ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「キリン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「キリン」に関する情報が集まったページです。

スピン経済の歩き方:
日本社会から「単身赴任」がなくならない、根本的な理由
「4月から転勤することになったよ」と嘆いているビジネスパーソンもいるのでは。家族を残して「単身赴任」する人もいるだろうが、そもそもなぜこのような制度が存在しているのだろうか。歴史をさかのぼると、根深い理由が存在していて……。(2020/2/11)

はじめまして! 上野動物園で37年ぶりにキリンの赤ちゃんが誕生
元気に育ってね。(2020/2/10)

このeマイナースポーツがスゴい:
君たちはまだ本当の“バトル”を知らない 0.03秒が勝敗を左右するDTB(どうぶつタワーバトル)トッププレイヤーの戦い
「盤面論」「ディレイ」を使った、トッププレイヤーの実戦例を紹介する。(2020/2/11)

このeマイナースポーツがスゴい:
ブームから2年越しに考える、なぜ「どうぶつタワーバトル」は“次世代eスポーツ”と呼ばれたのか
今なお続くトッププレイヤーたちの戦い。(2020/2/4)

紅茶市場は7年ぶり拡大:
午後の紅茶、3年ぶりに過去最高 「甘くない」選択肢で“共感”呼ぶ
キリン「午後の紅茶」が3年ぶりに過去最高の販売実績を更新。「甘くないミルクティー」を提案する新商品がヒットした。19年は大手飲料メーカーが相次ぎ紅茶の新商品を投入。市場が活性化する中、さらなる成長を目指す。(2020/1/24)

主役は開発担当者:
チャーハン入りチョコ、フローズン甘酒――各食品メーカーが「異例のタッグ開発」に取り組む訳
食品・飲料メーカー6社がこの度タッグを組む。「フローズン甘酒」などユニークなコラボ食品をまずは試作。開発担当者を主役に据え新商品や新事業に乗り出す。(2019/12/24)

ねとめし:
簡単調理すぎる野菜ジュースカレーがおいしすぎる! 「野菜ジュースを沸騰させてルー入れたらいい」に21万“いいね”
本当に簡単! 本当においしい!(2019/12/22)

初年度の1.7倍:
2年目も売れ続ける「本麒麟」 ロングヒットの鍵を握る“2つの数字”とは
キリンビール「本麒麟」が2年目も売れ続けている。多くの失敗を経て“味”を追求したことが奏功。初年度の7割増で推移している。第3のビールの競争が激化する中でヒットした理由と今後の成長の鍵は? そこには、同社が重視する“2つの数字”がある。(2019/12/18)

「顔が似てきたよね?」→「スパムで通報します」 中尾明慶&仲里依紗、“顔そっくり説”を巡るやりとりがほっこり
仲さんまたも猛抗議。(2019/12/17)

LINEで注文から決済まで完結するクラフトビール専門店 キリンが次世代型飲食店舗を展開
 キリンホールディングスは、LINEで注文から決済までを済ませるシステムを導入した飲食店舗の展開を始める。若者をターゲットにしたクラフトビール専門店で導入し、オーダーを自動化。接客の質を上げる狙いがある。(2019/12/10)

スマホでラクラク:
キリンの目指す次世代型店舗が明らかに デジタル技術を活用してクラフトビールを売りまくる
ビアレストラン「キリンシティ」の新業態店がオープンする。店舗運営やマーケティングにデジタルを活用。若い世代にクラフトビールを浸透させる。(2019/12/9)

上場企業の早期・希望退職者募集が急増 18年の約3倍に
東京商工リサーチが、上場企業の早期・希望退職者の募集状況(2019年1〜11月)を発表。募集を実施した企業は36社、対象人数は1万1351人と、18年1〜12月の結果から約3倍に増えた。(2019/12/6)

今年も飲み過ぎに注意! 後悔しがちな飲み会1位は「忘年会」 イッキ飲みには「時代遅れ」「かっこ悪い」「ドン引きする」の声
お酒はゆっくり会話を楽しみつつ飲みましょう。(2019/12/2)

12月の「au PAY」キャンペーン、週末に使える20%割引クーポン、au Wowma!で20〜25%還元など
KDDIが、コード決済「au PAY」向けのキャンペーンを12月に実施する。飲食店、エンタメ店鋪、ドラッグストアの対象店舗で、週末にau PAYと一緒に利用できるクーポンをプレゼントする。「au Wowma!」では20%還元キャンペーンを実施し、三太郎の日には25%を還元する。(2019/11/28)

キリンが豪の飲料事業売却 456億円、中国企業に
 キリンホールディングス(HD)は25日、オセアニア地域で牛乳やソフトドリンクなどの飲料事業を手がけるライオン飲料事業(豪ビクトリア州メルボルン)を中国国有企業の中国蒙牛乳業有限公司(蒙牛)に譲渡する契約を締結したと発表した。売却額は約6億豪ドル(約456億円)。キリンHDは平成28年の中期経営計画で低収益事業の再生・再編を掲げており、ライオン飲料事業の売却先の検討を続けていた。(2019/11/25)

一貫したストーリーを作りやすい:
入力テキストを基に「動画モンタージュ」を作成するツール、国際大学チームが開発
清華大学と北京航空航天大学、ハーバード大学、IDCヘルズリヤ大学のコンピュータ科学者のチームが、特定のテーマに関するテキストを入力するだけで一つながりの動画モンタージュを作成する新ツール「Write-A-Video」を開発した。(2019/11/20)

変化する「個人情報」の捉え方:
GAFAへの反乱? 自ら「個人情報」を企業に差し出す人たち
巨大プラットフォーマーによる個人情報収集が問題化している。サービスがパーソナライズされて便利になる一方、パーソナルデータを抜き取られる現状に疑問を持つ人も多い。政府を中心に、制度構築の機運も高まっているが、まだまだ具体策は見えない。そんな中、抜き取られるだけではなく、自ら企業に情報を提供する流れが出てきた。(2019/11/15)

【Amazon週末ピックアップ】アナ雪、返品可能なベッド、ボージョレ・ヌーヴォーなど、開催中のセールやキャンペーンまとめ
今年ももうボージョレ・ヌーヴォーの季節。(2019/11/8)

動物たちがチューチュートレインなダンスをするパーカを発見→店員「裏返してみてください」 かわいい仕掛けに即買いを決めてしまう
これは大人買いしちゃいます。(2019/11/4)

2020年に25周年:
「じゃがりこ」が350億円の“お化け”商品に成長したワケ “いじられ”力と独自製法がカギ
1995年に発売された「じゃがりこ」。売り上げが右肩上がりで増えており、350億円にも達した。支持される背景には、マネできない製法と“いじられ力”があった。(2019/10/30)

やってきましたビッグセール! Amazon.co.jpで「タイムセール祭り」11月2日から
プライム会員対象の限定セールも。(2019/10/29)

LINE Pay、スーパーとドラッグストアで最大12%還元キャンペーン開催 10月31日まで
LINE Payは、スーパーとドラッグストアでの支払いにLINE Payコード支払いを使うと最大12%を還元するキャンペーンを開催。期間は10月31日までの14日間となり、付与上限は1000円相当。(2019/10/18)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
苦戦している日高屋への“刺客”!? 増殖を続ける「中華食堂 一番館」の実力に迫る
新興中華チェーン「中華食堂 一番館」が店舗数を増やしている。商圏が最近苦戦している日高屋と重なる場所もある。デフレ時代に対応するビジネスモデルとは?(2019/10/16)

うんちでぬりえが完成する斬新なトイレットペーパー誕生 お子さまのトイレトレーニングに
トイレでうんちがしたくなる、トイトレ専用ペーパー。(2019/10/10)

ゆうちょPayが「Smart Code」に対応、統一コードで決済事業者の負担を軽減
ゆうちょ銀行は10月1日、スマホ決済サービス「ゆうちょPay」において、キャッシュレス推進協議会が定めるコート決済用の統一コード「JPQR」に準拠したJCBのコード決済手段「Smart Code」に対応したと発表した。Smart Codeは、コード決済事業者と各店舗をつなぐ決済情報処理センターの提供や、両社間の加盟店契約を一本化する事業。(2019/10/1)

【経済インサイド】売り上げ健闘のペットボトル紅茶 理由は冷夏だけじゃない
 国内ペットボトル飲料市場で今夏、ちょっとした異変が起きた。気温が上がる夏場に販売数量が落ちるミルクティーを筆頭に、ストレートティーやフルーツティーなど、ペットボトル紅茶が健闘したのだ。その背景にあったのは、大人世代の健康志向に寄り添う味づくりと、暑さが長続きしなかった夏の不調、そして国内を席巻する“アイツ”の存在とみられている。(2019/10/1)

10月1日は「コーヒーの日」! カルディから秋にピッタリの限定コーヒーの入ったバッグや巾着のセットが登場
キリンやチーターのイラストがかわいい!(2019/9/25)

どうかしているゲームの世界:
せがれをいじって大きくするゲーム(本当) 「せがれいじり」は本当にいいゲームです
せがれをいじるとママが大きくなるゲーム。(2019/9/20)

仲里依紗&中尾明慶、夫婦初共演の「キリンビール」CMがついに公開! 夫婦円満の秘訣を語るインタビューも
このプライベート感いい。(2019/9/13)

最終回直前考察「あなたの番です」 二階堂と黒島の愛も翔太との友情も壊れないでほしい、菜奈ちゃんへの愛も信じたい 3条件を満たす解決ルートを推理
だが、黒島を愛した男たちはつぎつぎと死んでいる事実。(2019/9/8)

PR:サッカーはツイートしながら見るともっと楽しい! ハッシュタグ「キリチャレの日」が世界トレンド1位になる理由
JOYさんと一緒に日本代表を応援。(2019/9/4)

19話直後考察「あなたの番です」黒幕は二階堂でも黒島でもない説 「ゾウさんですか、キリンさんですか」本当の愛が試される最終回を大胆推理
ラスト、二階堂の衝撃の行動! その真意を考察する。(2019/9/2)

19話直前考察「あなたの番です」犯人は黒島か田宮か尾野か――最終展開を予想 翔太寝落ち後に事件が起こる現象がやっぱり気になる
尾野幹葉と内山達生共犯説に翔太が迫る!(2019/9/1)

【ナニコレ?】ラーメン丼の「喜」が2つ並んだマークの、妙にかっこいい名前
(2019/8/29)

【ナニコレ?】使い方がわからない「ジーンズの小さいポケット」の意外な名前
(2019/8/25)

東大と日本IBM、ITと人文科学を融合した新研究プログラム発足 ドコモやパナ、ヤマトなど日本企業18社も参加
東京大学と日本IBMは、先端デジタル技術と人文社会科学の融合をテーマにした革新的な社会モデルをデザインする新たな研究プログラム「コグニティブ・デザイン・エクセレンス」を設立した。日本企業の強みを生かしながら持続的成長を実現する社会モデル創出を目指す。(2019/8/22)

【ナニコレ?】ひじの先の「ぶつけるとめちゃくちゃしびれるアソコ」の名前
(2019/8/21)

【ナニコレ?】「砂時計の中央のくびれた部分」の、妙にかっこいい名前
(2019/8/18)

ベビージムで子猫たちが大はしゃぎ! 思いっきり遊ぶ子猫たちの姿に「すっごい楽しそう」「有効活用」
確かにベビーです。(2019/8/15)

「選手目線をVRで」──KDDI、日本サッカーミュージアムにVR視聴システム提供
サッカー日本代表のドキュメンタリー映像をKDDIのVRシステムで視聴できる。(2019/8/14)

【ナニコレ?】「ラーメンどんぶりのグルグルした模様」の、なんだかかっこいい名前
(2019/8/14)

【ナニコレ?】国会で「静粛に!」の意味で使われる「あの木づち」の名前
(2019/8/10)

【ナニコレ?】勘違いしている人が多い「∀」←この記号の本当の名前
(2019/8/6)

調査で明らかに:
「カロリー」から「糖質・糖類」へシフト “健康気にする”市場に変化あり
「糖質オフ・ゼロ」や「糖類オフ・ゼロ」を表示する食品の市場が伸びている。一方で、「カロリーオフ・ゼロ」関連の市場は頭打ち。富士経済の調査から見えてきたトレンドとは?(2019/8/5)

よみがえるお道具箱の記憶……! カプセルトイ「トーヨー教育おりがみポーチ&トート・巾着」にノスタルジーが止まらない
「教育おりがみ」とほぼ同じサイズです。(2019/8/2)

【ナニコレ?】重量1トン超、「世界一巨大な巣」を作る鳥の名前
(2019/8/2)

メルペイが「Smart Code」加盟店で利用可能に
メルペイが、ジェーシービーが推進するQR・バーコード決済スキーム「Smart Code」加盟店で利用できるようになった。これにより、「メガネフラワー」など同スキームを利用する一部加盟店でメルペイでの決済が可能となる。(2019/7/26)

チャレンジするマーケター:
40歳から始めるスタートアップでの挑戦、ヤプリ島袋孝一氏がプロマーケターとして大切にしていること
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇する気鋭のマーケターへのインタビューをお届けする。(2019/7/22)

【ナニコレ?】「分数に使われる横線」の、ちゃんとした名前
(2019/7/21)

【ナニコレ?】「視力検査に使われる“C”みたいなマーク」の、意外と知らない名前
(2019/7/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。