ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「企業向けLinux」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!Linux系OS→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でLinux系OS関連の質問をチェック

関連キーワード

「ミラクル・リナックス」の社名が消滅
ミラクル・リナックスとサイバートラストが合併。社名はサイバートラストに変更する。(2017/7/21)

TCO試算のスペシャリストが明かす:
PR:「LinuxONEならサーバ導入/買い換え時のトータルコストは下げられる」その大きな4つの技術的理由
通常、サーバの導入/買い換えに当たっては、ハードウェアからソフトウェア、ネットワーク、ストレージ、さらには人件費まで含めて、非常に大きなトータルコストが発生し、IT管理者にとって悩みの種となっている。だが、メインフレームとオープンシステムのメリットを“いいとこどり”しているLinuxサーバ「LinuxONE」を活用することで、サーバ導入/買い換えに伴うトータルコストを大幅に削減できるという。その技術的根拠についてTCO試算のスペシャリストに聞いた。(2017/6/12)

PR:サーバ導入/買い換えに伴うトータルコストは人的コスト含め試算できる――ITの経済性評価が行える無料サービスとは
企業がサーバ導入/買い換え時にシステム全体の運用管理や保守にかかるコストを算出しようとしても、結局「分からない」とあきらめがちだ。しかし、本当にそうなのだろうか。多種多様な構成のシステムを手掛けてきた日本IBMは、サーバ導入/買い換え時に「ITの経済性評価」を支援する「Eagle TCO Study」を基本的には無料で提供している。どのように人的コストまで含めたトータルコストを試算しているのか、担当者に聞いた。(2017/6/2)

RHEL 6.9ベース、セキュリティやハードウェアサポート環境を強化:
ミラクル・リナックス、企業向けLinuxディストリビューション「Asianux Server 4」の最新版をリリース
ミラクル・リナックスが、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)6.9をベースに開発した企業向けLinuxディストリビューション「Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6 SP7」をリリース。2017年6月中にMicrosoft Azure上でも利用できるようにする。(2017/5/25)

Linux、macOSでも実行可能に:
マイクロソフト、OSSの開発フレームワーク「.NET Core 1.0」「ASP.NET Core 1.0」を正式リリース
マイクロソフトは、オープンソースの開発フレームワーク「.NET Core 1.0」などを正式リリースした。これまでWindowsでしか実行できなかった.NETアプリケーションなどをLinuxやmacOSでも実行できるようになる。(2016/6/29)

SAP HANAでのリアルタイムデータ分析/高可用性システムの需要に対応:
SUSE、再起動なしにパッチを適用できる「SUSE Linux Enterprise Live Patching」を投入
SUSEが、再起動なしにパッチを適用できるようにした「SUSE Linux Enterprise Live Patching」を発表。リアルタイムデータ分析を行うSAP HANAやSAP NetWeaverユーザーを対象にする。(2016/5/27)

Azureの監視環境を容易にデプロイ可能に:
ミラクル・リナックス、HatoholとZabbixでAzureを監視できるOSSベースの仮想マシンテンプレートを無償提供
ミラクル・リナックスは、Microsoft Azureを監視する仮想マシンテンプレートの無償提供を開始した。似た構成の仮想マシンを複数台デプロイするシーンで、Hatoholによる統合監視を踏まえた環境構築の作業を自動化/簡略化できる。(2016/5/18)

最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介
いいことばかりじゃない、「デスクトップLinux」のお作法
企業システムにLinuxを採用している企業は「セキュリティは大丈夫」と油断しているかもしれません。しかし、実際には多くの脆弱性が潜んでいます。最新記事ランキングから編集部のお薦め記事を紹介します。(2015/11/20)

デジタルマーケティング基盤をトータルサポート:
ソフトバンク・テクノロジー、Microsoft Azureで「Adobe Experience Manager on Azure」の提供を開始
ソフトバンク・テクノロジーとミラクル・リナックスは2015年9月14日、「Asianux Server」を活用した「Adobe Experience Manager on Azure」の提供を開始すると発表した。(2015/9/14)

「サービスとしてのOS」――CoreOS Managed Linux発表
Warehouse-Scale Computerを前提に設計されたLinuxベースのOS「CoreOS」が大規模な資金調達を発表。併せてOSレベルのメンテナンスをサービスとして提供するサポート強化を打ち出した。(2014/7/2)

AD連携を強化しXFSが標準に:
「Red Hat Enterprise Linux 7」がリリース――systemd導入、Dockerサポート
レッドハットが企業向けLinuxディストリビューションの最新版となる「Red Hat Enterprise Linux 7」をリリースした。(2014/6/12)

OpenStackベースの「SUSE Cloud」で:
「Linuxの歴史はクラウドでも繰り返す」、SUSE社長が予測
12月6日、「SUSE Conference Japan 2012」に合わせて来日したSUSEの社長兼ゼネラルマネージャ、ニルス・ブラウクマン氏は、「SUSEは再び、いままでにない速度で成長し始めている」と述べた。(2012/12/11)

AWS MarketplaceにCentOS、FreeBSD、Ubuntuなどが登場
AWS Marketplaceで選択できるOSが増えた。FreeBSD、CentOS、Ubuntuなど、OSS系OSが使える。(2012/11/26)

コンテナ型はホスティング事業者向き
ハイパーバイザー型よりもコンテナ型の仮想化が有利なケースは?
全ての仮想マシンが1つのカーネルを共有するコンテナ型と、仮想マシンごとにカーネルを含めたOSを入れる必要があるハイパーバイザー型、どちらを選ぶべきか。メリット/デメリットを解説する。(2012/8/3)

瀕死のオープンソースXen
オープンソースのハイパーバイザーXenが衰退した理由
今や、オープンソースのXenは、他のハイパーバイザーに水をあけられている。一体何があったのか。LinuxにおけるXenの歴史を振り返ってみたい。(2012/5/25)

ノベル、「SUSE Linux Enterprise 11 SP2」リリース カーネル3.0を搭載
ノベルは、エンタープライズ向けLinuxディストリビューションの最新版を発表。カーネル3.0を搭載したほか、新たにOS仮想化技術などをサポートした。(2012/3/27)

オープンソースにおける仮想化勢力の変遷
LinuxカーネルのXenサポートで、Xenのシェアは広がるか
LinuxカーネルでようやくXenがフルサポートされることになった。一方Red Hatは、Red Hat Enterprise Linuxの最新リリースで、Xenに変えてKVMを採用している。今後Xenのシェアはどう変わるのか。(2011/9/29)

NovellをAttachmateが22億ドルで買収、Microsoftに知財の一部を売却
AttachmateはNovellとSUSE Linuxを分割して運営する計画だ。NovellがMicrosoft傘下のCPTNに4億5000万ドルで売却する知的財産の詳細については明らかにされていない。(2010/11/24)

レッドハット、「Red Hat Network Satellite 5.3」を提供開始
レッドハットは、企業向けLinux管理ソリューション「Red Hat Network Satellite」の最新版をリリースした。ネットワークインストール環境構築ユーティリティを統合するなど、使い勝手を向上させている。(2009/9/9)

ノベル「SUSE Linux Enterprise Server 11」
低コストで実現する柔軟性を備えた次世代企業Linuxとは
これからのエンタープライズLinuxにおける必須条件は、コストを最低限に抑えつつ、ほかの商用技術との相互運用性と、各種ハイパーバイザーへの親和性、加えてエンタープライズクオリティを満たす確実なサポートが得られることだ。(2009/8/24)

Novell、SUSE Linux Enterprise 11リリース
(2009/3/25)

HP、DEC開発のUNIXファイルシステムをオープンソース化
HPが、Tru64 UNIXファイルシステム「AdvFS」のソースコードをオープンソースコミュニティーに公開した。(2008/6/25)

部門を兼務する社員のアクセス管理をどうするか
J-SOX法への対応に伴い、内部統制の強化に悪戦苦闘する企業も多い。特に多くの社員が日常業務で使うシステムのID・パスワードは、セキュリティなどの面から効率的な管理が必要になる。(2008/6/20)

Trend Insight:
Red Hatが明かした今後のロードマップ
Red Hatは、万事計画どおりに行けばほぼ8年後に世界のサーバ市場のシェアの半分を手にすると語る。その計画の詳細はどんなものだろう。(2007/11/13)

Asianuxが統一された製品ブランドに
ミラクル、Red Flag、Haansoftの3社は、各国で提供しているLinuxディストリビューションの名称を「Asianux」に統一し、9月にリリース予定の「Asianux Server 3」から、アジアにおける共通ブランドとして提供していくことを明らかにした。(2007/7/27)

ハッカーはものを作り、政府は指針を作る?
総務省が中心となって取りまとめ、この7月に施行される「情報システムに係る政府調達の基本指針」によって、官公庁のOSS導入に弾みがつくだろうか。オープンソース産業ではなくソフトウェア産業全体というトーンで語られるとき、一抹の不安がよぎる。(2007/6/12)

デルがLPI-Japanのシステム開発企業ビジネスパートナー制度に参加
LPI-Japanは5月28日、同団体のパートナー制度の1つである「LPI-Japan システム開発企業ビジネスパートナー制度」にデルが参加したことを明らかにした。(2007/5/28)

PR:協業を超えた協業──デル×日本オラクルの第三章
2007年4月、デルと日本オラクルは新たな提携強化の発表を行った。過去幾度か行われたこの種の発表と今回のそれでは大きく異なる点が幾つか存在する。両社が“第三章”と位置づける今回の発表は、顧客の期待を裏切らない──もしくは期待のはるか上をゆく──ものとなっている。(2007/5/28)

Review:
CentOS 5――堅牢なエンタープライズ向けOS
Red Hat Enterprise Linux 5のソースコードから構築されているCentOS 5がリリースされた。仮想化などの新機能を追加しながらも堅牢さと信頼性というこれまでのCentOSの伝統を引き継いだリリースとなっている最新バージョンをレビューする。(2007/4/20)

デルと日本オラクル、提携強化と新施策を発表
デルと日本オラクルは4月4日、両社のエンタープライズ戦略を融合し、製品、ソリューション、サポートなどを全ての顧客に提供するため、提携を強化すると発表した。(2007/4/4)

Red Hatの新展開:
Red Hat Enterprise Linux 5投入と“リポジショニング”――新製品とサービス
Red Hatが3月15日に発表した“Red Hat Enterprise Linux 5”。従来の「Linuxディストリビューション」という枠を超えて、エンタープライズ向けのソリューションスタックの土台となるRHEL5からRed Hatの新展開を占う。(2007/3/26)

「行く年来る年2006」ITmediaエンタープライズ版:
オープンソースビジネスは枯れてまた咲く
終わってみると、2006年のエンタープライズ市場におけるLinux/OSSは2つの大きな出来事で語ることができる。キーワードとしては、「サポート」「仮想化」になるが、いずれも業界に激震を走らせ、今後訪れる大きな変化の萌芽と見ることができる(2006/12/28)

JBossのフルーリ氏、MicrosoftとOracleに反撃
Red Hatおよび同社のJBoss部門は、Red Hatのオープンソースのミドルウェア/OS技術ベースに対する最近のMicrosoftおよびOracleの攻撃に対して反撃に出た。(2006/11/21)

日本ユニシス、Linux事業を大幅強化
日本ユニシスがエンタープライズ向けLinux事業を大幅に強化する。新組織の設立や専門技術者を大幅に増強し、3年後に同分野で現在の4倍程度の売り上げアップをめざす。(2006/11/2)

Linuxが今すぐWindowsを駆逐することはない――ガートナー予測
Linuxは確かに発展してきているが、今後5年間のうちにWindowsを駆逐するような状況にはならないだろうとガートナーのアナリストは予測する。(2006/10/2)

Novell、コミュニティー向けLinuxを「OpenSUSE」と改名
従来のSUSE Linuxから改名、同社のオープンソースプロジェクトと同じ名前を使用する。企業向けは、引き続きSUSE Linux Enterpriseとして配布される。(2006/8/11)

エンタープライズLinuxの実力:
第4回:ユーザーやパートナーへのサポート体制は十分か?
同じオープンソースのカーネルを搭載するLinuxは、基本的にどのディストリビューションにも大きな差はない。多くのオープンソースLinuxアプリケーションを同梱しているのも同じだ。しかし、ディストリビュータによって、サポートおよびバートナー施策は違っている。今回は利用する際のポイントになるサポート体制について考えてみよう。(2006/8/11)

競争の激化で追いつめられるマイクロソフトのExchange
β2がリリースされたExchange 2007は、これからも多くの企業から支持されるだろう。しかし、こうしたプロプライエタリなシステムの代わりに、オープンなシステムを求めるユーザーも増えてきている。(2006/7/26)

エンタープライズLinuxの実力:
第3回:エンタープライズに必要なミドルウェア提供の状況を探る
Linuxディストリビュータは、ソフトウェアベンダーでもある。Linuxカーネルをはじめ、ディストリビューションに含まれているアプリケーションパッケージのほとんどはオープンソースだが、Linuxディストリビューションを補完するためのさまざまな製品を用意している。今回は、エンタープライズ用途に必要なこれらのアプリケーションに関して、各ディストリビューションがどのように取り組んでいるのかを見ていこう。(2006/7/25)

「狙うは国内シェア30%超」──ついにSUSE Linux Enterprise 10が登場
ノベルが発表した「SUSE Linux Enterprise 10」は、いち早くXenを搭載するなど、魅力的なディストリビューションに仕上がっている。加えて、日本独自のプロモーションなども行うことで、シェアを上げることはできるだろうか。(2006/7/20)

エンタープライズLinuxの実力:
第2回:エンタープライズLinuxに求められる機能
今回は、エンタープライズ向けに要求される機能と、それに対してLinuxはどのように対応しているのか、そしてカーネル2.6で取り入れられたエンタープライズ用途向けの機能について見ていこう。(2006/7/19)

デル、エンタープライズLinuxのビジネス強化を発表
Dellは、エンタープライズLinuxのビジネスを強化すると発表した。「Linux = Dell」という認知の確立、顧客満足度の向上を目指すという。(2006/7/12)

エンタープライズLinuxの実力:
第1回:エンタープライズとLinuxの関係
企業システムをLinuxで構築する例が増えている。現在では、ミッションクリティカルな業務アプリケーションだけでなく、社会インフラを支えるソフトウェア基盤としても、Linuxが受け入れられるようになってきた。今回は、エンタープライズ市場におけるLinuxの状況を見てみよう。(2006/7/7)

VAリナックス、「VA Quest」のDebian GNU/Linux専用メニューを提供開始
VA Linux Systems Japanは、Linuxカーネル障害解析サービス「VA Quest」について、ネットサービスや組み込み市場での障害解析サービス適用を促進すべく、「Debian GNU/Linux専用メニュー」を新たに追加した。(2006/5/30)

Novell、オープンエンタープライズのための次世代プラットフォームを発表
Novellは、オープンエンタープライズのための次世代プラットフォーム、SUSE Linux Enterprise 10を発表した。提供は今夏の予定。(2006/3/23)

CeBIT 2006:
Novell、Windows対抗のLinuxデスクトップ発表
「SUSE Linux Enterprise Desktop」はこの夏にリリース予定。Microsoft製品に比べてわずかなコストで優れた操作性、安定性、検索機能をうたっている。(2006/3/10)

“過去”からの脱却――エンタープライズ・サーバー選択の新常識
PR:“場当たり”的なサーバ選びから脱却せよ!――HP Integrityサーバの実力
日本ヒューレット・パッカードは、現在、3つのサーバ製品群を持つ。このうち、インテル® Itanium® 2プロセッサを搭載した「HP Integrityサーバシリーズ」は、なぜエンタープライズサーバ領域で高い支持を得ているのか? その理由と、同製品の今後について聞く。(2006/3/1)

スイス連邦政府、サーバ3000台にSUSE Linuxを導入
スイス連邦政府は、公共部門のITインフラ用にNovellのSUSE Linuxを導入する。(2005/12/14)

DCC Alliance、エンタープライズを狙う新版コアをリリース
Debian Linuxをエンタープライズに普及させることを目指すDCC Allianceが、DCC 3.0コアをリリースした。「われわれには勢いがある」と加盟者は意気を上げる。(2005/12/9)

IBMのUbuntu認定はDebianの勝利
IBMがUbuntu 5.04上でDB2 Universal Databaseの動作を確認したことは、Debianにとって大きな前進である。ついに第3のグローバル・エンタープライズLinuxという、本来あるべき位置に立ったのだとマードック氏は話す。(2005/11/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。