ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「牛丼」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「牛丼」に関する情報が集まったページです。

「100円で300円の牛丼食べたい」と言うようなもの 漫画家への無茶な依頼を牛丼屋に例えた漫画が分かりやすい
欲しいものには適正な対価を払うべし。(2019/6/18)

吉野家でQUICPayで支払うと「生野菜サラダとみそ汁」が無料 6月10日〜6月23日
吉野家は対応店舗で「QUICPay」を使うと生野菜サラダとみそ汁が無料になるキャンペーンを実施する。期間は6月10日〜6月23日。テークアウトにも適用できる。(2019/6/11)

吉野家が「テイクアウト80円引き」キャンペーン 牛丼 並盛が300円に
36種類のメニューが対象です。(2019/6/4)

ビジネスモデルと密接に関係:
券売機を置かないすき家が下した「セミセルフレジ」という決断
すき家が「セミセルフレジ」の導入を進めている。19年3月末時点で約400店舗に設置済みで全店への展開を目指す。新型レジの選定にはすき家のビジネスモデルが密接に関係している。(2019/6/4)

吉野家、丼の缶詰「缶飯」を発売 非常時に牛丼や豚丼が常温で食べられる
ラインアップは6種類。(2019/5/31)

ジョリーパスタ、ゼンショーが完全子会社化で上場廃止へ
最終売買日は7月29日。(2019/5/14)

Origami、松屋で毎回190円オフのキャンペーン プレミアム牛めし(並)なら半額相当に
Origamiは、5月8日から「オリガミで、半額。」キャンペーン第7弾を開催。松屋フーズのの運営する「松屋」「松のや・松乃家・チキン亭」「マイカリー食堂」「ヽ松」「ステーキ屋松」など1139店舗で300円(税込)以上の支払いが毎回190円割引となる。(2019/5/7)

吉野家が「QUICPay」を導入、1155店舗で利用可能に
吉野家は、5月7日に国内の吉野家1155店舗へ「QUICPay」を導入。これまでは「吉野家プリカ」「WAON」「Origami Pay」や、交通系電子マネーでの決済に対応していたが、新たに「QUICPay」でも利用可能となった。(2019/5/7)

松屋でOrigamiキャンペーン 期間中何回でも190円引き、「プレミアム牛めし(並)」が半額相当に
「オリガミで、半額。」第7弾。(2019/5/7)

ここにしかない要素が満載:
豊洲市場の吉野家が面白い 「時給1500円」に「超少ないメニュー数」
2018年10月に吉野家の1号店は築地から豊洲市場に移転した。他店とは違うユニークな運営がされている。創業精神を受け継ぐお店に行ってみた。(2019/4/29)

ゼンショーHD、すき家などに「楽天/Ponta/dポイント」導入 他社を受け入れて多様化へ
ゼンショーホールディングスが「すき家」などで「楽天スーパーポイント」「Pontaポイント」「dポイント」を7月から順次導入する。(2019/4/16)

松屋の人気メニュー「ごろごろ煮込みチキンカレー」16日復活 ユーザーからの要望受けて
価格は並で590円、大盛りで690円。(2019/4/15)

「超特盛」が吉野家を救う? 1カ月で100万食突破、想定の2倍で売り上げ貢献
既存店実績が半年ぶりプラスに。(2019/4/8)

松屋フーズが運営する1139店舗が「Origami Pay」に対応 4月9日から
Origamiが提供する「Origami Pay(オリガミペイ)」が、4月9日から松屋フーズが展開する飲食店1139店舗で利用できるようになる。タッチパネル式券売機で食券を購入する際、Origamiアプリの「コード支払い」画面をかざせばOKだ。(2019/4/3)

「メルペイ」が松屋フーズ全国1139店舗で利用可能に 4月2日から
メルペイは、4月2日からスマホ決済サービス「メルペイ」を松屋フーズへ提供。全国1139店舗「松屋」「松乃家」「松のや」「チキン亭」「マイカリー食堂」「ヽ松」「ステーキ屋松」で利用可能となる。(2019/3/29)

吉野家HDが下方修正、赤字が拡大 客数伸び悩み
吉野家の客数は前年比マイナスが続いています。(2019/3/29)

「メルペイ」にクーポン機能 セブン-イレブンのおにぎりが11円 ガストやはま寿司も
「メルペイ」にクーポン機能が追加。第1弾は「セブン-イレブン」「ガスト」「はま寿司」で、対象商品をよりお得に購入できる。今後「すき家」「牛角」「温野菜」「プロント」「ジョナサン」などで利用できるクーポンを配布していく予定だ。(2019/3/29)

吉野家が“80円引き定期券”を300円で発売 36日間1日4食吉野家なら1万1520円引き 
これはお得。(2019/3/26)

日高屋も試験的に導入:
松屋の魅力は券売機!? 人手不足時代に吉野家とすき家が導入しない理由とは
大手牛丼チェーン3社のうち券売機を導入しているのは松屋だけだ。生産性向上の切り札である券売機を吉野家とすき家は導入していない。各社に見解を聞いてみた。(2019/3/22)

吉野家の牛丼、28年ぶりに新サイズ 牛肉が大盛の2倍「超特盛」 並盛の4分の3「小盛」登場
1991年の「特盛」登場以来。(2019/3/4)

都内でも残っている:
380円の“高級”牛めしを推す松屋が320円の牛めしをあえて温存するワケ
松屋は380円のプレミアム牛めしを推進している。320円の牛めしを販売する店舗は首都圏を中心に減りつつある。しかし、松屋は320円の牛めしを販売する店舗をあえて残している。なぜなのか。(2019/2/26)

松屋が「QRコード決済」に対応 「PayPay」「LINE Pay」「楽天ペイ」など5種類
松屋フーズが、同社が運営する「松屋」を始めとする飲食店においてQRコード決済に対応。QRコードの読み取り機の付いた自動券売機を設置してある店舗で利用できる。(2019/2/19)

若者の情弱化:
第二次バカッター合戦到来! バカ発見器再発動の責任は誰か
くら寿司、すき家、セブン-イレブン、そしてバーミヤン……。2013年くらいに続発したバカッター事件(Twitterによる犯罪や不適切行為自慢)と同じような行為が、ここ最近再びニュースになっています。久々のバカ発見器発動を企業リスクの視点で見てみましょう。(2019/2/14)

バカッターの次は「バカスタグラム」? 変わる“バイトテロ”の発火点
「すき家」や「くら寿司」のバイト店員の不適切な動画が炎上し、運営企業が謝罪した。不適切な動画は主にTwitterで拡散されるため「バカッター」と呼ばれるが、今回の動画が最初に投稿されたのはInstagramだった。(2019/2/12)

なか卯とエヴァがコラボ! オリジナルカードや「シンジ・ゲンドウの親子どんぶり」がもらえる
ロンギヌスの槍ほしい。(2019/2/10)

「ロンギヌスの槍型スプーン」も:
なか卯とエヴァがコラボ 「シンジ・ゲンドウの親子どんぶり」などが登場
なか卯がエヴァとコラボキャンペーンをする。キャンペーン期間を細かく区切り、リピーター客を狙う。幅広いファンがいる作品とのコラボで来店増を目指す。(2019/2/7)

吉野家、「鶏すき丼」への虫混入があったと謝罪
店舗を一時閉店し、保健所に報告したとしています。(2019/2/4)

店長は「本来やるべき業務」に集中:
PR:吉野家が「空前の人手不足」にAIで仕掛けた“次の一手”とは
吉野家はいかにして空前の人手不足を乗り越えようとしているのか。吉野家の未来創造研究所 未来施設・設計担当の廣橋誠さんに話を聞いた。(2019/2/1)

すき家が謝罪、従業員が店内で不適切な動画を撮影
当該の従業員は社内規定により処分するとしています。(2019/1/29)

「うまい・安い・早い」頼みから脱却:
「値上げはしない」苦境の吉野家が挑む“初めてのマーケティング”
コスト高にあえぐ吉野家が“初めてのマーケティング”に挑戦。新型店舗で女性客を取り込み多彩なクーポンも発行。今後は単価を高くするメニュー提案も。(2018/12/20)

ネット上の「立地」も大事:
松屋と吉野家でこれだけ違う 「もうかる立地」の方程式とは?
「あの飲食店は立地が悪い」とよく言われるが、そもそも「良い立地」と「悪い立地」は何が違うのだろうか。知ってるようで意外と知らない飲食店の立地戦略を読み解いてみよう。(2018/12/4)

吉野家の専用電子マネー「吉野家プリカ」、12月3日スタート チャージ時に5%分増えるキャンペーンも
2019年2月28日まで、チャージ額に5%のボーナスが付くキャンペーンを実施。(2018/11/28)

「Origami Pay」が吉野家で利用可能に 牛丼並盛が半額になる190円引きキャンペーンも
Origamiは、12月3日から同社のスマホ決済サービス「Origami Pay」を全国の吉野家へ提供。会計が2%割引となるほか、12月17日から300円(税込)以上の決済を行うと190円引きになるキャンペーンも行う。(2018/11/27)

「ありがとう!築地市場」 吉野家、築地一号店の豊洲移転に伴い、同店使用の“緑の丼”を3人にプレゼント
緑の丼は築地一号店のみで使用されていた貴重なもの。(2018/10/6)

他社との共同販促などで挽回へ:
吉野家HD、2Qは営業利益97%減で赤字 コスト増と既存店の不調響く
吉野家HDの2018年3〜8月期の連結決算は大幅減益。純損益は8億5000万円の赤字だった。コスト増と既存店の不調が影響した。(2018/10/5)

8月27日発売:
吉野家・はなまる・ガストが協力 共通割引券で相互送客へ
「吉野家」「はなまるうどん」「ガスト」で使えるクーポンが登場。相互送客を加速する狙い。提示すると、割り引きなどのサービスが受けられる。(2018/8/23)

“半端ない”チーズの存在感:
「チーズは邪道」の声もあったのに、なか卯が24年目にして新作親子丼を販売する理由
なか卯が8月2日から新作の親子丼を期間限定で販売する。親子丼は、同店の丼のなかで一番売れている看板商品であり、24年間、基本的な商品設計は変わってこなかった。どうして、今のタイミングでチーズを加えようと考えたのだろうか。商品開発の責任者に話を聞いた。(2018/7/30)

松屋「ごろごろチキンのトマトカレー」全店販売決定 人気のトマトカレーとごろごろチキンカレーが悪魔的合体
8月7日からスタート。価格は並で590円(税込)。(2018/7/27)

吉野家、夏休み特別企画で小学生以下半額に
7月25日から8月26日まで。(2018/7/18)

通期予想は据え置き:
吉野家HDが年初来安値 原材料費・人件費増で1Qが5年ぶり赤字に
7月9日の東京株式市場で吉野家HD(東証1部)が急落し、年初来安値を更新。6日に発表した2018年3〜5月期の連結決算で、同期としては5年ぶりとなる赤字に転落した影響。(2018/7/9)

丼なのに糖質オフ くら寿司から「うな丼」「牛丼」など7種の糖質オフメニューが登場
人気のシリーズになりました。(2018/7/6)

福田雄一監督、吉野家のCMにガンダムのコスプレをぶち込む 佐藤二朗はアムロやシャアにひたすらツッコミ
深夜帯でドラマ化してほしい。(2018/6/24)

もう1つの「働き方改革」を急げ:
松屋フーズ、ヤマト、KDDI、第一生命 先進企業に探る「障がい者雇用」の本質
2018年4月から障がい者の法定雇用率が引き上げられた。ヤマト運輸や松屋フーズなど「先進的」と呼ばれる企業は、障がい者の能力をいかに引き出しているのか。障がい者雇用の本質を探る。(2018/6/20)

70歳以上がターゲット:
吉野家、「うな丼の具」を介護食に 特殊加工で「小骨が気にならない」
吉野家が、ウナギのかば焼きを介護食として販売する。高齢者が食べやすいようやわらかく加工した点が特徴。70歳以上の高齢者がターゲットで、病院などの法人向けに展開する。(2018/6/15)

LINE登録で牛丼やカレーが100円引き 吉野家が「学割」期間限定でスタート
期間限定のおいしいお話です。(2018/5/24)

19年9月末までに:
ファミレス「ココス」、全店舗を終日全席禁煙に
ゼンショーホールディングスは5月22日、連結子会社ココスジャパンが展開するファミリーレストラン「ココス」を、2019年9月末までに出店予定店舗を含む全店舗で終日全席禁煙にすると発表した。(2018/5/22)

女性だけでなく男性も:
すき家の新作牛丼 狙いは「健康まっしぐら」
すき家が新作牛丼を発売する。たっぷりのレタスを使用したシャキシャキとした食感が特徴だが、女性だけでなく男性客もターゲットだという。実はすき家は健康を意識した商品開発を進めているが、その背景とは?(2018/5/14)

「出前館」運営元が協力:
「吉野家」「はなまるうどん」まとめて出前 家族客の獲得目指す
「吉野家」「はなまるうどん」の商品をまとめて宅配するサービスの実証実験が始まった。夢の街創造委員会が運営するWebサイト「出前館」で商品を注文すると、配達員が両社の店舗を回ってから宅配する。家族客を獲得する狙い。(2018/5/8)

店内調理で「できたて」提供:
吉野家の“鶏丼”6年ぶり復活 「鶏すき丼」発売へ
吉野家が4月26日午前10時から全国で「鶏すき丼」を発売する。価格は並盛が450円、大盛が550円(ともに税込)。同社が鶏料理を全国展開するのは約6年ぶり。(2018/4/25)

ごはんも増量:
すき家がカレー刷新に込めた「本当の狙い」
すき家が4月18日から定番の「ポークカレー」を刷新する。スパイシーさをより際立たせ、こはんも15%増量するという。一見すると何の変哲もないリニューアルのようだが、別の狙いもあるという。(2018/4/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。