ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「GhostShell」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「GhostShell」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

サイバー攻撃の踏み台化に注意、Webサイトの点検を呼び掛け
国内サイトがサイバー攻撃の踏み台にされる被害が相次ぎ、IPAとJPCERT/CCが点検や対策の実施を呼び掛けた。(2015/7/14)

ハッカー集団が活動再開、「.jp」など大量サイトをハッキング
被害に遭っているのは世界各国の政府機関や民間組織、学術機関のサイトなど多岐にわたり、「.jp」のWebサイトも複数含まれる。(2015/7/2)

セキュリティ・ダークナイト(18):
See new world――振り返るとセキュリティ・ダークナイトはいるよ(後編)
セキュリティ・ダークナイトの視点で振り返る特集、後編はアノニマスやハクティビストへ突撃取材したことを振り返ります。(2014/3/31)

「SECCON全国大会2013」リポート:
日本最大のセキュリティコンテスト、その頂点に立ったのは?
2014年3月1〜2日、東京電機大学で「SECCON全国大会2013」が開催された。各地の予選を勝ち抜いた20チームが2日間の頂上決戦に挑んだ。(2014/3/19)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2012年12月版:
Gmail乗っ取りでてんやわんやの年の瀬に
12月は、遠隔操作ウイルスによる誤認逮捕事件やハクティビストの活動がおとなしくなってきた一方で、年も押し迫った頃になってGmailアカウントの乗っ取りが続出し、大騒ぎになりました。(2013/1/16)

セキュリティ・ダークナイト(11):
手のひらが世界中 繋がるハクティビスト
「GhostShell」というハッカーチームをご存じだろうか? 世界の有名大学を対象にした攻撃やNASA(米航空宇宙局)、ESA(欧州宇宙機関)などをターゲットにした「Project WhiteFox」を仕掛け、2012年にネットを騒がせたチームだ。Twitterでコンタクトを取ってみたところ意外なほど友好的なGhostShellから、思いがけない申し出を受け……。(2013/1/9)

ハッカー集団がNASAや国防総省などの情報流出を公言、JAXAの名も
ハッカー集団がNASAやFBIなどから流出させた情報160万件を公開したと主張。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の名も挙げられている。(2012/12/11)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2012年10月版:
遠隔操作ウイルスによる誤認逮捕で百家争鳴
10月のセキュリティクラスタは、なりすましウイルスとクロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)による誤認逮捕の一件で持ちきりでした。(2012/11/14)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2012年9月版:
ハクティビストに中国……サイバー攻撃再燃の1カ月
一時期鳴りを潜めた感があったハクティビストによる攻撃が8月の終わりくらいから再開し、世界中のWebサイトが被害に遭いました。また日本では、尖閣諸島問題に関連して多数のWebサイトが攻撃されました。(2012/10/15)

ハッカー集団、世界100大学の個人情報など12万件を暴露 日本の大学名も
「GhostShell」を名乗るハッカー集団が、有力100大学のサーバから盗んだと称する情報をネットに掲載した。(2012/10/3)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2012年8月版:
タダほど高いものはない? ツールバーの履歴収集
8月は、Webブラウザにアドインして利用する「検索ツールバー」の問題が大きくクローズアップされました。ほかにも、話題の市長がうっかり名簿をさらしたり、SQLインジェクションで世界中のサイトが被害に遭ったりと、暑い中でも休みなく事件は起こりました。(2012/9/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。