ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「キリン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「キリン」に関する情報が集まったページです。

チャレンジするマーケター:
40歳から始めるスタートアップでの挑戦、ヤプリ島袋孝一氏がプロマーケターとして大切にしていること
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇する気鋭のマーケターへのインタビューをお届けする。(2019/7/22)

【ナニコレ?】「分数に使われる横線」の、ちゃんとした名前
(2019/7/21)

【ナニコレ?】「視力検査に使われる“C”みたいなマーク」の、意外と知らない名前
(2019/7/20)

【ナニコレ?】「肉まんに付いているあの紙」の、意外と知らない名前
(2019/7/19)

【ナニコレ?】「靴ひもの先端にある細くて固い部分」の、なんだか覚えにくい名前
(2019/7/18)

【ナニコレ?】「茶碗などの底の、輪形に突き出した部分」のなるほどな名前
(2019/7/17)

【ナニコレ?】「猫の後ろ足にある肉球」に付けられた、意外と知らない名前
(2019/7/16)

【ナニコレ?】「猫の前足にある肉球」に付けられた、意外と知らない名前
(2019/7/15)

【ナニコレ?】「ザビエルハゲ」とも呼ばれる、あの独特の髪形の名前
(2019/7/14)

「午後の紅茶」は過去最高:
活気づく「紅茶」 背景に“個性”と“シーン”で飲み分ける選択肢
紅茶飲料の市場が活性化している。キリン「午後の紅茶」は上半期として過去最高の販売数量を記録。サントリーやコカ・コーラの新商品も好調で、さまざまな個性を持った紅茶商品が増えていきそうだ。(2019/7/13)

【ナニコレ?】「キリンの頭にある、皮膚に覆われた目立たない角」のカッコいい名前
(2019/7/13)

順天堂大、認知症の早期発見に「IBM Watson」活用へ 「同じ話を繰り返す」「表情の変化が乏しい」など兆候を検知
順天堂大が、日本IBMなどと共同で行っている、AIを医療に役立てるプロジェクトの詳細を発表。人の表情や振る舞いを「IBM Watson」で分析し、認知症を発症しているか否かを判定するシステムを開発中という。「パーキンソン病を患うと認知症になりやすい」という研究結果が出ているため、まずはパーキンソン病患者を分析対象とする。(2019/7/10)

「猫ちゃんは裏側もかわいいのでしっかり見ましょう」 ムギュッとなった肉球がたまらない猫の“むぎ”くん
四方八方かわいいってどういうことなの。(2019/7/10)

国内初の情報銀行、サービス開始 購買履歴など提供
スマートフォンのアプリで情報提供先の企業を選び、対価として企業からお金やサービスを受け取ることができる。(2019/7/4)

衝撃のラスト「あなたの番です」特別編を推理 今夜スタート第2章「反撃編」真相到達の糸口は「双子説」「二重人格説」?
田中圭眠りすぎじゃないか説。(2019/6/30)

ショボいけど、勝てます。 竹島水族館のアットホーム経営論:
サンシャイン水族館をプロデュースした中村元が語る「弱点を武器に変える2つの方法」
サンシャイン水族館を手掛けた水族館プロデューサー中村元が語る「弱点を武器に変える2つの方法」――。(2019/6/27)

唐辛子とみせかけてハブ対マングース!? ズームすると見え方が変わる柄イラストがシュールでかわいい
噛まれても焦らないマングースさん。(2019/6/17)

プラごみの“元凶”ペットボトル リサイクルや削減でしのぎ
国内飲料メーカー各社が、ペットボトル容器による環境負荷低減に、しのぎを削っている。(2019/6/12)

長いお首だニャ 猫ちゃんの“好き”を詰め込んだ「キリンの爪とぎベッド」がクラウドファンディング中
寝たり研いだり登ったり。(2019/6/10)

PR:真島ヒロ先生の神業! KIRINの幸せのシンボル「聖獣麒麟」を15分で描いたイラストが見事すぎる
見てるだけで目が幸せ。(2019/5/24)

「S級国家・中国」“超速アップグレード”の実相【後編】:
「ファーウェイ排除」が意味するもの――Googleが中国のモノづくりをS級に変えた
米国による「ファーウェイ排除」の背景――。Googleが、品質の悪かった中国のモノづくりをS級に変えた変遷をひも解く。(2019/5/22)

“幽霊ホテル”と言われ:
沖縄の有名な廃虚ホテルが、解体を決めたワケ
沖縄県にある世界遺産の中城城跡の隣で、1972年5月の日本復帰から数カ月だけ営業したという幻の「中城高原ホテル」。県営中城公園として整備するため、解体工事が始まって……。(2019/5/17)

「等身大のCIO」ガートナー重富俊二の企業訪問記:
事前の一策は事後の百策に勝る 常に心掛けていれば何か起きても慌てることはない
「よろこびがつなぐ世界へ」という合言葉で、未来に向かうキリングループ。「食と健康の新たなよろこび」を広げ、たくさんのよろこびがつながる世界を実現するための挑戦を続けている。(2019/5/15)

恐るべし:
「角ハイボール」は酒の世界を変えたのか
完全にひとつのジャンルを築いた感があり、ジャンルというか、銘柄というか、メニューのひとしなというか、ひと言では片づけられないところまできた感すらある。 もはやスタンダードともいえる「角ハイボール」状態だ。(2019/5/1)

イノベーションのレシピ:
キリンの新規事業は乳酸菌で「医と食をつなぐ」、20億円投資して新工場も建設
キリンホールディングス(キリン)が、「プラズマ乳酸菌」を使用した食品や飲料を展開するブランド「iMUSE」を中核とするヘルスサイエンス事業の戦略について説明。同事業の売上高は2018年に55億円を達成しており、今後は2021年に約2.7倍の150億円、2027年に4倍超となる230億円を目指す。(2019/4/25)

コージーコーナーのこどもの日に向けた動物ケーキがのほほんかわいい 子どもの成長をワイワイみんなでお祝いするのにぴったり
友達を呼んでパーティもよし、家族で祝ってもよし。(2019/4/19)

こいつ…くねくね曲がるぞ! キモカワなアニマルペンがヴィレヴァンオンラインに登場
上級者向けペン。(2019/4/19)

iOS 12.2の新機能と変更点を徹底解説
MACお宝鑑定団の解説記事をITmedia NEWSのためにまとめた。(2019/3/29)

Apple、「iOS 12.2」配信開始 新しいAirPodsサポートや4つの新アニ文字など
Appleが、「iOS 12.2」を配信開始した。新しいAirPodsサポートや4つの新アニ文字の追加、Safariのセキュリティ強化などが行われた。計51件の脆弱性にも対処した。(2019/3/26)

スピン経済の歩き方:
なぜ「翔んで埼玉」はセーフで、「ちょうどいいブス」はアウトなのか
「自虐」を前面に押し出すことで、世間の関心を集める「自虐マーケティング」が盛り上がっている。「じゃあ、ウチもさっそくやってみよう」と思いたったマーケティング担当者がいるかもしれないが、気をつけていただきたいことがある。それは「地雷」があることだ。(2019/3/26)

「よくできている=売れるゲーム」ではない スマホゲーム“基本プレイ無料”の難しさ
ドワンゴの位置情報ゲーム「テクテクテクテク」が、サービス開始から約半年で撤退する。スマホゲームで主流な“基本プレイ無料”のビジネスモデルの難しさが露呈した。(2019/3/22)

スピン経済の歩き方:
タレントの薬物問題に、企業はどう対応すべきか
ピエール瀧さんの逮捕を受け、多種多様な企業がその対応に追われている。CMや広告はすべてお蔵入りになったわけだが、役者やアーティストとして関わっている作品まで自粛すべきなのか。この問題に対して、筆者の窪田氏は……。(2019/3/19)

パーフェクトウーマン 女性が拓く新時代:
男女雇用機会均等法の「第1期生」 キリンで子会社社長に上り詰めた女性に学ぶ仕事術
完璧な人間はいない――。だが、仕事も私生活も充実させ、鮮やかにキャリアを築く「女性リーダー」は確実に増えてきた。企業社会の第一線で活躍する女性たちの素顔に迫り、「女性活躍」のリアルを探る。(2019/3/14)

個人投資家列伝(8):
会計士投資家が米国企業に投資する理由 世界的大企業のポートフォリオ
米国の経営者は、投資家へ返すリターンに敏感だ。成熟した優良大企業では、年間利益のほとんどを配当や自社株買いで株主に還元する。企業によっては、ROEが100%を超える場合さえある。そんな点から、企業の利益に着目し、米国優良株に投資するのが会計士のhiroさんだ。(2019/3/12)

“動物の幸せ”が集客に:
「ゾウはいません」と掲げる動物園が、閉園危機から復活できた理由
地域産業の衰退とともに閉園危機にあえいでいた動物園の“復活”が注目されている。福岡県の大牟田市動物園だ。「ゾウはいません」と掲げ、大規模改修もしていない同園に人が集まる理由は、職員の「知恵」と、動物への「愛情」だった。(2019/2/26)

好調「クラフトボス」に新商品:
なぜBOSSに「紅茶」なのか コーヒーの枠を超えた“働く人のニーズ”
サントリーのペットボトルコーヒー「クラフトボス」シリーズに「無糖紅茶」が加わる。なぜコーヒー以外の飲料をBOSSブランドで出すのか。そこには、クラフトボスの“強み”と「働く人の相棒」というブランドコンセプトを生かした試みがあった。(2019/2/25)

キャリアニュース:
ストレス度の低い業界トップ3は「電気・ガス」「電気機器」「鉱業」
企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」が「ストレス度の低い業界ランキング」を発表。ストレス度の低い業界トップ3は「電気・ガス」「電気機器」「鉱業」となり、インフラ関連業界が上位を占めた。(2019/2/20)

ウェルネスを応援するポイントサービス「ウェルちょ」 ブロックチェーンで安全性も担保――三井物産ら、共同実証へ
三井物産は、健康を意識した買い物でポイントがたまる共通ポイントプログラム「ウェルネス貯金(ウェルちょ)」を開始。たまったポイントでマッサージや健康診断などを受けられる。システム基盤には、IBMのブロックチェーン技術を活用し、高い改ざん耐性やセキュリティを担保した。(2019/2/14)

ヨチヨチ歩きなのに猛獣!? 暴れまくる赤ちゃんトラの姿にニヤニヤが止まらない
かわいすぎる猛獣です。(2019/2/13)

白くまの毛は、白色じゃない!? 動物トリビア満載のイラスト図鑑『どうぶつのふしぎ』が発売
へぇ〜。(2019/2/12)

全国で閉演相次ぐ:
お城の動物園は「絶滅危惧種」か 姫路城のケース
世界遺産・姫路城(兵庫県姫路市)内にある姫路市立動物園など、城跡に立地する「お城の動物園」が岐路に立たされている。国の特別史跡に立地することから敷地の拡張や獣舎の増築などが難しく、施設のリニューアルが進みにくい。平成23年策定の「姫路城整備基本計画」では、将来的な城外移転を前提に32年度までに具体的な検討を進めるとしたが、移転先や時期などは白紙のままだ。全国の「お城の動物園」も同様の問題を抱えており、閉園や移転が相次いでいる。(荒木利宏)(2019/2/6)

「戦力化は必須」:
外国人受け入れ、日本企業の選択 「5年間は短すぎる」
「4月に始まる外国人労働者の受け入れ拡大は、遅すぎるくらい」。こう話すのは、ビルクリーニングなど総合ビル管理事業を行う新栄不動産ビジネス(東京都新宿区)の新田隆範社長だ。(2019/2/5)

Yahoo!ニュース「大型ペット キリンも値上げへ」 ペットボトルではなくキリン(動物)の値上げを連想させるとツッコミ殺到
環境省「飼わないで」。(2019/2/1)

何一つ普通じゃない「ごく普通のシカのゲーム」が狂気のクラウドファンディング開始 目標金額は100万円
この世界に普通はない、あるのはシカだけ……。(2019/1/29)

キリン、「午後の紅茶」や「キリンレモン」など一部商品を値上げへ
915ml以上のペットボトル容器商品が対象で、1本あたり20円(税別)の値上げに。(2019/1/28)

ブランドの“老朽化”防ぐ:
湖池屋スコーンは「若者のスナック離れ」にどう立ち向かうのか
湖池屋がスナック「スコーン」を2月に刷新。商品自体を改良するほか、高校生に的を絞りマーケティングする。若者のスナック離れを食い止め新規顧客を開拓。(2019/1/3)

パン一の男「君の不安や心配を吸収してあげよう」 → 自分が瀕死に シュールな漫画『大丈夫マン』が何もかも大丈夫じゃない
2人分吸収したら死にそう。(2018/12/7)

PR:スマホカメラが新次元の楽しさに 動物園で「HUAWEI Mate 20 Pro」を使い倒した結果
Huaweiから新たなフラグシップスマートフォン「HUAWEI Mate 20 Pro」が登場。スペックの高さが際立つMate 20 Proだが、中でも一推しが「カメラ」だ。何がすごいのか。荻窪圭氏に多摩動物公園で徹底レビューしてもらった。(【PR】提供:ファーウェイ・ジャパン)(2018/11/29)

キリンの定番ウイスキー「富士山麓樽熟原酒50°」が3月末に終売 売れすぎて原酒が不足
「富士山麓」ブランドの定番ウイスキーとして愛されてきました【訂正あり】(2018/11/28)

ウイスキー人気の反動:
キリン、国産ウイスキー「富士山麓 樽熟原酒50度」終売へ 需要拡大で原酒不足に
キリンが国産ウイスキー「富士山麓 樽熟原酒50度」の販売を終了する。2019年3月下旬のが最後の出荷となる。想定を超える需要があり、安定供給が難しくなったため。(2018/11/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。