ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「デビルマン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「デビルマン」に関する情報が集まったページです。

「誰でも楽しめる長期休暇の過ごし方をまとめました」→ 狂気しかない作品リストに「心が壊れそう」「ヒトの形を保てなくなりそう」の声
全部見たら現実に戻ってこれなくなりそう……。(2020/12/28)

納得できるけど納得できない! 渋滞時の心境を描いた漫画に「分かりすぎる」の声
渋滞してるのに右車線ががら空き、思わず移りたくなりますが……。(2020/10/26)

まったく想像つかんぞ!? 光岡自動車、初となるSUV「Buddy」発表 ティーザーサイト公開
どんなクルマになるのか、楽しみすぎる。(2020/9/25)

ニコ生で実写版「デビルマン」9月8日放送 愛すべきクソ映画をワイワイ言いながら見るチャンス
未見の人も是非。(2020/8/27)

「デビルマンって本当につまらないの?」 駄作認定された映画を、自分の目で評価したい
つまらなかったです。(2020/6/5)

ねとらぼの中の人インタビュー:
「実際ライターって誰でもなれるじゃないですか」 ねとらぼ編集部員に聞く「お前の原体験はなんだ」 〜山下ラジ男編〜
学生兼ライターから見るライター業界。(2019/11/24)

「アーーーーー」は監督のアドリブだった!? (たぶん)世界に1人だけの実写版デビルマン研究家にインタビュー
資料集めに10万円。(2019/9/11)

これはプレミアム感ある 光岡自動車が新型霊柩車「プレミアムフュージョン」発売
ベース車は「アル・ヴェル」。(2019/8/20)

ゴラムやヴェノムをスイカから削り出すフルーツカービングが魔法のよう 緑と赤のコントラストに注目
作者のイタリア人アーティスト(日本漫画愛好家)に話を聞きました。(2018/11/30)

「スーパーロボット大戦T」発表、「カウボーイビバップ」「レイアース」が新規参戦 スマホで「デビルマン」も
デビルマンはロボットだった……?(2018/11/19)

うぉぉマジで「U.S.A.」! 光岡さんすげぇ、古き良きアメ車風の“新型車”「ロックスター」を発売
NDロードスターが60年代のアメ車に大変身。【写真24枚】(2018/10/10)

邦画プレゼン女子校生という新ジャンル ビミョー(?)な映画を語り倒す漫画『邦キチ! 映子さん』
君は実写版「魔女の宅急便」について語れるか。(2018/9/8)

これが本当のデビルカー 世界で1台だけのコラボスーパーカー「デビルマン オロチ」お披露目、1968万円で抽選販売
発表セレモニーには原作者・永井豪さんも参加。(2018/9/6)

世界に1台限定:
光岡自動車とデビルマンがコラボ 悪魔の心が宿る2シーター「Devilman Orochi」発表
光岡自動車と「デビルマン」がコラボ。2シーター「Devilman Orochi」を1台のみ限定販売する。随所に「デビルマン」をイメージした意匠を取り入れた。(2018/9/6)

ハニーフラッシュで声優もチェンジ アニメ「Cutie Honey Universe」では変身後のハニーを6人が演じ分け
如月ハニー/キューティーハニー役に坂本真綾さん。ハニーの変身後を内田真礼さん、黒沢ともよさん、田村ゆかりさん、花澤香菜さん、三森すずこさんが担当します。(2018/2/8)

「一線越えた」神回はこうして生まれた 湯浅政明、「DEVILMAN crybaby」を語る
永井豪「まさしく、ちゃんとデビルマン」。(2018/1/15)

「けもフレ」「中国」「Netflix」……:
2017年のアニメ業界を6つの“事件”で振り返る
アニメ業界にとって“激動の1年”だった2017年。アニメ業界はどう変化しているのか? アニメーション評論家の藤津亮太さんに聞く。(2017/12/28)

「キューティーハニー」2018年にアニメ化 タイトルは「Cutie Honey Universe」
コンセプトは「カッコかわいい女の子」。(2017/12/22)

Netflix2018年度にオリジナルアニメ30作、映画80作を予定 予算は約9000億円
ちょっとぴんとこない額ですが。(2017/10/17)

Netflix、「バキ」「聖闘士星矢」など新作アニメを一挙発表! 福原遥「早く見たい」
リラックマや「DEVILMAN crybaby」のキャストも登場しました。(2017/8/2)

「劇場版マジンガーZ」、公開に先駆け外伝漫画2作が連載へ
何が始まるというのです?(2017/4/19)

「原作のラスト」まで描くデビルマン新作アニメ「DEVILMAN crybaby」、Netflixで2018年配信へ
永井豪「最後まで描いてくれるの?」 湯浅政明監督「限界までやりますよ!」。(2017/3/16)

あふれ出る木村明広の003愛! 劇場アニメ「CYBORG009 CALL OF JUSTICE」がコミカライズ連載へ
劇場版・第1章の公開日の11月25日に第0話を配信予定。(2016/11/9)

Twitterで「実写版デビルマン12周忌」タグが盛り上がる 「見た後は全ての映画がマトモに思える」「ほぼ全員がエンドロールで前の席を蹴り始めた」
逆に見たくなってくる罠。(2016/10/9)

ガメラ、六本木に襲来!? 全展示撮影可能な「大都市に迫る 空想脅威展取材」先行取材レポ
ゴジラの姿も確認できました!(2016/9/23)

「映画とは人生そのもの」 映画フリーク永井豪、漫画との関係性や“文化”としての創作を語りまくる
「映画は最も漫画に近いというか、“映像で伝える”というところが近いと思うんです」。(2016/6/24)

完走したい! 東映アニメーション、創立60周年記念で29時間マラソン特番
栄光の60年を完走できるか。(2016/6/1)

「サイボーグ009 VS デビルマン」、Netflixで世界一斉配信スタート!
「009」の“ミュートス・サイボーグ編”と、「デビルマン」の“ジンメン編”の直後にクロスしたストーリー。(2016/4/1)

奥村勝彦“編集総長”インタビュー:
「“読者のニーズが”とか言ってるヤツを見ると、ムカッと腹立つんですよ」 20周年を迎えた「コミックビーム」が目指すもの
11月12日で晴れて20周年を迎えた「月刊コミックビーム」。これを記念して、同誌・奥村勝彦編集総長にインタビューを行いました。(2015/11/19)

映画「サイボーグ009VSデビルマン」のコミカライズ&ノベライズが決定 マンガは「EAT-MAN」「RAY」などの吉富昭仁さん
小説は映画の構成・脚本を手掛けた早川正さんが担当。(2015/9/15)

「サイボーグ009VSデビルマン」メインキャスト発表 不動明は浅沼晋太郎さん
デビルマン側のキャストが発表されました。(2015/7/13)

戦うのかよ! アニメ「サイボーグ009VSデビルマン」で2大ヒーロー激突 映画館でのイベント上映も
サイボーグVS悪魔!(2015/6/19)

永井豪「デビルマン」の新作アニメ制作 「ガルパン」のアクタスが手掛ける
今秋、イベント上映作品としてリリース。(2015/4/16)

『鉄腕アトム』から『進撃の巨人』まで、TVアニメの50年を振り返る『日本TVアニメーション大全』発売
1963年から2013年までの50年間に放送されたTVアニメ約3500作品の内容や業界の評価、舞台裏などを作品のカットとともに紹介。(2014/12/17)

「おもしろいものを、おもしろいと思った人に届ける」ことが難しい時代に それを最短距離で届ける「電子」の試み
「売れる」「売れない」で二極化する現代の娯楽産業は、「おもしろいものをおもしろいと思ってくれる人に届ける」ことがもはや難しくなってしまったが、電子ならそれができるのでは――作家発の電子書籍「AiR(エア)」を主宰する堀田純司さんの論。(2014/8/8)

「やらせ」疑われた“ASKAファン”秋本志保さんを直撃 ネットでの話題に「びっくりしています」
街頭インタビューに頻繁に登場し、「テレビ局によるやらせでは」とネットで騒がれている女性がいる。以前から「最強追っかけ女」として彼女を取材していたライターが再び、彼女に話を聞いた。(2014/8/4)

作家発の電子書籍「AiR」Kindle版発売
作家が出版社を介さず、直接読者に電子書籍を届けるプロジェクト「AiR」シリーズのKindle版発売。(2013/2/6)

手塚治虫のギリギリの“漫画作りの現場”が明かされる
マンガの神様とうたわれる手塚治虫の知られざるエピソードをまとめた『ブラック・ジャック創作秘話〜手塚治虫の仕事場から〜』の続巻が刊行される。(2012/12/7)

不動明と兜甲児になりきれる? 「デビルマン」「マジンガーZ」生誕40周年メガネ
兜甲児のもみあげをデザインしたメガネをかけて「ブレスト・ファイアー」と叫ぼう。(2012/11/30)

生誕40周年記念、迫力の「デビルマン」ブロンズ像
ブロンズ製「悪魔人間降魔成道像(デビルマンごうまじょうどうぞう)」は400年の歴史がある鋳造技術を駆使した「美術工芸品」だ。(2012/6/18)

オリジナル電子書籍「AiR3」発売 福井晴敏、カラスヤサトシ初参加
出版社を介さず、作家が読者に直接作品を届ける電子書籍「AiR3」の先行版が発売された。カラスヤサトシさん、福井晴敏さん、皆河有伽さんが初参加。(2012/6/1)

カラスヤサトシさんなどトークライブ 出版社なしの電子書籍「AiR3」発売イベント
プロの書き手が集まって企画・執筆・編集した電子書籍「AiR」の第3号発売に合わせ、6月1日にトークライブ。漫画家のカラスヤサトシさんらが語り合う。(2012/5/23)

吉田戦車さんも参加 出版社なし・作家発の電子書籍「AiRtwo」発売
作家が集まり、個人で作った電子書籍第2弾「AiRtwo」発売。吉田戦車さんの書き下ろし作品などを収録した。「電子書籍オリジナルの企画を成立させられるかどうかに挑戦したい」という。(2011/2/4)

パチンコになったアニメから、私たちは何を学ぶべきか?
ピーク時には30兆円だったパチンコ市場は、衰退の一途をたどっている。貸金業法の改正により個人の借入総額は低く抑えられ、さらに中小ホールは淘汰されている。その衰退の陰で売り上げを伸ばしているのは、パチンコ店と一心同体の遊技メーカーである。(2011/1/25)

電子書籍時代の作家はここから生まれる? 電子雑誌「BOX-AiR」が12月創刊
講談社BOX、キングレコード、電気本は10月15日、新人作家を発掘する電子雑誌「BOX-AiR」を12月に創刊する。iPhone/iPad向けの電子書籍アプリで、紙出版とアニメ化も視野に入れたモデルとなっている。(2010/10/15)

「出版社“中抜き”が目的ではない」 作家発の電子書籍「AiR」の思い
出版社なし・作家が集って発行した電子書籍「AiR」の狙いは、「ワクワクしてもらう」こと。「既存のあり方を否定するのではなく、新たな可能性を実践したかった」(2010/6/23)

「桜坂洋が書くデビルマン」収録 作家発・出版社なしのiPad/iPhone電子書籍「AiR」発売
作家が集まり、出版社なしで企画・編集した電子書籍「AiR」の先行配信がスタート。桜坂洋さんや瀬名秀明さんが新作を書き下ろしている。(2010/6/17)

赤ちゃんが「ドラえもん」「仮面ライダー」に バンダイから「コスプレロンパース」
赤ちゃんが「ドラえもん」や「仮面ライダー」にキャラクターになりきれる赤ちゃん用コスプレロンパース「ロンパースタイル」をバンダイが発売する。(2010/2/15)

「キュージョン」今度はポストペットのモモのコスチュームで登場
(2010/2/2)

人とロボットの秘密:
第2章-1 マジンガーZが熱い魂を宿すには
「完全な人工知能が開発され、完全な人型機械が開発されたとしても、それだけではアトムは実現しない」――永井豪の人間観は「マジンガーZ」に生きている。(2009/5/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。