ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「2013年度導入対応 オフィスPCバイヤーズガイド」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

2013年度導入対応 オフィスPCバイヤーズガイド:
2013年用PCは“コスパ”で選ぼう──「1台3万円台からOK」エプソンダイレクトPCシリーズ編
今回は「では実際に新オフィスPCを導入するとなると、いくらくらいになるの?」と心配するビジネスユーザー/企業内PC購買担当者に向け、「1台3万〜4万円台」とリーズナブルに導入できる良コストパフォーマンスなお勧めモデルを紹介する。(2013/1/25)

2013年度導入対応 オフィスPCバイヤーズガイド:
2万円台の超小型PCから高性能ミニタワーまで、SMBニーズにばっちり対応──「Endeavor Sシリーズ省スペースデスクトップ」編
今回はノートモデルに続き、より高性能、より拡張性の高いモデルを豊富に用意し、幅広い中小企業や個人事業主層のニーズに対応する「Endeavor Sシリーズ デスクトップモデル」をチェックする。(2012/12/19)

2013年度導入対応 オフィスPCバイヤーズガイド:
満足コスパ、3万円台からの14型ノートもあります──「Endeavor SシリーズノートPC」編
中小規模オフィスが導入するビジネスPCに必要な要素とは。それは、低コストと満足パフォーマンス、そして安心なサポート体制をそれぞれ満たすことである。今回はそんなユーザー層に向く、エプソンダイレクト「Endeavor Sシリーズ」をチェックする。(2012/12/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。