ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「牛丼」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「牛丼」に関する情報が集まったページです。

「メルペイの招待ポイント全部すき家で使う」SNSで公約 → 数万ポイントが発生、130日以上すき家で食べ続ける鉄人が話題に
招待コードをTwitterで公開したところ、受け入れる人が相次ぎ、食べても食べてもポイントが減らない事態に。(2020/1/24)

今度は40%還元だ! PayPayが大手飲食チェーンとの新キャンペーンを発表 牛丼もラーメンもアイスもお得に
40%のインパクト、強すぎ。(2020/1/17)

2月1日から:
PayPay、40%還元キャンペーン 牛丼3社やコカ・コーラ自販機と連携、利用者拡大へ
PayPayは2月、対象の飲食店などで購入金額の40%を還元するキャンペーンを実施する。牛丼3社やコカ・コーラの自販機など、全国展開する店舗での支払いが対象。キャッシュレス決済の利用者拡大を図る。(2020/1/17)

すき家、2月1日から「PayPay」「LINE Pay」「メルペイ」に順次対応
牛丼チェーン「すき家」が、2月1日からコード決済サービス「PayPay」「LINE Pay」「メルペイ」に順次対応する。「PayPay」のキャンペーン対象に含まれるようになり、今後は「はま寿司」などにも導入される予定。(2020/1/17)

PayPay、大手飲食店・自販機で使うと40%還元 牛丼御三家、日高屋、Coke ONなど対象
一部飲食チェーンや自動販売機でPayPayを利用した顧客に、決済額の40%相当の「PayPayボーナス」を付与するキャンペーンが始まる。時期は2月1日〜29日。対応する店舗と機種は、吉野家、松屋、すき家、サンマルクカフェ、Coke ONなど。(2020/1/17)

「松屋」「松のや」などの食券機で「一つ前のお客さんの味噌汁が豚汁に変更されてしまう」深刻なバグ発覚 松屋フーズに見解を聞いた
あちらのお客様から豚汁ですー。(2020/1/15)

サイゼは「ラム」、富士そばは異色そば:
松屋が「シュクメルリ」を全国販売 外食チェーンに押し寄せる“珍”メニューの波、いずれも人気
松屋が1月14日から、ジョージアの料理「シュクメルリ」の全国販売を開始する。19年12月に一部店舗でテスト販売していたが、好評を博して全国販売へと踏み切った。「松屋世界紀行」というシリーズで、今後もこうした世界のメニューを展開することも予定しているという。松屋以外でも、世界の“珍”メニューの導入が始まっている。(2020/1/10)

松屋でジョージア料理「シュクメルリ」が食べられる 1月14日から
ネットで話題になった「シュクメルリ」がついに!(2020/1/9)

吉野家「ねぎだく牛丼」が全国で復活 築地店の閉店から約1年ぶり
1号店の伝統の食べ方を全国で販売開始します。(2020/1/7)

売れすぎが原因:
松屋が「ビーフシチュー定食」の販売再開 “豚汁消失”と同様の事態に陥っていた
松屋は「ビーフシチュー定食」の販売を再開した。原因は原料の供給が追い付かなかったため。“豆腐消失”に続く事態に陥っていた。(2020/1/7)

特殊注文の歴史:
吉野家が「ねぎだく牛丼」を発売して「ねぎだく」サービスを終了 築地ブランドと新たな食べ方の提案
吉野家が「ねぎだく牛丼」を発売する。今はなき築地店の特殊注文を再現した。「ねぎだく」サービスは終了する。(2020/1/7)

本場が絶賛したジョージア料理を食べられるぞ! Twitterで話題を呼んだ松屋「シュクメルリ」が全店販売へ
もともと“超一部の店舗”で販売されていた。(2019/12/16)

期間限定で実施:
吉野家が「送料無料キャンペーン」を実施 拡大するデリバリー
吉野家はデリバリーサービスを強化する。出前館と「送料無料キャンペーン」を実施。最大で420円安くなる。(2019/12/16)

松屋やサンマルクのランチ代、「d払い」で支払うと10%還元 ドコモが新キャンペーン
NTTドコモが、ランチ代の支払いに「d払い」を利用したユーザー向けの還元企画を始める。「松屋」「サンマルクカフェ」など、特定の加盟店で午前11時〜午後2時に飲食すると、支払い額の10%相当の「dポイント」を還元する。開催期間は2020年1月7日〜3月31日。(2019/12/16)

吉野家のポケモンコラボメニュー「ポケ盛」誕生 ヤドンやウツドンなど“ドン付き”ポケモンがどんどんオマケに
丼の模様はモンスターボール風。完食すると、底に描かれたリザードンやグラードンが見えてきます。(2019/12/11)

『幼稚園』付録・吉野家コラボの「牛丼づくりゲーム」を作ってみた 46cmのおたまでバイト気分になれるぞ
2時間かかって作り上げた先にある高揚感。(2019/12/3)

牛丼とラーメンの“出前市場”が拡大中 その背景は?
(2019/12/2)

支持されるのはどちらか:
すき家と吉野家が“麻辣”でガチンコ対決 松屋は“豆腐切れ”のトラブル 過熱する冬の鍋商戦
すき家は初めて四川風牛すき鍋定食を投入する。吉野家は麻辣牛鍋膳で迎え撃つ。冬の鍋商戦が過熱しそうだ。(2019/11/29)

企業のメリットは:
松屋の自販機ビジネスが本格始動 その全貌が明らかに
松屋の自販機ビジネスが本格始動。どのような仕組みになっているのかが明らかになった。企業の“福利厚生市場”に食い込めるか。(2019/11/29)

定番のカレーが100円値上げ:
松屋、オリジナルカレーの販売終了を発表 「創業当時の味」復活で
(2019/11/28)

【追記】松屋のオリジナルカレーが終売へ 「本当に終売です。食べおさめは今のうち」
嘘だと言って。(2019/11/28)

全国チェーンの使命とは:
豆腐が消えた“松屋ショック”に新展開 原因と生産再開のめどが明らかに
松屋は11月18日、豆腐関連メニューの販売を順次休止すると発表した。この“松屋ショック”ともいうべき事態に「残念」との声が。取材により豆腐関連メニューが復活するめどが明らかになった。(2019/11/20)

何が起きているのか:
松屋の豆腐キムチチゲや豚汁が消滅!? 豆腐関連メニューが続々と販売休止で運営会社が謝罪
松屋が豆腐関連メニューの販売を順次休止する。豆腐キムチチゲや牛鍋膳などの販売が好調のため。何が起きているのか。(2019/11/19)

松屋、豆腐関連メニューを販売休止 豆腐キムチチゲなど好調で豆腐の生産に遅れ【追記あり】
販売再開のめどは立っていないとしています。(2019/11/19)

大ヒット商品も:
牛サラダに麻辣牛鍋 吉野家が自前主義にこだわらぬメニュー開発を続々
吉野家が自前主義にこだわらぬメニュー開発を進めている。初めて外部と開発した牛サラダは大ヒットした。麻辣牛鍋の開発にはどんな料理人が関わっているのか。(2019/11/14)

ほぼ全店への導入を推進中:
すき家の新型レジに「非常に残念」と客が苦言? 何がダメだと考えているのか
すき家の「セミセルフレジ」を利用したと思われるお客の投稿が話題に。お金の受け渡し行為がないことを残念がっている。すき家で導入が進むセミセルフレジとは?(2019/11/11)

グリーが世界初、「松屋のお弁当自販機」を社内に導入 「いつもの松屋の味」と社員にも好評
インスタント味噌汁付きで450〜500円。出てきたお弁当を自分で電子レンジにかける方式です。(2019/11/7)

松屋が定食のライスを湯豆腐に変更できるサービスを開始 50円プラスで糖質90%オフ
さっぱり塩ダレおろし湯豆腐にできます。(2019/10/23)

吉野家120周年記念に“究極の鍋”発売 進化した究極の「牛すき鍋膳」と「麻辣牛鍋膳」の2種類
食べたい。(2019/10/15)

期間限定のランチセット:
牛丼チェーン三者三様 すき家はワンコインセット投入で「安さ」を追求?
すき家が期間限定でランチタイム向けにワンコインセットを提供する。2種類から選択し、最大で80円お得になる。なお、テークアウトは対象外。「増税で世間が暗いムードの中、少しでも明るく元気にしたい」と担当者は話す。牛丼3チェーンを比べてみると、すき家は低価格路線が目立つ。(2019/10/11)

d払いの「ミニアプリ」が11月28日に提供開始 “10%還元”キャンペーンも
NTTドコモが、d払い上で加盟店のサービスが使えるようになる「d払い ミニアプリ」を提供する。まずはJapan Taxiのミニアプリを11月28日から利用できる。12月10日からは吉野家やローソンのミニアプリも提供される。(2019/10/11)

ポーク・ミーツ・ビーフ! とんかつ専門店かつや「牛丼カツ丼」を10月11日から期間限定で販売
牛丼とカツ丼で迷わずに済む日が来た!(2019/10/10)

米国産牛肉関税引き下げ 牛丼への影響は?
 日米貿易協定の締結で、米国産牛肉の関税引き下げが決まった。米国産牛肉への依存度が高い牛丼チェーン大手各社は、現時点での牛丼価格の関税引き下げ分の反映には慎重な姿勢を示した。(2019/9/27)

吉野家で「牛丼・牛皿全品10%オフキャンペーン」 10月1日〜15日まで!
この2週間を見逃すな!(2019/9/26)

すき家、牛丼の税込価格を据え置き 定食などは値上げ
牛丼の並盛は10月1日以降も税込350円のまま。(2019/9/25)

消費増税で価格改定:
すき家、10月からセットや定食など一部商品値上げ 牛丼は全サイズ据え置き
(2019/9/25)

アルバイトの接客、VRで研修 松屋が導入 声の大きさや目線判定、クリアすると先に進める“ゲーム感覚”
VRを活用した新人アルバイト向け接客トレーニングのソリューションを松屋が導入。トレイを運ぶ動作や「いらっしゃいませ」などの声掛けの大きさ、目線などを判定し、基準に達していれば次に進めるゲーム感覚のシステムで、トレーニングの質の向上や均質化を図る。(2019/9/25)

吉野家で「PayPay」「メルペイ」などのコード決済を導入 「LINE Pay」は200円割引
吉野家は、9月10日に国内1182店舗でキャッシュレス決済サービス「PayPay」「LINE Pay」「メルペイ」「Alipay」に対応。「LINE Pay」では、9月23日まで200円引きクーポンをプレゼントする。(2019/9/10)

吉野家、「PayPay」「LINE Pay」など4種のキャッシュレス決済を導入
吉野家がモバイル決済サービス「PayPay」「LINE Pay」「メルペイ」「Alipay」に対応した。(2019/9/10)

すき家、10月以降も「牛丼並盛は税込350円」 本体価格調整で、店内も持ち帰りも同一価格に
牛丼チェーン「すき家」を運営するすき家本部が10月1日から開始予定の消費税増税と軽減税率制度の対応方針を発表した。(2019/9/3)

吉野家HDの株価が年初来高値 米国産牛肉の関税引き下げ見通しで
吉野家の牛丼は米国産牛肉を使用。(2019/8/26)

1週間限定で:
狙いは”メガ盛り需要”にあらず 松屋がお肉どっさり定食を復刻させたワケ
松屋が「お肉どっさりグルメセット」を発売する。8月27日から。20年以上前に販売されていたメニューの復刻となる。メガ盛りメニューを投入する狙いとは?(2019/8/26)

松屋「お肉どっさりグルメセット」を復刻発売 お肉が牛めし(並)の3倍、ライス大盛・特盛も無料サービス
“松屋からの挑戦状”なメニュー!(2019/8/24)

豊富なトッピングを生かす:
すき家史上初「トリプルトッピング」の丼が登場 その狙いは?
すき家史上初となるトリプルトッピングの丼が登場。8月21日から10月中旬まで販売する予定。新商品を出す狙いは?(2019/8/19)

今年も来るぞ 松屋の夏の風物詩「うまトマハンバーグ」
8月20日から販売。(2019/8/19)

吉野家、「特撰すきやき重」品切れ続出で謝罪 販売は「その日の食材がなくなり次第終了」に
50万食限定商品が、1日ほどで完売。(2019/8/15)

860円でサーロインが食べられるぞ! 吉野家が「特撰 すきやき重」8月14日から50万食限定で販売
肉のボリュームも牛丼(大盛)以上。(2019/8/14)

50万食限定:
1食860円 吉野家がサーロインの「すきやき重」を発売 牛肉商品で最高額
吉野家は8月14日から、創業120周年記念として、牛肉のサーロインを使用した商品「特選すきやき重」を全国で販売する。価格は860円(税込)で、約50万食限定。(2019/8/13)

「おにぎりせんべい」がふりかけになったぞ ニチフリから発売 松屋牛めし味も
アイスクリームにかける驚きのレシピも!(2019/8/13)

先行発売した店舗では品切れも:
松屋、8月6日から「ごろごろチキンのバターチキンカレー」を全国で発売
松屋が「ごろごろチキンのバターチキンカレー」を8月6日の午前10時から全国店舗で発売する。7月16日から一部店舗限定で提供していたが、好評を博し一気に全国展開に踏み切った。(2019/8/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。