ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「Camino」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Camino」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

事業推進の原動力として活用
「Surface Pro」「iPad」でVDIを構築した米病院の“モバイル推進”戦略
患者の診療記録やカルテの電子化が進む中、仮想化やモバイル化の目標はコスト削減にとどまらない。(2015/9/10)

「IEユーザーはIQ低い」の調査報告に抗議の嵐
IEユーザーはIQが低めで、Operaユーザーは高いという調査結果をカナダの企業が公表し、波紋を呼んだ。この企業は偽会社と指摘されている。(2011/8/1)

Mozilla、Mac向けWebブラウザ「Camino 2.0 β4」リリース
CaminoはCocoa開発環境でMozilla Geckoエンジンをベースに構築されたMac OS専用のタブブラウザだ。(2009/9/20)

海外ダイジェスト(10月23日)
FirefoxベースのMac用ブラウザ「Camino 2.0」のα1がリリース、LucasArtsとBioWareがスターウォーズのオンラインゲームを開発、など。(2008/10/23)

Firefoxのシェア、欧州で28%に
フィンランドなど一部の国では、Firefoxのシェアが40%を超えている。(2008/1/30)

高橋敦の「Macでいいじゃん!」第3回:
Macでお仕事! WordやExcelの書類を“タダ”で扱うには?
今回は目先を少し変えて、WindowsからMacへスイッチしたときの、実務面での気がかりをさくっと確認しておこう。Microsoft Officeの書類ファイル、Macで開くにはどうするの?(2007/11/13)

iPhoneとビジネスユーザー:
iPhoneを待ち受ける3つのハードルとは
多くのビジネスマンが所有するスマートフォン。iPhoneはこのジャンルに括られるが、ビジネスシーンでは本当に使えるのだろうか?(2007/6/25)

「Camino 1.5」がリリース
GeckoレンダリングエンジンとMacらしいインタフェースを備えたCaminoのMac OS X用ブラウザ「Camino」の1.5がリリースされた。(2007/6/7)

「自分専用オンライン音楽ライブラリ」が米国でスタート、iPodにも対応
ストリーミングラジオと音楽ロッカーサービスを組み合わせたようなサービスが米国でスタートした。自分の音楽ライブラリをアップロードすれば、ネット接続した任意のPCから再生できる。(2007/6/5)

「iPodハロー効果はMacには効かない」に反論する
AppleのiPodの売り上げがMacintoshの販売にもたらす「ハロー効果」について、業界ウォッチャーらは、その効果はわずかだとか統計誤差程度にすぎないと指摘している。だが、彼らは見るべき場所を間違えている――Appleのハロー効果はターゲットとなる人々すべてに及んでおり、すぐにもビジネス市場の一部に波及するだろう。(2007/3/2)

Intel Macに最適化されたFirefox 1.5.0.2が登場
Firefoxの最新版1.5.0.2がリリースされた。Intel Macに最適化されたユニバーサルバイナリも提供されている。(2006/4/14)

Intel Macにネイティブ対応したCamino正式版がリリース
MozillaのレンダリングエンジンをベースにしたMac OS X用ブラウザ「Camino」の正式版がリリースされた。(2006/2/15)

フレーム内コンテンツ偽装の脆弱性、Firefox/Mozillaで「再発」
いったんは修正されたフレーム内コンテンツ偽装の脆弱性が、FirefoxとMozillaの最新版で再度確認された。(2005/6/6)

Mac OS X専用ブラウザ「Camino 0.8.3」リリース
Mozilla FoundationがMac OS X向けブラウザ「Camino 0.8.3」(英語版)をリリースした。バグ修正などのマイナーアップデート。(2005/4/3)

MozillaとThunderbirdがアップデート、Caminoサイトも新設
MozillaとThunderbirdがそれぞれアップデートされ、Mac OS XブラウザのCamino向けサイトが新設された。(IDG)(2005/3/23)

国際化ドメイン名処理に起因する表示偽装の問題、OperaやFirefoxなどに影響
MozillaやFirefox、Opera、Safariなど複数のWebブラウザに、アドレスバーなどの偽造につながる問題が存在する。IDN(国際化ドメイン名)の処理に起因するものだ。(2005/2/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。