ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「美容整形」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「美容整形」に関する情報が集まったページです。

スピン経済の歩き方:
マジか!? コロナ禍で「薄毛ビジネス」が盛り上がっている理由
「薄毛の人は、新型コロナで重症化する確率が高い」――。少し前、このようなニュースが流れた。「薄毛」に関係するビジネスは好調のようで、新型コロナとの関係性は……。(2020/9/15)

「あまりにも天使」 30歳になった有村藍里、ソフトクリームを笑顔で食べる動画が暑さも吹っ飛ぶかわいさ
30代の美しい幕開け。(2020/8/18)

サービタイゼーション:
PR:ハードウェア売り切りは過去のものに、製造業のサブスクを成功させる鍵は
デジタル変革が加速する中で、製造業はハードウェアの売り切りからサブスクリプションに代表される新たな収益を得るビジネスモデルが注目されている。この新しいビジネスモデルは、ハードウェア以上にソフトウェアの役割が増す。そしてそのソフトウェアには“顧客”の存在を強く意識した4つの要素が求められるという。(2020/7/22)

元あいのり桃、鼻整形から半年経過の横顔ショットで改善実感 「ぺちゃってなってしまったらまたやりたい」
2019年12月に鼻を高くする美容整形をしていた桃さん。(2020/7/6)

「嘘つきたくないので言いますが」 鷲見玲奈アナ、整形疑惑否定もボディーケアの施術明かす
正直。(2020/6/23)

働く男性に聞きました:
夏のマスク、何が心配? 3位は「熱中症」で2位は「汗」、1位は……
働く男性は「夏のマスク着用」にどんな不安を感じているのか。600人を対象に行ったアンケート結果が公表された。ビジネス上のコミュニケーションを円滑にする工夫も明らかに。(2020/6/11)

母親から虐待を受け続けてきた相談者が訴える「母は人をふたり殺しているんです」!? 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
先週は「スペシャル・毒母〜娘と母の物語」特集。(2020/3/9)

ウェイなギャルが医者になっちゃった! 医療ミス(?)をやらかしながらもなぜかハッピーにオチる漫画『ギャル医者あやっぺ』
一番の武器はすっぴん。(2019/12/26)

「商業的成功」が不可欠:
堀江貴文がミュージカル『クリスマスキャロル』で仕掛ける「新時代の舞台ビジネス」
ホリエモンこと堀江貴文が「演劇界の常識破り」に挑戦している。12月11日から15日まで東京キネマ倶楽部で、 12月24日から25日まで大阪市の味園ユニバースで計6日間、ミュージカル『クリスマスキャロル』を公演する。公演実施に際して、堀江が演劇を取り巻く状況をどのように捉え、今回の再演に際してどんな対策をしてきたのかをビジネス的な観点からインタビューした。(2019/12/12)

テーマは“素直な自分への回帰” ホリエモン主演のミュージカル「湘南美容外科 presents クリスマスキャロル」公開ゲネプロ
食事をしながら見る、変わり種のミュージカルです。(2019/12/11)

「また整形?」「美を追求するのはすごい」 元あいのり桃、“鼻の美容整形”を告白 二重手術に続いてビフォーアフター公開
桃さん「鼻が細くなった気がして嬉しい」。(2019/12/11)

「ネガティブ思考から始まってたんだけど」 有村藍里、美容整形後の“自身の変化”を明かす 
3月に美容整形手術を受けたことを明かしていた有村さん。(2019/11/20)

科学が解明! 最も美しい黄金比を持つ顔ベスト10が明らかに、1位はモデルのベラ・ハディッド
ロンドンの美容外科医が発表。(2019/10/19)

「悪意しかない」「許可なんてしてない」 元あいのり桃、“二重メイク”ビフォーアフターが広告に無断使用され苦言
被害を伝えています。(2019/10/17)

【漫画で紹介】14歳で誘拐、29歳までカルト教団に監禁、このあらすじで底抜けにコメディなんです「アンブレイカブル・キミー・シュミット」
ヤバいひとしか出てこない、でもみんな愛せちゃう。(2019/10/4)

高須院長を“バキ化”したイラストが最高にYES! 「骨延長手術で身長800メートル」「炎上さえも楽しむ」
怪獣かよ。(2019/9/26)

元あいのり桃、再整形疑惑に魂の叫び 「やってないよーーーーーーー!!!!!!」「私を信じてほしい!!」
約2年前に美容整形で二重にしていた桃さん。(2019/9/12)

「東大農学博士と湘南美容外科の医師」が絶賛していると販売の脱毛クリーム→実際は監修受けておらず メーカーを取材し、効果試してみた
記事を作成したアフィリエイターとメーカー、厚生労働省を取材しました。(2019/8/21)

こわい話に潜む「女性への抑圧」とは? “こわい話”を解剖する
なぜ、そのこわい話は「こわい」のか?(2019/8/12)

黒木華「凪のお暇」はぐれたイワシに憧れた凪と慎二のすさまじいすれ違い 凪を受け止めるのは「メンヘラ製造機」?
凪は「慎二の肩書きに惹かれていた」。(2019/8/9)

「自分の顔を直したい」という強い気持ち エッセイ漫画「自分の顔が嫌すぎて、整形に行った話」インタビュー(2)
「『きれいになりたい』というより『直したい』という感覚」。(2019/8/13)

整形公表モデル・吉川ちか、230万円を費やした鼻の整形を終え経過報告「ナチュラルに仕上げてもらいました」
「どんな痛みより恐さより綺麗になりたいって気持ちが強い」(2019/7/17)

「どんどん綺麗さが増してますね」 50歳を迎えたKABA.ちゃん、小川菜摘に誕生日を祝われた写真に反響
どこからどう見てもキレイなお姉さんになったKABA.ちゃん。(2019/6/19)

通販で買ったピカチュウが偽物でガッカリ→それでも情が湧いて全力で整形したらかわいく生まれ変わった
偽物を扱う業者が許容されるわけではないですが、ぬいぐるみ自体に罪はなく。(2019/6/5)

有村藍里の美容整形告白、ポジティブなネットの反応 「妹と比べるのはおかしい」との意見も
ブログにつづられた真摯(しんし)な言葉に共感する人が多くみられました。(2019/3/4)

有村藍里、輪郭の美容整形手術を告白 口元にコンプレックスで“6本抜歯”の過去
以前から口元にコンプレックスを抱えていた有村さん。(2019/3/3)

「餓死するかと思った」「顔に生理用ナプキンを……」壮絶な痛みを乗り越えて、整形女子たちが「かわいい」を求める理由
「美容整形トークショー vol.1」レポート。(2018/12/9)

“豊胸手術した胸がLEDライトで光る映像”に東京美容外科がマネしないよう呼びかけ 「日常生活ではまず光らない」
やけどのリスクも。(2018/9/12)

「許せない女性のムダ毛」1位は? 男性目線からは「ワキ毛」、女性目線では意外な部位がランクイン
日本の夏、ムダ毛も露出する夏……。(2018/8/21)

スピン経済の歩き方:
世界で認められている「免疫療法」が、日本で「インチキ」になる背景
末期がんだったのに、「免疫治療」をうけて完治した――。このような話を聞くと「いかがわしいなあ」「詐欺でしょ」と思われたかもしれないが、海外では違う。欧米では免疫治療の研究が進んでいるのに、なぜ日本では「インチキ」呼ばわりされるのか。(2018/5/15)

“買い物しようと街まで”出かけない?:
「サザエさん」スポンサー、Amazonなど3社に決定か
「サザエさん」の次期スポンサーが、アマゾンジャパンなど3社に決まったと一部が報道。入札によって10社近くの企業から選ばれたという。美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長などは落選したと明らかにした。(2018/1/31)

ギャル雑誌『小悪魔ageha』ライセンス問題で分裂か 読者やモデルも困惑「なんで2つあんの?」
伝説のGAL雑誌『小悪魔ageha』が、ダナリーデラックスの『ageha』と、VENUSの『小悪魔ageha』に分裂しようとしています。騒動の原因は何だったのか、関係者に取材しました。(2017/11/28)

次期スポンサーは?:
東芝、「サザエさん」「日曜劇場」降板を正式決定 「役割果たした」
東芝が、国民的アニメ「サザエさん」「日曜劇場」の番組スポンサーを2018年3月末に降板することを正式決定した。(2017/11/22)

容疑者全員ロバート・秋山! 「黒い十人の秋山」で演じる10キャラクターのクセがすごい
プロデューサー「テレビ東京っておかしな会社」。(2017/11/10)

飛躍:
ASEAN:民間が主導する統合医療ネットワーク(IHN)
ASEANの民間ヘルスケアセクターではどのような構造的変化が起こっているのか。(2017/10/23)

美容整形情報サイト「ニコリー」、全記事を非公開に 「間違い多数」と医師から指摘受け
掲載内容を再度見直しするため。(2017/6/12)

「間違い多数」の指摘受け、全記事非公開に 「医師が教える」美容整形サイト「ニコリー」
医師の監修を受けているとうたう美容整形情報サイト「ニコリー」の記事に「誤りが多数ある」と指摘されていた問題で、運営元が全記事を非公開にした。(2017/6/12)

来週話題になるハナシ:
「ヒゲ」ブームの裏で、関連ビジネスが面白いことに
海外でヒゲを伸ばす男性が増えてきている。その影響もあってか、欧州では2014年ころからカミソリの売り上げが減少していて、米国ではシェービング用品が苦戦している。なぜ「ヒゲ」を伸ばす男性が増えているのかというと……。(2017/4/28)

高須院長、「高須平和賞」創設を発表 “本当に立派なことをして頑張っている人に授与する”
「第一号はチベット亡命政府のロブサンセンゲ首相 第二号はリチャードギアに決定した」(高須院長)(2017/4/26)

おっぱいの大きさを変えられるARアプリがクラウドファンディング中 もともとは豊胸手術のプレビュー用に開発
自分の理想のおっぱいを確認できます。(2016/11/17)

顔認識技術のダークサイド
顔認証は便利でいいことづく目のように思いがちですが、もちろんリスクもあります。これは顔認証だけに限りませんが、顔認証には具体的にどんな“ダークサイド”があるのでしょうか?(2016/9/24)

これで51歳……? 「イタリアの宝石」モニカ・ベルッチ、最高齢ボンドガールはだてじゃなかった
セクシーすぎるアラフィフ。(2016/9/9)

整形公表モデル・吉川ちか 二重アゴの脂肪吸引を終え経過報告「感動と嬉しさやばい」
それぞれに人生がある。(2016/7/8)

来週話題になるハナシ:
デカ尻にしたり、脚の骨を折ったり……。世界の美容整形にびっくり
美容整形が世界中で広がりつつある。「美容整形」と聞くと、目を二重にしたり、脂肪を吸引したり、鼻を高くしたり――多くの日本人はそのような施術を想像するだろうが、世界はちょっと事情が違う。例えば、インドでは脚の骨をわざと折って……。(2016/6/29)

高須院長、出版したばかりの自著を絶版に 小学館からの「不適切な表現」書き直し要求を拒否
高須院長はその後小学館と「手打ちしました」と報告。(2016/6/3)

「アニメキャラになりたい」と整形を繰り返す女性に賛否 肋骨を6本切除、眼球にインプラントを注入
「ロジャー・ラビット」のジェシカ・ラビットが理想だそう。(2016/6/3)

高須クリニック院長の自家用ヘリ、被災地救援へ出発 院長自身も現地入りして支援へ
地震発生直前まで熊本に滞在していた院長「僕にとって他人事ではありません」。(2016/4/19)

腕時計に入る直径3センチのお弁当だと! 世界最小の時計型お弁当を実現した動画「BENTO WATCH」が超絶クオリティ
忙しい日本のビジネスマンに。(2016/3/16)

リアル刃牙だこれ! 高須クリニック大阪院にある「高須克弥院長像」がムキムキすぎると話題に
これが美容整形の力……!(2016/2/16)

湘南美容外科クリニック新宿本院で漫画1万3000冊超が読み放題に、NTTソルマーレがサービス提供
手持ちのスマートフォンやタブレットで『サラリーマン金太郎』『快感フレーズ特別編』などの人気作品を楽しめる。(2015/7/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。