ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「塗り絵」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「塗り絵」に関する情報が集まったページです。

「映画 おかあさんといっしょ」新作、2020年1月公開へ 子どもの“映画館デビュー”を応援
前回同様記念写真撮影タイムもあるよ!(2019/4/25)

イラストで銭湯を元気にしたい――『銭湯図解』塩谷歩波さんに聞く、銭湯の魅力とこれから
作者の塩谷歩波さんに、出版の経緯や思い出深かった銭湯などいろいろ聞きました。(2019/2/22)

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2018:審査員が選ぶ「2018年を代表するスマホ」5機種
ITmedia Mobileは12月上旬、2018年を代表するスマートフォンを決定する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2018」の審査会を開催しました。審査に先立ち、審査員がそれぞれ5機種ずつノミネート候補を挙げました。今回は、委員の皆さんが推薦した機種とその理由を紹介します。(2018/12/22)

フェルメールの全36作品がスマホアプリで鑑賞可能に ARの導入で美術館気分も味わえる
お好きな場所でフェルメール。(2018/12/7)

正倉院の宝物が塗り絵になった『正倉院のぬり絵・なぞり絵』発売 瑠璃坏や八角鏡などを掲載
大人のぬりえブームもここまできました。(2018/11/1)

悩める人に寄り添う仏教目指す:
「火渡修行」にビジネス街での瞑想会 シリコンバレーのエリート社員が仏門に転じた理由
順調だった外資系会計事務所の職を捨て仏門に転じた人がいる。ビジネス街での瞑想イベントや子ども向けの“寺子屋”活動などに精力的に取り組んでいる。(2018/10/29)

XS/XS Maxと比べてどうなのか? 「iPhone XR」のデザイン、パフォーマンス、カメラを徹底検証する
「iPhone XR」が10月26日に発売される。シングルカメラながら機械学習を用いてポートレートモードを実現するなど、iPhone XS、XS Maxにはない特徴も備える。そんな本機のファーストインプレッションをお届けする。(2018/10/23)

LINEのトーク画面やスマートスピーカーからも印刷可能に キヤノン「PIXUS」プリンタ6機種
2018年の年末商戦に向けて、キヤノンは家庭向けインクジェットプリンタ「PIXUS」シリーズの新ラインアップを発表。スマートフォンとの連携強化の他、スマートスピーカーからのプリントにも対応した。(2018/8/2)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
あなたはカローラの劇的な変貌を信じるか?
カローラ・ハッチバックのプロトタイプ試乗会のために富士スピードウェイの東コースへ訪れた。そこで目の当たりにしたのはカローラの劇的な変貌だった。(2018/6/4)

90歳のおばあちゃんが仕上げた塗り絵にうっとり 豊かな色彩感覚に「ルネ・ラリックのよう」と絶賛の声
おばあちゃんはもともと水彩画を習っていましたが、塗り絵を始めたのはここ数カ月のことだそうです。(2018/3/27)

現代の鳥獣戯画“ゆるふわ昆虫図鑑”が今度は塗り絵に! 大人もガチで楽しめるイラストが満載
2月17日にB5判52ページで税別1000円で。(2018/2/15)

SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2017 講演レポート|事例:
エポック社が「シルバニアファミリー」の製品開発で実践する3Dモノづくり
玩具業界でも本格化する3Dツールを活用したモノづくり。総合玩具メーカーのエポック社でも、同社を代表する製品ブランドの1つ「シルバニアファミリー」の開発において、3D CADやフルカラー3Dプリンタを活用した“3Dモノづくり”に取り組んでおり、意思決定の迅速化やリードタイムの短縮といった成果が出始めているという。(2017/11/27)

勘の良い人なら気付く? 「謎の模様」の法則性を探せ
勘の良い人なら気付く。(2017/11/17)

「コピック、世界的な需要増大で販売中止」ってホント? 担当者「古い情報なので今は問題ない」
2016年に、画材業界で深刻な品不足が発生していました。(2017/11/6)

おえかきボード「せんせい」にアプリと連携するニューモデル 描いた絵を取り込んでスマホ上で塗り絵に
画面上でイラストを動かして遊ぶこともできます。(2017/10/19)

ワコールが女性向け恋愛シミュレーションゲームを制作 「乳眠」できるよう女性をサポート
「乳眠」とは一体。(2017/9/1)

アップルPickUp!:
母の日にプレゼントするiPadはどれがベスト?
iPadの選び方。(2017/5/2)

新連載・夏目幸明の“経営者論”:
経営者の口癖には共通点がある
言葉は心を映す鏡だ。ときに心は言葉に操られることがある。また、一流の人間の言葉を記憶に刻めば、その一端は確実に血肉になる。数多くの経営者を取材してきた筆者が、自分の明日を良い方向へ変えるヒントとなる経営者の言葉を紹介する。(2017/4/5)

見られるのは東京ディズニーシーだけ:
ジェラトーニがやってきた! ダッフィーたちのショー「マイ・フレンド・ダッフィー」がリニューアル
リニューアルした「マイ・フレンド・ダッフィー」にジェラトーニが登場!(2017/1/31)

Googleの「サンタを追いかけよう」、今年は「Pokemon GO」的ゲームも
Android版「サンタを追いかけよう」アプリでは、サンタさんがソリから落としたプレゼントを地図を見ながら歩いて探し、拾い集める位置情報を利用した「PRESENT QUEST」ゲームなどで遊べる。(2016/12/4)

Adobeの新技術11連発まとめ 音声データをPhotoshopみたいに編集――“魔法の技術”にクリエイター歓喜
Adobeがひそかに開発している新技術。そのプレビューとして11の技術がお披露目された。(2016/11/7)

新旧16タイトルを収録! 人気プレステゲームの公式塗り絵本がイギリスで発売
日本への配送も可能です。(2016/11/7)

削るとお花が咲く鉛筆 日本の伝統的な色と形がはんなり気分にしてくれそう
取っておきたくなっちゃう削りかす。(2016/11/3)

肉食獣っぽい “本気ぬりえ”ポケモンの見た目が凶悪すぎて伝説ポケモンも逃げ出すレベル
やたら「いかく」してくる。(2016/7/12)

0時スタート:
Amazon、1日限定でプライム会員向けのタイムセール 6000以上の商品が対象
アマゾンジャパンは、7月12日にプライム会員限定のタイムセールを実施する。(2016/7/11)

玄光社から「鉱物と理科室のぬり絵」発売 巻末に鉱物塗りのレクチャー付き
アナログ塗りをやりたい人必見。透明感と光沢を学べます。(2016/5/11)

アプリで遊んで環境保護 Appleがアースデイのチャリティ・キャンペーン
特典もらって楽しくお勉強。(2016/4/19)

人気絵師に学ぶ「コピック塗り絵 5つのコツ」イベントレポ
デジタル絵も良いが、アナログ絵にはアナログなりの良さがある。今回は東急ハンズ横浜店で行われていたコピックぬり絵講座に潜入してみた。(2016/3/23)

ガンホー、「パズドラレーダー」で“マンネリ化”を打破?――新作「パズドラクロス」も7月発売・アニメ化へ
ガンホーがスマホ向けのゲームアプリ「パズドラレーダー」を今春にスタート。3DSソフト「パズドラクロス」も7月に発売し、テレビアニメ化・漫画化も同時に展開する。(2016/2/19)

誰でも人魚になれちゃう「マーメイド水着」、安全面の理由でニュージーランドでは使用禁止に
低酸素症の危険もある、と指摘されています。(2016/1/18)

GoogleとMicrosoft(NORAD)のサンタ追跡、今年もスタート
北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)とGoogleが毎年公開しているサンタクロース追跡サイトが今年もオープンした。24日まで日替わりの新しいゲームが公開される。NORADは追跡開始60周年。リンク先では公式Tシャツやパーカーも販売されている。(2015/12/2)

シンプルなリモコン1つでテレビをインタラクティブに:
「Apple TV」はテレビを再発明できるのか――林信行がその魅力に迫る
アプリで機能を拡張できるtvOSを搭載し、Siriによる音声操作にも対応した新「Apple TV」。実際に試用する中で見えてきた新しい可能性を林信行が解説する。(2015/10/29)

スタンプクリエイターズ・ファイル:
あなたはどの子がお気に入り? 柴犬好きによる柴犬好きのためのスタンプ「柴犬のここが好き」
柴犬のかわいさをぎゅっと詰め込んだスタンプ「柴犬のここが好き」。作者・ここ柴さんの柴犬愛が伝わってきます。(2015/10/26)

中から外までファンにはたまらない:
写真で見る「Star Wars Special Edition Notebook」
日本HPが発売する、映画「スター・ウォーズ」最新作の公開を記念したデザインノートPC「Star Wars Special Edition Notebook」の実機を写真でチェック!(2015/10/14)

塗り絵に色を塗ると3Dキャラにも色が ディズニーが開発したAR塗り絵が楽しそう
塗り絵の内容がリアルタイムにARに反映されていきます。(2015/10/6)

ワコム、プロの線画に色を塗る“塗り絵”コンテスト「塗りコンっ!! 〜DwWからの挑戦〜」
ワコムは、プロイラストレーターの線画に色を塗って作品投稿するコンテスト「塗りコンっ!! 〜DwWからの挑戦〜」の開催を発表した。(2015/9/29)

3Dプリンタブームのその先:
「単なる試作機器や製造設備で終わらせないためには?」――今、求められる3Dプリンタの真価と進化
作られるモノ(対象)のイメージを変えないまま、従来通り、試作機器や製造設備として使っているだけでは、3Dプリンタの可能性はこれ以上広がらない。特に“カタチ”のプリントだけでなく、ITとも連動する“機能”のプリントへ歩みを進めなければ先はない。3Dプリンタブームが落ち着きを見せ、一般消費者も過度な期待から冷静な目で今後の動向を見守っている。こうした現状の中、慶應義塾大学 環境情報学部 准教授の田中浩也氏は、3Dプリンタ/3Dデータの新たな利活用に向けた、次なる取り組みを着々と始めている。(2015/9/2)

福島県で「大武者絵展」 漫画家らが手掛けた204点の武者絵を展示
第1回〜第3回の「武者絵展」で展示された絵を一挙公開する。(2015/7/29)

手塚治虫と石ノ森章太郎 二人の映像作品に迫る企画展が神奈川で
テレビ放送された作品を中心に、直筆原稿などの貴重な資料を展示。作品の上映も行われる。(2015/7/9)

ミニキューブを画面にスタンプすると……? iPad連動型おもちゃ「Cube touch」
iPadと連動するキューブ型おもちゃ「Cube touch」をタカラトミーが発表した。(2015/3/24)

PR:「絵を描くなんて美術の授業以来」? 液晶ペンタブレットで始める“大人のお絵かき入門”
小さいころは飽きずにお絵かきしていたはずなのに、いつから止めてしまったのか――そんなあなたのための“大人のお絵かき入門”、液晶ペンタブレットでいかがですか?(2015/3/18)

ダイオウイカってどんな味? 富山「新湊きっときと市場」が展示していたダイオウイカのするめの試食会を開催
あの話題になった幻の深海生物を、とうとう食べる……だと!?(2015/2/12)

LINEやFacebookの写真も印刷OK――スマホ連携が魅力のエプソン製プリンター「EP-807」
スマホやタブレットとWi-Fi連携できるエプソン製プリンター「EP-807」は、端末内の写真だけでなく、LINEやFacebookなどに投稿した画像も簡単にワイヤレス印刷できる。その使い勝手を紹介しよう。(2015/2/3)

2015 CES:
史上最薄! Android TV搭載のソニーの4Kテレビシリーズ登場――さらに拡充された「Life Space UX」も
スマホより薄い4Kテレビにシンフォニックライトスピーカー」、会見に合わせて公開されたソニーブースの展示内容をフォトリポート形式で紹介していこう。(2015/1/6)

2014年3大ハイエンド機の饗宴:
「RX100 III」「G7 X」「LX100」プレミアムコンデジはどれを選べばいいのか!?
1型以上の大きなイメージセンサーを採用したプレミアムクラスのコンパクトデジカメが今注目を集めている。先駆けのソニー「Cyber-shot RX100 III」とガチンコ勝負を挑んだ「PowerShot G7 X」、そしてさらなる高みを目指した「LUMIX LX100」を比較する。(2014/12/5)

バンダイから子ども向けタブレット「コドなび!」 学芸大監修オリジナルコンテンツが150種以上
バンダイが幼児向けAndroidタブレット「コドなび!」を発売する。アンパンマンのキャラクターの登場する写真や動画を豊富に使ったオリジナルコンテンツを150種以上搭載する。(2014/9/29)

2万本のバラ(本物)でお祝い:
サムスン、「GALAXY Tab S」の国内販売を開始 Wi-Fi版のみの理由とは?
サムスンがAndroidタブレット「GALAXY Tab S」シリーズを発売。製品説明会では、2万本のバラを使ってそのディスプレイの美しさを演出した。(2014/8/1)

ドラえもんの塗り絵が動く、飛び出す グリコのおまけが、なんだこりゃすげーと大人気
ポッキーやビスコについている塗り絵にスマホアプリをかざすと……。(2014/7/4)

「Optimus it L-05E」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

「プリキュア新聞」の第3弾発売 声優インタビューや塗り絵など掲載
最新の劇場版と「ハピネスチャージプリキュア!」がテーマ。(2014/3/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。