ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「MPACK」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「MPACK」に関する情報が集まったページです。

こうしてWebは改ざんされた(1):
古くて新しい脅威、Web改ざん
この連載では、数あるサイバー攻撃の中でも一般ユーザーに大きな影響を及ぼしている「ドライブ・バイ・ダウンロード攻撃」の手口の変遷と対策について紹介していきます。(2013/6/7)

2008年のセキュリティ模様:
ユーザーをだます脅威は“百花繚乱” の様相に
サイバー攻撃の潜在化、複雑化が進む。ユーザーに忍び寄る脅威がWebから周辺機器にまで広がった今、コンピュータに対する信頼や安全をどう確保すべきだろうか。(2008/12/24)

PCを脅威から守る究極の対策は?:
さらに進化する脅威――知らずに感染! その手法と対策は
マルウェアやスパイウェアなどPCに対する新たな脅威は、日に日にその進化のスピードを上げていく。ユーザーはどのようにこれらへ立ち向かえばよいのだろうか。(2008/1/10)

2008年新春インタビュー:
「複雑なITを最適化するアドバイザーを目指す」――シマンテックの木村社長
旧ベリタスソフトウェアと旧シマンテックの合併から2年あまり。2007年は統合後のシマンテックが本格始動する1年となった。企業のITインフラとセキュリティの2大領域で事業展開する同社の2008年の戦略とは?(2008/1/4)

「行く年来る年2007」ITmediaエンタープライズ版:
ネットの脅威はよりひそかに、そして確実に
2007年は、Webからの脅威がクローズアップされた年だ。サイバー犯罪の組織化、攻撃の「見えない化」、ゼロデイアタック――誰もが知っている、その正規のサイトさえももはや安心して見ることができないのだろうか?(2007/12/26)

2008年はマルウェアの手口が巧妙化――ラックが総括と展望
ラックによれば、2007年はWebサイトの脆弱性を狙う犯罪が急増した。2008年もこの傾向は続き、手口がさらに巧妙化するという。(2007/12/19)

今、その正規サイトが危ない:
PR:連鎖する「Webの脅威」は断ち切れるのか?
電子メールに添付されたウイルス感染からWeb経由の感染へと進化した脅威は、より巧妙かつ悪質になってきた。現在の主流な攻撃手法や対策方法など、最新セキュリティ事情を追う。(2007/11/12)

「ボットの脅威、知ってますか?」――IPAが効果的予防のポイント
情報処理推進機構(IPA)は2007年9月のウイルス/不正アクセス届出状況をまとめ、犯罪のインフラとして高度化するボットへの対策などを紹介した。(2007/10/2)

シリア大使館サイトでハッキング被害
シリア大使館の公式サイトに不正なiframeが仕掛けられているのが見つかった。(2007/9/27)

プロ集団が仕掛けるサイバー攻撃、正規サイトの悪用も増加
Symantecの報告書によると、サイバー犯罪はプロがビジネスとして手掛ける傾向が強まり、正規サイトの脆弱性を悪用するケースも増えた。(2007/9/18)

闇で活性化するハッキングツール取引――シマンテック
シマンテックが明かしたセキュリティ最新事情によると、裏市場でハッキングツールMPACKが格安で取り引きされる姿が浮き彫りとなっている。(2007/7/23)

MPACK攻撃ツール、バーゲン価格で販売
MPACKツールキットの値段が「85%引き」に。アンダーグラウンドでもバーゲンの季節に突入した?(2007/7/6)

初のフルカーネルマルウェア? スパム送信もカーネルモードで実行
Symantecによると、MPACK攻撃で感染するトロイの木馬「Srizbi」は、ユーザーモードを使わずにスパムを送信できる初のフルカーネルマルウェアと見られる。(2007/6/30)

国内でも被害急増の恐れ、JPCERT/CCが「MPACK」に警告
JPCERT/CCは、国内でも被害が増加する可能性があるとし、攻撃ツール「MPACK」に対し注意を喚起した。(2007/6/29)

MPACK攻撃、今度はポルノサイトで多発
Trend Microによると、「MPACK」を使った攻撃が今度はポルノサイトで多発している。(2007/6/25)

多数の脆弱性を使い分ける「MPACK」、各国で被害多発
攻撃ツールの「MPACK」はブラウザを判別して脆弱性を使い分ける。欧州を中心に1万以上のサイトがハッキングされ、日本でも被害が出ている模様だ。(2007/6/19)

マルウェア作成キット「MPACK」登場
最近広がっている攻撃コードの開発キットはWebAttacker2ではなく、MPACKだったようだ。(2007/6/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。