ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ムー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ムー」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ゴートマンはリア充が嫌いだった……? UMAの怪生態110エピソードを収録したムー監修『がんばるUMA事典』発売
ちょっとざんねんなエピソード満載(?)。(2019/10/13)

【ムー40周年】人類は滅亡する! 『ムー』40周年でバックナンバーや関連書籍の50%OFFセール開催中
これも誰かの陰謀なのか?(2019/10/11)

あの雑誌「ムー」がついに創刊40周年! 記念号ではUFO、サイババ、人面犬など平成のオカルトを総決算
付録は「超開運DVD」!(2019/10/3)

月刊『ムー』公認ショップがコミックマーケット96に 三上編集長の抱き枕カバーだと……!?
パラレルワールドに迷い込んだ……?(2019/8/6)

YouTuber事務所のUUUM、「note」運営元と資本業務提携 “書き手”のサポートも開始
UUUMが「note」を運営するピースオブケイクと資本業務提携。YouTuberのマネジメントで培ったノウハウを生かし、noteで人気の書き手のサポートを行っていく。(2019/7/12)

「オカルトはオワコンじゃない!」 声優・上坂すみれが劇場版「緊急検証!THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ゲラー」の魅力を語る
上坂さんの推しUMAは「モスマン」だそうです。(2018/12/12)

信じるか信じないかはあなた次第:
UFOって本当にいるの? 乗っているのは何者? 月刊『ムー』編集長に聞いてきた
10月某日、ミステリー雑誌『ムー』5代目編集長の三上丈晴氏を取材した。当初はビジネス的な観点から、出版不況の中で同誌が愛され続ける理由を聞くはずだった。だが徐々に脱線し、いつしか「UFOは存在するのか」に話題が集中。三上氏が語った“驚きの説”とは?(2018/12/1)

スピン経済の歩き方:
「宇宙の謎に迫る国家プロジェクト」に、日本学術会議が猛反発のワケ
岩手県で、超巨大プロジェクトが持ち上がっている。その名は「国際リニアコライダー」(ILC)。この施設が完成すれば、まだ解明されていないさまざまな謎に迫ることができるわけだが、なぜか日本学術会議が猛反対している。その理由は……。(2018/11/20)

架空世界で「認証」を知る:
「新世紀エヴァンゲリオン」で初号機はシンジをどう“認証”しているのか
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第4回のテーマは「血筋認証」。(2018/11/20)

“マジでダンディなおじさま”声優・立木文彦はなぜ「ラップを歌うイエティ」を演じたのか
立木さん、ムー民だった。(2018/10/18)

NMR ねとらぼミステリー調査班:
実はノストラダムスの大予言は的中していた? 「創刊40周年記念 ムー展」で名物編集長を取材
ムー編集長に最強の超能力者は誰なのか聞きました。(2018/10/13)

「創刊40周年記念 ムー展」が池袋パルコで開催 「超能力者が曲げたスプーン」などを超展示
ほかにも「ビッグフットの足跡からとった石膏像」や「UFO調査用の測定器」など。貴重な誌面や表紙原画も展示されます。(2018/10/4)

『ムー』創刊40周年を記念した「ムー展」開催決定 「世界的超能力者が曲げたスプーン」など“謎そのもの”も展示
コアな読者も新しい読者も潜入調査に向かうべし。(2018/9/7)

PDFロゴハンガーにプレステブックエンド 「勝手に提案した企業ノベルティグッズ」が欲しくなる出来栄え
ポピュラーな2Dのビジュアルを、3D化したらどうなるか? という実験。(2018/8/23)

『ムー』読者が投稿した実話怪談集めた『ムー実話怪談「恐」選集』発売
実話怪談といえば『ムー』でしょう。(2018/7/19)

「この危機的状況を放っておくわけにはいかない」 日清がUFOの日に先駆けて「全国統一UFO対策模試」実施
「UFOを発見した場合の通報先」など設問はムー編集部がガチ監修。(2018/6/1)

人工知能ニュース:
AIでウチのドアが執事に、YKK APの「未来ドア」は2020年発売を目標に
建材メーカー大手のYKK APは未来の窓やドアを形にする「未来窓」の第3弾となる「UPDATE GATE」の記者説明会を開催した。顔認証やAI(人工知能)、音声認識などを利用した自動開閉、遠隔見守り機能、伝言や情報配信機能などを備えたドアシステムであり、「ドアが執事のようにふるまう」ことをイメージしている。(2018/4/26)

チキンラーメンのひよこちゃん、グレてアクマに変身 新CMで「クエエエエエエェ!!!」っと絶叫し地球を破壊
ひよこちゃんんんんっ!(2018/4/6)

UMA柄のメガネが作れるぞ JINSが『月刊ムー』とコラボ
UFOやエイリアンの柄もあるよ。(2018/4/1)

「モンストやっててよかった(笑)」 五輪マスコット作者の谷口亮らのモンスト「歌詞再現」イラストがカオス
谷口さん以外の「歌詞再現」イラストがいろいろおかしい。(2018/3/8)

ムー×自治体の謎コラボ 月刊『ムー』の記者となって横須賀の隠された歴史の謎を解くイベント開催
月刊『ムー』編集長・三上丈晴氏が登壇するトークショーも開催。(2018/2/9)

スピン経済の歩き方:
体臭ビジネスが盛り上がると日本人がおかしくなるのは本当か
臭いで周囲を不快にさせてしまう「スメルハラスメント」への関心が高まり、「体臭ビジネス」が盛り上がっている。しかし、「不快な臭い」が全て排除される環境には危険性もあるのではないか。なぜかというと……。(2017/9/26)

プレミアム市場を創れ:
1袋298円の高級ポテチも 湖池屋が「PRIDE POTATO」新商品
スナック菓子メーカーの湖池屋がポテトチップス新商品を発表。今年2月に新発売した「PRIDE POTATO」シリーズの好調ぶりを追い風に、さらなる高級志向の商品も投入する。(2017/8/7)

「あれはUFOですか? いいえ、米軍の秘密兵器です」 学研プラスがムー監修の英会話本を出版
これさえあれば、エリア51でも対応できそう。(2017/7/14)

島崎信長&増田俊樹が方言キャラに! 都道府県擬人化バトル「四十七大戦」のPVが方言萌えたちのハートを射貫きそう
2人へのインタビューもお届け。(2017/3/6)

水晶を回して謎の事象カードを収集 「ムー」編集部監修のアプリ「超都市伝説ガチャ」誕生
「ムー」っぽさあります。(2017/1/30)

「月刊ムー」がムー大陸風ボードゲームを監修 VRアプリの視界情報を仲間に伝えて一緒に海底神殿の地図を作る
スマホVR用の怪しい仮面が付属。(2016/12/10)

「月刊ムー」37年の歴史を振り返るイベント「ムーフェス」開催 オカルト、ミステリー知識を問う検定も
超常現象研究家の南山宏さん、編集長の三上丈晴さんが出演。(2016/9/12)

内山信二が行く!オフィス訪問記:
内山信二「椅子がつぶれちゃう!」渋谷の“段ボール会議室”に驚き
渋谷にある“海賊”をモチーフにしたオフィスに訪問。社内に海賊船が停泊?飲み放題の社内Barに段ボールやロープで出来た会議室まで…驚きの連続です!(2016/9/10)

マンホールを開けたら温水洋一 東京都下水道局のショートムービーがアナザーワールド感
あれ……目から水が……。(2016/9/1)

だって「ムー」読み放題だよ!? ぼくはこれで「Kindle Unlimited」に登録しました
「月額980円」「雑誌のバックナンバー」がキモではないかと。(2016/8/4)

女性オタク=腐女子と言われる、たった1つの理由
一体どんな人たちが集まっている? 女オタクさんと腐女子さんの実態に迫ります。(2016/7/18)

ムー編集長や矢追純一も! 「X-ファイル2016」リリース記念イベントにオカルト界の大物集結!
ムーの三上編集長や矢追純一さんも登場!(2016/6/14)

IT用語解説系マンガ:食べ超(93):
超古代ムーアの法則が終わる時
失われしムーア大陸の魂が呼び覚まされる!(2016/5/31)

Weekly Access Top10:
ゴッホの「ひまわり」が擬人化だと……?
発想が斜め上でした。(2016/5/24)

水と油かと思いきや オカルト系雑誌「月刊ムー」と科学雑誌「ニュートン」がTwitterでイチャコラを繰り広げる
楽しそう。(2016/5/18)

「どこまで信じて書いているんですか?」――科学誌「ニュートン」がオカルト雑誌「月刊ムー」に直撃
「ムーの中の人はどこまで信じて原稿を書いているんですか?」――科学雑誌「ニュートン」と「月刊ムー」のTwitter上での“直接対決”が話題を集めている。(2016/5/18)

「ベーマガ」ライターから漫画編集へ “響あきら”がMMRイケダ隊員になったわけ(MMRインタビュー番外編)
MMRインタビューの最後は、イケダ隊員のもう1つの顔、「ベーマガ」ライター“響あきら”さんにお話をうかがいました。(2016/3/12)

「1999年が近づいてきてヤバいと思った」 伝説の漫画「MMR」を作った男たち タナカ・イケダ・トマル隊員インタビュー(後編)
まさかの「復活予告」も!(2016/3/11)

ツチノコ、ネッシーなどUMAが大集合したカプセルトイ
(2016/2/7)

月刊ムー公認文具、超常現象を記録できるノートやUFOが飛ぶクリアファイルなど、2月発売!
ムー調査団の缶バッジには編集長からの指令付き。(2016/1/26)

ヴィレヴァン好きなら一冊持っとけ! 「ヴィレッジヴァンガード」初の公式本が出るぞ
今までなかったのが不思議。(2015/10/1)

遊ぶごとにオカルト教養が高まる! 月刊ムー公認「オカルトかるた」に待望の第二弾「UFO・エイリアン編」登場
UFO・エイリアンガチ勢必勝やむなし。(2015/9/23)

オカルト好き歓喜の未確認生物UMAガチャ! チュパカブラやツチノコがリアルな造形で登場
「月刊ムー」が制作協力。(2015/9/17)

いつも身近にオカルトを……ほぼ毎日更新Webサイト「ムーPLUS」開始
オカルト好奇心をもてあます現代のぼくらへ。(2015/9/9)

『月刊ムー』公式サイトがリニューアル 求む、“ムーっぽい”写真や体験談
(2015/9/9)

「月刊ムー」全面協力した“心霊&UFOとの遭遇を本気で考える”オカルト番組、ニコ生で8月12・14日に生配信
ポイント・エピソード紹介→検証の2本立て。(2015/8/7)

猛暑を怖さで乗り切ろう! ホラー本が大集合したフェアに人気作家が参戦
(2015/8/6)

マジだった 青森県立美術館が墜落したと思われるUFO画像をツイート→紛れもないUFOでネット民困惑
UFOは実在したんですね……。(2015/8/2)

読むだけでポイントゲット 「ブックパス」で雑誌12誌対象のキャンペーン
電子書店「ブックパス」の「読み放題プラン」加入者を対象に、対象誌のいずれかを読むと最大2200円分のポイントをプレゼントする。(2015/8/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。