ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「機密情報」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「機密情報」に関する情報が集まったページです。

この頃、セキュリティ界隈で:
ますます卑劣化するランサムウェア 窮状に付け込み二重の脅迫
重要なデータを人質に取るランサムウェア。盗んだ機密情報をオークションにかけてさらに脅しをかける手口が浮上している。(2020/6/8)

ロシアのソフトバンクスパイ事件、捜査終結 アントン・カリニン元代表代理を書類送検
在日ロシア通商代表部の幹部職員が、ソフトバンク元社員から機密情報を受け取っていたとされる事件で、警視庁公安部はアントン・カリニン元代表代理を書類送検した。一連の捜査は終結となる。カリニン代表代理はロシア対外情報庁のスパイで、科学技術の入手を担う「ラインX」のメンバーだったとみられている。(2020/5/25)

パナは工場停止、メルカリは在宅勤務手当など対応さまざま 緊急事態宣言受け
政府の緊急事態宣言を受け、各企業は在宅勤務に向けた対応などを迫られている。パナソニックは対象地域の工場を停止、メルカリは在宅勤務手当を支給、キヤノンは賃金保障のうえ休業など対応している。一方、機密情報を扱う業務や通信事業者などITインフラに関わる業務は在宅勤務にできず難しい対応になる。(2020/4/10)

Microsoftサービス契約の是非
Microsoft製品で共有した機密情報は「オープンソース化」される!?
コンサルタント企業Cernoが、Microsoftサービス契約の条項には問題があると主張している。Microsoft製品で他者と共有したコンテンツは全世界に公開される可能性があるという。(2020/4/7)

Computer Weekly日本語版
Microsoft製品で共有された機密情報は全世界に公開可能
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2020/4/1)

佐藤優が明かす ロシアスパイの教育とプロの掟
機密情報を入試していたのは、旧KGBの流れをくむロシア対外情報庁(SVR)の一員とみられる。(2020/2/11)

IPAが「情報セキュリティ10大脅威 2020」を発表、「スマホ決済の不正利用」が初登場で1位
個人向けの脅威1位は「スマホ決済の不正利用」。組織向けは「標的型攻撃による機密情報の窃取」が1位。組織の6位には、7年ぶりに「予期せぬIT基盤の障害に伴う業務停止」がランクインした。(2020/1/31)

「スマホ決済の不正利用」が初登場で1位:
IPAが「情報セキュリティ10大脅威 2020」を発表
IPAは「情報セキュリティ10大脅威 2020」を発表した。個人の1位は「スマホ決済の不正利用」。組織の1位は「標的型攻撃による機密情報の窃取」。組織の6位には、7年ぶりに「予期せぬIT基盤の障害に伴う業務停止」が復活ランクインした。(2020/1/31)

情報渡すたびに露側から数万円 機密漏えいのソフトバンク元社員が供述
ソフトバンク元社員が、在日ロシア通商代表部職員の求めに応じ、機密情報を持ち出したとされる事件で、元社員・荒木容疑者が、情報を渡すたびに数万円の報酬を受け取っていたことが分かった。(2020/1/29)

ソフトバンク元社員を逮捕 機密情報2点を無断で持ち出し
ソフトバンクは、同社元社員・荒木豊容疑者が不正競争防止法違反の疑いで逮捕されたと発表した。荒木容疑者は機密情報2点を無断で持ち出したとされる。(2020/1/27)

三菱電機、サイバー攻撃で情報流出か 一部で報じられていた「防衛など重要機密情報の流出」については否定
昨年6月の時点で不審な挙動を確認していたといい、半年以上も公表しなかったことについても批判の声があがっています。(2020/1/20)

三菱電機にサイバー攻撃 個人情報や機密情報が流出の可能性
三菱電機は、同社のネットワークが第三者から不正アクセスを受け、個人情報と企業機密が外部に流出した可能性があると発表した。(2020/1/20)

空自元幹部、防衛上の機密情報を漏えいした疑いで逮捕 USBメモリで譲り渡す
警視庁は航空自衛隊元幹部を、防衛に関する機密情報を漏えいしたとして逮捕した。情報をUSBメモリに記録して国内の商社に譲り渡したとされているが、元幹部は容疑を否認している。(2020/1/20)

待ったなしの医療機関のバックアップ問題
減らない患者と医療データ、オンプレバックアップが破綻する前に考えたい次善策
電子カルテにMRI、X線画像データなど、医療機関で扱うデータのほとんどは機密情報。日本の医療費は年々増加しているといわれている今、医療機関が扱うデータは減ることはない。(2020/1/14)

暗号化した機密情報の類推を防止 データ利活用の安全性強化へ――富士通研究所、DB向けに開発
富士通研究所は、パーソナルデータや機密データを含むデータベースの安全性を強化する技術として、「暗号化した機密情報の類推を防止する技術」を開発。データベースに最小限のダミーデータを追加することで、データベース上の登録数をかく乱し、元データの類推を防止する。(2019/10/17)

「モバイル医療アプリ」のメリットとセキュリティリスク【後編】
患者の個人情報をスマホアプリで安全に扱う仕組みとは 「EASE」の例で確認
モバイル医療アプリの「EASE」は、患者の個人情報をやり取りする仕組みを備えている。患者の手術中の様子や容体などの機密情報を安全に扱うために、モバイル医療アプリが取り得る手段とは。EASEを例に確認する。(2019/9/18)

AIで企業ブランドの不正利用を検知、日立製作所がサービスを提供開始
日立製作所は、企業ブランドが不正利用されているWebサイトを自動検知するサービスを提供する。企業名やロゴを悪用した不正アプリや、機密情報の漏えいなどを検知する。(2019/9/13)

1億4000万人の機密情報流出のEquifax、最大7億ドル(約755億円)支払いで合意
2017年に適切な対処を怠ったことで約1億4000万人の機密情報を流出させた米信用情報機関大手のEquifaxが、最大7億ドルを支払うことで米FTCなどと和解した。(2019/7/23)

誤送信防止や自動暗号化でメールセキュリティを強化――富士通BSC、「FENCEメール誤送信対策サービス」を開始
富士通ビー・エス・シーは、「Office 365」などのメールサービスのセキュリティを強化するクラウドサービス「FENCEメール誤送信対策サービス」を開始。誤送信の防止、自動暗号化、個人情報/機密情報の自動チェックなどにより、送信メールの事前確認を徹底し、情報漏えいのリスクを低減する。(2019/5/9)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:意外な所に潜む コンプライアンス違反
特集は、情報管理の盲点について。機密情報や個人情報が意外な所に保存されているかもしれない。他にクラウドNASの基礎、コンテナを機能させるための鍵となる技術、自己暗号化ドライブの解説やソフトウェア保守契約の問題点などの記事をお届けする。(2019/4/19)

安全に、部門の壁を超えた情報共有をしたいなら
ブロックチェーンを「UC」に組み込めば“なりすまし電話”を撲滅できる?
コミュニケーション基盤にブロックチェーンを取り入れると、機密情報を組織全体で共有したり、通話相手の身元を確認したりする際に役立つ可能性がある。(2019/4/12)

企業内の間接コスト削減に貢献:
広告モデルでオフィス内の機密文書回収ボックス設置を無料化、マーベリックがサービス提供
DSP事業を展開するマーベリックが、完全無料で機密文書処理ができるデジタルサイネージサービス「e-Pod Digital」サービスの提供を開始した。(2019/2/28)

そんなところにデータが残っている?
モバイル端末や印刷に潜むコンプライアンス違反のわな
PCやネットワーク、ファイルサーバにセキュリティポリシーを適切に適用している組織は多いだろう。だが、機密文書や個人情報は意外な所に保存されている可能性がある。(2018/11/16)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第11話:鑑識(前編)
機密情報漏えいの危機にさらされたひまわり海洋エネルギー。犯人の情報を求めてインベスティゲーターの鯉河平蔵がインターポールに向かう一方、日本ではメイがフォレンジックについて識目豊に尋ねていた。(2018/10/26)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第10話:シンジケート(後編)
機密情報漏えいの危機にさらされたひまわり海洋エネルギー。同じ手口のインシデントが海外でも起こっていることを知り、インベスティゲーターの鯉河平蔵は情報収集のためインターポールに向かう。情報を交わす中、犯行の手口や犯人像が浮かび上がってきた。(2018/10/19)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第10話:シンジケート(前編)
機密情報を失いかねない危機にさらされたひまわり海洋エネルギー。海外でも同じ手口のインシデントが発生していることを知ったインベスティゲーターの鯉河平蔵は、インターポールで詳しい話を聞くためにシンガポールに飛んだ。(2018/10/12)

終わらない法廷闘争:
QualcommがAppleをまた提訴「機密をIntelに提供」
Qualcommは、長年にわたる顧客企業であるAppleが、Qualcommの半導体チップに関する機密情報を、ライバルであるIntelに提供したとして告訴した。これにより、注目を集めてきた両社間の確執が、一段と激化している。(2018/10/2)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第9話:レジリエンス(前編)
前回の攻撃で、ほとんどの防衛装置を無効化された「ひまわり海洋エネルギー」。あと少しで機密情報を失うところだった社内では、セキュリティシステムの見直しが始まる。それは、CSIRTのソリューションアナリスト、道筋(みちすじ)が新たな使命を与えられたことを意味していた……。(2018/9/28)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第8話:全滅(後編)
本来防げるはずのウイルスが役員の端末に入り込み、機密情報を流出させていた――。メイたちCSIRTのセキュリティ防衛装置を「全滅」させた仕掛けとは。一方、CISOの小堀は、説明責任を果たそうとある行動に出る。(2018/9/21)

マルチクラウド環境のセキュリティをどう担保するか:
PR:ユーザーID、パスワード、アクセスキーなどの機密情報を簡単・確実に管理する方法
クラウドが浸透し、SaaS、PaaS、IaaSを問わず、複数のクラウドサービスを使い分けるマルチクラウド環境が当たり前になりつつある。これに伴い、ユーザーID、パスワードなどの機密情報を確実に管理できるか否かがセキュリティ担保の大きな課題になっているが、機密情報は多岐にわたる上、保管場所がサービスごとに異なるなど、その管理は煩雑を極める。ではサービスの利便性を享受しながら、セキュリティを効率的かつ確実に担保するにはどうすればよいのだろうか。多数の企業のシステム設計/構築/運用を手掛けるgrasysに話を聞いた。(2018/8/31)

傾向と対策を解説
バックアップも破壊する「DeOS型攻撃」(サービス破壊型攻撃)とは?
攻撃者の目的は機密情報の取得だけでない。最近はデータの破壊やビジネス停止を目的とする「DeOS型攻撃」の脅威が深刻化しつつある。(2018/7/23)

具体的な理由は明かさず:
Coinbase、WikiLeaks Shopの仮想通貨決済サービス利用を停止
各国の機密文書などを公開するWebサイト「WikiLeaks」(ウィキリークス)は4月21日、「WikiLeaks Shop」が米大手仮想通貨取引所Coinbaseに仮想通貨決済サービスの利用を停止されたとTwitter上で明かした。(2018/4/24)

企業20社と有識者にヒアリング:
第4次産業革命における秘密情報管理やリスク対策、調査結果をIPAが発表
情報処理推進機構(IPA)は、「第4次産業革命を踏まえた秘密情報の管理と利活用におけるリスクと対策に関する調査」の結果を発表した。(2018/4/19)

製造マネジメントニュース:
第4次産業革命を踏まえた秘密情報管理やリスク対策に関する調査結果を発表
情報処理推進機構は「第4次産業革命を踏まえた秘密情報の管理と利活用におけるリスクと対策に関する調査」の結果を発表した。調査結果から、秘密情報管理上の新たなリスク・課題を挙げ、対策を提案している。(2018/4/4)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(25):
従業員による社内データの持ち出しを防ぐには? 工作機械大手の事例から学ぶ
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策。しかし、堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学をお届け! 今回は、従業員による機密情報の持ち出し(情報漏えい)について紹介します。(2018/4/3)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
企業、役員を対象とする日本版司法取引――「攻め」と「守り」が制度の肝
不正経理、不当労働、個人情報や機密情報の漏えい、独占禁止法違反、贈収賄、政治資金規正法違反など、企業不祥事に関する報道は尽きることがない。日本版司法取引が始まる今、こうした不祥事に、企業はどのように対応すべきなのか。(2018/3/26)

仮想通貨関連株も上昇:
機密管理の「安田倉庫」が高値 コインチェック事件で思惑
1月29日の東京株式市場で、機密情報の管理を手掛ける物流企業、安田倉庫が急騰。午前11時に前営業日比298円高(+29.7%)の1302円を付け、昨年来高値を更新。仮想通貨関連株も好調だった。(2018/1/29)

スノーデン氏、Android端末をセキュリティ監視ツールに変えるアプリ「Haven」をβリリース
米連邦政府の機密情報を暴露したエドワード・スノーデン氏が、安価なAndroid端末をセキュリティツールに変えるアプリ「Haven: Keep Watch」のβ版を公開した。端末のカメラやセンサーを利用して周囲の変化を感知し、メインで使っているスマートフォン(Android/iPhone)に暗号化した情報をプッシュ通知する。(2017/12/25)

今度は米軍の機密情報が露呈、相次ぐAWSの設定ミス発覚
米陸軍と米国家安全保障局(NSA)が関わる情報機関の機密情報が、一般ユーザーにアクセスできる状態で、AWS S3のバケットに保存されていたという。(2017/11/29)

日本企業を狙う中国のサイバースパイ集団、知的財産や製品情報が被害に
Secureworksによると、「BRONZE BUTLER」と呼ばれるサイバースパイ集団は、日本語を使いこなし、日本企業がよく使うツールの未解決の脆弱性を突くなどの手口で機密情報を盗み出す。(2017/10/16)

パナソニック ソリューションテクノロジー 「Global Doc」:
製造業にとっての命綱、機密文書管理の革新が競争力強化をもたらす
製造業にとって機密情報である技術文書管理に関する課題は、パッケージ製品を導入するだけで解決するような単純なものではない。とはいえ、どこから手を付けたらよいのか分からないという声が多いのも事実である。そんな悩みに応えるべく、経験豊富なSEによるコンサルティングやサポートを前面に立て、パナソニック ソリューションテクノロジーが展開しているのが「Global Doc」である。(2017/10/12)

パナソニック ソリューションテクノロジー 「Global Doc」:
PR:製造業にとっての命綱、機密文書管理の革新が競争力強化をもたらす
製造業にとって機密情報である技術文書管理に関する課題は、パッケージ製品を導入するだけで解決するような単純なものではない。とはいえ、どこから手を付けたらよいのか分からないという声が多いのも事実である。そんな悩みに応えるべく、経験豊富なSEによるコンサルティングやサポートを前面に立て、パナソニック ソリューションテクノロジーが展開しているのが「Global Doc」である。(2017/10/4)

世界を読み解くニュース・サロン:
ハーバード大学炎上から探る「研究員」の生態
ハーバード大学の「研究員」をめぐって、ちょっとした騒ぎになっている。米陸軍時代に米国務省の機密情報である外交公電をリークし、内部告発サイト「ウィキリークス」に公表した人物を招へいしようとしたからだ。そもそも研究員とは何なのか、日本にも話を広げてその実態に迫る。(2017/9/21)

日立システムズエンジニアリングサービス/日立システムズ:
CADデータなどの機密情報を安全・高速・低コストで転送できるサービス
日立システムズエンジニアリングサービスは、日立システムズと連携し、国内外の拠点などとデータ共有を行う企業向けに、データを一時的に無意味化し、低コストで安全かつ高速に転送できる「グローバルセキュアデータ転送サービス」の販売を開始した。(2017/8/10)

韓国軍の機密情報漏えいとATM不正引き出しに関連性――カスペルスキーが報告
Kaspersky Labが、2016年の韓国軍に対する不正アクセス事件と2017年のATM不正引き出しとの関連性を指摘している。(2017/7/13)

CADニュース:
3D CADや3Dスキャンなどの大容量データも扱える、安全性高い協調設計環境を提供
日立ソリューションズは、高機密データを安全に共有する「活文 機密情報共有・活用ソリューション」を発売する。クライアントPC内の機密環境と活文の情報共有基盤とを連携させ、安全性の高い協調設計環境を実現する。(2017/6/22)

日立ソリューションズ 活文 機密情報共有・活用ソリューション:
大容量CADデータも安全かつ高速にやりとりできる協調設計支援ソリューション
日立ソリューションズは、製造業のグローバルな製品開発体制における業務において、機密性の高いデータを安全に共有できる「活文 機密情報共有・活用ソリューション」の提供を開始する。(2017/6/19)

世界を読み解くニュース・サロン:
共謀罪で露出が増えるスノーデンは英雄なのか
NSAの機密情報を暴露したエドワード・スノーデンの名前をよく目にする。かつて日本で暮らし、日本文化が大好きだという彼は、海外でどんな評判なのか。また彼が語っている話は、どこまで信ぴょう性があるのか。(2017/6/8)

組み込み採用事例:
Bluetoothを利用したリアルタイム位置測位システム、大和鋼管が工場に導入
大和鋼管工業は、同社工場へのリアルタイム位置測位サービス「TAMECCO RTLS」の導入についてタメコと合意した。最小1mの精度で位置を測定できるため、従業員の安全や機密情報の管理に活用する。(2017/6/6)

WikiLeaks、CIAの“ハッキングツール”と多数の関連文書を公開
告発サイトWikiLeaksが、米中央情報局(CIA)が開発・運用しているという多数のマルウェアやゼロデイ攻撃ツールとそれに関連する機密文書を入手したとして、その一部を公開した。(2017/3/8)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。