ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ギャラガ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ギャラガ」に関する情報が集まったページです。

亡き母はSG-1000II時代からのガチゲーマー 凄腕かーちゃんをしのぶ漫画が切なくも楽しい
特にパズルゲームが得意で、トップスコアを息子に譲らないお母さん。(2019/4/20)

ギフトショー春2019:
「ギャラガ」「ギャラクシアン」「パックマン」がミニアーケード筐体で
インフォレンズが、dreamGEARのミニレトロアーケードゲーム機器「My Arcade」シリーズを展示していた。(2019/2/18)

その名は「ギャラガドン」 名作ゲーム「ギャラガ」、新発見の古代ザメの語源に
ゲームの公式アカウントも「光栄です!」と反応。(2019/1/23)

タイトー、「ARCADE1UP」第2弾を発売へ 「ランペイジ」「アステロイド」「センチピード」の3機種
タイトーは、家庭用ゲーム機「ARCADE1UP」の第2弾を2019年1月に発売する。アーケードゲーム筐体を4分の3サイズで再現した。(2018/10/26)

東京ゲームショウ2018:
「予想以上の売れ行き」 タイトーの家庭用ゲーム機「ARCADE1UP」、第2弾も投入予定
タイトーが「東京ゲームショウ2018」で、アーケードゲーム筐体を4分の3サイズで再現した家庭用ゲーム機「ARCADE1UP」を展示している。(2018/9/20)

タイトー、「スペースインベーダー」「パックマン」「ギャラガ」のアーケード筐体を家庭向けに復刻
当時のアップライト型アーケード筐体を4分の3スケールで再現。(2018/9/19)

アーケード筐体を4分の3サイズで タイトー、家庭用「ARCADE1UP」発売
アーケードゲーム筐体を4分の3サイズで再現した家庭用ゲーム機「ARCADE1UP」を、タイトーが12月に発売する。(2018/9/18)

「行きたすぎる」「天国やんか」 箕面温泉スパーガーデンの「無料ゲームセンター」はなぜ生まれたのか【タイトル一覧あり】
サムライスピリッツ・熱血高校ドッジボール部・アルカノイドなどの名作筐体がそろっています。(2018/2/6)

パックマンやドンキーコングが地球を襲撃! 80年代ゲーム少年必見の「ピクセル」が金ローで地上波初放送
ほかにもギャラガやアルカノイドなど、80年代の人気アーケードゲームが人類の敵として登場。(2017/9/8)

立ちどまるよふりむくよ:
クォーターサイズMZ-80C予約スタート シャープX1発表翌日に
リアルタイムMZ-80K/Cユーザー待望、「PasocomMini MZ-80C」の予約が開始された。筆者はもちろん予約した。(2017/6/2)

マッピー、ディグダグ、ドルアーガ―― 傑作ナムコサウンドづくしのコンサートが開催
ゼビウスやドラゴンバスターの作曲者による新曲「セリア姫のポプリ」も世界初演奏。(2017/1/11)

Facebookメッセージでゲームが遊べるように 「インベーダー」「パックマン」など17作品、友だちと競争もできる
プレイは友だちとの会話画面から。競争を持ちかけたりして楽しめる。(2016/11/30)

Facebookメッセンジャーで「パックマン」など17ゲームをプレイ可能に
モバイル版Facebookメッセンジャーの最新版にゲームコントローラーアイコンが追加され、これをタップするとパックマンやアルカノイドなど、17種類のゲームをプレイできるようになる。(2016/11/30)

レトロゲームの黄金期:
ゼビウス! ダライアス! スペースハリアー!「あそぶ!ゲーム展 stage2」はアーケード/ファミコン全盛期特集で遊びきれない!
2015年の10月から2016年の2月にかけて、埼玉県西川口のSKIPシティ映像ミュージアムで開催されていた「あそぶ!ゲーム展 stage.1 デジタルゲームの夜明け」の終了から半年。9月から「あそぶ!ゲーム展 stage.2 ゲームセンター VS ファミコン」が開催中だ。(2016/11/25)

立ちどまるよふりむくよ:
ファミコンとクラシックミニを並べて1980年代にタイムスリップしてみたら
オリジナルのファミコンと復刻版を比較して、当時のことを思い出してみた。(2016/11/11)

手のひらサイズでファミコンが“再”登場! 「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」
「ドンキーコング」や「マリオブラザーズ」「エキサイトバイク」「ゼルダの伝説」など30タイトルを収録。(2016/9/30)

任天堂“小型ファミコン”国内発売 初代「マリオ」や「ドンキーコング」などレトロゲーム30本入り
手のひらサイズのファミコン型端末に、「スーパーマリオブラザーズ」など懐かしのファミコンゲームを30タイトルを収録した「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」が11月に発売へ。(2016/9/30)

手のひらサイズの小さなファミコン! 30種類のゲームを収録した「Nintendo Classic Mini」が海外で11月に発売決定
ええい、日本版はまだか。(2016/7/15)

往年の名作「ゼビウス」の新作がスマホ向けに登場 って開発ドリームファクトリーだとおおお!
「ギャラクシアン」や「ギャラガ」の自機でも遊べるパワーアップモードを搭載。(2016/6/24)

EIZO×ナムコレトロゲー:
パックマンがディスプレイ上でスマホの着信通知をしてくれるオモシロ機能
ディスプレイにこんな進化の方向性があったとは……。(2016/4/20)

映画「ピクセル」BD&DVD、VRゴーグル付きで発売 パックマンとNYで対決
映画「ピクセル」の初回生産限定Blu-ray&DVDに、VR(仮想現実)ゴーグルが同梱。映画の1シーンを再現したゲームを楽しめる。(2015/11/27)

映画業界初のVRゴーグル付き 映画「ピクセル」BD初回生産限定版
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントは、映画「ピクセル」の初回生産限定版Blu-ray Discを2016年2月3日に発売。スマホを装着して楽しむVRゴーグルが付属する。(2015/11/27)

80年代の“ピコピコ”がよみがえる――ファミコンで聴くアルバムカセット「8BIT MUSIC POWER」
ファミコンなどの8ビットゲーム機に差し込むと、チップチューンを楽しめるアルバムカセット「8BIT MUSIC POWER」が発売される。(2015/11/26)

1.5倍の大変さとお得感を説きながら、さらっとごく自然な感じで缶コーヒーのプレミアム豆増量を宣伝してみる【PR】
タンザニアではダチョウの卵をゲットできるし、コーヒー豆も摘み取ることができるのでお得。(2015/9/3)

「パックマン」や「ゼビウス」も バンナム17タイトルがニコニコ「クリエイター奨励プログラム」対応
ニコニコ動画の「クリエイター奨励プログラム」で対象タイトルの実況動画などが公開できます。(2015/5/26)

「パックマン」「マッピー」などの2次創作動画、ニコ動への投稿受付スタート バンナムのIP開放
「パックマン」「マッピー」などバンダイナムコの17ゲームについて、2次創作動画のニコ動への投稿が可能になった。(2015/5/26)

「パックマン」「ゼビウス」「ワギャンランド」など17タイトルがクリエイター奨励プログラムに対応 実況動画などの投稿が可能に
キャラクター、音楽、ストーリー、設定などを使った二次創作動画を投稿可能。(2015/4/24)

「パックマン」「ゼビウス」などのIP開放 スマホゲームはOK、グッズ販売はNG
バンダイナムコが「パックマン」「ゼビウス」など17ゲームのIPをクリエイターに開放。ゲームのキャラを使ったスマートフォンゲームの制作はOKだが、Tシャツなどリアルグッズの製作はNGになる見通しだ。(2015/4/15)

バンダイナムコ、「パックマン」「ゼビウス」など17キャラをクリエイターに開放へ
「パックマン」「ゼビウス」「マッピー」などバンダイナムコの17キャラクターが国内のクリエイターに開放へ。簡易的な企画審査だけで、スマートフォンゲームなどのコンテンツに利用できるようになる。(2015/3/31)

「パックマン」「ゼビウス」などバンダイナムコゲームスのゲームタイトルの利用を開放
国内のクリエイターへ全17キャラクター。バンダイとナムコの統合10周年記念で。(2015/3/31)

NASAのせいで地球が“レトロゲーム”に襲われる! パニック映画「ピクセル」が熱い
世界がピコピコ崩壊する……!(2015/3/18)

熱い思い出がよみがえる? 懐かしのゲームが遊べるiPhoneアプリ5選
知っている人には懐かしい、そして知らない人にも楽しめるレトロゲームをピックアップ。(2014/8/8)

「スマブラ」最新作にパックマン参戦!! マリオとの直接バトルがついに実現へ
もうダメだ……おしまいだぁ……(みんな食われる的な意味で)。(2014/6/11)

古典ゲームが遊べる パックマンの形のゲーム機
レトロな8ビットパックマン型ゲーム機で、レトロゲームがプレイできる。(2013/1/24)

なぜ、人はゲームにハマルのか?:
第18回:「待って、もう1回!!」――いつの間にかゲームがやめられなくなるフシギな呪文PART2
リスタートの仕組みのスッゴイしかけ。「なぜ、人はゲームにハマルのか?」をまじめに考察する不定期企画の18回目は、続けたくなる“魔法の言葉”について。(2012/4/9)

なぜ、人はゲームにハマルのか?:
第17回:これ以上ないプレイヤーへのご褒美!? 極上の快感を与えてくれるエクステンドの演出
そもそもエクステンドってなんですか? 「なぜ、人はゲームにハマルのか?」をまじめに考察する不定期企画の17回目は、なんだかお得ですって話。(2012/3/21)

なぜ、人はゲームにハマルのか?:
第16回:ゲームは見た目がすべて!? ひと目でプレイヤーを虜にするデモ画面の工夫
「なぜ、人はゲームにハマルのか?」をまじめに考察する不定期企画の16回目は、演出面に注目。いわゆるコーヒーブレーク、最近見なくなりました?(2012/2/10)

日々是遊戯:
「ギャラクシアン」と「ディグダグ」と「エースコンバット」は実は同じ世界の物語だった!?
一見まったく関係なさそうに見えるこれらのタイトルですが、実は同じシリーズの属する作品群だったって知ってましたか?(2011/9/6)

ゲッチャTV ガジェット出張所:
Z改め乙に改題しています
「高橋名人世代乙」に改めてしまった最新ゲーム情報番組「ゲッチャTV」2011年6月17日放送分では、3DS「パックマン&ギャラガ ディメンションズ」を紹介しています。(2011/6/20)

Nintendo's E3 Media Presentation:
「Wii U」ついに公開 ゼルダの調べにのせて
「ゼルダの伝説」のオーケストラ演奏で幕が開いた任天堂のメディアカンファレンスは、次世代家庭用ゲーム機「Wii U」の発表で最高潮を迎えた。(2011/6/8)

なぜ、人はゲームにハマルのか?:
第10回:スコアアップ&劣勢挽回のチャンス! ゲームがますます楽しくなるボーナスステージ
「なぜ、人はゲームにハマルのか?」をまじめに考察する不定期企画の10回目は、「ボーナスステージ」の演出の妙について。(2011/6/6)

なぜ、人はゲームにハマルのか?:
第9回:テクニック・イズ・スコア! プレイヤーに「ゲームがもっとうまくなりたい!」と思わず夢中にさせてしまう得点アップの仕組み
「なぜ、人はゲームにハマルのか?」をまじめに考察する不定期企画の9回目も、“得点”に秘められた巧妙なテクニックを考察します。(2011/4/28)

アーカイブスに「天外魔境II」「ヴァリスII」「ギャラガ ’88」など
(2011/3/9)

3DSの新感覚ゲーム「パックマン&ギャラガ ディメンションズ」
(2011/2/10)

パックマンから“つぶやきなう”「PAC'N TWIT」
パックマンをモチーフにしたiPhone/iPod touch用ツイッターアプリ「PAC'N TWIT」が登場した。AppStoreから無料でダウンロードできる。(2011/2/7)

つぶやきはパックマンで――「PAC'N TWIT」iPhone/iPod touch向けに配信開始
iPhone/iPod touch向けにパックマンをモチーフにしたTwitterアプリが登場した。(2011/2/3)

なぜ、人はゲームにハマルのか?:
第6回:ハラハラドキドキ感を演出するゲームサウンドの魅力
「なぜ、人はゲームにハマルのか?」をまじめに考察する不定期企画の6回目は、ゲームにおけるサウンドの重要性について紐解きます。(2011/1/18)

「ガンダムロワイヤル」、モバゲータウンでサービス開始
「バンダイナムコゲームス×モバゲータウン」に続く、バンダイナムコゲームスとDeNAによる連携サービス第2弾は、ガンダム!(2010/12/21)

今秋「モバゲータウン」で配信予定――「ガンダムロワイヤル(仮)」企画開発を開始
モバゲータウンで展開する、バンダイナムコゲームスとDeNAによる連携サービスの第2弾は、ガンダムシリーズ初のソーシャルゲーム。(2010/8/24)

モバゲーで「ゼビウス」など無料配信 バンダイナムコとDeNAが連携
バンダイナムコゲームスとDeNAが連携し、モバゲーのトップページに特別コーナーを常設。ゲームを無料配信するほか、新コンテンツの展開も予定。(2010/7/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。