ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ルニア戦記」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ルニア戦記」に関する情報が集まったページです。

ネクソン、ゲームサービス&サポートサービス再開へ
各タイトルでは停止期間中の補償についても発表されている。(2011/3/23)

ネクソン、「千葉ロッテマリーンズ」日本シリーズ優勝を祝して記念イベント実施
ネクソンがサービスする全9タイトルで経験値アップ等の感謝イベント開始。(2010/11/8)

ゲームオン、「Project APPLE(仮)」の独占ライセンス契約締結
ゲームオンは、韓国のALL-Mとの間で、オンラインアクションRPG「Project APPLE(仮)」の日本における独占ライセンス契約を締結した。(2010/10/1)

「ルニア戦記」に新女性キャラクター「カーリー」登場
(2009/7/7)

「ルニア戦記」で神話エピソード2追加
(2009/6/2)

「ルニア戦記」で称号コンテストなど実施
(2009/5/18)

伝承システムや「神話」エピソードのステージを公開――「ルニア戦記」
(2009/2/24)

「ルニア戦記」外伝エピソード2を実装
(2009/1/20)

オンラインゲーム最新イベント情報:
記念撮影も特別仕様に
期間限定で特別レースや特典の配布が行われます。(2008/10/21)

スライム競走場を実装――「ルニア戦記」
(2008/9/18)

「エピソード6」登場――「ルニア戦記」1周年記念大型アップデート
(2008/8/19)

「ルニア戦記」大型アップデート実施――プレイアブルキャラクター「ユキ」登場
(2008/7/22)

夏の特別キャンペーン実施――ルニア戦記
(2008/7/8)

「ルニア戦記」アップデート――新サイドステージやメールシステムを実装
(2008/6/17)

PvPステージに特殊対戦モードを追加――「ルニア戦記」アップデート
(2008/5/20)

「ルニア戦記」GW特別企画「経験値2倍イベント」開催
(2008/5/1)

「ルニア戦記」に7人目登場
(2008/4/22)

戦記EP5レイドステージのボナパルト別邸を開放――「ルニア戦記」
(2008/3/18)

「エピソード5」や6人目のプレイヤーキャラクターを実装――「ルニア戦記」大型アップデート
(2008/2/19)

バレンタイン限定のステージが登場――「ルニア戦記」バレンタインイベント
(2008/2/12)

経験値が2倍に――「ルニア戦記」クリスマス緊急イベント
(2007/12/21)

スライムがプレーヤーキャラクターに――「ルニア戦記」
(2007/12/18)

「ルニア戦記」アップデート――エピソード4のサイドステージを開放
(2007/11/13)

エピソード4を導入――「ルニア戦記」
(2007/10/23)

新キャラクター「ティア」がユーザーキャラクターに――「ルニア戦記」
(2007/10/12)

「ルニア戦記」、「GNGWC2007」の日本代表決定戦参加者を募集
(2007/9/20)

「ルニア戦記」、体育祭イベントを開催
(2007/9/11)

「ルニア戦記」本日正式サービス開始
(2007/8/22)

「ルニア戦記」4月12日よりクローズドβテスト開始
(2007/4/12)

クローズドβテストの応募受付を開始――「ルニア戦記」
(2007/3/22)

NEXONにとって日本は特別――オンラインへの可能性があれば器は関係ない
NEXONは「G★ 2006」を前にメディアツアーを敢行。韓国江南区にある本社へと招待し、今後日本でサービスを予定しているタイトルの説明会を行った。国民的ゲームとまで言われた「KartRider」など、日本ではいつ頃サービスされるのか?(2006/11/14)

ネクソンジャパン代表取締役社長 デビッド・リー インタビュー:
2006年度に新たなタイトルを投入するネクソンジャパンの戦略
昨年、「マビノギ」や「アイピ」のサービス化にあたり、なにかと元気のよかったネクソンジャパンは、今年もなにやら仕込んでいるらしい。そんなわけで直接ネクソンジャパンの社長に聞いてみた。(2006/2/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。