ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「絶対に笑ってはいけない24時」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「絶対に笑ってはいけない24時」に関する情報が集まったページです。

「知り合いからしか仕事が来ない慣習を変えたい」 ガキ使・激レアさん担当作家が「日本放送作家名鑑」を作ったワケ
今取材したい人は「秋元康さん」だそうです。秋元さん、どうかなにとぞよろしくお願いします……!(2019/6/15)

視聴率ダウン:
お笑いをつまらなくしたのは誰か セクハラの境界線
ダウンタウン松本さんの番組での発言がセクハラであるという批判。つるし上げに対し、「こんなんじゃ何も言えない」「息がつまる」という声も出る中、ハラスメントへのスタンスを考えます。(2019/1/25)

「涙を流して笑った」「猫にしか目がいかない」 真面目なインタビューに乱入した自由すぎる猫ちゃん
絶対に笑ってはいけないインタビュー。(2018/7/16)

ふぃぎゅらぼ:
ガキ使“ビンタ”も再現できちゃう「figma 蝶野正洋」発売決定 入場時に着るブラック・ガウンも付属
figma月亭方正もぜひ出してほしい。(2018/3/21)

テレビやレコーダーで録画した番組を超簡単にNASで活用する方法
DiXiM Media ServerでNASを活用。(2018/2/2)

「モンハン」最新作が発売!……したのにキャラメイクに凝りすぎて狩りに行けないハンターさん続々
自由度が高くていろいろ遊べるもんだから……。(2018/1/26)

世界を読み解くニュース・サロン:
「ガキ使」を批判する人が増えれば、トンデモ権力者が生まれる論理
大晦日に放送された「ガキ使」が炎上している。ダウンタウンの浜田氏が黒人俳優エディ・マーフィの真似をして顔を黒くメークしたことに対し、批判が集まっているのだ。黒人メークを否応なしに批判することで、筆者の山田氏は「トンデモ権力者が生まれるかもしれない」という。どういうことかというと……。(2018/1/11)

「色々なご意見があるかと思いますが」 変態仮面姿で新年の決意語る原田龍二がいろいろ振り切れた男前っぷり
おまわりさんこっちです。(2018/1/2)

絶対に見とれてしまう! 叶美香、防御力ゼロの“セクシー防衛軍コス”が侵略者もメロメロにしそう
懐かしいな!(2017/12/17)

ふぃぎゅらぼ:
ドム子と呼ばれて3年、まさかの公式化! 「ガンダムビルドファイターズ」リックドギャン子がガンプラ化
ドムなのかギャンなのか。(2017/10/8)

「ガキ使SPケツバット廃止はガセ」 ダウンタウン松本人志さんが東スポにチクリ
今回もしっかりケツバットするようです。(2017/10/6)

Pepper導師が読経や説法を担当 SF感ある“IT葬儀”登場
導師姿のPepperくん。(2017/8/14)

竹内力が初ヒロイン&パンチラだと? インパクト全振りドラマ「大馬鹿代」が世界に混沌を呼びそう
この世界に何が起きてるんだ。(2017/5/19)

「Huluブランドを手放す予定はない」 日本版運営元、うわさを否定
「Hulu日本版は、Huluブランドを来年にも手放すのでは」との憶測も一部で流れたが、運営元はこれを否定した。(2017/5/12)

松本人志、日刊大衆の「ガースー&ヘイポーリストラ」報道を完全否定 「何? 2人に謝って。日刊大衆」
菅さんは円満な卒業、ヘイポーさんは現在も健在とコメント。※追記あり(2017/2/6)

衝撃の“サンシャイン斎藤”再び! サンシャイン池崎、斎藤工との師弟2ショットでイエェェェ〜イ!!
斎藤さん最高です。(2017/1/22)

空前絶後のォォ! 公式ツイートォォ!! 「ガキ使」サンシャイン池崎ネタに追随する企業アカウントがカオスッ!
中の人ォォ!! みんなテンション高すぎィィィ!!!!(2017/1/16)

これが伝説のポケモンか…… 叶姉妹がファビュラスなピカチュウコスを披露
たとえ火のなか、水のなか、森のなか、ガキ使のなか〜。(2017/1/1)

ガキ使の大みそか特番「笑ってはいけない」、2016年は「科学博士24時!」 「驚いてはいけないタイム」も
今年で11年目!(2016/11/16)

今年もやるぞ! 年末恒例、ガキ使「笑ってはいけない」シリーズのバスが目撃される
ネタバレ注意。(2016/11/7)

蝶野正洋さんが1日警察署長を務めるも「笑ってはいけない」にしか見えない事案発生
デデーン「方正〜アウト〜!」って聞こえそう。(2016/9/18)

「アキバビジネスワールド」の“同人誌専攻”が強烈過ぎて案の定Twitterで大喜利へ というかほぼ実体験だこれ!
同人業界の闇は浅い。(2016/2/23)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
フジテレビの年末・総合格闘技イベントは本当に「大健闘」だったのか
昨年末、フジテレビの全面バックアップによって、総合格闘技『RIZIN』が開催された。視聴率は7.3%。実行委員長はTwitterで「皆さんのおかげで大健闘の数字を頂けました」とツイートしているが、本当に“大健闘”と言えるのだろうか。(2016/1/14)

えんじにあ解体新書(4):
SEは「7K」って本当?〜労働環境の「りある」
SEは「きつい」「帰れない」「給料が安い」「規則が厳しい」「休暇がとれない」「化粧がのらない」「結婚できない」って本当?――SEの現実を分かりやすく解説する本連載。今回は、現役SEがエンジニア100人に聞いたアンケートを基に、労働環境の「りある」を紹介します。(2016/1/7)

本当にオワコン? ネット世代における「紅白歌合戦」の存在意義
連載「ネットは1日25時間」4回目のテーマは年末恒例のあの番組について。(2015/12/19)

Huluで「笑ってはいけない」シリーズの配信がスタート! 第1弾は空港・熱血教師・地球防衛軍の3シリーズ
デデーン。(2015/12/3)

デデーン:
年末前の総復習! 歴代「笑ってはいけない」シリーズをHuluで配信
Huluで、ダウンタウンなどが出演する大みそかの特番「笑ってはいけない」シリーズの過去放送分を配信する。(2015/12/3)

かわいさが飽和して最恐に 「ガキ使」発アイドルの浜田ばみゅばみゅが「ベストアーティスト2015」に出場決定&MV公開
松本さん「我が夢に現る」。(2015/11/23)

ガキ使「絶対笑ってはいけない」シリーズ、今年は「名探偵24時!」 大みそかにまた乾いた音が響き渡る
今回で10年連続、大みそかの「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」特番が明らかに。(2015/11/17)

松本人志、痛みの記憶が脳裏をよぎる時期に
今年もそろそろか。(2015/11/10)

大人気旅番組の裏側とは? ――蛭子能収“ひとりぼっち”哲学に迫る
そのキャラクターがなぜか愛される蛭子能収さん。蛭子さんの著書『ひとりぼっちを笑うな』から彼の人生哲学に迫ってみましょう。(2015/1/20)

デデーン! 「ダウンタウンのガキの使いやあれへんで!ガキ使棒」が公式グッズとして販売
全員、アウト〜。(2014/12/23)

この犯罪、予測不可能? オムニバス形式の大犯罪コメディ『罪×10』
犯罪現場をまさかのコメディに? 笑いを抑えるのも難しい、無茶苦茶なボケの数々が押し寄せるコミック『罪×10』1巻レビュー。(2014/6/5)

大みそかの「ガキ使」再現 ラテアートで作った「ホウセイ マイ フレンド」がクオリティ高すぎ!
デデーン! 方正、アウトー。(2014/1/8)

ガキ使・笑ってはいけない24時がネット連動企画 「絶対に押してはいけないアウトボタン」など
番組を見て笑ってしまったら「アウトボタン」を押そう。(2012/12/27)

App Town ゲーム:
“笑ってはいけない熱血教師24時!”放送記念、「ガキの使い」アプリ第3弾――「ヘイポーラン」
日テレ系列の人気番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」でおなじみ、「世界のヘイポー」をモチーフとしたiPhone用ゲームアプリが登場した。(2012/12/11)

TBS「きこえますか…TBSを…見るのです」→なぜか大みそかの番組リクエスト大会に発展
おーおー好き勝手言いなさる……!(2012/11/27)

絶対に笑ってはいけない:
今度はダウンタウン松本人志のリアルフィギュア登場
浜田雅功に続き、松本人志のリアルフィギュアも登場。2011年末特番に登場した、ダウンタウンのリアルフィギュアを完全受注生産で受付開始。(2012/1/10)

ダウンタウン・浜田雅功がスパイに扮した「あのフィギュア」が完全受注生産で登場
昨年の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!絶対に笑ってはいけないスパイ24時!!」に登場した“あのフィギュア”がまさかの商品化へ。マジか!?(2011/12/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。