ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「牛丼」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「牛丼」に関する情報が集まったページです。

矢口真里、夫からの“すき家バースデーケーキ”に「なぜ? なぜなの?」と動揺 見きれる夫との爆笑ショットも
「すき家=好きや」かな?(2021/1/22)

「松屋の朝弁当」スタート! 米・肉・みそ汁・漬物のセットが330円から
寒い朝でもあったまりそうです。(2021/1/20)

なか卯、スマホアプリで注文できる持ち帰り専用「モバイルオーダー」
なか卯は、スマホ向け「なか卯公式アプリ」で持ち帰り専用の「モバイルオーダー」を提供開始。持ち帰り商品の注文・会計がアプリ内で完結し、「日時指定予約」「お店で注文」などの機能も備える。(2021/1/12)

松屋が「お肉たっぷり焼き牛めし」を販売 “元祖旨辛ダレ”と“やみつきにんにく醤油ダレ”の2種
丑年にちなんで2種類の「お肉たっぷり焼き牛めし」を販売!(2021/1/7)

松屋「シュクメルリ鍋定食」1月19日から復刻販売 「復刻メニュー総選挙」1位獲得の商品
待ってた。(2021/1/5)

吉野家からのお年玉、29円追加で「肉だく」に テイクアウト容器に大吉が出たら並盛一杯無料
丑年だしね!(2021/1/4)

“VR松屋”でアルバイトの研修 仮想空間で調理、接客、トラブル対応など学ぶ
牛丼チェーン「松屋」での接客を体験できるVRコンテンツが登場。松屋でのアルバイトスタッフの教育を効率化する狙い。受講者がVR空間で、牛丼などの調理やトラブル対応を体験できる。(2020/12/22)

すき家の福袋は1500円で1500円分のクーポンがついてくる! レアグッズも入った「SMILE BOX 2021」発売
没ポスターが見られる「販促カレンダー」もアツい。(2020/12/22)

松屋「ごろごろチキンのバターチキンカレー」今週末には終売の可能性 公式Twitterも「私もまだ食べておりません」
早すぎない!?(2020/12/17)

“豪快”を超えてもはや無双! なか卯の「ローストビーフ丼 超・豪快盛」が12月10日に発売
ローストビーフもご飯もマシマシ。(2020/12/4)

自動的にボーナスが付与される「PayPayクーポン」、11月17日以降に提供開始
PayPayは、11月17日以降に「PayPayクーポン(決済総額型)」を提供開始。アプリ上でクーポンを取得した後、対象店舗の支払いにキャッシュレス決済「PayPay」を利用すると自動的にPayPayボーナスの付与される。対象店舗は松屋、コジマ、デニーズなど。(2020/11/6)

飲食店やコンビニを中心に10〜20%還元 スマホ決済11月のキャンペーンまとめ
11月も大型キャンペーンが続くスマホ決済。PayPayは11月15日まで「超PayPay祭!」を実施。飲食店などで10%が還元される。ビックカメラでdポイントが還元されるキャンペーンも見逃せない。au PAYは三太郎の日や吉野家のキャンペーンを実施している。(2020/11/2)

磯山友幸の「滅びる企業 生き残る企業」:
ワタミ、ロイヤルHD、サイゼリヤ……外食チェーンが軒並み大赤字に転落 業態転換など急ぐ
酒屋など外食チェーン大手の「ワタミ」は、居酒屋から焼肉店への大々的な業態転換を打ち出した。ロイヤルHDや牛丼チェーン大手の吉野家HD、サイゼリヤなどの決算状況から今後の生き残り策を検討する。(2020/10/28)

松屋でトリュフ!? 「黒トリュフソースのビーフハンバーグ定食」10月27日発売
ほくほくポテトがおいしそう。(2020/10/23)

ここがヘンだよ「Go To Eat」:
「はま寿司」は食事券のみ、「ココス」は食事券と予約の両方 ブランドごとに「Go To Eat」への対応が異なるゼンショー
ゼンショーホールディングスに取材し、「Go To Eatキャンペーン」への対応をブランドごとに聞いた。(2020/10/22)

ここがヘンだよ「Go To Eat」:
「すき家」「吉野家」「松屋」、「Go To Eatキャンペーン」に食事券事業で参加
「Go To Eatキャンペーン」への対応に、ファストフード大手だけでなく、大手牛丼チェーンも苦慮している。「すき家」「吉野家」「松屋」は筆者の取材に対して、「Go To Eatキャンペーン」のプレミアム付き食事券事業に、全店で参加する予定だと回答した。その詳細は?(2020/10/22)

期間中は使い放題:
松屋が牛めし、焼肉定食を最大で70円値引きする「0円定期券」を配布 狙いは?
松屋フーズは、自社が運営する松屋全店で、牛めしなどを値引きする「MATSUCA 0円定期券」を配布する。配布期間は10月20日の午前10時から11月17日。その経営的な狙いは?(2020/10/20)

吉野家がポケモンGOのオフィシャルパートナーに 約1200店舗にポケストップとジム設置
吉野家が「Pokemon GO」とのスポンサー契約を結んだ。全国の約1200店舗にポケストップやジムが設置される。(2020/10/20)

吉野家が「ポケモンGO」のポケストップ&ジムに 10月20日から10%引きクーポンが使える記念キャンペーン開始
吉野家がジムに。(2020/10/20)

松屋のメニューが何度でも割引に! 無料でもらえる「0円定期券」がヘビーユーザーにうれしすぎる
「0円」で「割引」の定期券がもらえるだと……?(2020/10/19)

「超PayPay祭」10月17日スタート 「100%還元」のほか、「マック」「松屋」「ガスト」などでお得に支払いできる!
いつもの生活をちょっとお得にできるのがうれしい。(2020/10/16)

牛鍋を巡る戦い:
松屋が「お肉たっぷり牛鍋膳」を発売 吉野家は「牛すき鍋膳」「黒毛和牛すき鍋膳」を投入済
松屋が「お肉たっぷり牛鍋膳」を10月20日に発売する。選べる小鉢として、キムチ、カレー、チーズ、とろろ、大根おろし、牛皿を用意した。吉野家は10月5日に「牛すき鍋膳」と「黒毛和牛すき鍋膳」を発売している。(2020/10/15)

20%や50%還元、最大10万円還元も スマホ決済10月のキャンペーンまとめ
10月のスマホ決済キャンペーンをまとめた。PayPayは10月17日に抽選で最大10万円を還元する。d払いはお買い物ラリーに加えてAmazonでのキャンペーンを展開。au PAYは三太郎の日や吉野家のキャンペーンを実施している。(2020/10/10)

吉野家で「au PAY」が利用可能に 最大20%還元キャンペーンも
スマホ決済サービス「au PAY」が、10月8日から全国の吉野家1185店舗で利用可能に。10月25日の期間中、吉野家で利用すると20%のPontaポイントを還元し、auスマートパスプレミアムへの新規入会で牛丼1杯相当の352円(税込)割引クーポンをプレゼントする。(2020/10/8)

和牛の消費支援も:
吉野家が998円の「黒毛和牛すき鍋膳」を発売 「牛たん」「すきやき重」に続いて看板食材をアピール
吉野家は10月5日午前11時、「黒毛和牛すき鍋膳」(税別998円)を全国の店舗で限定販売する。過去には「牛たん」「すきやき重」を発売しており、看板食材である牛肉をアピールする。(2020/10/4)

テスト販売で売り切れ続出だった松屋の「牛ステーキ丼」が全国販売へ
2種類の選べる極旨ソース。(2020/10/1)

【Amazonタイムセール祭り】酒! つまみ! 牛丼! セール最終日の注目アイテムまとめ
もう買い忘れはないですか?(2020/9/21)

松屋に「海老のチリソース定食」登場! 9月22日から
テスト販売が好評だったとのこと。(2020/9/17)

吉野家「ポケ盛」第3弾、9月17日から 「ジュラルドン」「ガラルのヤドン」など「ドン」付き新ポケモンがフィギュアに
名前に「ドン」が付くポケモンとのコラボ企画第3弾。(2020/9/14)

吉野家、従業員に人気の“まかない飯”を「裏牛丼」として販売 「アボカドチーズ」「納豆ネバとろ」など4種
テイクアウトにも対応します。(2020/9/8)

新しい楽しみを提案:
吉野家が4種類の「裏牛丼」を発売 お店で働く3149人の“まかない牛丼”を参考に開発
吉野家が期間限定で「裏牛丼」4種類を発売する。お店で働く従業員の“まかない牛丼”を参考にした。新しい牛丼のトッピングを提案する。(2020/9/8)

牛丼に焼きそばがのっているだと……? すき家が「お好み牛玉丼」と新商品「お好み牛玉丼 広島 Mix」を9月9日に販売開始
炭水化物はパワー。(2020/9/2)

松屋、「ステーキ屋松」のステーキ丼を一部店舗で試験販売 エビチリの全国販売も決定
グループ店「ステーキ屋松」の商品が松屋に。(2020/9/2)

よりマイルドに:
すき家が看板商品のカレーを刷新 持ち帰り用容器も進化
すき家は8月26日に看板商品のカレーを刷新する。優しいコクが特徴の欧風カレー。テークアウト需要が高まっていることから、新たな持ち帰り用容器も導入する。(2020/8/19)

「松屋」モバイルオーダー開始 「もう券売機に並ばない」
松屋フーズは8月17日、公式アプリの新機能として、事前にスマートフォンで注文し、クレジットカードで決済しておける「松屋モバイルオーダー」を始めた。店舗で券売機に並ぶ必要なくなり、より手軽に注文できる。(2020/8/19)

弁当注文は事前決済に対応:
券売機に並ばず注文できる「松屋モバイルオーダー」スタート セルフサービス店舗が対象 ポイント20%還元キャンペーンも
松屋フーズが、スマホアプリを使った「モバイルオーダー」を一部を除くセルフサービス店舗に導入した。弁当の事前注文サービスと合わせてポイント還元を受けられるようになっており、9月30日までの期間限定でポイント還元率を引き上げるキャンペーンも実施する。(2020/8/17)

新規顧客獲得目指す:
松屋の牛めしに合うビーフンが登場 ケンミン食品が開発
ビーフン最大手のケンミン食品が、「松屋 味付け焼ビーフン」(10食入りで税込4000円)を発売した。松屋の牛めし(別売り)に合うようにしょうゆベースのあっさりした味付けをした冷凍ビーフン。(2020/8/11)

持ち帰りも強化:
吉野家が「肉だく牛カレー」と持ち帰り専用「W弁当」を発売 肉を味わうためカレールウを刷新
吉野家が「肉だく牛カレー」と持ち帰り専用「W弁当」を発売する。肉だく牛カレーには、刷新したカレールウを使用している。高まる持ち帰り需要に対応するためW弁当を投入する。(2020/8/5)

休業要請の影響:
吉野家・すき家・松屋は「酒の販売休止」、ファミレスは「時短」 対応差の背景は?
吉野家、すき家、松屋は8月31日まで、都内の店舗でビールなどアルコール類の提供を休止している。東京都が酒を提供する都内の飲食店などに対し、営業時間を午後10時までに短縮することを要請した。各チェーンの運営会社が対応に追われた。(2020/8/3)

内食・中食需要の取り込み:
吉野家が牛丼弁当をドラッグストアで実験販売 冷凍牛丼は絶好調
吉野家が中食・中食需要の取り組みを強化している。コロナ禍で冷凍牛丼の売り上げが急激に増えている。中食需要を取り込むために牛丼弁当をドラッグストアで実験的に販売している。(2020/7/31)

セガ、生配信の発言に謝罪 『ぷよぷよ』のプロゲーマーに対し「チーズ牛丼食ってそう」
謝罪の上、アーカイブ動画から該当箇所を削除しています。(2020/7/30)

3粒提供:
すき家が「スタミナ祭り」で小林製薬とタッグ トリプルニンニクMIXとブレスケア
すき家が8月5日から「スタミナ祭り」を開催。「牛丼 トリプルニンニク MIX」(税込580円)などを提供する。ニンニクのにおいが気になるお客のために小林製薬のブレスケアを提供する。(2020/7/29)

吉野家、最大150店舗の閉店を検討 コロナウイルスの影響で客数が大幅減少
大手チェーンでも厳しい状況が続いています。(2020/7/28)

最もコスパのいい牛丼・牛めしを“1キロカロリー当たり何円か”で決める
全部うまいならカロリー当たりの値段で勝負だ。(2020/7/22)

今度は「サイドン」「カバルドン」など 吉野家の「ポケ盛」第2弾が7月23日どーんとスタート
“ドン”付きポケモンが特典フィギュアに。(2020/7/17)

松屋の復刻メニュー総選挙1位は「シュクメルリ鍋定食」 今秋または今冬に再販されることが決定
あの話題になった「シュクメルリ」がまた食べられる!(2020/7/16)

松屋「ゴロゴロチキンのバターチキンカレー」復活販売 ゴロチキの攻勢は止まらない
食べねば。(2020/7/16)

なか卯、Apple PayやQUICPayなどの非接触決済に対応
なか卯は、7月8日に「電子マネー(非接触決済)」「クレジットカード」での支払いへ対応。4月にはQRコード決済サービス「PayPay」「メルペイ」「LINE Pay」「au PAY」を導入している。(2020/7/8)

「タイミングを伺っていたら5分ぐらいたってしまった」 松屋で「ごちそうさまでした」が言えない漫画に共感の声
いつ言うか、そもそも言わざるべきか。(2020/7/7)

au PAY、Ponta提携店舗で最大13%を還元するキャンペーン
KDDIは、7月1日から「Ponta統合記念キャンペーン」を開催。高島屋、すき家、ビックカメラなどのPonta提携店舗でスマホ決済サービス「au PAY」を利用すると、最大13%ポイント還元する。(2020/6/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。