ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「CNET」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「CNET」に関する情報が集まったページです。

「iTunes」のUWPアプリ、年内はMicrosoft Storeに登場せず
5月に年内公開とされていたUWP版「iTunes」アプリは年内にはMicrosoft Storeに登場しないと、米ZDNetがAppleからのコメントを添えて報じた。(2017/12/18)

「Windows Phone 8.1」から「Windows 10 Mobile」への更新は2016年に
Windows Phone 8/8.1搭載スマートフォンから「Windows 10 Mobile」へのアップデートは、11月の段階では「12月中の見込み」となっていたが、Microsoftは米ZDNetに対し、アップデートは“2016年早々”とコメントした。(2015/12/21)

Google、次期Nexus端末発表イベントを9月29日に開催か?
Googleが、「Android 6.0 Marshmallow」搭載のHuawei製「Nexus 6(2015)」およびLG Electronics製「Nexus 5(2015)」(いずれも仮称)を披露するイベントを9月29日に開催するとCNETが報じた。(2015/9/3)

「Windows 10」には非IEの新Webブラウザ搭載か──ZDNet報道
Microsoftは来年1月21日に開催する「Windows 10」のイベントで、Internet Explorer(IE)とは別の新しいWebブラウザ(コードネーム:Spartan)を披露するとZDNetが報じた。(2014/12/30)

Windows 9(仮)の「テクニカルプレビュー」、9月末にリリースか──ZDNet報道
Microsoftの次期Windows(コードネーム「Threshold」、正式バージョン「Windows 9」と非公式に呼ばれている)のプレビュー版が9月末か10月初旬には公開されるとZDNetが報じた。(2014/8/18)

Windows 9(仮)、デスクトップ/ノートPCの画面はWindows 7風に──ZDNet報道
Microsoftが、Windows 8.1のUpdate 1で改善したタッチ非対応PC向けのユーザーインタフェースを更に進めて、次期Windowsではデスクトップ/ノートPC版では新しいスタートメニュー付きのWindows Desktopを表示するとZDNetが報じた。(2014/7/1)

Windowsの次期版コードネームは「Threshold」?──ZDNet報道
ZDNetのベテランMicrosoftウォッチャー、メアリー・ジョー・フォーリー氏が、Windows 8.1の次のWindows OSのメジャーアップデートのコードネームは「Threshold」で、2015年春に実施されると報じた。(2013/12/3)

「しまった!」時にすぐ役立つ“簡単・速い”バックアップ:
PR:日常でも、いざという時にも役立つバックアップとは?
東日本大震災の発生を契機に、自然災害に加えて日常での企業システムの安全性が改めて見直す動きが活性化している。しかしながら、ZDNet Japanとシマンテックが行った調査からは、対策としてバックアップを導入したものの十分な運用ができておらず、以前対策が不十分である中堅・中小企業の現状が浮き彫りになっている。そこで、いざという時にも、日常的にも役立つバックアップ対策を実践する上でのポイントについて探る。(2013/3/28)

「Metroスタイル」は「Windows 8スタイル」に?──米ZDNet報道
Microsoftは、ライブタイルが特徴のWindows 8およびWindows Phoneのユーザーインタフェースの呼称を「Metro」から「Windows 8」に変更するようだ。Lenovoは既に公式ページでMetroスタイルアプリを「Windows 8アプリ」としている。(2012/8/10)

「ニコニコ大会議」公式まとめ本出版記念 緊急生放送 〜記者が見た4年間の歴史〜
アスキー・メディアワークスが11月に出版するニコニコ大会議の公式まとめ本を記念して、ニコニコ大会議を取材してきた各メディアの記者が思い出を語る。ドワンゴ(元CNET Japan記者)の永井美智子さんやシアター・テレビジョンの高谷賢治さん、ガジェット通信のひげおやじさん、フリーライター(元ASCII.jp編集記者)広田稔さんが出演する。配信は9月20日20時0分〜。(2011/9/16)

3Gデータ通信搭載ネットブックと閉域型モバイルアクセスをパックで提供――「O-CNET AIR IMPACT」
大塚商会は、3Gデータ通信搭載ネットブックと閉域型モバイルアクセスのパッケージサービス「O-CNET AIR IMPACT(オーシーネット エアインパクト)」を2月1日から提供する。(2010/1/21)

CNET Japan運営元は「朝日インタラクティブ」に
「CNET Japan」「ZDNet Japan」は9月1日から、朝日新聞社の100%子会社「朝日インタラクティブ」が運営する。(2009/9/1)

朝日新聞社、「CNET Japan」の新社名を決定
朝日新聞社は、事業継続を発表していたシーネットネットワークスジャパンについて、新会社にすべての事業を継承させ完全子会社化したと発表した。(2009/9/1)

朝日新聞、CNET Japanを事業継承 9月1日から運営へ
朝日新聞社が9月1日以降、CNET JapanやZDNet Japanを運営する。シーネットのメディア事業を会社分割し、新会社の株式を朝日新聞社が取得するという形で調整しているという。(2009/7/1)

CBS、CNET Networksを買収
オンライン事業の強化を進めるCBSが、ITニュースサイトのCNET Networksを約18億ドルで買収する。(2008/5/16)

米CNET Networks、Yahoo!と提携
CNET Networksが、コンテンツや広告に関する提携をYahoo!と締結した。(2008/4/26)

大手サイトの検索エンジンに不正IFRAMEが挿入される
ZDNet AsiaやTorrentReactorが提供している検索エンジンで、不正IFRAMEを仕掛けたページが上位に表示されていた。(2008/3/6)

SNS仲間で話題の記事を読める「SeenThis?」
Facebookの友だち同士でWall Street JournalやCNETのどの記事を読んだかを共有し、友だちが勧める記事を読むこともできる。(2008/1/31)

CNET、写真共有サイト「Webshots」を売却
売却先のAmerican Greetingsはグリーティングカード製造の大手で、オンライングリーティングカードサイトを持つ。(2007/10/27)

ストックオプション問題でMcAfee、CNETのCEOが辞任
ストックオプションに関連する会計問題が幹部の辞任につながった。(2006/10/12)

CNET、ビデオ・オン・デマンド・サービス発表
Cox Communications、TiVo、TVN Entertainmentと提携してテレビとインターネットでCNETのビデオを配信する。(2006/4/18)

CNET、公募ブロガーのコミュニティーを開始
シーネットネットワークスジャパンは、シックス・アパートと提携して「CNET Japan」に読者向けブログサービス「CNET Japan読者ブログ」の提供を4月6日より開始する。(2006/3/20)

CNET、Computer Shopper誌売却
(2006/2/7)

Googleの「CNET出入り禁止」は2カ月で解除されたが……
GoogleがCNETの取材に応じ、両者の対立関係は修復されたようだ。しかし、これで本当に一件落着か?(2005/10/5)

またも写真サービス企業買収――今度はCNET
米CNETは写真サービス提供企業を買収し、自社サービスの強化を図る。(2005/4/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。