ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  K

  • 関連の記事

「KIN ONE」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「KIN ONE」に関する情報が集まったページです。

Microsoftの「KIN」、スマホではなく「携帯電話」として再発売
1万台も売れなかったと言われているMicrosoftの「KIN」が、Verizonから再発売された。スマートフォンではなく、普通の携帯電話として。(2010/11/19)

短命に終わったMicrosoftのソーシャル携帯「KIN」、復活か?
発売から数カ月で製造中止になったMicrosoftのソーシャル携帯「KIN」を、米キャリアVerizonが機能を削って再び売り出すという。過剰に抱えた在庫を片付けるためかもしれないが……。(2010/11/15)

Microsoftのソーシャル携帯「KIN」はなぜダメになったのか
発売から2カ月足らずで終了が決まった「KIN」プロジェクト。月額料金の高さが弱点として指摘されていたが、開発過程でも迷走があったようだ。(2010/7/2)

せかにゅ:
「FlashからHTML5へ」の動き、大手ポルノ企業でも
米アダルトDVD市場で40%のシェアを持つDigital Playgroundが、ブラウザがHTML5をフルサポートすれば、Flashから乗り換えると明らかにした。HTML5の普及に弾みがつきそうだ。(2010/6/30)

MicrosoftのバルマーCEO、スマートフォン分野での誤りを認める
バルマーCEOはD8で、「われわれは1周遅れてしまった」と語り、iPhone版Safariを「Appleの携帯電話における最大の差別化要因」と評価した。(2010/6/7)

Windows Phone 7を待ち受ける強敵――「iPhone OS 4」と「Android 2.2」
Microsoftは年末に向けて新しいスマートフォンOS「Windows Phone 7」を投入するが、そのころには既に、iPhone OS 4.0やAndroid 2.2など強力なライバルが登場している。(2010/5/31)

Microsoft、ソーシャル携帯「KIN」発売 49.99ドルから
Microsoftが米国で若者向けスマートフォン「KIN」を発売した。価格は49.99ドルと99.99ドルだ。(2010/5/7)

Mobile Weekly Top10:
Xperia購入後によく聞かれること
Xperiaを購入してから、いろいろな人から「使いやすいですか?」と聞かれるが、比較対象の引き合いに出されるのは、やはりあのモデルだ。(2010/4/19)

“ソーシャル”に特化した純正Windows Phone 7機 「KIN ONE」「KIN TWO」発表
Microsoftが、米国で自社ブランドのWindows phone「KIN」を発表した。SNSとの連携機能や共有機能を徹底的に使いやすく強化し、“いつでもどこでもつながっていたい”ユーザーにアピールする。(2010/4/13)

「Project Pink」の正体:
Microsoft、オリジナルブランドのWindows Phone「KIN」を発表
Microsoftの初のオリジナル携帯は、ソーシャル機能に特化し、Zuneの音楽機能を搭載した若者向けの「KIN」。5月に米国で発売する。(2010/4/13)

Microsoft、独自携帯電話「KIN」発表 SNS機能を充実
Microsoftの「KIN」はシャープ製で、タッチスクリーンとスライド式キーボードを搭載。SNSのヘビーユーザーをターゲットにしている。(2010/4/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。