ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「失恋」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「失恋」に関する情報が集まったページです。

「こんな高校生活送りたい」 野球部を応援する女の子への初恋を描いた漫画が甘酸っぱくてほろ苦い
初恋は実らないとはよく言いますが……。(2019/9/16)

黒木華「凪のお暇」6話で完全に立場逆転した凪とゴン「今度は自分が壊れる番ね」 今夜からは完全オリジナル展開へ
龍子「白い恋人食べながら泣いてましたよね?」慎二「俺じゃない!!!」。(2019/8/30)

16話直前考察「あなたの番です」口角を上げている人と殺している人は別人説 不連続殺人事件の真相を推理
口角を上げているのは田中圭?(2019/8/11)

今期もすごいぞ、NHKよるドラ「だから私は推しました」 アイドルヲタのドラマかと思いきや、まさかのミステリー展開
リアル過ぎるアイドル現場は既視感ありまくり。(2019/8/3)

保健室で落ち込んだ生徒に寄り添ってくれる先生を描いた漫画 「こんな先生がいてほしかった」「先生すてき」の声集まる
この先生にならなんでも相談したい。(2019/7/25)

ハロプロのBEYOOOOONDS メジャーデビュー前に公開したMVが「中毒性すごい」「事務所の本気が伝わってくる」と話題に
キレッキレのダンスと抜群の歌唱力にも注目。(2019/7/21)

悲劇「ストロベリーナイト・サーガ」8話 二階堂ふみ(刑事)と山本耕史(容疑者)の残酷な「ロミオとジュリエット」
泣き出しそうな亀梨和也の表情に胸がぎゅっとなる。(2019/6/6)

痛みを感じる光だけが君を救う光になる:
五月病は不治の病、過去をかえるたった一つの方法、それでもきみは令和の今日まで生き残った
どうすれば、可愛くなれる。(2019/5/31)

「幸せは金じゃない」:
フィリピンで綱渡り人生 借金500万円から逃れた「脱出老人」の末路
フィリピンパブで出会った女性を追い掛け、借金500万円超を残したまま現地へ渡った「脱出老人」の末路――。待っていたのは不法滞在、困窮生活……。「海外で悠々自適なセカンドライフ」という美辞麗句とはかけ離れた一人の男の人生を追った。(2019/5/22)

「わたし、定時で帰ります。」“帰れない”ではなく“帰らない”柄本時生の「もういいや、なんか疲れた」に共感 吉高由里子の「私たちには給料日がある」がしみる
「夢や希望はあるんですよね?」の質問に答えられない吾妻がつぶやきに胸が締め付けられた。(2019/5/14)

失恋話を語るとヘアカット代金“タダ” 新サービス「失恋美容室」で髪も気持ちもすっきりしたい
相手は二次元でもOKです。(2019/3/20)

【マンガ】「乗車」の対義語は「下車」 では、「失恋」「閏年」の対義語は?
あまり聞かないけど、ちゃんと対義語がある。(2019/2/14)

痛みを感じる光だけが君を救う光になる:
初めて誰かを愛して、初めて憎んだ<後編>
こんなに好きになっていなかったら憎しみにも変わらなかったのに。(2019/1/19)

【マンガ】「暮れなずむ」の「なずむ」って何?
卒業ソング「贈る言葉」でおなじみ。(2018/12/6)

ドラマ「今日から俺は!!」SNSで若月佑美のダンス動画 乃木坂46の卒業セレモニーを前に粋な計らい
福田雄一監督の撮影現場っていつも思いやりに溢れてる。(2018/12/4)

男の子と先輩女子の甘酸っぱい「失恋」漫画 それぞれが抱える切ない恋の行方は……
切ないけど温かく優しい失恋のお話です。(2018/12/2)

いろんな「はぁ」をみんなで演技して当て合う! 「ぷよぷよ」の開発者考案「はぁって言うゲーム」が楽しそう
力をためる「はぁ」、感心の「はぁ」、失恋の「はぁ」。(2018/11/25)

「因縁の対決ですね!」 ZOZO前澤友作社長、明石家さんまと“恋のライバル”2ショットで満面の笑み
同じ女性を愛した者同士。(2018/11/16)

JKに包丁向ける男→自らタマ差し出す謎展開に 『あなたソレでいいんですか』は人の心を丸裸にする
漫画レビュー連載「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第95回。少女の問いかけによって男たちは自分の弱さに向き合う。(2018/11/4)

LINEで女子高生AI「りんな」と通話可能に 恋愛相談や寝落ち通話に付き合ってもらえるぞ
ほかにも就活用のキャッチコピーを考えてもらえたり、雑談してもらえたり。(2018/10/31)

PR:美味しんぼ1巻が○500円に!? 価格の自動入力機能で戦う「メルカリ・バーコードバトル」をいい大人が真面目にやってみた
本当に便利な機能です。(2018/9/20)

「自信持ちな! 私なんか口裂けてんのよ!」 ネガティブ女子をなぐさめる口裂け女に「姐さん」と人気続出
友達になりたい。(2018/8/12)

サラリーマン、プリキュアを語る:
もう一度、新しいステージに 一発屋芸人を声優に起用する「HUGっと!プリキュア」が描く“再生の物語”
ダイガンさん、生きていて本当に良かった……。元クライアス社の3人が本当に楽しそうで何よりです。(2018/7/26)

トラウマをテーマにした創作活動向けの『トラウマ類語辞典』発売 いじめ、ストーカーなどのトラウマが与える影響を解説
創作のお供に。(2018/7/18)

恋人が自分よりはるかに大人に見えてしまった日 「ヲタクに恋は難しい」9話
【ネタバレあり】今回の成海の行動は、かわいすぎてヤバイ。(2018/6/8)

「安室透に出会ってから世界がきらきらして見える」安室の女の胸の内
「隣の安室の女」の信仰告白。(2018/6/9)

「個展開いてください!」「生で観たい」 平野ノラ、バブリーな自作絵画で母の還暦を祝福
見てると元気出てくる。(2018/5/17)

おまとめ こぐまのケーキ屋さん:
けーきやさんは、たいへんですねえ こぐまのケーキ屋さん(16)「ばれんたいんでー」
一見ふつうのハートのチョコレートですが……?(2018/4/1)

雲も波紋も「数学で世界を全部知りたい」天才少年 漫画『はじめアルゴリズム』は数学の楽しさを教えてくれる
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第91回。数学を知れば失恋したお姉さんも慰められる、など数学のイメージをガラリと変えてくれる漫画を紹介。(2018/3/18)

「やる気が出るのはやり始めてから」 「やる気の出し方」をシンプルに説く漫画に納得する声
仕事に行き詰まったときも、作業用ファイルを開くなど姿勢だけでも作ると、案外進んだりするものです。(2018/1/18)

「この先も変化が楽しみ」 藤田ニコル、ストイックに育成中の発展途上ボディーを公開
腹筋、縦に割れてる。(2018/1/7)

ITはみ出しコラム:
寒い冬に心が温まる「AppleのクリスマスCM名作選」
ホリデーシーズンに流れるAppleのCMは、心温まるようなお話が多くて毎年楽しみ。最新(2017年)のCMを紹介しつつ、過去の名作も振り返ります。(2017/12/24)

サラリーマン、プリキュアを語る:
「なんだあの動きは?」「板岡錦だ!」 プリキュアがカッコよく動く、アニメーター板岡錦の世界
板岡錦さん、初の作画監督、おめでとうございます。(2017/12/7)

Appleの感謝祭CMは「iPhone X」と「AirPods」が主役
Appleが感謝祭(11月23日)に向けて公開した新CMは、耳に「AirPods」を着け、「iPhone X」で音楽を聴く女性が雪の中で見る白昼夢。(2017/11/23)

「他とは違う夫婦契約=イケてる」という“気持ち悪い自意識”に酔えるか? マンガ『合理的な婚活』著者インタビュー(4)
「せめて仮説を持てよ!」(2017/11/22)

ドローンが失恋女性をなぐさめるだと!? 斬新な設定の少女漫画に「この発想はなかった」と賞賛集まる
ドローン兄貴がカッコよすぎる。(2017/11/1)

漢字の「四」に隠された意外な秘密
意外と知らない漢字のトリビア。(2017/9/29)

「うさぎとアライグマつけた」桐谷美玲、“リベンジ”狙うもふもふツインテが幼カワイイ
かわいい小動物感。(2017/9/27)

「失恋に近い感情で」 高畑充希が心機一転のヘアカット、 “カホコロス”に陥るファン続出
カホコぉぉぉ!(2017/9/13)

藤田ニコルのスリム美脚にファンざわめく 「心配なるくらい細い」「無理だけはしないで!」
どんどん細くなってる……。(2017/9/12)

IoT時代の組み込み系ソフトウェア品質(1):
組み込みソフトウェアの「品質」とは何か――品質の始まりからその実態まで
組み込みソフトウェアにおける「品質」とは、一体、何者であろうか。多用されている言葉であるがその実態はようとしてしれない。この連載では「IoT時代の組み込み系ソフトウェアの品質」をテーマに開発現場の目線で見ていく。まずはこの品質の正体を見破ることから始めたい。(2017/8/23)

常見陽平のサラリーマン研究所:
「世の中全て分かっている系」が厄介な理由
「意識高い系」より面倒くさいのが「世の中全て分かっている系」の人である。自分の得意分野と、生きてきた時代を基準に全てを語ろうとするので非常に厄介なのだ。(2017/8/18)

意外な才能! 平野ノラの絵画センスがガチだった「上手! おったまげ!」
普通にうまくてビビる。(2017/6/6)

「29歳、5年付き合った彼と別れた話」アラサー女性の失恋日記が途中からナナメ上の超展開に
仕掛けいっぱいで、つい最後まで見ちゃいそう。(2017/5/10)

「もうひとつ、ご報告」神田沙也加、父・神田正輝に新たな家族を抱っこしてもらう
ブルーザー!(2017/5/3)

「失恋」の対義語ってあるの? 調べてみたらちゃんと存在していた
失恋、優勝、未満、正夢、閏年、脱字――全部きちんと対義語があるのです。(2017/4/29)

ロングセラーを読み解く:
解決してきたから、「アンメルツ」は選ばれ続けた
2016年、販売から50周年を迎えた小林製薬の肩こり薬「アンメルツ」シリーズ。現在同シリーズの販売本数はシリーズ累計で2億本を超えている。なぜ売れ続けているのか。「アンメルツ」シリーズの軌跡をたどりながらその理由を探る。(2017/4/28)

転職バーのハルカさん(1):
PR:コアントローの香り……あなた、良からぬことを考えているわね
そこそこのITベンダーで働くそこそこのシステムエンジニア「シュウヘイ」がふらりと入った「転職バー」。美人バーテンダー「ハルカさん」に首筋の匂いをかがれて……シュウヘイ昇天!(2017/3/31)

「OK、Google」「行け、ピカチュウ!」 Siriの珍回答を引き出す10の質問
(2017/3/27)

藤田ニコル、アスリート並みの体脂肪率を公表 「やせ過ぎだよ!」「本当に無理だけはしないで」と心配の声も
女性ボディービルダー並みの体脂肪率。(2017/3/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。