ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「D4エンタープライズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「D4エンタープライズ」に関する情報が集まったページです。

「SORCERIAN COMPLETE」がWindows 10対応になって登場
 レトロゲーム配信サービス「プロジェクトEGG」を運営するD4エンタープライズは2月22日、「SORCERIAN COMPLETE(Windows 10対応版)」を発売した。価格は9801円(税別)。(2019/2/24)

「『黒ひげ危機一発』は飛ばせば勝ちというルールだった」など Twitterで「実は最初はそうじゃなかったこと」が話題に
あんなトリビアやこんなトリビア。(2017/11/7)

コンパイルの伝説的ゲーム「魔導物語」が復刻! 「魔導物語 きゅ〜きょく大全 1-2-3&A・R・S」予約開始
魔導書(マニュアル)とカードゲームも同梱されるぷよっ。(2014/10/6)

Project EGGにSNKプレイモア参入! NEOGEOタイトルが配信
(2011/3/30)

3月の配信タイトル公開――「バーチャルコンソール」
(2009/2/27)

「バーチャルコンソール」2月の配信タイトル決定
(2009/1/30)

「バーチャルコンソール」1月の配信タイトル決定
(2008/12/26)

12月の配信タイトルは?――「バーチャルコンソール」
(2008/11/28)

11月以降の「バーチャルコンソール」配信タイトルが明らかに
(2008/11/4)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
ある意味リアルなウォーシミュレーション? 「ボコスカウォーズ」
連載第65回はアスキーの「ボコスカウォーズ」。ファミコン初期にPCから移植されたゲームですが、プレイヤーによって評価が両極端に分かれるようです。Wiiのバーチャルコンソールなどで入手できるので、皆さんも一度プレイして、ご自身の目で評価してみてはいかがでしょうか?(2008/9/9)

9月以降配信予定タイトル発表――「バーチャルコンソール」
(2008/8/29)

日々是遊戯:
祝、VC配信開始! ファミコンの裏でヒットした「MSX」という名機
ファミコン全盛の当時、その裏で“通”なゲームファンを中心に人気を集めていた「MSX」。バーチャルコンソールでの配信スタートを記念してか、配信元であるD4エンタープライズでは「MSX応援サイト」もオープン。もしかして、今、MSXが熱い!?(2008/6/9)

バーチャルコンソールで今後配信予定のタイトルを発表
(2008/4/30)

「メトロイド」、「くにおくん」など3月のバーチャルコンソール配信ソフトを公開
(2008/3/3)

「ファミコン探偵倶楽部」、「半熟英雄」から「超兄貴」までそしてNEOGEOも――10月の「バーチャルコンソール」ラインアップ
(2007/9/28)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
優しさから感動へ、立川から全国へ「イース」、「イースII」
今年20周年を迎え、さまざまな企画で盛り上がる「イース」シリーズ(日本ファルコム)。数々のPCや家庭用ゲーム機で発売された、名作アクションRPG。実は、わたしが初めてプレイしたコンピューターRPGでした。(2007/4/5)

バーチャルコンソール参入メーカー4社追加――NEOGEOも参入
任天堂はWiiのバーチャルコンソールに、ポニー・キャニオン、G-モード、スパイク、SNKプレイモアの4社が参入することを発表。また配信プラットフォームにNEOGEOが追加された。(2007/2/23)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
1チップMSX発売記念! 「ザナック」、「アレスタ」
1チップMSXがようやく発売された。それを記念して今回は、MSXでコナミとともに大きな存在感を示した、コンパイルのゲームを取り上げてみよう。ファミコンディスクシステムでも好評を博したシューティングゲーム「ザナック」と、そのシステムを受け継ぐ「アレスタ」だ。(2006/12/15)

日本テレネット、Yahoo!ケータイ向けに萌系+コスプレサイト「萌々王国」を提供
(2006/11/28)

EZweb向け萌系+コスプレサイト「萌々王国」を配信
(2006/10/3)

1チップMSX、ケータイ用MSXアプリ発売へ――MSX WORLD 2005
ついに製品化される“1チップMSX”およびケータイ向けMSXアプリの開発発表イベント「MSX WORLD 2005」が行われた。1チップMSXは1万9800円で、5月中旬に予約受け付けが開始される。(2005/5/9)

レトロゲーム「プロジェクトEGG」、ハンゲームで提供
(2005/4/12)

ガイアックスがボーステックから「プロジェクトEGG」と「ストーンエイジ」を獲得
(2005/4/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。