ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ハギーが解説 目からウロコの情報セキュリティ事情」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ハギーが解説 目からウロコの情報セキュリティ事情」に関する情報が集まったページです。

ハギーが解説 目からウロコの情報セキュリティ事情:
振り込み用紙は“甘い蜜”――コンビニでの個人情報は安心か
日常生活の中ではさまざまなシーンで、個人情報を提供したり、提供を受けたりしている。今回はITから少し離れて、生活に身近な場所での個人情報の取り扱いを考えてみよう。(2008/12/13)

ハギーが解説 目からウロコの情報セキュリティ事情:
USBメモリで広がるウイルスの脅威――感染からPCを守る方法
USBメモリなどを介して感染するウイルスの被害が急増中だ。手軽に持ち運べる利便性から普及したが、それを逆手に取って感染が拡大する。USBメモリウイルスからシステムを守る方法を紹介しよう。(2008/12/6)

ハギーが解説 目からウロコの情報セキュリティ事情:
SSLを過信していませんか――ネットバンキングに潜む誤解とは
24時間いつでも手軽に利用できるオンラインバンキングや決済サービス。金銭をやり取りするこれらのサービスは犯罪者にとって格好の標的なだけに、利用者には正しいセキュリティ対策への理解が欠かせない。(2008/11/29)

ハギーが解説 目からウロコの情報セキュリティ事情:
詐欺の確信犯とそうではない人――ネットオークション利用を再チェック
インターネットオークションでは、意図的に金銭搾取を狙う詐欺行為に警戒が必要だ。しかし、中には詐欺を間違われる行為もある。購入者と出品者が注意すべき点を再確認してみよう。(2008/11/22)

ハギーが解説 目からウロコの情報セキュリティ事情:
忘れたデータが山盛り――中古PCからの情報漏えい
PCに保存したデータを「消した」と思っても実際には消えていない。中古で売買されるPCには残されたデータ情報が山盛りだ。ユーザーの認知が広まりつつあるとはいえ、今一度中古PCに潜む危険を再確認してみよう。(2008/11/15)

ハギーが解説 目からウロコの情報セキュリティ事情:
データは消えない――メモリカードやUSBメモリに潜む落とし穴
メモリカードやUSBメモリに記録したデータを「消した」と思っても、完全には消えずに復元できてしまう。第三者に機密情報が知られてしまう恐れがあるのだ。(2008/11/8)

ハギーが解説 目からウロコの情報セキュリティ事情:
オークションとバンキングが標的――統計から見るサイバー犯罪の最新動向
情報セキュリティの専門家・萩原栄幸氏が身近に潜むセキュリティの危険を解説する。第1回目は不正アクセスやネットサービスに絡むサイバー犯罪の最新事情だ。(2008/11/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。