ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「Cloud Security Alliance」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Cloud Security Alliance」に関する情報が集まったページです。

クラウドベースセキュリティのススメ【前編】
クラウドベースセキュリティ選択時に着目すべき7つのポイント
端末の種類と用途が多様化した今、従来のセキュリティ対策製品では全ての脅威に対応し得ない。そこでクラウドベースのセキュリティサービスだ。そのメリットと7つのポイントを紹介する。(2019/5/22)

現実的なGDPR対策を紹介
「GDPR施行」に間に合わなかった企業が今やるべきこと
一般データ保護規則(GDPR)の罰則は、これまでのどのデータプライバシー規制より厳しい。だが十分な対策ができている企業は、決して多数派ではない。(2018/6/6)

AIやサーバレス人材も需要増
クラウド認定資格は取るべき? クラウドエンジニアのキャリアパスを描く
クラウド技術やデプロイモデルの高度化が進む中、将来にわたって有効なキャリアを築くことが重要になっている。専門家のアドバイスを参考に履歴書をチェックしてみよう。(2018/6/5)

プロバイダーの選定からエンドポイント管理まで
クラウドの脆弱性に潜む9つの脅威、対策は?
クラウドコンピューティングは業務効率を向上させたが、セキュリティが課題であることは変わっていない。本稿では、クラウドの脆弱(ぜいじゃく)性に潜む9つの脅威と、そのセキュリティ対策について取り上げる。(2018/6/1)

ユーザーとIT部門のヒューマンエラー
クラウドセキュリティ、最大のリスクは「人のうっかりミス」
最新のクラウドセキュリティツールを導入していても、エンドユーザーとITチームの両者によるヒューマンエラーが原因となり、企業がさまざまな種類のサイバー攻撃を受ける可能性がある。(2018/3/30)

価格だけでなく、採用技術も考慮が必要
モバイルデバイス管理(MDM)製品比較で役に立つ 確認すべき6つの質問
モバイルデバイス管理(MDM)は、企業セキュリティの重要な一端を担っている。モバイルのスペシャリストが、MDM製品を調査する際に問うべき重要な質問を紹介する。(2018/3/19)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま(46):
政府が本気、クラウドファーストで変わる英国のデジタル医療
医療におけるクラウド活用が進んでいる英国だが、その裏には国を挙げた「クラウドファースト戦略」があるのはご存じだろうか。データ保護からセキュリティまで、政府がしっかりと方針を立てているのだ。(2017/7/3)

シャドーITが陽のあたる場所へ
草の根運動でユーザー数を広げていく「Slack」の“land and expand戦略”とは?
会社指定のコラボレーションプラットフォームに不満を持つ従業員が、IT部門の許可なく「Slack」や「Circuit」といったアプリをダウンロードして、同僚もユーザーにするケースが増えている。(2017/1/23)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
サイバーセキュリティの課題解決を担うビッグデータ基盤技術のいま
セキュリティ対策に不可欠なログデータやメタデータの大容量化が進む中、ビッグデータ分析の基盤技術を活用して課題を解決しようとする動きが広まってきた。日本と海外ではどのような取り組みがあるのだろうか。(2016/11/9)

非専門家のためのヒント
クラウドのSLA設定に答えはあるのか? セキュリティ担当者が考えたい“必須項目”
最高情報セキュリティ責任者(CISO)がクラウドのサービスレベル契約(SLA)を策定する際に役に立つ幾つかのヒントを、セキュリティ情報の専門家が紹介する。(2016/10/6)

ホワイトペーパー:
クラウド/共用データセンターの最大の脅威“DDoS攻撃”にどう対処する?
システムを共用するデータセンターやクラウドサービスにおいては、他の顧客がDDoS攻撃にさらされると、自社のインフラにまで影響が及ぶ可能性がある。DDoS攻撃はクラウドセキュリティにおける最大の脅威だ。この攻撃を完全に防ぐことはできないものの、安全を強化するために幾つかの対策を講じることは可能だ。(2016/8/3)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
AIに不可欠な機械学習の仕組みとFinTech活用での注意点
AIや機械学習によるビッグデータ活用はFinTechのさまざまな領域に適用されているが、そこではセキュリティやプライバシーも考慮する必要がある。今回は各種技術をひも解きながらFinTech活用における注意点を示してみたい。(2016/7/5)

特選プレミアムコンテンツガイド
クラウド/共用データセンターの最大の脅威“DDoS攻撃”にどう対処する?
共用のデータセンターやクラウドサービスにおいては、他の顧客がDDoS攻撃にさらされると、自社インフラにまで影響が及ぶ可能性がある。攻撃を完全に防ぐこと難しいが安全性を高めるために対策することは可能だ。(2016/6/24)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
「教育×ビッグデータ」から始まった機械学習や深層学習とは?
「FinTech」や「HealthTech」と並んで、「EdTech」(教育×IT)も注目されている。ビッグデータを支える新技術開発や人材育成の観点からもイノベーションが期待される領域だが、ここから登場した機械学習や深層学習について解説する。(2016/3/3)

セキュリティ文化の醸成が重要
セキュリティ担当者が注意する“ぬるぬる系UIクラウドアプリ”の安全意識
最新の報告書によれば、クラウドへのデータ移行が進む昨今、企業にとってはクラウドセキュリティの文化を醸成し、最高情報セキュリティ責任者(CISO)を採用することが重要だという。(2016/2/12)

AWS、Azureの使える機能
AWS、AzureなどのクラウドがDDoS攻撃を受けたら? ユーザーができる対策はこれ
DDoS攻撃はクラウドセキュリティにおける最大の脅威だ。この攻撃を完全に防ぐことはできないものの、安全を強化するために幾つかの対策を講じることは可能だ。(2016/2/1)

評価基準は我流ではなく信頼できるものを
クラウド選定で頼りにしたいセキュリティ認証の“お墨付き”
セキュリティの標準規格や認証方法には数多くの種類が存在する。それだけに、クラウド事業者を選ぶときには注意が必要だ。規格や認証方法の選択ではどのような項目に注意すればいいのだろうか。(2015/12/18)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
国境を越えて分散するビッグデータのストレージ管理
環大西洋では「セーフハーバー協定」、環太平洋では「TPP」など、多国間協定がデータのロケーションを左右する事態が起きている。クラウド環境が広く利用されるビッグデータのストレージ管理にどのような影響が及ぶのだろうか。(2015/12/1)

安心・安全な「DBaaS」の選定ポイントを伝授
“危険なクラウドデータベースサービス”の見分け方3箇条
クラウドデータベースサービス「Database as a Service」(DBaaS)の導入は比較的簡単だ。ただし、セキュリティに関する問題を避けて通ることはできない。(2015/9/25)

過半数は戦略を持たずとの米調査
実は危うい金融機関のクラウドセキュリティ、その原因は?
金融機関にとってクラウドセキュリティ戦略は重要である。だが金融業界の多くの企業は、クラウドセキュリティ戦略に対して消極的だ。本稿では、セキュリティの専門家がその理由を解説する。(2015/9/14)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
IoT標準化にみるビッグデータ連携と階層型のセキュリティとは?
2015年1月に日本情報処理学会がビッグデータとIoT(モノのインターネット)の標準化活動を開始した。一方、米国ではどのような動きが進んでいるのだろうか。(2015/6/10)

7割以上の企業は“勝手に使われているクラウド”の数を把握できず
IT部門に黙ってでも導入したいクラウドサービスは? シャドークラウド実態調査
多くの企業は、企業が承認していないクラウドサービスの特定や管理に苦戦――。米業界団体Cloud Security Allianceの調査で分かった、「シャドークラウド」を取り巻く企業の現状を示す。(2015/2/17)

パブリッククラウドはココに注意
Microsoft Azure CTOが挙げる、10項目のパブリッククラウドリスク
米MicrosoftのAzureクラウドCTO、マーク・ルシノビッチ氏は、パブリッククラウドセキュリティの主なリスクとして、悪意のある内部関係者、共有テクノロジー、データ侵害、人工知能、データ喪失など、10項目を挙げた。(2014/12/4)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
世界や米国にみるセキュリティ人材の育成術と日本の課題
加速するビッグデータビジネスにおいて、情報セキュリティをコントロールできる人材の育成が追い付いていないのは、万国共通の悩みだ。クラウドコンピューティングやクラウドソーシングを活用して、将来を担う人材へテクノロジーと運用管理の両面の経験/スキルを学ぶ場を提供する動きが世界中に広がっている。(2014/8/6)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
新規事業創出で注目されるクラウドストーミング、利点とリスクは何か
不特定多数からアイデアを募る「クラウドストーミング」への関心が高まっている。ビッグデータ関連の新規事業の開発で企業がクラウドストーミングを活用する際のベネフィットとリスクにはどのような点があるのだろうか。(2014/7/16)

ホワイトペーパー:
Microsoft Azureの担当者が語る、パブリッククラウドセキュリティの実像
パブリッククラウドサービスを活用する際に、セキュリティ上考えるべきポイントはどこか。米マイクロソフトのマーク・ラシノビッチ氏が、サービス運用側の視点で、これを分かりやすく包括的に解説した、RSA Conference 2014 における講演をお届けする。(2014/5/30)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
【新連載】ビッグデータ利活用の表舞台に立つプライバシーとセキュリティ
企業や組織がクラウドやビッグデータ、モバイルなどのITトレンドをビジネスに取り込んでいく中で、避けて通れないのが、プライバシーやセキュリティへの対応だ。今後想定される課題や対応に立ち向かうためのヒントをお届けしていく。(2014/5/20)

ベストプラクティスを推進:
クラウドセキュリティアライアンス日本支部が法人化
クラウドコンピューティングのベストプラクティスを推進する米国の組織Cloud Security Allianceの日本支部が12月3日、一般社団法人として再発足、活動を本格化する。(2013/12/4)

ホワイトペーパー:
パブリッククラウドの10大リスク──対処のヒント
パブリッククラウドを利用する上で、ユーザー企業が押さえておくべき10大リスクを紹介するとともに、それぞれの対処法を解説する。(2013/11/20)

クラウドガバナンス現在進行形 第2章【第3回】
利用者がIaaSの信頼度を計算するには?
IaaSは今、高可用性を実現する途上にあり、PaaSの時代はその実現を待って幕開けとなる。IaaSの成熟なくしてPaaSの時代は到来しない。本稿ではNIST定義を基にIaaSの現状を確認し、利用者がIaaSの信頼度を計算する方法を解説する。(2012/10/12)

異なるIaaS/SaaS事業者、事故責任の所在は
SaaSでデータが消失したら誰の責任? 進むクラウド事業者の多層化問題
利用しているWebアプリケーションが他社のクラウドサービスなどの上で提供されている場合、利用者はクラウドサービスでのデータ消失事故に際して、いずれの業者にどのような責任を追及できるのだろうか。(2012/8/27)

専門家が指南するクラウドサービス選定基準(前編)
セキュリティ基準でクラウドサービスを選ぶポイント 〜国のガイドライン活用法も
既にISMS認証やプライバシーマークを取得している企業にとって、クラウドへの移行は認定の継続を妨げる要因になるのだろうか? 既存のセキュリティ対策を考慮したクラウドサービス選択基準について解説する。(2012/3/29)

クラウドガバナンス現在進行形【最終回】
クラウドのベンダーロックインを回避するための処方せん
クラウドガバナンス現在進行形の最終回。今回は企業のIT戦略の観点からベンダーロックインに焦点を当て、クラウド事業者選定に当たって留意すべきポイントを解説する。(2012/3/30)

セキュリティ評価に関するコスト削減が狙い
米国発クラウドセキュリティ標準「FedRAMP」はどれほど効果があるのか?
オバマ政権は2011年12月、クラウドサービスに対するセキュリティ評価、認証および継続的モニタリングの標準的アプローチを策定したFedRAMPを発表。米国のクラウド事業者や専門家はFedRAMPへの期待と批判を寄せている。(2012/2/9)

クラウドセキュリティ戦略はたったの2種類
企業システムのクラウド化を成功させるセキュリティ戦略
企業システムを安全にクラウドへ移行するためには、クラウド事業者の選定、クラウド上でのデータ保護や監視といった情報セキュリティ対策が重要だ。ここでは、クラウド利用のためのガイドラインを幾つか紹介する。(2011/11/4)

クラウドガバナンス現在進行形【第2回】
クラウドは本当にコストダウンになるのか
オンプレミスシステムと比較してクラウドは本当にコストダウンになるのか。両者を単位能力当たりの費用で比較した。(2011/10/20)

パブリッククラウドの10大リスク──対処のヒント【前編】
パブリッククラウド利用前に押さえておきたい4つのセキュリティリスク
パブリッククラウドを利用する上でユーザー企業が押さえておくべき10大リスク。前編では主にセキュリティリスクに関する4項目を解説する。(2011/3/30)

クラウドのデータ保護は暗号化と認証が最適解――米SafeNet
ネットワークの先にあるクラウドにデータを預ければ、ユーザーの手が届かなくなる――クラウドに対するユーザーの不安を解決する手段を米SafeNetが開発した。(2011/3/8)

漠然とした不安を解消しよう:
クラウドセキュリティの押さえどころ――前編
「クラウドコンピューティング」が広く知られるようになりましたが、利用に際して漠然とした不安を感じるユーザーが少なくないようです。クラウドを導入・利用する上で知っておきたいセキュリティのポイントを紹介しましょう。(2011/3/7)

適正評価でクラウド事業者にプレッシャーをかけよ
米ボーイングのクラウド採用はセキュリティが最優先
技術的には実現可能でも、Boeingの複雑な組織構造の中でクラウドコンピューティングを推進するのは困難を極めた。(2010/12/17)

クラウドのセキュリティを考える【第2回】
クラウドで見直す自社のセキュリティ 〜ベンダー側の視点から〜
クラウドという新プラットフォーム上でどのようなセキュリティを提供してくのか。新市場のパイをめぐりベンダー各社の攻防戦が激化している。今回はマカフィーが考えるクラウドセキュリティと製品を紹介する。(2010/10/26)

なぜクラウドは「不安」なのか(前編):
クラウドコンピューティングの心理的課題
利点のみがクローズアップされがちなクラウド、企業が安心して使うには? クラウド利用のリスクと課題を2回に分けて解説する(編集部)(2010/7/7)

IPA、クラウドのセキュリティに関する国際連携を強化
IPAとCloud Security Allianceは、クラウドコンピューティングのセキュリティに関する活動で相互協力する。(2010/6/7)

米国のITセキュリティガバナンス団体が調査
クラウドコンピューティングはメリット以上にリスクが大きい?
IT専門職を対象とした調査で、回答者の48%が「クラウドはメリットよりもリスクが大きい」と回答した。(2010/5/31)

Novellとクラウド事業者連合、ベンダー中立のセキュリティプログラムを発表
NovellとCloud Security Allianceは、ベンダー中立のクラウド事業者向けセキュリティプログラム「Trusted Cloud Initiative」を発表した。(2010/3/3)

世界で勝つ 強い日本企業のつくり方:
越境するデータの管理――グローバルクラウドで失敗しないために(後編)
世界規模でクラウドサービスを利用する企業は、契約内容を精査し、自社の利用形態にあったサービスを選ぶべきだ。利用契約において重要な検討事項の1つである「データ管理」を解説する。(2010/2/18)

認証トークン「eToken Pro Anywhere」
PCI DSSやクラウドで活性化する認証市場の新たな波
オンラインバンキングなどの消費者向けサービスでも十分浸透した感のある認証製品。現在、セキュリティ事故への対応やクラウドコンピューティングの本格始動などで新たな局面を迎えているのをご存じだろうか。(2010/2/18)

世界で勝つ 強い日本企業のつくり方:
利用契約の検討――グローバルクラウドで失敗しないために(前編)
2010年以降、クラウドサービスの利用がさらに加速する。サービスを利用する企業はプロバイダーのデータセンターに預けた自社情報を保護するために、法的な要素を理解しておかなければならない。企業が注意を払うべき法的な検討事項を整理する。(2010/2/9)

クラウドバブルはまだはじけない
2010年のクラウドコンピューティングを展望する
新プラットフォームやAPI、セキュリティ問題など、クラウドコンピューティングをめぐる状況について具体的な予測を立ててみた。(2010/2/4)

世界で勝つ 強い日本企業のつくり方:
グローバルクラウドに潜む法的課題
テクノロジーの進化がクラウドを普及させた。それに伴い、世界規模で越境する情報をどう管理するか、集積した情報を誰がどう利用するかといった論点が浮上している。クラウド型サービスの活用で課題となる法的・政策的課題を考える。(2009/12/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。