?:
フォロワーが幸せな気分になる醤油店「ツイッターの奇跡」
昨年8月、「ツイッター」のフォロワー数が40人に増えたことを「上司と同僚が『メッチャバズってる』と言ってくれた」とつぶやきをしたところ、大反響になった松江市の老舗しょうゆメーカー「安本産業」。反響を受けて注文が殺到し、在庫がゼロになった一連の出来事は「老舗醤油店に起きたツイッターの“奇跡”」として報じたところだが、今でもプチ奇跡は続いているようだ。(2021/1/20)

「プレゼン内容についてだがパパは……俺は」 一見怖そうで一緒に働きたくなる上司を描いた漫画がかわいい
家ではパパかー。(2020/12/29)

キャリアニュース:
テレワーク環境下で、会社への信頼度に「変化があった」が約43%
リクルートマネジメントソリューションズの組織行動研究所が「テレワーク環境下における会社、上司への信頼に関する実態調査」の結果を発表した。新型コロナ感染症拡大前と比べて、良くも悪くも会社への信頼度に変化があったと42.8%が回答した。(2020/12/10)

デザイナーの取扱説明書(2):
デザインへのアドバイスを上司に求めるコツ、間違っても言ってはいけない禁句とは
デザインが関わるプロジェクトで起きがちな「好き勝手な指示」「どんどん増える要望」について対策方法を解説します。(2020/12/7)

一番欲しいのは「金銭的な補助」?:
テレワークで「会社や上司への信頼」はどう変わった? リクルートマネジメントソリューションズが調査結果発表
リクルートマネジメントソリューションズの組織行動研究所は、「テレワーク環境下における会社・上司への信頼に関する実態調査」の結果を発表した。会社や上司への信頼度が高いほど「職場の人とうまくやれている」「自分の力を十分に発揮できている」といった適応感が高かった。(2020/12/3)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
リモートワークの広がりで問われる『本物の「上司力」』
多くの企業が急きょリモートワークを取り入れることになったが、十分な環境整備も心の準備もない中での導入に、マネジメントに悩む上司が急増している。(2020/11/26)

怖い上司が「保護犬を飼うの」 好感度とテンションが爆上がりする犬好きの漫画が共感を呼ぶ
ひとの愛犬を見たい気持ちわかる……!(2020/11/25)

【漫画】上司に『鬼滅の刃』を貸したらいい話に “語りたくなる作品”が反抗期の親子にもたらした奇跡
すばらしい作品は人間関係を変えるんですね。(2020/11/16)

恐怖政治を全力で否定する:
日本中に“隠れ無惨”上司がいる! 鬼舞辻無惨のパワハラを笑えないワケ
人気漫画『鬼滅の刃』で、鬼たちの「パワハラ会議」が話題となった。ネタとして消費されているが、日本企業も笑っていられないのではないだろうか。(2020/11/12)

調査で判明:
コロナ禍だけど、報・連・相は「対面」のほうがやりやすい? 新入社員と上司・先輩の考え方は違うのか
コロナ禍で働き方が大きく変わった。新入社員と上司・先輩社員の考え方はどう違うのか。コミュニケーションツールや「対面」の有効性について尋ねた調査の結果は?(2020/10/27)

コンサルは見た! 偽装請負の魔窟(6):
プロマネさん、ここは一つ大人になってくれないか
契約外作業の依頼をやめない担当者に業を煮やしたベンダーのプロマネは担当者の上司に直訴。このアクション、吉とでるか凶とでるか、果たして――。(2020/10/27)

通勤したら上司から「偉い!」 会社に来ただけでほめられてご褒美がもらえる漫画に反響多数
どこかにこんな会社を経営している社長はいませんかー!?(2020/10/16)

スピン経済の歩き方:
「オレは絶対に悪くない!」という“他責おじさん”が、なぜ出世するのか
「オレは絶対に悪くないからな!」――。会社の幹部や上司の顔を思い出して、「いるいる。ウチの会社にもたくさんいるよ」と感じた人もいるのでは。なぜ、他人のせいにする人が出世するのか。その背景を調べてみると……。(2020/10/13)

今日のリサーチ:
「メンタルヘルスのサポートを人よりもロボットに頼りたい」 回答者の82%――Oracle調査
コロナ禍が世界の従業員のメンタルヘルスに悪影響を与えています。問題解決に(上司より)ロボットに助けてほしい人も多いようです。(2020/10/12)

Microsoft、オフィス再開後の働き方ガイダンス公開 50%未満ならリモート可、他
Microsoftがコロナ禍で閉鎖中のオフィスを再開した後の従業員の在宅勤務に関するガイダンスを公開した。全勤務時間の50%未満であればリモートワークOKで、上司の許可があれば完全リモートも可能だ。(2020/10/11)

「仕事上のストレスや不安は上司よりもロボットに話したい」が68% 企業のメンタルヘルス対策が課題に
オラクル・コーポレーションと、Workplace Intelligenceは11カ国1万2347人(うち日本は1000人)を対象に、職場でのメンタルヘルスについて経営層と従業員の行動を調査。その結果、2020年は史上最もストレスが多い年となっていて、人々がロボットに支援を求める傾向が明らかになった。(2020/10/9)

使い分けたい:
同僚とは「対面」、上司とは? 20代に聞く、コミュニケーションの方法
上司または同僚とのコミュニケーションは「対面」または「オンライン」、どちらを望む人が多いのだろうか。20代のビジネスパーソンに聞いたところ……。(2020/9/29)

ハラスメント専門研修講師が解説:
「上司の監視が度を過ぎている」 急増する「リモハラ」とその対策
リモートワークが普及しつつありますが、それに伴ってリモートワーク中に受けるハラスメントも急増しています。リモートワークならではのハラスメントについて、発生の要因と防止策を考えます。(2020/9/23)

『ゆるキャン△』『まちカドまぞく』など芳文社作品2000点以上が50%OFFに! 「芳文社の日」セール開催中
『スーパーベイビー』『可愛い上司を困らせたい』など人気作も多数対象に。(2020/9/19)

我慢すべき?:
育休復職後の悩み、4人に1人は「上司に全く伝えず」 まん延する無理解と対話不足
育休から復職後した人の4人に1人が、悩みや不満を上司に「全く伝えなかった」──そんな調査結果が出た。(2020/9/3)

転職理由の4割は「上司、経営者の仕事の仕方が気に入らない」 転職相談サービス調査
退職や転職を考える理由、または実際の退職、転職理由として最も多かったのは、「上司、経営者の仕事の仕方が気に入らなかった」だった。(2020/9/2)

創業135年の老舗醤油メーカー公式Twitter「フォロワー40人突破を上司に褒められた!」→なぜか1万RT→5時間でフォロワー1万人突破
すごい勢いでフォロワー1万人突破。(2020/8/27)

疑問をもつ:
上司から「自分で仕事をつくれ」と言われた、3つの対処法
「仕事は自分で見つけてくるもの」と言われた人もいるのでは。「どうやって仕事を見つければいいのか分からない」という悩みの解消法として、3つのヒントは……。(2020/8/26)

「足りてないのは課長のカルシウムです」ミスを叱責されて逆に上司の怒りっぽさを指摘する同僚 「耐え子の日常」ー自分を曲げない朝美ちゃん編ー
敵にしても味方につけても嵐を呼ぶタイプ(2020/8/24)

”幼稚性”から紐解く「日本的マネジメント」の問題点【後編】:
「いつまでも学生気分でいるな!」と叫ぶ上司こそ、学生時代の価値観を捨て切れていない
「上司を飛ばして話を進めるな」「会社の休憩時間にモノを食べるな」「上司の決裁を受けるときは、ハンコを傾けて押せ」――。こうした非合理なルールが、いまだ日本企業では常識のようにはびこっている。働き方改革の支援を手掛けてきた沢渡あまね氏に今後のビジネスパーソンに求められる考え方を聞いた。(2020/8/21)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
「他と違った行動を認めない」「テレワークで細かく監視したがる」上司が、企業のイノベーションを阻害している
新型コロナウイルスの感染拡大に伴いテレワーク化が進められている。一方で、「相変わらず、対面の社内ミーティングが必須」といった企業も少なくない。こうした現状について、『職場の問題地図』などの著書で知られる業務改善・オフィスコミュニケーション改善士の沢渡あまね氏は、「日本型マネジメントの根底には、“幼稚性”がある」と指摘。インタビューで真意を聞いた。(2020/8/20)

職場のそばで拾った猫は“パワハラ上司”だった―― サラリーマンの部下との奇妙な日常を描いた漫画「部長、猫になる」
部長がかわいいシャム猫になっちゃいます。(2020/7/23)

「なぜミスは隠さない方がいい?」→「必ずバレるし上司のタイミングで怒られるから」 新社会人へのアドバイス描いた漫画が分かりやすい
新社会人に贈る2つのアドバイス。(2020/7/17)

コロナ禍で上司に不満は? 44.5%が「ある」
新型コロナの感染拡大を受けて、働き方に変化が起きた企業も多い。そうした中で、上司に不満を感じている人はどのくらいいるのだろうか。20〜30代のビジネスパーソンに聞いたところ……。(2020/7/14)

キャリアニュース:
管理職と新入社員の意識比較調査、意識のズレから生じたギャップ
ラーニングエージェンシーが「管理職と新入社員の意識比較調査」の結果を発表した。新入社員時代のうちに身につけたいスキルや理想の上司像について尋ねたところ、いずれも管理職と新入社員との回答に大きなギャップがあった。(2020/7/2)

「僕も食べたい」「なくなっちゃった……」 お菓子をおすそ分けした上司の反応を描いた漫画が超かわいい
等身大の反応がかわいい!(2020/6/28)

パーソル総研がアンケート:
上司の4割「テレワーク中の部下が仕事サボっている」と不安に――調査で判明
上司の4割がテレワーク中の部下に「サボっている」と不安。パーソル総研の調査で判明。在宅・通勤が混在する職場ほどテレワーカーの不安・孤独感が高い結果も。(2020/6/10)

「一部は在宅、残りは出社」が社員の不満のもとに? 「不公平」「仕事を頼みにくい」などの声
「一部は在宅、残りは出社」といった勤務形態を取り入れている企業は、社員の不満・疑念を生みやすいようだ。パーソル総合研究所の調査で判明した。解消に向けては、上司のフォローや状況把握などの工夫が不可欠という。(2020/6/10)

求められるのは「アウトカム」:
「上司と部下」からパートナーへ これから求められるマネジャーの姿とは?
新型コロナで巻き起こった急激な変化。コミュニケーションやマネジメントの形にはどういった変化があり、これからマネジャーに求められるものとはどういった要素なのだろうか。コミュニケーションに関するサービス「KAKEAI」を提供するKAKEAI社の本田社長に話を聞いた。(2020/6/9)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
「唐揚げあげます」「餃子包みます」上司の離脱理由がいちいちおかしい
やや食べてみたい。(2020/6/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。