ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「Mobile Cube」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

IMW-C910W

厚さ8.2ミリ/67グラム:
国内Wi-Fiルータで最薄・最軽量、さらに12時間動作のWiMAXルータ「Mobile Slim」
WiMAX対応の“さらに”薄型/軽量ルータ「Mobile Slim」が登場。厚さ8.2ミリ、重量は約67グラム。国内モバイルルータで最薄・最軽量とし、連続12時間の長時間動作も実現する。(2013/2/28)

“WiMAX Speed Wi-Fi”レビュー:
かなり小型軽量化+スマホ連携も強化──WiMAXルータ新モデル「AtermWM3800R」を“買い換え目線”で速攻チェック
うぉ! 小さい! WiMAXルータの人気モデル AtermWM3600Rの登場から約1年、新しくなった「AtermWM3800R」はどこが進化したのか。旧モデルユーザーが“買い換え”目線でチェックする。(2013/1/30)

hi-hoのモバイルデータ通信サービスで月額料金無料などのキャンペーン
ハイホーが、hi-hoモバイル各コースやフレッツ光に対応した「hi-ho 光 with フレッツプラス各コース」にて、キャッシュバックや割引の期間延長などのキャンペーンを実施する。(2012/6/5)

実動9時間でLTEハンドオーバー性能も上々:
初号機なのにかなり優秀ですよ──EMOBILE LTE対応ルータ「Pocket WiFi LTE(GL01P)」検証
2012年、新世代のデータ通信サービスが続々始まっている。今回はイー・アクセスのLTEサービス“EMOBILE LTE”対応のポータブルータ第1弾「Pocket WiFi LTE GL01P」の使い勝手をじっくりチェックする。(2012/4/13)

“WiMAX Speed Wi-Fi”レビュー:
“ツカミ”がうまい、さすがURoadシリーズ──薄型9時間のWiMAXルータ「URoad-SS10」の実力チェック
WiMAXヘビーユーザーにファンが多い「URoad」シリーズ。小さく、軽く、薄くなった新モデル「URoad-SS10」はその特性を受け継いでいるか。実通信速度やハンドオーバー性能を旧モデル+ライバル機とともに実力を検証する。(2012/3/30)

“WiMAX Speed Wi-Fi”レビュー:
連続10時間+新省電力動作機能がスゴイっ──「AtermWM3600R」のバッテリー性能と通信性能をチェック
2012年春現在、WiMAXルータの本命となる1台が「AtermWM3600R」だ。今回は、新たに搭載された省電力機能とともに、カタログスペックだけでは分からない「実利用時に何時間持つか」と「ハンドオーバー性能」をじっくりチェックする。(2012/3/16)

“WiMAX Speed Wi-Fi”レビュー:
“ちっこい”、そして“つかみ”もうまい──10時間動作のWiMAXルータ「Mobile Cube」実力検証
小さく、軽く、長時間動作が特徴のWiMAXルータ「MobileCube」。付加機能こそ少ないが、市場ではライバルとなる3G/Xiルータを凌駕する小型ボディと、スマホユーザーと親和性の高い使い勝手を実現している。(2012/1/26)

ハイホー、WiMAX Mobile Cubeの端末代や初月通信料などを無料にするキャンペーン
ハイホーが、モバイルルーター「Mobile Cube」を対象としたキャンペーンを開始。端末購入費・契約事務手数料・初月の月額料金がそれぞれ無料となる。(2012/1/5)

DTI、WiMAXプランで「Mobile Cube」の取り扱い開始──機器代金0円キャンペーンも
DTI WiMAXモバイルプランで、軽量+長時間動作のWiMAXルータ「Mobile Cube」が選択可能に。サービス加入で機器代金0円+キャッシュバック特典のあるキャンペーンも実施する。(2011/12/9)

ネットワークコンサルティング、10時間駆動可能なモバイルWiMAXルーター「Mobile Cube」
ネットワークコンサルティングは、小型軽量筐体を採用するモバイルWiMAXルーター「Mobile Cube」を発売する。(2011/11/30)

ローランド、楽器からiPodまで使える小型アンプ内蔵スピーカー
ローランドが手軽に持ち運べる電池駆動対応の小型アンプ内蔵スピーカーを発売。音楽鑑賞から楽器演奏、プレゼンテーションまで幅広く利用できる。(2008/5/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。