ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「一戸建て」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「一戸建て」に関する情報が集まったページです。

低層の賃貸物件を選ぶ傾向:
「誰もが知っている大物は、分譲マンションに住まない」説は本当か
誰もが知っている大物有名人は、小規模な低層の賃貸物件を選び、分譲のタワーマンションなんかにはほとんど住まないという説があるが、本当なのだろうか。(2022/5/16)

電力供給サービス:
激動の市場変化を受けLooopが新方針、家庭向け電気料金は最大19.7%の値上げに
Looopがエネルギー資源価格の高騰など市場環境の変化を受けて、電気料金の値上げを含む今後の事業方針について発表。家庭向けの電気料金プランは、エリアごとに5.6〜19.7%の幅で値上げを実施する。(2022/5/10)

製品動向:
アズビルが新たな全館空気清浄換気専用システムを発売、第1種熱交換換気を採用
アズビルは、PM2.5やウイルスなどにより住宅内の空気環境で発生する問題を解消するソリューションとして全館空気清浄換気システム「e-kikubari」の販売を開始した。(2022/5/10)

カーボンニュートラル:
住宅のライフサイクル全体でCO2収支マイナスに、BF構法を採用した住友林業の「LCCM住宅」
住友林業は、戸建て住宅のライフサイクル全般にわたり、CO2収支をマイナスにする「LCCM住宅」を全国で発売した。年間100棟の受注を目指すLCCM住宅には、オリジナルの木質梁勝ちラーメン構造「BF構法」を採用することで、0.3ヘクタールの杉林が50年間に吸収するCO2量に相当する炭素固定量が実現する。(2022/5/9)

第6回 ジャパンビルド−建築の先端技術展−:
少子高齢化とコロナ禍の時代に物件価値を向上させる“スマートホーム化”を支援、国内1.8万戸の導入実績
アクセルラボのスマートホームソリューション「SpaceCore」は、IoTを活用して、空調や照明など各種住宅設備を連携し、快適な生活を実現するプラットフォーム。多くのデバイスと連携できるのが利点で、導入することで安全で快適な生活はもちろん、住宅の資産価値向上にもつながる。(2022/5/4)

PR:Wi-Fi 6対応で簡単に無線エリアを拡大! TP-Linkの高速メッシュWi-Fiルーター「Deco X50」をおススメする理由
TP-Linkの最新メッシュWi-Fiルーター「Deco X50」は、高速無線LANのWi-Fi 6への対応はもちろん、難しい知識なしで簡単にWi-Fiのエリアを広げることができる優れものだ。通信テストを交えつつ、その実力をチェックしていこう。(2022/5/2)

〈5社共催〉ヒートショック対策リフォーム セミナーレポート:
高齢化社会の住まいで避けては通れない「ヒートショック」、住宅設備メーカー各社の対応製品とは?
かつてない超高齢化社会へ向いつつある我が国において、住まいに関わる重要課題として、ここ最近クローズアップされているのが、「ヒートショック」問題である。現在でも、交通事故による死者数よりも多くの人々が、ヒートショックによる家庭内事故で亡くなっているという。(2022/4/25)

大和ハウス、「メタバース住宅展示場」公開 オンラインを活用した販売強化
大和ハウスが、アバターを用いて仮想空間上の住宅展示場を自由に見学できる「メタバース住宅展示場」を4月28日から公開する。(2022/4/25)

“モバイル回線を使った固定電話”はどんな人向け? ドコモ、au、ソフトバンクのサービスまとめ
3月29日にNTTドコモがモバイル回線を利用した固定電話サービス「homeでんわ」を開始した。既にKDDIの「ホームプラス電話」ソフトバンクの「おうちのでんわ」のサービスが始まっているが、どんなユーザーに合うのか?(2022/4/26)

大和ハウスが「メタバース住宅展示場」 3D空間で見学者案内 デザインやインテリアの即時切り替え機能も
大和ハウスが「メタバース住宅展示場」を公開する。展示場内では、アバターを使って同社担当者と見学者がコミュニケーションしながら建物のデザインや間取りを確認できる。(2022/4/20)

産業動向:
太陽光パネル施工管理システムの試験運用を開始、旭化成ホームズ
旭化成ホームズは、太陽光パネルの施工を効率化する「ボルト管理システム」を開発した。今後は、太陽光システムの設置数増加を見据え、施工精度の向上と施工・管理の省力化を同時に達成し、脱炭素社会の実現への貢献を目指す。(2022/4/18)

一戸建て派が7割:
「一戸建て」または「マンション」のメリット、デメリットは?
マイホームを購入する際、一戸建てまたはマンションに悩む人も多いだろうが、どちらを購入している人が多いのだろうか。マイホームを買った人に聞いた。(2022/4/16)

マンション売却潜在層にリーチ 不動産査定でマネフォがツクルバと組む理由
マネーフォワードが家計簿データを活用した異業種提携を加速させている。20年11月に新電力シン・エナジー(神戸市)と「マネーフォワードでんき」を始め、ライフネット生命とも「マネーフォワードの生命保険」を開始した。そして4月11日には、中古・リノベーション住宅の流通プラットフォームを手掛けるツクルバと組んで、「マネーフォワード 住まい」の提供を開始した。(2022/4/11)

ニッチすぎる「ねじ切り機」のカプセルトイ登場 工業用配管切断機メーカーが全面協力でこだわりの仕上がり
来るところまで来た感。(2022/4/11)

週末に「へえ」な話:
「外泊すると家賃が下がる」物件は定着するのか 都市部で広がる“つぎの住処”
「外泊すると家賃が下がる」物件が注目を集めている。東急が2021年5月に受付たところ、問い合わせが次々に。いまも空室待ちが続いているそうだが、なぜ人気を集めているのか。担当者に話を聞いたところ……。(2022/4/3)

ブルーオーシャンを突き進む:
時代と逆行して地方で勝負する「農家のコンビニ」コメリ ライバルの農協とも手を組むワケ
人口減などを背景に都市部マーケットの争奪戦が進む中、粛々と地方で勢力を拡大しているホームセンター「コメリ」。農家のコンビニともいわれる同社の強みとは。そして、市場を食い合うライバルの農協と提携を進める理由とは。(2022/3/30)

保険マンモス調べ:
「家」や「自動車」にかけた金額は? 「人生で一番高価な買い物」調査
保険マンモスが、人生で一番高価な買い物・経験についてアンケート調査を実施した。その結果、これまでに一番高かった買い物で最多の回答は「自動車」(145人)だった。(2022/3/26)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
EVは電力不足の敵か救世主か
日本の電力供給体制の脆弱性を明らかにした昨日の電力ひっ迫。ここで気になるのがEVという存在です。電気で走るEVはどのような存在になるのでしょうか。ポジティブなのか、はたまたネガティブなのか?(2022/3/24)

不動産市況:
2021年度の国内賃貸住宅市場規模は前年度比108.9%の33万戸、矢野経済研究所
矢野経済研究所は、賃貸住宅関連会社などを対象に、専門研究員による直接面談(オンライン含む)と文献調査を2021年11月〜2022年1月に行い、その結果をレポートにまとめた。レポートによれば、2021年度の国内賃貸住宅市場規模は新設着工戸数ベースで、前年度比108.9%の33万戸と予測した。(2022/3/24)

不動産市況:
2021年の中古住宅買い取り再販市場は前年比8.3%増の3万9000戸、矢野経済研究所
矢野経済研究所は、国内の中古住宅買い取り再販会社を対象に行った調査の結果を基に、国内の中古住宅買い取り再販市場の現況、参入企業の動向、将来展望をレポートにまとめた。レポートによれば、2021年の中古住宅買い取り再販市場は前年比8.3%増の3万9000戸になると予測している。(2022/3/22)

PR:遅い、不安定、 価格が高い――トラフィック増大の今、“快適なインターネット”実現に挑むISP事業者を追う
(2022/3/17)

西鉄が海外事業拡大に布石
西日本鉄道は、東南アジアなどでの住宅開発事業を拡大するため、投資持ち株会社を通じて、インドネシアの住宅開発会社「プレミア クオリタス インドネシア」の株式49%を取得した。(2022/3/15)

増えている背景:
小規模マンション増加の背景、管理コストは10年でどうなる?
私は新築マンションの資産価値を物件別に評価する有料の「資産価値レポート」を発行している。各エリアのタイトルを3カ月ごとに最新情報化するため、東京23区や川崎市で新規に販売される新築マンションの現場をすべて調査する。だから市場の流れはおおよそ把握しているつもりだ。(2022/3/14)

ZEH:
積水ハウスが「ZEH最上位水準」を戸建て・賃貸で標準化、住宅性能表示制度の4月施行に併せ
積水ハウスは、住宅性能表示制度の断熱性能等級で、住宅の省エネ性能がZEH水準と同等の「等級5」が2022年4月に新設されることに併せ、自社の戸建てと賃貸住宅で標準化する方針を発表した。(2022/3/14)

産業動向:
クラッソーネとFANTAS technologyが空き家再生/活用で業務提携
建設テックのクラッソーネと不動産テックのFANTAS technologyが業務提携を行った。それぞれのプラットフォームを活用し、空き家のリノベーションや活用相談/解体工事の相互サポートを開始する。(2022/3/10)

蓄電・発電機器:
家庭の防災対策、8割が「長期・大規模停電」を想定せず 「電力依存度」は4割が自覚
伊藤忠商事は2022年3月7日、「在宅避難と停電」をテーマとした防災対策に関する実態調査の結果を発表した。約8割の回答者が何かしらの防災対策をしているものの、自然災害時および長期・大規模停電時の行動シミュレーションについては、「今までしたことがない」が全体の約65%を占めたという。(2022/3/10)

蓄電・発電機器:
新開発の12.8kWhの蓄電池と太陽光をセット販売、ハンファと住友電工が協業
ハンファQセルズジャパン(東京都港区)と住友電気工業(大阪市中央区)は2022年3月1日、太陽電池モジュールとハイブリッド蓄電システムを一体化した、住宅向けの太陽光発電の自家消費システムを開発すると発表した。販売は2022年4月1日を予定している。(2022/3/4)

愛知県の「住みここち沿線ランキング」 3位「地下鉄名城線」、2位は「地下鉄東山線」、1位は?
大東建託は、愛知県の43沿線に居住する成人男女3万4478人の回答を集計し、各ランキングを作成した。(2022/3/4)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
製造業だけじゃない!? 国内に吹きつつある3Dプリンタ活用の追い風
製造業以外の適用事例に注目してみるのも良い刺激になりますね。(2022/3/3)

大和ハウス工業社長 芳井敬一さん(63) 次期中計、データセンター事業強化が柱
中計のポイントの一つはデータセンター(DC)事業で、今後、ビジネスの柱になるだろう。(2022/2/28)

マイクラ上の建築で再現した“郊外の街並み”がリアルな日本の風景 驚きの作り込みに「写真だと思った」「変な声出た」
拡大するとちゃんとブロックなのが逆に混乱するレベルでリアル。(2022/2/27)

「内覧してて死ぬかと思った」 不動産営業マンが遭遇した“ヤバイ物件”に“26万いいね”
危ないっ!(2022/2/25)

産業動向:
首都圏の「新築戸建」平均価格は4170万円、2017年1月以降最高額を更新
アットホームは、2021年12月時点での首都圏における「新築戸建」の価格動向を発表した。平均価格は4170万円で2017年1月以降最高額を更新した。(2022/2/25)

「CIEL(シエル)」シリーズ:
大東建託初の「ガレージ付き賃貸住宅」 新シリーズで取り込む需要とは?
大東建託が、高付加価値の賃貸住宅「CIEL(シエル)」シリーズを立ち上げると発表した。狙う新たな需要とは?(2022/2/22)

オフィス探訪(point0中編):
なぜ水曜日にワークスペースの利用者が増えたのか point0・石原隆広社長が語る“働く場の変化”
株式会社point0のプロジェクトの一つ「point 0 marunouchi」は、さまざまな企業が実証実験を行えるコワーキングスペースだ。同社の石原隆広社長に、今後のビジョン、思い描く未来の働き方まで話を聞いた。(2022/2/22)

800件の体験談:
「マンション・一戸建て購入者の失敗体験ランキング」 騒音、立地を抑えた1位は?
スタイルアクトは「マンション・一戸建て購入者の中で特に多い失敗体験ランキング」を発表した。(2022/2/11)

不動産市況:
ハウスメーカーの顧客満足度を調査、スウェーデンハウスが全13項目と総合順位で1位に
oricon MEは、25〜84歳の男女1万6130人を対象に56社のハウスメーカーに関する満足度調査を行った。調査結果によれば、「住居の性能」など全13評価項目や総合順位でスウェーデンハウスが1位となった。(2022/2/7)

モビリティサービス:
「置き配」で自家用車を指定して荷物受け取り、ヤマト運輸が実証実験
KDDIとヤマト運輸、プライム ライフ テクノロジーズは2022年2月1日、デジタルキーを活用して自家用車の荷室に荷物を配達する実証実験を実施すると発表した。(2022/2/4)

太陽光:
初期費用0円の家庭用蓄電池サービス、太陽光パネルのセットプランも
伊藤忠商事は家庭用蓄電池を初期費用0円で利用できるサービス「Beeフラット」に、太陽光パネルのセットプランを追加すると発表した。分散型電源と関連機器の月額定額サービスを手掛ける新会社のIBeeTと登録販売店を通じ、全国で販売を開始する。(2022/2/4)

注文住宅検討層のニーズに合致:
平均2.3億円台の建売住宅、第1期が即日完売 野村不動産「23区を中心に今後も展開」
野村不動産が、1月下旬に申し込みを開始した、平均2.3億円台の建売戸建て「プラウドシーズン成城コート」5棟が即日完売したと発表した。(2022/2/3)

「置き配」はクルマのトランクへ ヤマト運輸らが実証実験、まずはトヨタ車ユーザーから
おぉぉ、クルマが「宅配ボックス」代わりになるぞぉぉ。(2022/2/3)

車の助手席に荷物配達 スマホを“時間限定キー”に KDDIなど、国内初の実験
デジタルキーを活用し、自家用車のトランクや助手席などに荷物を配達する実証実験を、ヤマトなどがスタートした。(2022/2/2)

戸建て購入者が選ぶ「後悔した間取り」ランキング 2位「狭いバルコニー」、1位は?
南勝は、戸建注文住宅での「後悔した間取り」に関する調査結果を発表した。その結果、自宅の間取りに後悔している人は56.6%に上り、後悔した間取りの1位は「窓の位置」だった。「狭いバルコニー」(2位)、「ウォークインクローゼット」(3位)がそれぞれ続いた。(2022/1/31)

5Gビジネスの神髄に迫る:
ソニーグループが“個人向けローカル5G”に参入する狙い 通常の5Gサービスとは何が違う?
ソニーグループが集合住宅向けにローカル5Gサービス「NURO Wireless 5G」を、2022年春に提供する。ソニーグループが強みを持つエンターテインメントを中心に据えたサービスを提供する狙いがあるという。エンタテインメントや映像機器などの強みを生かした法人向けサービスも視野に入れている。(2022/1/31)

お金事情を調査:
「小学生以下の子どもがいる家庭」に聞いた貯蓄額 2位は「1000万円以上」、1位は?
小学館は、未就学児〜小学生の子どもを持つ保護者に、「子育て世代のお金の実態と子どものマネー教育」について調査を行った。現在の貯蓄額を聞いたところ、最も多かった回答は「100万円以上200万円未満」だった。(2022/1/30)

業界動向:
新築一戸建て30年以上の住人に聞く「一戸建て修繕の実態」調査
アットホームは、「一戸建て修繕の実態」に関する調査を、全国の新築一戸建てを購入し30年以上住んでいる人を対象に実施。一戸建て購入者がどれくらいの修繕をし、費用をかけているか、自分で修繕をしたことがあるかなどを調べた。(2022/1/24)

ZEH:
積水ハウス、分譲マンション「グランドメゾン」を100%ZEH仕様に
積水ハウスは2023年以降に販売する分譲マンション「グランドメゾン」の全住戸を ZEHに、全棟をZEH-Mにすると発表した。既に2021年度の新規着工案件は据えてZEH、ZEH-M基準をクリアする。(2022/1/20)

流れは変わるか:
タワマンの管理費や修繕積立金が値上がり、なぜ?
最近、タワーマンションに対する否定的な記事や論調を目にすることが多くなった。十数年前に私が「タワマン批判」的な記事を書き始めた頃は、まったくの孤立無援だったことを考えれば、隔世の感がある。(2022/1/17)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
プレミアムって何だ? レクサスブランドについて考える
すでに昨年のことになるが、レクサスの新型NXに試乗してきた。レクサスは言うまでもなく、トヨタのプレミアムブランドである。そもそもプレミアムとは何か? 非常に聞こえが悪いのだが「中身以上の値段で売る」ことこそがプレミアムである。(2022/1/17)

太陽光:
究極の脱炭素コミュニティへ――再エネ融通で電力自給率60%超の新街区がさいたま市に
Looopは2021年12月、さいたま市で整備が進む「スマートホーム・コミュニティ街区(第3期)」において、地域コミュニティのための分散型エネルギーマネジメントシステム「エネプラザ」の運用を開始した。太陽光、蓄電池、EV、ハイブリッド給湯器を組み合わせた域内システムにより、60%超の年間再エネ自給率を目指す。(2022/1/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。