ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「上司」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「上司」に関する情報が集まったページです。

若い女性ほど不満を抱え込む?:
女性が男性上司や会社に感じる「不満」はどこにある? ハラスメントではない意外な結果
女性部下が男性上司に感じる意識調査が発表。健康面に関する課題を抱える人が多いようだ。一方で、ハラスメントに関してはおおむね満足している女性が多い結果に。女性陣が会社側に求めるものとは?(2020/1/29)

社会人は褒められたい 上司なら知っておきたい「部下が上司に使ってほしい褒め言葉」ランキング
月に1回は褒められたい!(2020/1/29)

月に1回以上は褒めてほしい人、多数:
部下が褒めてほしいのは「成果」より「努力」 今の時代、上司が使うべき褒め言葉とは?
上司が知っておくべき「褒め」の知識に関する調査結果が発表。使うべき言葉と褒めるべきポイントとは? 社会人300人を対象に調査を行った。(2020/1/27)

理想の上司1位は? 男女ともに4年連続でトップ
理想の上司は誰ですか? この春、就職する学生に聞いたところ、トップは……。明治安田生命保険調べ。(2020/1/27)

「インフルエンザにかかった社員が出社してきた」43%が経験あり 診療所による「仕事とインフルエンザの認識」調査
インフルを押して出社する人の大部分が、上司や先輩など責任ある立場だったそうです。(2020/1/26)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「何でも皆で決める上司」がリーダー失格であるワケ
前例のない非常事態下で、さまざまな選択と決断を迫られたとき、普段は見えなかった「真のリーダーシップとは何か」が見えてきた。(2020/1/23)

外国人アルバイト、実は1カ月で多くが辞めていた 85%が上司や先輩との人間関係の不満で退職
言葉や習慣のちがいでハードな職場がよりキツく。(2020/1/22)

ひろゆき流「ギスギスした職場」を生き抜くメンタル術【前編】:
ひろゆき流「職場に振り回されないメンタル術」 ムカつく上司、バカな同僚は“動物”だと思え!
鋼のメンタル王・ひろゆきが教える、いつでもどこでもマイペースを貫く、逆転の思考法! 職場で「他人を攻撃する迷惑な人」と賢く距離を取り、スルーする方法について3回にわたってお届けする。第1回目は「他人に振り回されないメンタル術」のヒント。(2020/1/21)

それでも開催するべき理由:
忘年会、スルーしたいのは若者だけではない! 「同一飲食同一支払」を求める管理職の悲痛な叫び
SNSで話題の「忘年会スルー」。「高いお金を払ってわざわざ上司の自慢話に付き合いたくない」という若年層のコメントが目立つ。一方で、管理職の方でもスルーしたい人が増えているのだとか。スルーしたいのは管理職も同じ?経営コンサルタントの横山信弘氏が斬る。(2019/12/18)

意外と気になるのが「距離感」:
「VRでパワハラ体験」 ハラスメント未経験の記者が体験してみた 上司、部下双方から体験可能
一部の研修で広まっているVRでのハラスメント体験。ハラスメントを体験したことのない記者が体験してみた。これまでの研修にはないような受講者の「自分事化」を生み出せるのだという。体験してみて意外と気になったのが距離感だった。(2019/12/16)

「職場におけるAI調査」が示す管理者の課題
なぜ日本の上司は「AI」より信用されないのか なぜ職場でAIが使われないのか
日本人の約8割が上司よりロボットを信頼することが調査で分かった。これは調査対象の10カ国平均よりも高い結果だ。一方でロボットの基幹要素であるAI技術の使用率は、調査対象国の中で最も低かった。なぜなのか。(2019/12/24)

グローバル人材に「合わせられない」日本の上司:
外国人部下に日本人上司の4割強「自己主張強い」「日本の常識通じない」とギャップ
外国人部下を持つ日本人上司に意識調査。4割強が「自己主張強い」「日本の常識通じない」と回答した。3割が「ノウハウ無く手探り」と、マネジメントへの苦労が浮き彫りに。(2019/12/10)

ディルバート(632):
上司の詭弁、部下の返り討ち
ボーナスカットを正当化する論理を振りかざしたボスですが、“チームワークとは皆が痛みを分かち合うもの”なら、そりゃボスだって当然……?(2019/12/5)

長時間・過重労働の相談が最多:
上司から「アホ」といわれてたたかれて… 厚労省が「過重労働解消相談ダイヤル」の相談結果を公表
厚労省が「過重労働解消相談ダイヤル」の相談結果を公表。相談件数は269件。長時間労働・過重労働に関する内容が最も多かった。(2019/12/4)

上司とSNSでつながっていますか? 社会人に聞く 「休日に連絡が来る」「ブロックした」などの声も
SNSのアカウントやコミュニケーションアプリの連絡先を上司に教える? 教えない? ベンチャー企業のベースメントアップスが調査結果を発表。抵抗感なく教えた人は40%、教えていない人は39%だった。「嫌々つながった」は16%、「つながったがブロックした」は5%存在した。(2019/11/25)

ドコモの「IDaaS」導入秘話 「認証の仕組みは簡単」「自社開発できるでしょ?」と説く上司との戦い
企業では現在、認証サービスにクラウド型の認証基盤「IDaaS」(Identity as a Service)を利用する取り組みが活発化している。NTTドコモは、IDaaSベンダーの米Auth0に出資し、同社のサービスを「docomo sky」の認証基盤に採り入れている。その裏側で開発担当者は、「認証の仕組みは簡単」「自社開発できるでしょ?」と説く上司を説得していたという。(2019/11/25)

防げ「ミスマッチ」:
「出世確率」が分かる「全国統一テスト」受け付け開始 受講後には“通信簿”も
若手社員を対象とした「全国統一社会人テスト」が始まる。主催するのは社会人向けスクールなどを運営するマネジメントベース。テストに回答し、同僚や上司などに「360度評価」で採点してもらう形式。受験後に送られてくる通信簿では、出世確率なども分かるという。(2019/11/22)

テクノロジー以外の課題が浮き彫りに:
AI導入が遅れている日本企業 背景には「年功序列」にしがみつく人々
企業向けソフト大手の米オラクルと調査会社のFuture Workplaceが行った「職場におけるAI」の調査に基づいた日本企業の分析をオラクルが発表。日本は世界各国と比較してAIの導入率が低い。一方で「上司よりもロボット(AI)を信頼する」と回答した人は平均よりも多い。効率性を高める機運が高まっている日本において、なぜAIの導入は遅れているのか?(2019/11/20)

「人間の上司よりロボットを信頼」約8割、日本はロボに軍配? オラクル調べ
日本オラクルが、日本、米国、中国など世界10カ国・地域を対象にした、職場のAI利用に関する調査結果を発表。全体の76%が「マネージャーよりもロボットを信頼する」と回答した。AI時代における従業員とマネージャーの関係性が明らかに。(2019/11/14)

愚痴や告げ口はNG:
嫌いな上司を黙らせる2つの方法
どこの職場にも嫌いな上司や先輩はいる。愚痴や告げ口をしても何も解決しない。上司を黙らせる“超建設的”な方法とは?(2019/11/7)

ディルバート(626):
デキる部下の忖度(そんたく)
一筋縄ではいかない上司を立てるには、完璧なプレゼン資料にも、ひと工夫必要。ディルバートがボスを懐柔できる日は近い……のか?(2019/10/24)

若手社員の6割が転職サイトに登録 定着のカギは「目指したい上司」「目標にしたい人」
憧れの人の存在が仕事への意識を変えるかも。(2019/10/21)

偏見のない情報の提供などに期待:
「上司よりもロボットの方が信頼できる」 Oracleが職場でのAI利用に関する調査
Oracleが発表した「職場におけるAI(人工知能)」に関する調査結果によると、「マネジャーよりもロボットを信頼する」と回答した割合は64%。特にインドと中国でAIに好意的だった。(2019/10/17)

オラクルとFuture Workplace調べ:
「上司よりAIを信頼する人」の割合は? 世界10カ国対象の「職場におけるAI」調査
オラクルとFuture Workplaceによる、世界10カ国を対象とした職場におけるAIの導入状況や人々の受け止め方に対する調査が発表。「AIを利用している」と答えた人の割合は日本が最下位だった。また、マネージャーよりもロボットを信頼している人の方が多い結果も明らかに。ロボットはマネージャーに比べ、どんな点が優れてるのだろうか。(2019/10/16)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
女性に職場で活躍してもらうために男性上司が気をつけたいこと
女性を活用することに賛成でも、現場の上に立つ人たちが方法論を持っていないのでは。(2019/10/10)

低きにありて、高きを思う:
ジブリ鈴木敏夫が語る――宮崎駿に『風の谷のナウシカ』を連載させた『アニメージュ』初代編集長の「型破り人生」
スタジオジブリのプロデューサーとして、宮崎駿作品をはじめとするアニメーション映画の制作に尽力している鈴木敏夫氏。その鈴木氏が大きな影響を受けたのが徳間書店時代の上司である故・尾形英夫氏だ。尾形氏は宮崎駿氏に『風の谷のナウシカ』を連載させた『アニメージュ』の初代編集長。尾形氏の型破りな生き様を鈴木氏が大いに語る。(2019/10/1)

周囲の社員が退職する際、困ったこと1位は?
転職を決めたとき、最初に報告したのは会社の誰でしたか? 転職サイトに登録しているユーザーで、過去に転職したことがある人に聞いたところ「上司」(65%)が断トツ。次いで……。エン・ジャパン調べ。(2019/9/27)

「モバイルSuica」で乗るだけ、立て替えや申請不要の交通費精算サービス「Smart Go」がスタート
NTTコミュニケーションズ(NTT Com)とJR東日本は、「モバイルSuica」と自動連携して業務交通費の精算を簡素化するサービス「Smart Go」を開始。従業員による交通費の立て替えや申請手続き、上長承認、経理部門の精算処理といった従来のプロセスが不要になる。(2019/9/27)

世界基準の部下育成法とは?:
上司はなぜ部下の価値観を「無視」してしまうのか?――元GE「リーダー育成専門家」が斬る
部下の価値観に合わせて仕事を設計する……。言葉では簡単でも実はハードな管理職の仕事だ。GEでリーダー育成に携わった筆者が具体的にレクチャーする。(2019/10/2)

世界基準の部下育成法とは?:
日本のダメ上司が部下のやる気を引き出せない“根本的理由”とは――元GE「リーダー育成専門家」が斬る
日本企業で上司が部下のやる気を引き出せない理由を、GEで経営幹部育成に携わった筆者が解き明かす。部下の能力不足のせいにしていない?(2019/9/18)

世界基準の部下育成法とは?:
部下を育てられない“日本のダメ上司”が必ず陥るワナ――元GE「リーダー育成専門家」が斬る
上司が部下の育成で「陥りがちなワナ」とは? GEで経営幹部育成に携わった著者が分析、すぐにできるチェック項目も。(2019/9/17)

河中あい、5歳下の元上司と婚約 8歳の娘との関係も良好「いつも娘優先」「すごく大切にして下さって」
おめでとうございます!(2019/8/23)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
現場リーダーに求められる「全体最適」の仕事術
「頑張っているのに報われないのは経営者や上司、他部門やチームメンバーに問題があるからだ」と思っている人は要注意!(2019/8/22)

転職先の上司が“ど天然”だった かわいい上司に癒やされる漫画『新しい上司はど天然』が単行本化
こんな上司が会社にいたら毎日楽しそう(2019/8/20)

部下から信頼されるエグゼクティブとは:
令和の時代だからこそ振り返りたい部下育成5つの心得
時代が変われども、変わらない上司として、リーダーとしての部下育成心得とは?(2019/8/19)

有給を取りたいと言ったら「君の代わりはいくらでもいる」 休めないかと思いきや意外な展開の漫画が評判
世の上司がみんなこんな人だったらいいのに。(2019/8/8)

知の賢人・田坂広志が語るキャリア論【前編】:
田坂広志が社会人1年目に味わった絶望感――逆境を越えられた理由は「研究者視点」と「心の師匠」
7年遅れで実社会に出た研究者上がりの若者が、ビジネスの世界で道を拓けたのは、仕事を深く研究するという「反省の技法」と、優れた上司からその技術や心得を徹底的に学ぶ「私淑の技法」の賜物だった――。(2019/8/6)

Google従業員、「妊婦は感情的になる」などの問題発言に対処しない人事部を社内メモで告発
Googleの従業員が、上司による妊婦差別を人事部に報告したところ、上司に報復されるようになり、人事部はその後も適切な対処をしなかったという詳細なメモを社内掲示板に投稿した。(2019/8/6)

「行く末は推しのコラボ老人杖」 社会人オタク女子あるある漫画『マキとマミ〜上司が衰退ジャンルのオタ仲間だった話〜』3巻発売
推しを感じて高額な商品を買ってしまうことも……。(2019/8/1)

世界を読み解くニュース・サロン:
“上司なりすまし”被害も 深刻化する偽動画「ディープフェイク」の脅威
本物と見間違うような偽動画「ディープフェイク」が世界で問題視されている。最近では、FacebookザッカーバーグCEOの偽動画も話題になった。社長や上司になりすまして企業に電話をする「ディープフェイク音声」の被害も発生。日本でも注意が必要だ。(2019/7/25)

エリートなのに超ド天然なイケメン部長にギャップ萌え Twitter発の人気漫画『うちの上司は見た目がいい』単行本化
サブストーリーと描き下ろしも掲載!(2019/7/24)

部下から信頼されるエグゼクティブとは:
部下からの信頼があつい上司の5つの条件〜リーダーシップのカギは「決断力×人間力」〜
あなたは「いざというとき頼りになる上司」か?(2019/7/22)

キャリアニュース:
従業員のメンタル不調、原因の1位は「上司との人間関係」
Mediplatが「従業員のメンタル不調」に関するアンケート調査結果を発表した。従業員のメンタル不調の原因1位は「職場の人間関係」で、中でも「上司との人間関係」が最も多かった。(2019/7/18)

キャリアニュース:
中途入社者の離職意向を低減するのは、上司との「雑談」
リクルートキャリアが「中途入社後活躍調査」の結果を発表した。短時間でも上司と雑談している人は離職傾向が低く、自分の能力を十分に発揮している「パフォーマンス発揮者」は、仕事や組織の意義について高頻度で上司と会話していた。(2019/7/12)

製造業IoT:
1on1ミーティングの会話を可視化、コミュニケーションの改善や人材育成に活用
村田製作所は、1on1ミーティングでのコミュニケーション状態を可視化する「NAONA×Meeting」を発売した。上司と部下の関係性や会話量などを客観的なデータにすることで、コミュニケーションの改善や円滑な業務の遂行に活用できる。(2019/7/8)

急に前世を思い出した「部下と上司」が「姫と世話係」に つい前世のごとく振る舞ってしまう漫画にニヤニヤとハラハラが止まらない
もう続きが読みたい。(2019/6/28)

「有休に理由なんていらねぇよ」 有休を取らせてくれる課長の漫画に「こういう上司が欲しい」と支持集まる
部下を思いやる上司と、上司を慕う部下の関係性がステキ……。(2019/6/27)

キャリアニュース:
上司に仕事量の調整希望を伝えていないワーキングマザーが約5割
パーソル総合研究所が「ワーキングマザー調査」の結果を発表した。ワークライフバランスがとれていない正社員女性の49.1%が、仕事量の調整希望を上司に「伝えていない」と回答した。(2019/6/27)

科学的に考えて、もしもあなたの上司がブラックホールに吸い込まれたらどんな風に見える?
なお、あなたはこのとき、十分に離れた安全な場所にいたとします。(2019/7/15)

「君、今日からクラウド担当ね」 未経験者が1人で始めた、ファミマのAWS移行の舞台裏
「AWS Summit Tokyo 2019」のセッションに、ファミリーマートでクラウド移行の責任者を務める土井洋典さんが登壇。土井さんは、前任者が突然退職したため、ある日突然上司からクラウド担当を任された経験を持つ。たった1人でのスタートだったというが、どうやってAWS移行を成功させたのだろうか。(2019/6/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。