ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「間違いだらけのIT人材育成」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「間違いだらけのIT人材育成」に関する情報が集まったページです。

間違いだらけのIT人材育成(6):
“ゆとり&アラフォー世代”をきちんと鍛えるには
企業内研修にしても大学などの教育にしても、寺子屋時代から続く集合教育が中心である(正確には黒板が輸入されてから。黒板のない時代の寺子屋は集合教育ではなく個別教育だった)。ゆとり世代が社会人になり、育成の中心がアラフォー世代に移る中で、集合教育は今後のIT人材育成において有効な手段なのだろうか。集合教育が抱える問題点を明らかにしたうえで、その解決策を検討してみる。(2010/11/11)

間違いだらけのIT人材育成(5):
なぜ、超上流プロセス担当人材を育成できないのか
超上流プロセスが注目を集めているが、これを担う人材をユーザー企業、IT企業ともに十分には育成できていない。なぜ、育成することが難しいのだろうか? 超上流プロセスの内容を確認したうえで、人材育成上の問題点を明らかにし、解決の方向性を検討する。(2010/10/6)

間違いだらけのIT人材育成(4):
なぜ、プロフェッショナルIT人材が育たないのか
IT企業においては、プロフェッショナルとしてのIT人材育成が求められているが、なかなか実現していない。そこで、日本におけるプロフェッショナルIT人材育成が難しい現状を把握したうえで、その原因を追究し、解決の道を見つけ出したい。(2010/8/24)

間違いだらけのIT人材育成(3):
いま育成すべきなのはアラフォー世代
企業内におけるIT人材育成は、依然として新入社員研修を中心とした、若年者層を主体に行われている。しかし、人口構成や企業競争力への貢献度を考慮すると、果たして、これが有効な人材育成といえるのだろうか。ここでは、今後企業が育成を強化すべき年代に関して考えてみる。(2010/6/8)

間違いだらけのIT人材育成(2):
ユーザー企業はUISSで人材育成できるのか
UISSはユーザー企業における情報システム人材の育成を目指した標準だ。しかし、導入企業はまだ少なく、ユーザー企業のIT人材育成に効果を発揮しているとはいえない状態だ。今回はUISSの現状を確認したうえで、導入が進んでいない原因を追究し、解決の道を検討する。(2010/3/16)

間違いだらけのIT人材育成(1):
IT企業はITSSで人材育成できるのか
さまざまな調査結果から、IT人材のスキル不足が指摘されている。では、日本のIT人材育成法に、大きな問題があるのではないだろうか? 本連載ではIT人材育成の抱える問題点をさまざまな視点から分析し、解決への道を検討してみる。(2010/2/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。