ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「工作」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「工作」に関する情報が集まったページです。

工場ニュース:
ブラザー工業がインドに新会社を設立、工作機械のサービス体制を強化
ブラザー工業は、インドのベンガルール市に新会社「BROTHER MACHINERY INDIA PRIVATE LTD.」を設立した。インドでの工作機械のアフターサービス、テクニカルサポート、マーケティングを強化していく。(2022/5/16)

「メタバース」「電子工作」「サーバ管理」を一挙に体験できる“マイクラ”の魅力 そのIT要素を一挙紹介
世界で最も売れたインディーズゲームとも呼ばれる「Minecraft」は、ただの遊びと言うにはIT要素が多い。メタバースや電子工作、サーバ管理などMinecraftで感じられるIT要素を紹介する。(2022/4/29)

「タイバニ」のダブルチェイサーをダンボールで再現した工作がすごい ほぼ等身大で迫力ある!
企業スポンサーのプレイスメントも貼ればカンペキ。(2022/4/29)

FAニュース:
ファナックのCNC累計生産台数が500万台突破
ファナックのCNC累計生産台数が2022年2月に500万台を達成した。初号機の生産を1958年に開始し、シンプルな工作機械から複雑な構成の複合加工機、産業機械までカバーする。(2022/4/19)

山岳トンネル工事:
セントルの操作をタブレット端末で一括管理するシステムを開発、戸田建設
戸田建設は、トンネル工事の覆工コンクリート施工で、セントル型枠のセット作業時に行うセントルの操作をタブレット端末で一括管理する集中制御システムを開発し、福島県会津地方で現在施工を進める「博士トンネル工事(昭和村側工区)」の覆工作業で有効性を確認した。今後は、新システムを同社の各トンネル現場に適用して、検証結果をフィードバックすることでさらにシステムの完成度を高めていく。(2022/4/7)

FAニュース:
工作機械の自動扉に設置できる、小型セーフティエッジスイッチ発売
IDECは、セーフティエッジスイッチ「E30BK1形」を発表した。小型のため、スペースが限られた工作機械の自動扉やAGVに設置できる。(2022/4/6)

スマートファクトリー:
PR:ヤマザキマザックとシスコが挑むスマート工場化、生産革新とカーボンニュートラル実現へ
工作機械大手のヤマザキマザックでは、自社工場のスマートファクトリー化を推進するとともに、これらの実績を生かしたスマートファクトリーソリューションの外部展開を進めている。「生産性向上」と「環境配慮」の2つの観点で取り組む、ヤマザキマザックのスマートファクトリーへの挑戦を紹介する。(2022/3/31)

ねとTube:
段ボールで作った“ガンダムのコックピット”がカッコイイ! レバーも動かせる完成度の高さに思わず拍手
製作した段クリエイターさんは、他にもギミック付きの段ボール工作を多数生み出しています。(2022/2/5)

夫と娘がかわいいダンボール工作 → 4日後「何作ってんの???」 突然の超クオリティーで妻を驚愕させた工作が人気に
2日目の時点で不穏。(2022/1/30)

森永ビスケットの「リラックマ」コラボパッケージが楽しそう! 空箱で立体工作が作れちゃう
空箱3つで「飛行船」も作れちゃいます。(2022/1/29)

MONOist 2022年展望:
進む製造機械の「知能化」、学習済みAIを搭載する動きが拡大へ
AI(人工知能)の活用が広がりを見せている。こうした中で、新たな動きとして定着が進んでいるのが、工作機械や射出成形機など、製造機械へのAI機能の組み込みである。2022年はこうした動きがさらに加速し、AIの学習までを機械メーカーが担って出荷する動きが進む見込みだ。(2022/1/26)

工場ニュース:
基幹部品の生産能力増強のため、精密加工工場を本社敷地内に新設
シチズンマシナリーは、工作機械を構成する基幹部品の生産能力を増強するため、軽井沢本社の敷地内に精密加工工場を新設する。これにより、基幹部品の生産能力を6割増強し、安定供給可能な体制を整える。(2022/1/5)

紙コップの中でバニーガールが生き生きとアニメーション 天才的な紙工作に「アナログLive2D」「目と脳がバグる」と称賛
仕掛けを見せてもらってもなかなか理解が追い付かない……!(2021/12/19)

工場ニュース:
中国の工作機械生産能力を月産300台体制へ増強、旺盛な需要に対応
スター精密は、工作機械事業の中国製造子会社、斯大精密の工場拡張と生産設備の増設を実施する。生産能力を月産300台体制へ増強し、工作機械の旺盛な受注に対応することで、中国市場でのさらなる売上拡大を図る。(2021/12/2)

製造マネジメントニュース:
日本電産がOKKを買収、日本電産マシンツールに続き工作機械事業を本格強化
日本電産は2021年11月18日、工作機械メーカーのOKKを買収することを発表した。2021年2月に三菱重工業から買収した日本電産マシンツール(旧三菱重工工作機械)と合わせ、工作機械事業を本格的に拡大する方針だ。(2021/11/19)

【漫画】「ひぇっ…これは恐ろしい…」 5歳娘が幼稚園で作った工作に隠された「意味がわかると怖い話」に鳥肌
お気づきだろうか……。(2021/11/13)

FAニュース:
工作機械のテスト加工をデジタル化する技術にスーパーコンピュータを利用
DMG森精機は、工作機械のテスト加工をデジタル化する「デジタルツインテストカット」技術にスーパーコンピュータ「富岳」を利用した。その結果、複雑な曲面で構成されるブレードや金型などの解析時間を実機テスト比で98%削減できた。(2021/11/11)

FAニュース:
工作機械のCO2排出量削減に貢献する省エネ機能強化、自社工場内で30%削減効果も
オークマは2021年11月2日、工作機械の省エネ機能「ECO suite」を強化し、「ECO suite plus」として新たな機能を加えて展開することを発表した。国際的な脱炭素社会への移行に向けた動きに対応し、CO2排出量分析機能を追加した他、自律的なアイドルストップ機能や使用エネルギーを最適化した加工などを実現する。(2021/11/4)

FAニュース:
HDMI出力に特化した、低価格の工作機械内部確認用カメラ
キャプテンインダストリーズは、工作機械内部の確認用カメラシステム「ロトクリア・カメラ・ベーシックキット」の販売を開始した。カメラを一眼のみとし、HDMI出力のみに特化した仕様にすることで価格を抑えている。(2021/10/29)

工場ニュース:
旺盛な工作機械需要に対応するためにタイ工場の生産能力を1.5倍に
シチズンマシナリーは2021年10月18日、重要製造拠点の一つであるタイ工場を増床し生産能力を従来比5割増とすることを発表した。これにより生産能力は、月産350台体制とする他、ショールーム棟なども新設する。(2021/10/19)

FAニュース:
止まらない工作機械に貢献、DMG森精機が「修理復旧技能研修センタ」を新設
DMG森精機は2021年9月30日、全世界の修理復旧担当者の育成および技能向上を目的に、伊賀事業所内のDMG森精機アカデミーに新しく「修理復旧技能研修センタ」を開設したと発表した。(2021/10/5)

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」ドクを再現した段ボール工作がそっくりすぎると話題 「こりゃたまげた!」「1.21ジゴワットの衝撃」
青野武さんか穂積隆信さんの声で脳内再生余裕。(2021/10/1)

ロボット開発ニュース:
従来比で最大約30%細径化したロボットケーブルを発売
OKI電線は、同社従来品と比較して最大約30%細径化した細径ロボットケーブル「ORP-30F」と細径ケーブル「OFV-30F」を発売した。産業用ロボットや工作機械内の狭小箇所での配線向けとなっている。(2021/9/24)

協働ロボット:
手押し台車に搭載して移動、配置できるロボットシステムの販売を開始
DMG森精機は、自動化が必要な時にすぐに配置して使えるロボットシステム「MATRIS Light」の販売を開始した。作業者1人で工作機械の前に配置でき、短時間で多品種少量生産を自動化できる。(2021/9/13)

工場ニュース:
中国に工作機械のショールームを備えたテクノロジーセンターを開設
ブラザー工業は、中国の浙江省寧波市において、工作機械のショールームを備えた「ブラザーテクノロジーセンター 寧波」を開設した。工作機械の展示や各種ソリューション提案、セミナーの開催などに活用する。(2021/9/8)

FAニュース:
工作機械内のエラーを可視化する診断ソフトウェアβ版のモニター募集
キャプテンインダストリーズは、現在開発中の工作機械内の機械、人的エラーを可視化する診断ソフトウェア「ディヴィーノ」のβ版モニター評価の募集を開始した。モニター期間は3週間ごとを予定している。(2021/8/26)

JIMTOF2022:
「JIMTOF2022」はリアル開催で史上最大規模に、積層造形技術の特別企画も
日本工作機械工業会と東京ビッグサイトは、工作機械と関連製品/技術の展示会「第31回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2022)」を開催すると発表した。開催期間は2022年11月8〜11月13日の6日間で、新たに加わった南展示棟を含めて東京ビッグサイト全館を使用し、史上最大規模での開催となる。(2021/8/20)

FAニュース:
多品種生産の自動化に対応、工具4000本の搬入と搬出ができる自動化システム
DMG森精機は、4000本大容量工具マガジンによる工具の搬入、搬出自動化システム「CTS」を開発した。ロボットが自動でマガジンや工作機械に工具を搬送し、これまで対応が難しかった多品種生産の自動化を可能にする。(2021/8/17)

STEM教育を支える電子工作キットが多数 「EDIX 東京 2021」の注目展示をチェック!(後編)
毎年開催される大規模な教育関連展示会の集合体「EDIX東京」。2021年もさまざまな教育向けの機器、サービスやソリューションも展示されていた。この記事では、STEM教育にまつわる展示を紹介していく。(2021/8/16)

司書みさきの同人誌レビューノート:
夏休みの工作にもよさそう リアルな野鳥たちをかわいく再現する同人誌『ぽんぽんでつくる日本の野鳥』シリーズ
おうちに飾りたい。(2021/8/8)

FAニュース:
BJT方式の金属3Dプリンタ導入で、1〜1000mm超の造形サービスに対応
日本電産マシンツール(旧社名:三菱重工工作機械)は、金属3Dプリンタの造形サービスを拡大する。従来の大型造形物向けDED方式に加え、小型造形物向けBJT方式の金属3Dプリンタを導入することで、幅広い造形ニーズに応え、造形物に応じた適切な製造法や装置を提案、提供する。(2021/8/5)

「戦艦大和の主砲を作った機械」に怒涛の寄付 「艦これ」運営も呼び掛け、クラファン1日で1億円突破
大和ミュージアムが、戦艦大和の製造に関わった工作機械の展示に向けたクラウドファンディングを始めた。記事執筆時点で、目標額の4800万円を大幅に上回る1億円以上が集まるなど大きな反響を呼んでいる。(2021/8/4)

FAニュース:
三菱重工工作機械は「日本電産マシンツール」に社名変更
三菱重工業から日本電産に株式譲渡された三菱重工工作機械は、2021年8月2日に「日本電産マシンツール」へ社名変更を行った。(2021/8/2)

FAニュース:
ドイツとイタリアに工作機械の拠点を新設、欧州の売上高を2割増加へ
シチズンマシナリーは2021年7月15日、欧州における販売網とサービスの強化を目的に、ドイツとイタリアにテクニカルセンターを開設したことを発表した。これらの拠点を活用し、2025年までに欧州地域の売上高を今までのピーク時(2018年)と比較して2割増加させることを目指す。(2021/7/16)

段ボール工作でガンタンク風に変身! 半人・半戦車のコスプレが「ダンタンク」「戦闘妖精シャザーン」と好評
急激に思い出される『銀魂』の歯医者回。(2021/7/15)

工場ニュース:
中国で2工場を新設、工作機械やEV用リチウムイオン電池向け需要が好調で
THKは2021年7月13日、中国国内における旺盛な需要を受け、中国の連結子会社であるTHK(常州)精工、THK(遼寧)精密工業の2工場の敷地内に新棟を増築し、生産能力を増強することを発表した。(2021/7/14)

PS5が買えないから段ボールで自作→本物をゲットした瞬間ゴミ箱にダンク! 哀愁と狂喜のギャップが笑い呼ぶ
工作のクオリティがまたすごい。(2021/7/13)

FAニュース:
工作機械上で工具を自動計測、作業者の負担や計測データのばらつきを低減
DMG森精機は、工作機械上で工具の自動計測ができる「ツールビジュアライザー」を発売した。加工精度の維持に重要な工具の計測作業を自動化することで、作業者の負担や計測データのばらつきを低減する。(2021/7/9)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
科学×工作×アート=「モノづくり教育」
「日本科学未来館」とご一緒にいかが?(2021/7/8)

FAニュース:
小径ギヤから大径ギヤまで対応する高精度、高能率化したホブ盤
三菱重工工作機械は、高精度、高能率を重視する、ホブ盤「GE」シリーズの新製品「GE15HS」「GE25HS」を発売する。ワーク最大径はGE15HSが150mm、GE25HSが250mmと幅広く対応する。(2021/6/18)

『幼稚園』9月号ふろくは「そうめんスライダー メガラスベガス」 走麺距離167センチのロングコースを紙工作で
「そうめん玉」を付属の箸でキャッチ。(2021/6/16)

協働ロボット:
協働ロボット自動化セルを発売、容易にセットアップでき移設も柔軟に
ヤマザキマザックは、協働ロボット自動化セル「Ez LOADER 10」の販売を開始する。協働ロボット、ビジョンセンサー、専用ソフトウェア内蔵のタブレット端末で構成され、ケーブルをつなぐだけで工作機械と接続できる。(2021/6/16)

Python開発ツールが抱えるセキュリティ問題【後編】
「Python」で“スキャン擦り抜けマルウェア”の開発が容易に? その仕組みとは
サイバー犯罪者は「Python」向け開発ツール「PyInstaller」を悪用することで、難読化などの隠蔽工作をせずに、マルウェア対策ツールを擦り抜ける攻撃プログラムを開発できる可能性があるという。その仕組みとは。(2021/6/13)

建設生産プロセスを変革する3D加工機:
PR:大手ゼネコンも注目する工作機械メーカーの“建築設計の幅を広げる新工法”誕生秘話
大規模な都市開発や老朽化に伴う維持修繕の需要でここ数年、活況を呈する建築市場にあって、躯体構築に欠かせない溶接工の不足が暗い影を落としている。改善に向けて大きな期待を集めているのが、大手工作機械メーカーのヤマザキマザックが生み出した、部材の「ほぞ加工」による事前の組み立てで、仮組みや仮溶接、本溶接の工数の抜本的な削減を実現する新工法だ。その誕生には、同社の製造プロセスを高度化する取り組みが深く関わっているという。新工法を採り入れている岐阜県美濃加茂市にあるヤマザキマザック 美濃加茂製作所 第一工場での取材から、新工法の実力と建設生産プロセスそのものを変革する可能性に迫った。(2021/6/1)

マイクラの世界を再現した紙工作に13万いいね 組み換え自由なブロックや動くトロッコでゲームとそっくりに
自走するトロッコまで実現しています。(2021/5/18)

製造ITニュース:
三菱重工とNEC、工場内無線化に向け5Gを活用した実証実験
NECは三菱重工工作機械らと共同で実施した、5Gを活用した工場内の無線化の実証実験について発表した。無線化により工場の生産性を向上する3つの課題解決システムを評価、分析し、5Gの導入効果や実装時の機能面、運用面について検証した。(2021/5/11)

FAニュース:
工作機械の各種情報を集約して提供、NC搭載機利用者を対象にWebサービス開始
ヤマザキマザックは、同社のNC搭載機利用者を対象に「Mazak iCONNECT」のWebサービスの提供を開始した。設備機の仕様や操作マニュアル、サービス訪問履歴、パーツ注文履歴などの情報を容易に確認できる。(2021/5/10)

アルミ缶工作のクオリティーに驚きの声 「カルピスウォーター」の空き缶で作られたお城がかっこいい
空き缶20本が迫力満点のお城に。(2021/5/9)

プロジェクト:
大和ライフネクストが研修で使えるホテルを開業、研修室はコロナ対策で1時間に4回換気
大和ライフネクストは、東京都江東区南砂7丁目で、カンファレンスホテル「L stay&grow南砂町」をオープンした。L stay&grow南砂町は、戸田建設が所有する「南砂工作所」跡地を有効活用する事業の一環として開発された物件。働く人と企業を支援する快適な研修施設の提供を目的に掲げている。(2021/5/4)

水産庁の研究機関が無料公開のペーパークラフトが「最高すぎる」と話題 種類豊富で無限に遊べそう
丁寧な作りで本格的な工作を楽しめそう。(2021/4/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。