ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「i-mate」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「i-mate」に関する情報が集まったページです。

ものになるモノ、ならないモノ(33):
iPhone Skypeとケータイ、通話に向いてるのはどっちだ
iPhone Skypeの通話の遅延はどのくらい?ケータイと、PSP版、WILLCOM 03版、日本通信のモバイルのIP電話で比較実験してみた(2009/6/3)

PHS&データ通信端末販売ランキング(2月2日〜2月8日):
データ通信のMVNO、ようやく夜明けか──日本通信製端末が初ランクイン
ウィルコム端末は新機種登場を間近に控え、順位が大きく変動。データ通信端末は日本通信の「b-mobile3G」対応端末が初めてランクインした。(2009/2/13)

写真で見る「Ultimate 8502」
日本通信が国内導入を発表したドバイi-mate製のスマートフォン「Ultimate 8502」。ソリューションとパッケージ提供する法人向け端末のため一般販売されないが、どんなモデルなのか見てみよう。(2008/12/17)

11月29日〜12月5日:
5分で分かる、先週のモバイル事情
TCAが11月の契約数を発表。純増トップはソフトバンクモバイルが獲得したものの、イー・モバイルとドコモも健闘した。KDDIはLTE導入を正式に発表し、富裕層をターゲットとする英VERTUは2月にMVNOで日本市場に参入することを明らかにした。(2008/12/8)

スマートフォンを販売するキャリアとの連携も重視――マイクロソフト、Windows Mobile向け開発者支援を強化
マイクロソフトがWindows Mobile用アプリケーションの開発者を支援する「Windows Mobie開発者事務局」を設立した。キャリアと開発者を結びつける場を提供することで、サービス開発のサポートも強化する。(2008/12/5)

Windows Mobile 6.1を搭載:
日本通信、法人向けスマートフォンを投入へ
日本通信は、アラブ首長国連邦のi-mateが製造するスマートフォン「Ultimate 8502」を法人向けに提供。NTTドコモ網に接続して利用できる。(2008/12/4)

日本通信、ドバイi-mate製のWM6.1搭載スマートフォン「Ultimate 8502」を法人向けに投入
日本通信は、アラブ首長国連邦ドバイのi-mateが開発したWindows Mobile 6.1搭載スマートフォン「Ultimate 8502」を法人向けに投入する。ドコモの3G網を使った同社MVNOサービスを利用し、通話やHSDPA通信が行える。(2008/12/3)

日本通信、i-mate製スマートフォンを発売へ SIMロックフリーのグローバル端末
携帯端末“鎖国”突破になるか。日本通信が、ドバイに本社を置くWindows Mobile端末メーカー・i-mate製スマートフォンの国内市場投入を発表した。(2008/12/3)

3GSM World Congress 2007:
MS、Windows Mobile 6.0を披露──6月にもソフトバンクが端末を発表
Microsoftが、スペイン・バルセロナで開催中の3GSM World Congress 2007でWindows Mobile 6.0を発表。新たに東芝とLG電子が対応端末をリリースするとし、ソフトバンクモバイルが6月にも東芝製「G900」とHTC製のWindows Mobile端末を発表するという。(2007/2/13)

Skypeと無線ブロードバンドが及ぼす通信業界への影響
Skypeという革新的な無料電話サービス、そして無線ブロードバンドという新しいインフラは、通信業者と携帯キャリアのあり方にさまざまな影響を及ぼすだろう。(関連特集)(2005/6/21)

日本初の本格的SmartPhone「Vodafone 702NK」
Operaやミニゲームをインストールしたり、Outlookとスケジューラを同期したり……PCとつなぐことで魅力を増す、702NKの「SmartPhone」としての面を見ていこう。(2005/2/14)

無線LAN携帯電話にSkypeをプリインストール
無料IP電話ソフトのSkypeが、ドバイの携帯電話機メーカーi-mateの無線LAN携帯電話にプリインストールされる。(2005/2/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。