ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ディグダグ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ディグダグ」に関する情報が集まったページです。

マッピー、ディグダグ、ドルアーガ―― 傑作ナムコサウンドづくしのコンサートが開催
ゼビウスやドラゴンバスターの作曲者による新曲「セリア姫のポプリ」も世界初演奏。(2017/1/11)

日々是遊戯:
「ギャラクシアン」と「ディグダグ」と「エースコンバット」は実は同じ世界の物語だった!?
一見まったく関係なさそうに見えるこれらのタイトルですが、実は同じシリーズの属する作品群だったって知ってましたか?(2011/9/6)

なぜ、人はゲームにハマルのか?:
第3回「なぜ、ゲームではステージ数の表示方法にこだわるのか?」
「ディグダグ」「ギャラガ」など、ステージ数の表示方法には、プレイヤーをついつい夢中にさせる驚きの仕掛けが!(2009/11/6)

「ディグダグアイランド」「タンくる」、4月21日でサービス終了
(2009/1/22)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
ネズミ年の締めはこれ! 「マッピー」
連載第70回は、ネズミ年最後の回ということで、ナムコの「マッピー」を取り上げてみました。パックマンが“食べる”、ディグダグが“掘る”なら、マッピーは“跳ねる”ゲーム。続編の「マッピーランド」「マッピーキッズ」についても触れてます。(2008/12/19)

マイランドにペットがやって来る――「ディグダグアイランド」
(2008/6/19)

「ディグダグアイランド」、条件を満たせば取得ホランがアップ
(2008/5/29)

Yahoo! Japan IDとYahoo!ウォレットが利用可能に――「ディグダグアイランド」
(2008/5/15)

ハンゲームでも提供――「ディグダグアイランド〜南の島のプクプクポン〜」本日正式サービス開始
(2008/5/8)

5月8日に正式サービスがスタート――「ディグダグアイランド〜南の島のプクプクポン〜」
(2008/4/23)

ケータイを“ディグダグ”デザインに――ナムコiメロキャラ
(2007/12/25)

クローズドβテスト用クライアントのダウンロード開始――「ディグダグアイランド」
(2007/12/20)

南の島での遊び方――「ディグダグアイランド」コミュニティ要素を公開
(2007/12/19)

「称号」を集めてマイランドに「ウワモノ」を飾ろう――「ディグダグアイランド〜南の島のプクプクポン〜」
(2007/12/18)

「ディグダグアイランド」にギル参戦?――拠点となる「マイランド」の詳細もお届け
(2007/12/14)

登録すればだれもが参加可能――「ディグダグアイランド」クローズドβテスター募集
(2007/12/13)

あのディグダグがオンラインゲームに――「ディグダグアイランド〜南の島のプクプクポン〜」発表
ベルクスとバンダイナムコゲームスは、オンラインアクションゲームとコミュニティサービスとして「ディグダグアイランド」の国内サービスを今冬に開始すると発表した。(2007/11/7)

Xbox Live アーケードに今度は「ディグダグ」登場
Xbox 360で利用できるXbox Live アーケードに懐かしの「ディグダグ」が登場する。Xbox 360版ではこれまでのXbox Live アーケードのゲームと同様に、実績とスコアランキング機能が取り入れられている。(2006/10/11)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
ヒルズに濃い地底ディグダグ
表参道と六本木。2つのヒルズがある場所は、地下にも大きな特徴があるのです。そんな地下深くで、穴掘りゲームディグダグをプレイしたら、地底っぽい雰囲気は味わえるのか検証。さらに、鉄道ファンにはおなじみの、あの地下空間でもプレイしてみました。(2006/2/23)

「ディグダグII」は初登場――ナムコの名作13タイトルを収録した「ナムコミュージアムVol.2」
ナムコのアーケードゲームを代表する数々の名作を集めた「ナムコミュージアム」シリーズの第2弾として、PSP用ソフト「ナムコミュージアムVol.2」が、2006年2月23日に登場する。価格は3990円(税込)。(2005/11/25)

「ディグダグ ディギング ストライク」レビュー:
“穴掘りゲームへのこだわり”を感じる、昔気質のアクションゲーム
ナムコの歴代の穴掘りゲーム「ディグダグ」と「ディグダグII」、さらには「ミスタードリラー」のキャラクターを1本に凝縮した「ディグダグ ディギング ストライク」。懐かしさはもちろん、ニンテンドーDSの2画面をうまく使った、そのゲーム性に注目だ。(2005/9/22)

地下と地上、2画面で展開する新しい「ディグダグ」――「ディグダグ ディギング ストライク(仮称)」
地中を掘り進む「ディグダグ」と海上を浮かぶ島を舞台に、島を崩して敵を倒す「ディグダグII」。オリジナルは20年以上前のタイトルながら、2つのタイトルを繋げてみたらまったく新しいタイトルが完成した。果たしてその中身とは?(2005/6/10)

ナムコ「ディグダグII」、iアプリに追加
(2004/8/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。