ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「Dryad」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Dryad」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

クラウドビッグデータ元年のPaaS動向【後編】
パブリッククラウドのHadoop対応状況を比較する──IBM、Microsoftの場合
最も自動化が進んだクラウドベースのHadoopビッグデータ分析サービスを提供するベンダーはどこか。前編に続いて、IBM、MicrosoftのHadoop対応を見ていこう。(2012/5/30)

クラウドベースのビッグデータ分析、主権を握るのは?
Google、Oracle、Microsoft、IBMのビッグデータ対応アプローチ
いち早くクラウドベースのHadoopアプリケーションをリリースしたAmazon。それに続き、Google、Oracle、Microsoft、IBMがビッグデータ分析のためのHadoop対応を進めている。各社のアプローチを見ていこう。(2011/12/19)

MicrosoftとGoogleのビッグデータ計画【前編】
Microsoftのビッグデータ投資の成果がいよいよ形に
MicrosoftとGoogleは、ビッグデータ活用によるビッグマネー獲得を現実に近づけてくれるかもしれない。前編ではMicrosoftが提供するビッグデータ活用ソリューションの詳細を紹介する。(2011/10/3)

Hadoop World Report:
優良企業はなぜHadoopに走るのか
オープンソースの大規模分散データ処理システム「Hadoop」の人気がうなぎ登りだ。Yahoo!やAmazon、FacebookといったIT業界の巨人たちだけでなく、VISAやJP Morganといった有名企業までHadoopにコミットを示している。先日開催された「Hadoop World」には、そうした企業の熱気が満ちていた。(2009/10/15)

Microsoft研究部門、Surface SDKや魔法のレンズなど先端技術を発表
ハイテクテーブル「Surface」のソフト開発キット、Surfaceの機能を拡張する“魔法のレンズ”のような「Second Light」を発表した。(2008/10/30)

GoogleがAmazon Web Servicesに対抗
アナリストやソフトウェア専門家らはGoogle App EngineとAmazon Web Servicesを比較しているが、ユーザーは両社のサポートに疑問を感じているようだ。(2008/4/14)

「Googleはエンタープライズを分かっていない」――Gartnerが指摘
Googleがエンタープライズを重視していないというわけではない。MicrosoftとIBMが順守しているエンタープライズルールに従おうとしないだけなのだ。(2008/4/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。