ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「上司」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「上司」に関する情報が集まったページです。

真似をしたくない言動:
「苦手な上司がいる」6割、その理由は?
ライボが行った「2022年 職場の上司に関する調査」によると、全体の60.4%が「苦手な上司がいる」と回答した。苦手な理由で最も多かったのは?(2022/5/16)

上司「忌まわしい習わしはワシらの代で終わらせねばならん……」 残業を呪われた国の王族みたいなテンションで先に帰された話
いい職場だなー。(2022/5/12)

身近なネタから法律相談:
ドラマ『正直不動産』、上司の叱責やライバル企業の嫌がらせは違法じゃないの? 弁護士に聞いてみた
NHKで放送中の『正直不動産』は、“ウソだらけ”で“売り上げ第一主義”な不動産業界の裏側をコミカルに描くドラマだ。作中には数々の“売り上げ第一主義”な言動が登場するが、どこまで現実に許されるのだろうか? 上司の叱責やライバル企業の嫌がらせなど、気になる言動について弁護士に質問してみた。(2022/5/10)

若者の働き方はこう変わった:
「仕事終わっていないけど、定時で上がります」 中年社員は新卒との”ジェネレーションギャップ”をどう解消すべきか?
上司や先輩は、4月に入社した新入社員に新鮮さを感じるとともに、ジェネレーションギャップに悩みはじめるタイミングだろう。最近の若者は働くにあたってどのような意識を持っているのか? また、ジェネレーションギャップを解消するために中年社員はどのような働きがけをすべきだろうか?(2022/5/6)

「100%の結果を出そうと焦るより……」 36年間働いてきた上司が退職時に残した名言が説得力しかない
長年働き続けてきた人の言葉。(2022/5/4)

部長の「働いて楽しかった瞬間」の話がすごい 休日返上で上司の不倫現場に役員と奥さんで突入
そりゃ何十年後にも思い出して語るわ。(2022/5/1)

企業の上司・部下1000人に聞く:
部下が「こんな上司はいやだ」と思うタイプは? 言われたい褒め言葉は「信頼して任せられるよ」
龍谷大学が、企業の上司・部下1000人を対象に、その関係性や世代間ギャップについての調査を実施した。(2022/4/28)

負担が増え、難易度も上がった:
コロナ禍で「部下のマネジメントが難しい……」と嘆く上司が多数 最も大きな課題は?
Adecco Group Japanは、全国の部下を持つ管理職に、「コロナ禍での部下のマネジメントに関する調査」を実施した。コロナ禍以前と比べ、マネジメントの負担が増え、難易度が上っていることが分かった。(2022/4/28)

社労士・井口克己の労務Q&A:
事実婚の社員は「男性育休」を取得できる?
当社の男性社員が「交際中のパートナーが妊娠した」と上司に打ち明けました。夫婦別姓のために事実婚を検討していると話したそうですが、事実婚のケースにおいても育児休業を取得し、各種公的補助を受けることはできるのでしょうか。(2022/4/28)

女性677人に調査:
働く女性「ハラスメント感じた」8割超 過半数が我慢
女性向け転職サイト「女の転職type」を運営するキャリアデザインセンター(東京都港区)は、女性会員677人を対象に「職場のハラスメント」調査を実施した。何らかのハラスメントを感じたことがあるという人に、誰から感じたか聞いたところ、1位は「上司」(85.8%)だった。(2022/4/29)

評価が低い:
「上司の“ひいき”は不公平」4割、具体的な不満は?
上司の“ひいき”による不公平を感じたことがある人はどのくらいいるのだろうか。従業員10人以上の会社で働く人に聞いた。(2022/4/21)

「昼飯に5000円も使った」上司が豪語するので、さぞセレブな内容かと思いきや…… とんでもなく“食いしん坊”なだけだった話
え!? そっち!?(2022/4/27)

Q&A 総務・人事の相談所:
“納得感のない人事評価”の原因に 「目標設定のNGワード」とは?
新年度の目標設定をどうすべきか、頭を抱えている上司も多いのではないか。「そもそも組織目標が不明瞭」「組織目標と個人目標の連鎖が弱い」など中長期的に解決すべき問題も……。新年度が始まるにあたり、社員に納得してもらえる目標設定をするために使うべきではない「NGワード」を人事コンサルタントが解説する。(2022/4/18)

上司が「丸投げするのやめろ」と入力し出してハラハラしてたら変換した瞬間「あとはこちらで対応させていただきます」に書き換わった
変換キーひとつで本音が建前に!(2022/4/10)

花粉症でクシャミと鼻水が止まらない男性に、「うるさいよ」「周りに配慮して」と上司が注意したら……
花粉症なめんな!(2022/4/9)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
上司ガチャって関係ある? 40歳からは「愛をケチらず、上司を出世させよ」
会社員にとって、上司は重要な存在だ。どんな上司と出会うかで、その後の会社人生が決まると言っても過言ではない。一方で、40歳になったら、どんな人が上司であろうと、上司との向き合い方を変える必要があると筆者は解説する。40歳以降の会社員生活で、重要なこととは──?(2022/4/8)

ヒントは「北風と太陽」:
1on1は「今のやり方が正解」と考える上司、疲弊する部下 両者の溝は、なぜ生まれるのか
「投げかけた質問に、部下が全部答えてくれた」「部下の話をしっかり聴けた」――終わったばかりの1on1ミーティングを振り返り、こうした理由で満足を覚えたことはないだろうか。ドキッとした上司の皆さんは、自己評価の高さに反して、実は「効果的な1on1」を実施できていない可能性がある。(2022/4/6)

龍谷大学が調査:
会社での世代間ギャップに約7割が“あきらめ” 互いが感じている“違和感”は?
龍谷大学が新年度に向けて、企業の上司・部下を対象に、その関係性や世代間ギャップについてのアンケート調査を実施した。(2022/4/5)

弁護士・佐藤みのり「レッドカードなハラスメント」:
飲酒状態で出社した新人を叱った翌日、新人は自殺 上司の責任は?
ミスを繰り返す新人が、ついには飲酒が疑われる状態で出勤。上司が強く叱責した翌日に、自殺してしまったら──。叱責した上司は、その責任を問われるのでしょうか。(2022/4/4)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
No!と言わない言わせないコミュニケーション術
「顧客への提案が通らない」「上司に企画書を見せても承諾を得られない」そのような悩みを抱えているビジネスマンは少なくないだろう。ビジネスはとにかく交渉の連続。交渉がうまい人と下手な人は何が違うのだろうか。(2022/3/31)

「オンライン会議やるから遊んでてね」と子どもに言ったら…… その返しが完全に“上司”だった話
できる発言!(2022/3/30)

10〜24歳に聞いた:
Z世代の「上司にしたい歴史上の人物」 3位「坂本龍馬」、2位と1位は?
キーボードアプリ「Simeji」を提供するバイドゥは、「上司にしたい歴史上の人物」の調査結果を発表した。10〜24歳の考える上司にしたい歴史上の人物とは?(2022/3/28)

Z世代の上司にしたい有名人、「HIKAKIN」「ひろゆき」を抑えた第1位は?
 日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」を提供するバイドゥ(東京都港区)は、Simejiユーザーの10〜24歳のZ世代を対象とした「上司にしたい有名人」のランキングを発表した。その結果、1位は人気YouTuberの「はじめしゃちょー」が選ばれたことが分かった。(2022/3/26)

事例で解説:
ハラスメント? マネジメント? マネジャーは「部下のプライベート」にどこまで踏み込むべきか
リモート化の進展などで前景化しているコミュニケーション問題。例えば、上司としては、どこまで部下のプライベートに踏み込んでよいものか、悩ましいものだ。本記事では、人事領域に長年携わってきた筆者が目にした事例を基に、この問題を探っていく。(2022/3/25)

4月にパワハラ防止法施工:
働く意欲はどこから湧いてくる? 管理職の1位は「人間的に成長する」、若手の回答は?
働くモチベーションには世代ごとに大きく異なる。若手の1位は「プライベートを充実させる」だった。上司は若者の価値観を受け入れ、理解を深めていく必要がある。(2022/3/16)

1000人に聞いた:
上司との飲み会、約80%が「好きじゃない」と回答 若者が参加したい飲み会の特徴とは
沢の鶴は若者世代の価値観とコミュニケーションに関する調査を実施した。上司との飲み会に関して、約80%が「好きじゃない」と回答。若者が参加したい飲み会の特徴は「あまりお金がかからない」。(2022/3/13)

沢渡あまねの「脱アナログ庁」:
井の中の蛙「コロナ感染、菓子折りで謝罪せよ」――日本のおかしな組織文化
新型コロナウイルスによる隔離後、職場で菓子折りを配らなかったら上司や同僚から指摘を受けた――そんな内容のニュースがネット上で話題となった。なぜ、こうしたウェットな組織文化が生まれてしまうのか。350以上の企業や自治体、官公庁などでの組織や業務の改革支援を行ってきた沢渡あまね氏が、解説する。(2022/3/10)

対談企画「女性活躍って、誰目線?」前編:
企業はなぜ女性管理職に「覚悟」を求めてしまうのか──リクルート執行役員・柏村氏×サイバーエージェント専務執行役員・石田氏
女性管理職に「覚悟」が求められてしまう現状、女性自身が「自分なんかにはきっと無理」とキャリアの可能性を狭めてしまう理由、自身の成功体験に固執する上司への対処法──。共に役員として活躍するリクルート柏村氏×サイバーエージェント石田氏の対談の模様をお届けする。(2022/3/8)

部下もストレスを感じている:
部下の文章にイラっとした瞬間 2位は「語彙・表現が不適切」、1位は?
84.5%の上司が部下の文章にストレスを感じたことがあると回答している。誤字脱字などの文章の誤りよりも、読み手への配慮不足にストレスを感じる傾向が高い。部下も同様に上司からのアドバイスにストレスを感じている。(2022/3/6)

上司に鬼詰めされピンチ! Apple Watchに救われた出来事に「サラリーマンの必需品になっていて草」の声
えっ、いいの?(2022/2/28)

【お仕事楽しい】嫌いな上司の名前を呼び捨てにできる愉悦…… 新入社員が社外の人と話すのが好きな理由
そりゃあ確かに快感かも。(2022/2/4)

【お仕事楽しい】上司が朝礼で「今日は何の日かわかりますか?」 まさかの答えに思わずほっこり
朝からこんな気分でお仕事したいものです。(2022/2/8)

今春の新人に聞く:
「理想の上司」ランキング 1位は男女ともに6年連続でトップ
明治安田生命保険は、今春入社を控えた学生に聞いた「理想の上司」ランキングを発表した。男女ともに1位は、6年連続のランクイン。「親しみやすい」「優しい」といったイメージが人気を集めた。(2022/2/3)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
部下とのコミュニケーションが下手な上司がやっている勘違い
自分の考えをそのまま伝えても、相手にはなかなか伝わらない。そこがコミュニケーションの難しいところ。上司がスキルとして持っておきたいのが「伝わる技術」。(2022/2/3)

【お仕事楽しい】テレワークで「メンバーの心情が分かりづらくなった」と語る上司に「以前は分かっていたということですか?」と聞いた結果
正直でいい人だ。(2022/1/22)

そのまま働き続けた:
“上司ガチャ”に失敗した人は6割 嫌がられる上司の特徴は?
転職メディア「転職サイト比較plus」は、「上司ガチャに関するアンケート」を実施した。その結果、上司ガチャに失敗した(嫌な上司に当たった)経験がある人は約60%だった。(2022/1/21)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
「情報は上司のものではなく、会社のもの」
社内の情報戦をやめる。(2022/1/20)

「外交力」「寛容力」「表現力」は自己評価が高くなりがち:
部下は上司が思うほど「上司はコミュニケーションに優れている」とは感じていない IGSがコロナ禍のコミュニケーションに関する調査結果を発表
IGSは、「リモートワーク下のコミュニケーションに関するアンケート調査」の結果を発表した。上司とのコミュニケーションが「成長に対する不安」に影響していることが分かった。(2022/1/13)

上司「人として終わってんな!」→ 部下「人として終わってる…ハッ!」 パワハラを何でもポジティブに捉える漫画が「見習いたい」と話題に
無敵のメンタル。(2021/12/26)

全国2000人に調査:
「仕事への熱意が薄れた」4割 コロナ禍で変化
アデコは、全国2000人のビジネスパーソンを対象にエンゲージメントに関する調査を実施した。その結果、約4割がコロナ禍において仕事への熱意が薄れたと回答。上司や同僚との関係については……。(2021/12/23)

NTTドコモが全国1400人に調査:
テレワークのメリット 3位「上司に会わなくていい」、2位「家族との時間が増えた」、1位は?
NTTドコモモバイル社会研究所がこのほど、テレワークのメリット・デメリットに関する調査結果を発表した。その結果、「通勤時間を有効活用できるようになった」が全体の50.7%を記録し、メリットの1位に選ばれた。「家族との時間が増えた」(26.4%)、「上司に会わなくていい」(24.4%)がそれぞれ続いた。(2021/12/16)

落ち込む部下を「強制的に励ます方法」がほのぼのカワイイ 優しい上司を描いた漫画に「やってみたい」の声
フォローの仕方がステキな上司。(2021/12/14)

約4割が「ルール違反を会社や上司に報告していない」:
4人に1人が「ルール違反と認識しつつ、パスワードを使い回している」 IPAがセキュリティ調査の結果を発表
IPAは、全国の中小企業に勤務する従業員を対象としたサイバーセキュリティに関する調査結果を発表した。それによると5人に1人が情報管理に関するルール違反をしたことがあり、そのうち約4割は「会社や上司に1度も報告していない」という。(2021/12/10)

中小企業で5人に1人が「情報管理のルール違反」経験 必要な対策は――IPA調査
IPAの調査によると、中小企業では年平均1.4回のサイバーセキュリティトラブルが発生しているが、その一方で、従業員の5人に1人は、パスワードの使い回しなど、情報管理ルールに違反したことがあり、その半数は会社や上司に報告していないことが分かった。(2021/12/9)

【5時の誤字】「以上」と書くつもりが「お嬢」に…… メールの誤字にユーモアのある返しをしてくれた上司がおちゃめと話題に
いい上司だな……。(2021/12/5)

170億円不正送金疑い ソニー生命社員を逮捕 テレワーク中に上司の目を盗んで
ソニー生命保険の海外連結子会社の米銀行口座から約170億円を別口座に不正送金したとして、警視庁捜査2課は、詐欺容疑で、同社社員の石井怜容疑者を逮捕した。捜査2課はFBIとも連携し、不正送金の目的や使途などの詳しい経緯を調べている。(2021/12/2)

もしストレスを「倍返し」できる貯金箱があったら? 上司に仕返しできると思いきや――復讐の連鎖を描いた漫画がホラー
ストレスの溜めすぎにご用心……。(2021/12/2)

スピン経済の歩き方:
「俺らの時代は」を繰り返す“ノスタルジックおじさん”が、パワハラ上司になりやすいワケ
突然だが、「ノスタルジックおじさん」をご存じだろうか。いや、知らないはず。なぜなら、筆者(窪田氏)の造語だからだ。その「ノスタルジックおじさん」が、パワハラ上司になりやすいと指摘しているが、どういう意味なのか。詳しく見てみると……。(2021/11/30)

【お仕事楽しい】電話で「上司に代われ!」と言われたので声色を変えて「上司です」 豪快なクレーム処理に「自分もやった」
もうそれでいい時あるよね実際。(2021/11/26)

ソフトスキルが企業の明暗を分ける【第3回】
「上司のソフトスキル」が低い“残念な企業”の末路
組織力の強化にかかわるソフトスキルの意義を理解できず、ソフトスキルが低いままのリーダーがいる組織も残念ながら存在する。専門家は、こうしたリーダーが導く組織の未来を憂慮する。その理由は。(2021/11/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。