ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「Cloud.com」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Cloud.com」に関する情報が集まったページです。

コスト、手軽さ、スキル、何を重視する
ハイブリッドクラウドは“異種混合”と“同種混合”のどちらを選ぶべき?
主要クラウドベンダーがオンプレミス分野で製品を投入し、「ハイブリッドクラウド」を構成するモデルとして「異種混合モデル」と「同種混合モデル」が登場している。その長所と短所について説明する。(2019/6/25)

マルチクラウド環境のデータ連携を考える
クラウドから別のクラウドへのデータ移行を容易にする手段10選
複数のクラウドを利用するマルチクラウド環境では、データの移行が複雑になる。クラウド同士のデータ移行に利用できる10個の製品/サービスと、その特徴を解説する。(2019/5/13)

バックアップとDRに対策が必要
OpenStack導入で見えてきた課題、バックアップツールに何を選ぶ?
OpenStackを導入したとしても、DRやバックアップに関しては面倒な作業を要求されることは珍しくない。この煩雑さを回避するため、サードパーティー製ツールに目を向ける企業もある。(2018/11/12)

スピーディなビジネス展開を実現する「新たな仕組み」とは?:
PR:デジタルビジネス時代、「勝てる開発・運用」に変革する12の要件
IoT、X-Techをはじめ、国内でもデジタルビジネスが活発化し、システム開発・運用には一層のスピードと柔軟性が求められている。だが従来型のやり方では、現在の市場環境変化に追従することはもはや難しくなりつつある。では、デジタル時代に即した開発・運用の新しい「仕組み」とはどのようなものなのか? 日本ヒューレット・パッカードに話を聞いた。(2017/1/31)

特選プレミアムコンテンツガイド
OpenStack、CloudStack、VMware、プライベートクラウドでベストな選択肢はどれ?
オープンソースのクラウドプラットフォームには多くの選択肢がある。その代表格が「OpenStack」と「CloudStack」だ。またVMwareは、ハイブリッドおよびプライベートクラウドの有力な選択肢だ。あなたの会社はどれを選ぶべきだろうか。(2016/11/25)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「仮想化とクラウド(IaaS)の違い」
仮想化とクラウド(IaaS)について、調達、運用・管理における違いを踏まえて整理するとともに、PaaS、SaaSとの比較も併せて解説します。(2016/7/25)

KubernetesやDocker Swarmを支援:
米Rancher Labsのコンテナ管理ソフトウェアRancherがGAに
CloudStackで知られていたCloud.comの元CEO、シェン・リャン氏が立ち上げたスタートアップ企業、Rancher Labsは2016年3月29日(米国時間)、オープンソースのDockerコンテナ管理ソフトウェア、「Rancher」の1.0を発表、正式提供を開始した。(2016/3/30)

SoftLayer的な仕組みが基本:
NTT Comが「Enterprise Cloud」を全面刷新、「合気道のようなクラウド」に進化
NTTコミュニケーションズは2016年3月1日、同社の企業向けクラウドサービス「Enterprise Cloud」を全面刷新し、同日に提供開始したと発表した。事実上は新サービス。ユーザー組織のあらゆるニーズに対応し、他社のクラウドサービス併用も支援する、「合気道のようなサービス」だ。(2016/3/1)

XenServerやNetScalerなどに注力:
シトリックスがCloudStack関連の事業を売却
シトリックスはCloudPlatform製品などの事業を売却すると発表した。(2016/1/13)

進化するネイティブツール
ハイブリッドクラウドの未来を照らす「Docker」と「OpenStack」の可能性
AWSでハイブリッドクラウドを実現するための鍵となるテクノロジーに「Docker」と「OpenStack」がある。ユーザーは、AWSとオンプレミス間でワークロードを自由に行き来させることを望んでいる。(2015/11/30)

比較のポイントを紹介
どちらを選ぶ? OSSクラウドの双璧「OpenStack」 vs. 「CloudStack」
オープンソースのクラウドプラットフォームには多くの選択肢がある。その代表格が「OpenStack」と「CloudStack」だ。両者の大きな違いは何か。(2015/11/19)

OSSクラウドインフラ黎明期
OpenStack導入でしばしば遭遇する「5つの壁」とは
OpenStackなどオープンソースのクラウドインフラのプラットフォームは、企業にさまざまな利益をもたらす。しかし、IT部門は導入前に、次の5つのハードルを乗り越えなければならない。(2015/9/2)

ソフト無償で見落としがちな隠れコスト
OSSクラウド「OpenStack」は本当に安い? 商用“ビッグ3”との比較は意外な結果に
オープンソースクラウドはプロプライエタリなクラウドよりも安価だと考える企業が多いが、それは常に事実というわけではない。多くの場合、さまざまなコストが見落とされている。(2015/7/14)

IoT戦略の“次の一手”は? Citrixのトップに聞く
XenAppへの再フォーカスとIoTへの注力――。Citrixが年次カンファレンス「Citrix Synergy 2015」で打ち出したテーマは“古さ”と“新しさ”の両者を兼ねていた。今後同社はどのような戦略で製品を展開するのだろうか。(2015/6/3)

Meet Recruit:
スタートアップ都市として成長を続けるベルリンその理由とは
ここ数年、ベルリンはかつてのネガティブなイメージを払拭する活発な動きを見せており、欧州の主要なスタートアップハブとして注目を集めている。今回は、そんなベルリンのスタートアップシーンについてご紹介したい。(2015/6/2)

アイティメディア エグゼクティブエディター 三木が探る:
PR:巨大ネットサービスのネットワークから考える、データセンターネットワーク運用課題の克服
データセンターのネットワークは、課題が山積している。その解決のために、巨大ネットワークサービスのネットワーク運用から学べることはないのか。アイティメディア ITインダストリー事業本部 エグゼクティブエディターの三木泉が探る。(2015/6/1)

「Cisco Data Center Forum 2015」レポート:
PR:GMOクラウド、ビデオリサーチが採用、次々に具体化するCisco UCS、Cisco ACIのビジョン
シスコシステムズ(以下、シスコ)は2015年4月17日、パレスホテル東京で、次世代データセンター向けソリューションを紹介するイベント「Cisco Data Center Forum 2015」を開催。同社のサーバー、ネットワーク製品が新たな段階に入っていることを印象付けた。その模様を詳しくリポートする。(2015/5/25)

問題点を洗い出す
「OpenStack」は“有望だけど未熟な技術”で終わるのか?
IBMやHewlett-Packardなどの業界大手の後押しにもかかわらず、「OpenStack」は期待に反して普及が進んでいない。どこに問題があるのだろうか。(2015/5/1)

VMware NSXとの関係は?:
【詳報】ヴイエムウェアが軽量コンテナホストなどのOSSプロジェクト、様々な「なぜ」を紐解く
米ヴイエムウェアが2015年4月20日(米国時間)に発表した2つのオープンソースプロジェクト、「Project Photon」「Project Lightwave」。ヴイエムウェアはなぜこれらの機能を自ら提供しようとしているのか。なぜオープンソースプロジェクトなのか。VMware NSXとはどのような関係にあるのか。詳しくお伝えする。(2015/4/24)

ヴイエムウェアネットワークのトップに独占インタビュー:
「私が朝起きる理由は、ネットワークの世界を変えること」
ヴイエムウェアは、同社のネットワーク仮想化製品「VMware NSX」で、狭義のSDNを超える世界を目指している。マーティン・カサド氏を含む同社のネットワーク事業のキーマンへのインタビュー内容の一部をお届けする。(2015/3/27)

特集:OpenStack超入門(5):
NTTコム、GMO、楽天が語る「僕らがOpenStackを使う理由」
2015年2月3〜4日、OpenStackのユーザーコミュニティによるイベントが日本国内で開催された。会期二日目のキーノートセッションは、OpenStackを採用したサービス提供や自社内ITインフラ基盤構築を目指すユーザー企業三社が登壇、アイティメディアのエグゼクティブエディター、三木泉がインタビューを行う形式で講演が行われた。本稿ではその模様を紹介する。(2015/3/2)

エバンジェリスト4者対談:
エバンジェリストが提言、「クラウドの未来」とは
「エンタープライズクラウド」はどこへ向かうのか──。主要ベンダーのクラウド関連エバンジェリストに最新動向を、そして「エンタープライズクラウドの未来」を予想してもらった。(2014/11/25)

技術者視点のクラウドサービスレビュー(2):
IDCFクラウドのベンチマーク評価(2014年11月)
IDCFクラウドの性能を、ベンチマークツールを使って簡易に検証。パフォーマンスの特徴や料金面での比較なども行っています。検証時のChefレシピも公開します。(2014/11/20)

技術者視点のクラウドサービスレビュー(1):
IDCFクラウドの技術的特徴と基本性能をチェックする(2014年11月)
技術者の視点で各社のサービスをレビューします。直近で攻めの価格設定のサービスをローンチしたIDCFクラウドのインプレッションは? 利用時の注意点は?(2014/11/20)

クラウドエバンジェリスト4者対談:
「エンタープライズクラウド」は、どこへ向かうのか?
エンタープライズ領域におけるクラウド利用がいよいよ本格的に普及段階に入った。その理由と背景は何か。自社は、導入をどう考えればよいか。主要ベンダーのクラウド関連エバンジェリストに、現状とその未来を分析してもらった。(2014/11/18)

iOS 8.1を試す:
iCloudフォトライブラリ(β版)を使ってみた――フォトストリームとの違いや注意点は?
iOS 8.1では、iOSデバイスやブラウザでフォトライブラリを同期できる「iCloudフォトライブラリ(β版)」を利用できる。使い勝手は? フォトストリームとの違いは? また「カメラロール」が復活した点にも触れたい。(2014/10/22)

Amazonは強くなり過ぎた?
AmazonがMicrosoft化している5つの兆候
Microsoftはかつて、独占企業として競合企業の敵意を集めていた。今、かつてのMicrosoftのように市場を独占して警戒される存在になりつつあるのがAmazonだ。(2014/9/24)

クラウド運用管理ツール製品紹介:クリエーションライン
複数クラウドをまたぐ未来へのステップストーン「Scalr」の可能性
クラウドの便利さは多くの人が知るところとなったが、今はまだ1つのクラウドから動きたいと思っても動けない、クラウドのシームレスな移行先が無い状態だ。Scalrはそうした状況を打破する1つのトリガーになりそうだ。(2014/7/9)

INTEROP TOKYO 2014:
ユーザー組織がクラウドによるロックインを回避できるツール
6月11日より千葉・幕張で開催中のINTEROP TOKYO 2014でネットワンシステムズが展示しているCliQr Technologies(クリッカー・テクノロジーズ)の「CliQr CloudCenter」。特定のクラウドサービスにロックインされることを回避できるツールだ。社内ユーザーの自由度を確保しながら、組織としてのガバナンスを図れる。(2014/6/13)

Server & Storageイベントリポート CloudStack Day Japan 2014:
転換期を迎えるサーバービジネス、重要度を増すデータプラットフォームへのIBMのアプローチ
IBMが世界各国の顧客やパートナーを集めてITインフラやハードウェアに関しての発表を行う年次イベント「Edge」が米国で開催された。初日の講演では同社の原点回帰ともいえるメッセージが聞けた。(2014/5/22)

富士通、プライベートクラウドでのOpenStack適用を支援
オープンソースのサポートサービスを中核に、ミドルウェアを含む基盤製品群での対応を図る。(2014/5/21)

「OpenDaylightをなぜ嫌いなんですか?」:
ジュニパーはなぜ2つのオープンソースSDNコントローラを推進するのか
米ジュニパーネットワークスはSDNのオープンソースプロジェクトであるOpenDaylightに参加しながら、自社のSDNコントローラContrailもオープンソース化した。なぜ2つのオープンソースSDNコントローラを推進するのか。同社プラットフォームサービス部門エグゼクティブ・バイスプレジデントのラミ・ラヒム氏に聞いた。(2014/4/28)

ホワイトペーパー:
CloudStackによるクラウド環境構築ガイド──実環境検証済みシステム構成を公開
オープンソースIaaSクラウドソフトウェア「CloudStack」でクラウド環境を構築する際のシステム構成について、実機を用いて検証。オープンクラウド構築に携わるITエンジニアがCloudStackに対する疑問を解決するために役立ててほしい資料だ。(2014/4/18)

Server & Storageイベントリポート CloudStack Day Japan 2014:
北大「アカデミッククラウド」を支えるCloudStack
クラウドサービス事業者らが多数参画するIaaS構築環境であるCloudStack。国内初の大規模イベントから、プロジェクトの進捗や機能、参画企業のサービス展開などをリポートする。(2014/4/2)

そもそもSDNは脅威でないのか:
ジュニパーのSDN、責任者に疑問点を直球でぶつけてみた
ジュニパーネットワークスは、SDNで多岐にわたる取り組みを発表している。だがそのため、何を軸にしていこうとしているのかがいま一つ分かりにくい。米ジュニパーのプラットフォームシステム部門のトップであり、SDNに関する統括責任者でもあるラミ・ラヒム氏に、さまざまな疑問を直接ぶつけてみた。(2014/3/27)

導入事例:
日本事務器、CloudStackとSDNで開発基盤システムを刷新
日本事務器は、CloudStackとSDNソリューションを活用して新たな開発基盤システムを構築。開発環境の構築期間を大幅に短縮したという。(2014/3/12)

プロダクトの差はわずか? 活動評価視点で検証:
OpenStackとCloudStack、違いは何?
機能的にはほぼ同じ? オープンなクラウド基盤構築ソフトウェアプロダクト2つを、運営状況、参加企業の性質から比較してみた。(2014/3/3)

複数のクラウドを管理するツールをオープンソース化、SCSK
10種類のクラウド環境の統合管理ができる「PrimeCloud Controller」のオープンソース版を3月から提供する。(2014/2/24)

シトリックスが事業戦略説明会を実施:
モバイルワークスタイルはもはや幻想でなく実現可能な現実
 シトリックスが、2014年度の事業戦略説明会を実施。同社代表取締役社長 マイケル・キング(Michael King)氏は今年の注力キーワードとして“モバイル・ワークスペース”を挙げた。(2014/2/19)

セキュリティ業界、1440度(4):
機械学習時代がやってくる――いいソフトウェアとマルウェアの違いは?
「エンジニアサポートCROSS 2014」にて、マルウェア検知が機械に可能なのかを考えてきました。(2014/2/3)

広がる! SDNの世界探訪(3):
オープンソースの仮想ネットワークソフト「OpenVNet」が生まれたワケ
OpenFlowの最新バージョン1.3に対応した仮想ネットワークソフトウェアを、世界で初めてオープンソースで公開したWakame Software Foundation。その運営代表で、OpenVNetの開発元であるあくしゅの山崎泰宏氏によると、元々の狙いは「データセンターを丸ごと仮想化」することにあったという。(2014/1/8)

特集:これからのIaaSニーズと失敗しない選択基準(1):
発展途上にあるIaaS、いま着眼すべきポイントとは?
急速な市場変化を受けて、多くの企業がIaaS利用に乗り出す一方で、ユーザー企業のすそ野の広がりに対応すべく、IaaSの提供するサービスもPaaS層を取り込むなど高度化しつつあるようだ。本特集の第1回ではIaaS市場の今と今後を、クラウドアーキテクトの川田大輔氏が分析する。(2013/12/18)

【特集】クラウドOSを探る:
“クラウドOS”とは、何なのか?
「クラウドOS」という言葉が最近よく聞かれるようになった。CloudStackやOpenStackなどのクラウド基盤ソフトウェアが「クラウドOS」と呼ばれるケースが多くなる一方で、マイクロソフトは「クラウドOSビジョン」で同社の戦略を語り、ヒューレット・パッカード(HP)は「HP Cloud OS」を発表している。では、「クラウドOS」とは何なのだろうか。本記事ではその定義と現在の潮流を紹介しながら、その本質を探っていく。(2013/12/16)

クラウド&DevOps時代の運用をZabbixで(4):
プラグイン「HyClops for Zabbix」を使ってクラウド監視
最終回では、パブリッククラウド環境や仮想環境監視のさらなる効率化を目指して筆者らが開発したZabbixプラグイン、「HyClops(ハイクロップス) for Zabbix」について紹介します。(2013/11/8)

SDNをまたぐ「ブリッジ」を提供:
複数のデータセンターにまたがる一元管理を目指すジュニパー
ジュニパーネットワークスは2013年10月30日、次世代データセンター向け製品群「MetFabric」を発表した。スイッチやSDN機能を拡張したルータに加え、SDNソフトウェア「Contrail」、仮想化ソフトウェアと連携して管理機能を提供する「Junos Space Network Director」といった製品群から構成されている。(2013/10/31)

インプレスR&D、達人出版会でNextPublishingによる電子書籍を販売開始
インプレスR&Dは達人出版会で、次世代型出版メソッド「NextPublishing」による電子書籍を販売開始。第一弾は『ゲームを作りながら楽しく学べるHTML5+CSS+JavaScriptプログラミング』を含む9タイトル。(2013/10/30)

企業に向けた展開も本格化:
CloudStackはどう進化し、変身していくのか
10月初めに、シトリックスシステムズジャパンがネットワークおよびクラウドに関する国内事業戦略とともに発表したCloudStackベースのクラウド構築・運用基盤製品の最新版は、水平方向、垂直方向での機能強化が進んでいる。CloudPlatformでは企業での利用に便利な機能が強化され、CloudPortalではマルチクラウド対応と各種サービスの統合提供プラットフォームへの進化が始まった。(2013/10/16)

シトリックス、クラウド基盤ソフトウェア最新版などを発表
Citrix CloudPlatformおよびCitrix CloudPortal Business Managerの最新版をシトリックスが発表した。(2013/10/3)

クラウドストレージ向けデータ保護製品の新版発売、トレンドマイクロ
Trend Micro SecureCloudの最新版ではCloudStackで管理されるストレージにも対応した。(2013/9/25)

ダイナミックVLANを真に「ダイナミック」なものに:
「企業LAN+SDN」で管理者の負担減を、ストラトスフィア
ストラトスフィアは2013年9月11日に記者説明会を開催。SDNの適用領域がデータセンターを超えて今後ますます広がるという見通しを示した。(2013/9/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。