ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「Dream5」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Dream5」に関する情報が集まったページです。

大原優乃、公式YouTubeチャンネル開設 初回は5年ぶりに「ようかい体操第一」を披露 「新たな秘密基地が出来たよう」
「ようかい体操第一」は、「Dream5」のメンバーとして関わった楽曲。(2021/8/30)

大原優乃、苦手な“自転車”をふらつきながらも克服 「こんなにも前に漕げるようになりました!」
成長してる!(2021/2/17)

大原優乃、デビュー記念日に11年前の“無邪気かわいい”写真公開 ポテト頬張るショットに「全然変わんない」の声
天才てれびくんMAX→ようかい体操第一→そしていま。(2020/11/4)

「支え合えたらいいな」 大原優乃、重度の“魚介アレルギー”を初公表 家族の思いにも共感集まる
検査をした全ての魚で陽性反応。(2020/2/27)

2020年は「信頼」「信用」の1年に 大原優乃インタビュー、ドラマ「ゆるキャン△」への意気込みも
20歳を機に、英会話教室に通い始めたようです。(2020/1/9)

舞台「天才てれびくん」、元“てれび戦士”たちのビジュアル解禁 「推しの顔が良すぎる」「ドンピシャ世代だからたまりません!」
てれび戦士たちが帰ってくる!(2019/11/24)

「天才てれびくん」がまさかの舞台化 大人になった「てれび戦士」が大切なものを守る戦いに挑む
幼少期を思い出しながら見たい。(2019/10/10)

「嘘だらけの芸能界に夢とか未練はありません」 元Dream5の重本ことり、芸能界引退を発表 「AAA」炎上にも触れる
ふむ……。(2019/3/4)

「ダビッドソンかと思ったけど本物」 武井壮の誕生日会に本田圭佑、瀬戸大也らトップアスリートが集結!
まさかの本物。(2018/5/8)

リア・ディゾンの再来! 新たな黒船、アンジェラ芽衣が「週プレ」グラビアに来航する
時代が動くぞ!(2017/6/26)

Dream5、年内で活動終了 「ようかい体操第一」など「妖怪ウォッチ」の楽曲大ヒット
「ダン・ダン ドゥビ・ズバー!」など、「妖怪ウォッチ」の楽曲が多くヒットしました。(2016/12/26)

「チア男子!!」が舞台化! 本田礼生、古田一紀のダブル主演で客席参加型の舞台を作る
「“参加する”感覚がもてる客席参加型ステージ」を目指す。(2016/7/20)

主演はDream5の高野洸! 「BLEACH」ミュージカルのキャスト発表
高野さんは「皆さんの理想の一護になれるよう頑張ります」とコメント。(2016/5/30)

山寺宏一さん、「おはスタ」卒業を振り返って感謝の言葉 新MCにもエール
お疲れさまでした。(2016/4/4)

「Dream5」玉川桃奈が芸能界引退を発表 「ようかい体操第一」で紅白にも出場
「新しい一歩を踏み出したいという気持ちが強くなってきた」と語っています。(2016/2/22)

ツインテールの日にアイドルたちが参戦 やっぱツインテって最強だな!
重本ことりさんは高校時代のツインテを公開。(2016/2/2)

リクルート、オンライン教育サービス「勉強サプリ」で夏休み限定企画スタート――学習まんが読み放題ほか
小学4年生〜中学3年生向けオンライン教育サービス「勉強サプリ」で、夏休み特別企画がスタート。学習まんがの読み放題や、有名人の特別授業を期間限定で公開する。(2015/7/17)

第65回紅白歌合戦の出場歌手発表 May J.初出場 企画コーナーに「妖怪ウォッチ」
HKT48、May J.、薬師丸ひろ子、SEKAI NO OWARI、V6の5組が初出場となる。(2014/11/26)

「DX 妖怪ウォッチタイプ零式」の抽選販売も イトーヨーカドーの「妖怪ウォッチウィーク」10月25日から
ハロウィンはイトーヨーカドーがアツい!?(2014/10/24)

「妖怪ウォッチ」がdビデオで配信――見逃し配信にも対応
6月6日、NTTドコモの定額制動画配信サービス「dビデオ」にて、人気テレビアニメ「妖怪ウォッチ」の配信が始まった。(2014/6/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。