ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ホラー映画」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ホラー映画」に関する情報が集まったページです。

「キャッツ」がホラー映画である「8」の理由 悪夢に支配され、あまりの恐怖に涙する
「キャッツ」はホラー映画である。怖すぎて涙が出た(実話)。その理由を記していこう。(2020/1/25)

カズレーザー、戦慄のペストマスク姿で夜の通学路に立つ 「怖い怖い怖い」「ホラー映画の宣伝広告かと」
「不気味かっこいい」という反応も。(2020/1/20)

映画の予告編を効率的に短縮
Netflixがカスタマーエクスペリエンス向上に利用する「感情分析」とは
感情分析では言葉で表現されない顧客のフィードバックが入手できる。Netflixは加入者を引き付け、つなぎとめる目的で、この手段を利用した。(2020/1/15)

「パラサイト 半地下の家族」ネタバレなし全力レビュー 可及的速やかに映画館に行ってくださいと懇願するしかない5つの理由
ネタバレ厳禁の大傑作韓国映画「パラサイト 半地下の家族」の面白さがどこにあるのか、全力で解説しよう。(2020/1/10)

もし“壁ドン”恋愛映画の撮影現場で脚本に悪霊が宿ったら―― 映画「ゴーストマスター」が良い意味で悪趣味な大怪作だった
公開中の「ゴーストマスター」が「全ての映画ファン必見じゃないか!?」と思うほどの映画愛に溢れ、かつ“良い意味で悪趣味かつ誠実”な、年末にふさわしい(?)大怪作だった。その魅力をネタバレのない範囲で解説する。(2019/12/7)

「ながら運転」厳罰化で「映画館スマホ」にも怒りの声 上映前に注意喚起もなくならず…
 1日から改正道路交通法が施行され、運転中の携帯電話やスマートフォンの操作に対する罰則が強化された。スマホの普及や利便性からあちらこちらで「ながらスマホ」が問題になっているが、最近では上映中の映画館でのスマホ操作が横行しているという。これも「厳罰化」できないのか。(2019/12/3)

佐賀からハリウッドに進出じゃーい! 「ゾンビランドサガ」のフランシュシュ、「ゾンビランド:ダブルタップ」日本語吹替版にゾンビ役で出演
ただし全員分の役はない!(2019/11/18)

玉城ティナ主演「地獄少女」を漫画でレビュー 最高の女子の友情とヤバい人間が出てきてテンションが上がった話
地獄少女が一番まとも!(2019/11/15)

アニメーターが1日500人規模の海外アニメイベントに行ってみた ドイツのアニメファンに触れてみて
1日500人、3日間で1500人程度を動員するイベント「アニメフェスティバル・フライブルク」の様子をお届け。(2019/11/9)

10月31日はハロウィン Googleロゴは怖がられるコウモリやクモをかわいく紹介
Googleが記念日にロゴを変更する「Doodle」。10月31日のハロウィンは、コウモリやクモなど日頃怖がられがちな動物の特徴をかわいいイラストで紹介する。(2019/10/31)

「夢に出てきそう」「ガチに怖い」 益若つばさ、「IT」ペニーワイズのハロウィーン仮装で本気を出してしまう
メイク技術スゴい。(2019/10/26)

「家なし子でーす!」 安達祐実、「ゾンビランド:ダブルタップ」で“家なしギャル”に
年齢不詳のセクシー&キュートなギャル役に挑戦(2019/10/26)

映画「IT/イット THE END」日本語吹替版に小野大輔、神谷浩史、諏訪部順一ら IT=“それ”役は多田野曜平が続投
小野大輔さん「ホラーが苦手という方にも、ぜひ観ていただきたい」。(2019/10/14)

「リングに出てきそう」「ちょっとホラーでかわいい」 鏡を見つめる猫ちゃんに怖くてかわいい展開が待っていた
大好きな飼い主さんを見つめていたのね?(2019/10/12)

堀江貴文が語る「予防医療」:
ホリエモンが課題だらけの医療業界を斬る! 「大学の医学部で経営も教えるべき」
ホリエモンこと堀江貴文が「予防医療」の必要性と意義を語る――。今回は医療業界の課題を指摘するとともに、一般の人が気付いていない糖尿病の怖さについて語った。(2019/10/11)

「妖精がこっそり住み着いているような可愛い部屋にしよう」→ 天井から見下ろす人形が怖すぎる部屋が完成
目を離したら動きそう……。(2019/9/21)

堀江貴文が語る「予防医療」:
ホリエモンが糖尿病の「不都合な真実」をホラー映画で訴える理由
ホリエモンこと堀江貴文が「予防医療」の必要性と意義を語る――。今回は堀江氏などが現在製作中の映画「糖尿病の不都合な真実」(仮)について。(2019/9/21)

いま、社会で起こっている恐怖 “わたしたち”を描くホラー映画「アス」の本当の怖さ
「ゲット・アウト」の監督最新作。(2019/9/14)

ハァイ、ジョージィ 「IT」と相変わらず仕事を選ばないキティさんコラボポスターが発表されたけど、見た?
ペニーワイズに「IT」の新作をおすすめしてほしい。(2019/8/27)

クリエイターズ・サバイバル アーティストの戦略教科書 第2回 藤田和日郎:
自分に正直な漫画を毎回全力で描く
『うしおととら』『からくりサーカス』などの藤田和日郎さんにインタビュー。(2019/8/26)

「ホラーのお約束」を斜め上の方法で回避 超人的女子高生の漫画がパワフルで楽しい
やはり力こそパワー!(2019/8/23)

ホラーは「因果応報」よりも「理不尽」の方が怖い? “こわい話”を解剖する
何を怖いと思うかは、時代によって変わってくる。(2019/8/15)

ゾンビ映画「死霊のえじき」吹替版制作プロジェクト、1週間もたたずにクラウドファンディングで100万円を突破!!
時代を超えてファンを魅了する、ゾンビ映画のマスターピース。(2019/7/30)

世界を読み解くニュース・サロン:
“上司なりすまし”被害も 深刻化する偽動画「ディープフェイク」の脅威
本物と見間違うような偽動画「ディープフェイク」が世界で問題視されている。最近では、FacebookザッカーバーグCEOの偽動画も話題になった。社長や上司になりすまして企業に電話をする「ディープフェイク音声」の被害も発生。日本でも注意が必要だ。(2019/7/25)

ネットを騒がせたフェイクニュース「モモ・チャレンジ」が映画化決定
2019年版「チャイルド・プレイ」などを手がけるOrion Picturesが制作。(2019/7/13)

「このゲームに出会えて本当に良かった」 50代のゲーマーが投稿したDead by Daylightのレビューが感動を呼ぶ
楽しめること、それが一番大事。(2019/7/14)

人間の情念が花開く“夜の鳳学園” ミュージカル「少女革命ウテナ〜深く綻ぶ黒薔薇の〜」ゲネプロレポート
深く…もっと深く…。(2019/7/1)

Books&Apps:
正義の心で怒る人たちは、なぜ幸せになれないのか
怒りの感情は扱うのがとても難しい。怒りに飲み込まれ、怒りの狂信者とならないために私たちがすべきこととは?(2019/5/29)

「宣戦布告してる」 映画「チャイルド・プレイ」の米ポスター、トイ・ストーリーを敵視したデザインが暴走しまくり
敵はディズニーだぞ……!(2019/5/23)

銚子電鉄が映画制作!? 超C級エンタメ「電車を止めるな!」発表、クラウドファンディングを実施中
どこかで聞いたことある感……!(2019/5/19)

驚きのほのぼの展開 テレビから出てくる幽霊の漫画が斜め上の展開で和む事態に
これで井戸から女の幽霊が出てきても怖くない?(2019/5/16)

池田エライザ、貞子の“ドッキリ”にも笑顔でピース ノリノリな絡みに会場「かわいい〜」
作品と打って変わって楽しそうな出演者。(2019/5/10)

ホラー映画の金字塔「13日の金曜日」 ジェイソンの全マスクがカプセルトイで登場
映画シリーズの全マスクを再現しています。(2019/4/15)

池田エライザ、スタッフからのサプライズに本気ビビり 「もっと感動的な感じのリアクションしたかったー!!!」
映画「貞子」的には正しい。(2019/4/9)

「ハリウッドと銭湯のコラボ」ってなんだよ! 「この映画宣伝がすごい! 2018 〜勝手に日本宣伝アカデミー賞」イベントレポート
村上佳菜子もB‘zも銭湯も!? 愛あるカオスがもりだくさんな2018年の映画宣伝を振り返る。(2019/2/26)

自在に悪夢を見ることができる「悪夢枕」開発へ 「自宅で眠るだけでお化け体験」目指す
恐怖体験には意外にも健康効果があるとのこと。(2019/2/18)

「今はお互いママになって」 新山千春&釈由美子、笑顔はじける“美人ママ”2ショットがアラフォーの星
本当キレイ。(2019/2/14)

「魂の抜け殻状態」 釈由美子、極寒のカナダで撮影中の映画オフショットが心配になるほどげっそり
心配だ。(2019/1/16)

国内初、ホラー特化の動画配信サービス「OSOREZONE」が2月オープン 世界のホラー映画・ドラマが定額見放題
運営はエイガ・ドット・コム・オンデマンド。(2019/1/11)

2018年は「百合の多様性の時代」 『裏世界ピクニック』宮澤伊織×「最悪にも程がある」いとうに聞く、激動する百合の現在地
これからの「百合」の話をしよう。(2018/12/4)

実写版「人狼」 押井脚本からの唯一にして最大の改変とは
硝煙に揺れるブレードランナー。(2018/10/27)

Netflixが意外とデータ容量を消費しない理由 本社で見た最新テクノロジー
Netflixのストリーミング動画を流しっぱなしにしたところ、意外とデータを消費しませんでした。SD画質のベーシックプランでの時間とはいえ、きれいな映像だったので不思議に思っていました。ちょうどそんなとき、Netflixが米国ロスガトスの本社に日本の報道陣を招くイベントを開催したので、参加してきました。(2018/10/16)

「空気を読みすぎたOL」の限界、退職、そして―― アラサー女子マンガ『凪のお暇』に男たちもハマる理由
作者のコナリミサトさんにいろいろ聞いてみました。試し読み付き前後編でお届けします!(2018/10/16)

“カメ止め”上田監督の映画「たまえのスーパーはらわた」、妻が監督する「耳かきランデブー」と同時上映
「たまえのスーパーはらわた」には、女子高生版「カメラを止めるな!」”と評する声も。【訂正】(2018/10/7)

「そろそろ飽きてきたニャ」 おもちゃに飽きる一歩手前の猫ちゃんがわかりやすくてかわいい
アンニュイな猫ちゃんの行動から“飽き”が伝わってくる……。(2018/10/5)

水曜インタビュー劇場(ぎゃあああ公演):
なぜ「お化け屋敷」で人は“ビビる”のか 仕掛人に聞いた
テーマパークや遊園地などに行って、お化け屋敷に入ったことがある人も多いのでは。お化けが出てきたり、急に明るくなったり、風が出てきたり。さまざまな工夫を施しているわけだが、恐怖を生み出す仕掛人はどのようなことに着目しているのか。「株式会社 闇」の社長に話を聞いたところ……。(2018/9/26)

リアルすぎるミニチュア階段がすごい 手すりまで作り込んだ制作期間4カ月の「小人の階段」
リアルすぎる。(2018/9/22)

“ヤバいの”が見えてしまう女子高生 恐怖を必死でかわそうとするホラー漫画にぞっとする
いつでもどこでもソレはいる。(2018/9/22)

【漫画】「そして、最近彼氏と別れた」 バラバラの女子3人の奇妙な共通点、まさかの結末に背筋が凍る
ゆるふわ女子の漫画かと思ったら……?(2018/8/25)

背筋がゾワッ 飼い猫がイケメンに擬人化した漫画の衝撃的なラストに鳥肌が止まらない
これは夢か、現実か……。(2018/8/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。