ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ゼンショー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ゼンショー」に関する情報が集まったページです。

ウェンディーズとファーストキッチンがQRコード決済を導入 「LINE pay」「楽天ペイ」が利用可能に
「ファーストキッチン」「ウェンディーズ・ファーストキッチン」がQRコード決済を導入開始。「LINE Pay」と「楽天ペイ(アプリ決済)」で支払いが可能となった。(2019/6/11)

ビジネスモデルと密接に関係:
券売機を置かないすき家が下した「セミセルフレジ」という決断
すき家が「セミセルフレジ」の導入を進めている。19年3月末時点で約400店舗に設置済みで全店への展開を目指す。新型レジの選定にはすき家のビジネスモデルが密接に関係している。(2019/6/4)

ジョリーパスタ、ゼンショーが完全子会社化で上場廃止へ
最終売買日は7月29日。(2019/5/14)

ファミレスのココスが年初来安値 業績下方修正と株主優待休止のダブルパンチ
優待の切れ目が縁の切れ目?(2019/4/17)

ゼンショーHD、すき家などに「楽天/Ponta/dポイント」導入 他社を受け入れて多様化へ
ゼンショーホールディングスが「すき家」などで「楽天スーパーポイント」「Pontaポイント」「dポイント」を7月から順次導入する。(2019/4/16)

「メルペイ」にクーポン機能 セブン-イレブンのおにぎりが11円 ガストやはま寿司も
「メルペイ」にクーポン機能が追加。第1弾は「セブン-イレブン」「ガスト」「はま寿司」で、対象商品をよりお得に購入できる。今後「すき家」「牛角」「温野菜」「プロント」「ジョナサン」などで利用できるクーポンを配布していく予定だ。(2019/3/29)

ファーストキッチン&ウェンディーズでヒプマイコラボ 「ヒプノシスマイクバーガー」爆誕
一体どんな味なんだ……?(2019/3/22)

日高屋も試験的に導入:
松屋の魅力は券売機!? 人手不足時代に吉野家とすき家が導入しない理由とは
大手牛丼チェーン3社のうち券売機を導入しているのは松屋だけだ。生産性向上の切り札である券売機を吉野家とすき家は導入していない。各社に見解を聞いてみた。(2019/3/22)

「やりすぎでは」「ただの私刑」 “バイトテロ”投稿主の個人情報暴露、法的に責任はないの?
弁護士は「不適切動画問題と、再拡散や特定拡散は別の問題」と語ります。(2019/2/18)

都内でも残っている:
380円の“高級”牛めしを推す松屋が320円の牛めしをあえて温存するワケ
松屋は380円のプレミアム牛めしを推進している。320円の牛めしを販売する店舗は首都圏を中心に減りつつある。しかし、松屋は320円の牛めしを販売する店舗をあえて残している。なぜなのか。(2019/2/26)

京大“折田先生像”、2019年版は「平成」掲げる小渕恵三 「オルガ像」や「AR版」も登場し現実も仮想もカオスに
平成最後の折田先生像ですから。(2019/2/25)

若者の情弱化:
第二次バカッター合戦到来! バカ発見器再発動の責任は誰か
くら寿司、すき家、セブン-イレブン、そしてバーミヤン……。2013年くらいに続発したバカッター事件(Twitterによる犯罪や不適切行為自慢)と同じような行為が、ここ最近再びニュースになっています。久々のバカ発見器発動を企業リスクの視点で見てみましょう。(2019/2/14)

バカッターの次は「バカスタグラム」? 変わる“バイトテロ”の発火点
「すき家」や「くら寿司」のバイト店員の不適切な動画が炎上し、運営企業が謝罪した。不適切な動画は主にTwitterで拡散されるため「バカッター」と呼ばれるが、今回の動画が最初に投稿されたのはInstagramだった。(2019/2/12)

くら寿司、不適切動画の従業員2人に刑事、民事での法的措置へ 信用回復と不適切動画続出に一石投じるため
くらコーポレーションが対応を発表。(2019/2/9)

ビッグエコー店員がから揚げを床に、謝罪文発表 元動画は2018年以前に投稿
新たにネット上に拡散されたことについては「厳正に対処する」としています。(2019/2/7)

くら寿司、“不適切動画”拡散で謝罪 アルバイト店員がごみ箱へ捨てた食材をまな板へ戻す様子が拡散
法的に厳粛な対応を進めるとしています。(2019/2/6)

すき家が謝罪、従業員が店内で不適切な動画を撮影
当該の従業員は社内規定により処分するとしています。(2019/1/29)

ZOZOTOWN前澤社長、ツイートが世界記録達成 「1800万RTされたらナゲット1年無料」のRT数を破る
まだまだ伸びそう。(2019/1/7)

「うまい・安い・早い」頼みから脱却:
「値上げはしない」苦境の吉野家が挑む“初めてのマーケティング”
コスト高にあえぐ吉野家が“初めてのマーケティング”に挑戦。新型店舗で女性客を取り込み多彩なクーポンも発行。今後は単価を高くするメニュー提案も。(2018/12/20)

これからのAIの話をしよう(接客ロボット編):
“ロボットで自動化”に潜むリスク 全店舗でPepper導入の「はま寿司」が乗り越えた苦労とは?
全国にある回転寿司チェーン店「はま寿司」に導入されているヒト型ロボット「Pepper」。前例のない新規プロジェクトを実現できた理由をキーマンに聞いた。(2018/12/12)

これからのAIの話をしよう(接客ロボット編):
前例ない“Pepperの接客” はま寿司のキーマンは「新規プロジェクト」で社長をどう説得したか
全国にある回転寿司チェーン店「はま寿司」に導入されているヒト型ロボット「Pepper」。来店客の案内をロボットに任せることに決めた理由をキーマンに聞いた。(2018/12/11)

「きのこの山」などに続き:
人型ロボット「Pepper」が立体商標に “見ただけで分かる”
人型ロボット「Pepper」の形状が立体商標として登録された。「外観だけで広く一般的に認識されることが認められた」ため。過去には明治の「きのこの山」などが登録されている。(2018/11/22)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ウェンディーズ×ファーストキッチン イマイチだった両者のコラボ店が人気の理由
「ファーストキッチン」と「ウェンディーズ」がコラボした業態が売り上げを伸ばしている。2015年から始めたこの取り組みは成功を重ね、わずか3年で40店も増えた。快進撃の秘密を探る。(2018/10/23)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
行列ができるまでに復活! 「東京チカラめし」の反転攻勢
かつて急成長したが、失速するのも早かった東京チカラめし。現在は全10店を営業するにとどまるが、実は店舗に行列ができるまでに“復活”しているという。再成長できるかどうか、検証する。(2018/7/3)

19年9月末までに:
ファミレス「ココス」、全店舗を終日全席禁煙に
ゼンショーホールディングスは5月22日、連結子会社ココスジャパンが展開するファミリーレストラン「ココス」を、2019年9月末までに出店予定店舗を含む全店舗で終日全席禁煙にすると発表した。(2018/5/22)

女性だけでなく男性も:
すき家の新作牛丼 狙いは「健康まっしぐら」
すき家が新作牛丼を発売する。たっぷりのレタスを使用したシャキシャキとした食感が特徴だが、女性だけでなく男性客もターゲットだという。実はすき家は健康を意識した商品開発を進めているが、その背景とは?(2018/5/14)

何が悪かったのか:
戦う相手が強すぎて衰退した東京チカラめし
急速に店舗数を増やして大いに注目された東京チカラめし。しかし、衰退するのも早かった。理由として「店舗の急拡大にオペレーションが追い付かなかった」「店舗の清掃が行き届いていなかった」などが挙げられるが、本当にそれだけが原因なのだろうか?(2018/4/27)

1人負けした理由:
スシローの進化についていけなかったかっぱ寿司
かつて業界をリードする立場だったかっぱ寿司が、競合他社に次々と追い抜かれている。逆転を許してしまった背景にはいったい何があるのだろうか。(2018/4/26)

経営体質に差:
「指混入」だけじゃない 幸楽苑が日高屋に負けた理由
ラーメンへの異物混入事件でブランドイメージを大きく損なった幸楽苑。この事件が現在に至るまでの不振の原因として指摘される。しかし、本質的な敗因は別のところにもあった。(2018/4/25)

ごはんも増量:
すき家がカレー刷新に込めた「本当の狙い」
すき家が4月18日から定番の「ポークカレー」を刷新する。スパイシーさをより際立たせ、こはんも15%増量するという。一見すると何の変哲もないリニューアルのようだが、別の狙いもあるという。(2018/4/10)

吉野家は後悔?:
松屋とすき家に「牛丼並盛」の値上げをためらわせた「吉野家の悪夢」
松屋とすき家は相次いで値上げを行っている。原因は原材料費と人件費の高騰だが、主力の牛丼並盛の値上げは両社とも見送っている。背景にあるのは「吉野家の悪夢」かもしれない。(2018/4/2)

肉すし、丼、パフェなど続々:
競争激化の回転すし市場、生き残るカギは「テスト期間中の女子高生」?
回転すし市場では、各企業が肉すし、丼、パフェなどを相次いで投入している。背景には、背景には、米・魚などの原価や人件費の高騰があるようだ。今後はどのような商品が世に出てくるのだろうか。(2018/3/19)

海鮮以外の“肉丼”も充実:
かっぱ寿司が「丼もの」を始める理由
「かっぱ寿司」が丼メニュー「かっぱのごち丼」の提供を一部店舗で始めた。海鮮丼だけでなく、ローストビーフやハンバーグなどを用いた“肉丼”が充実している点が特徴だ。運営元のカッパ・クリエイトに、「丼」を始めた理由を聞いた。(2018/2/27)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「養老乃瀧」で“締めの牛丼”が売れている
養老乃瀧が、かつて販売していた「養老牛丼」がレギュラーメニューとして復活。締めのメニューとして、ダントツの人気商品となっている。古くからのファンや、一度は食べてみたいと思っている人が想像以上に多かったという。(2017/12/26)

トッピングやセットも:
すき家が「牛丼大盛」など値上げ 食材費と人件費が高騰
すき家が、「牛丼」など一部メニューを11月29日午前9時から値上げすると発表。(2017/11/22)

すき家で一部商品値上げへ 牛丼並盛は据え置き
食材の高騰と、人件費上昇が背景。(2017/11/22)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
「Amazon Echo」5つのおすすめスキルとその理由
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はAmazon Echoで使えるAlexaスキルについての筆者の考察と、おすすめのスキル5つをその理由も含めて紹介する。(2017/11/21)

「Amazon Echo」に外食業界が注目 スシロー、すき家が注文予約サービス
音声アシスタント「Alexa」対応のスピーカー「Amazon Echo」に、スシローやすき家が対応。テークアウト商品の予約注文サービスを始める。(2017/11/10)

「すき家」等のゼンショーHD、メニューの値上げを検討 牛丼並は据え置きで
人件費や原材料価格の上昇を受けて。(2017/11/9)

水曜インタビュー劇場(お好み焼き公演):
10分の1に縮小した「ドムドム」は、復活することができるのか
ダイエーグループから離れた「ドムドムハンバーガー」が、まずまずのスタートを切ったようだ。店舗数は減少しているのにもかかわらず、売り上げは対前年比で1割ほど増加。マクドナルドやモスバーガーなどの競合がひしめき合うなかで、どのようにして売り上げを伸ばしたのか。(2017/11/8)

カナダの「トゥーンタウン」みたいな街がポップで楽しいと話題に ストリートビューで街を探索してみた
わくわくする建物がいっぱい。(2017/10/11)

すき家で関東風おでんが新発売 10月18日から1月末まで
これからの季節はこれで乗り切るしかない。(2017/10/12)

「すき家」でアイドルたちがアルバイト!? 「アイマス ミリオンライブ」コラボキャンペーン開催決定
プロデューサーさん! すき家ですよ、すき家! ※追記(2017/9/20)

「総合的な経営判断」:
O157感染 総菜店「でりしゃす」全店閉店
総菜を食べた人らがO157に感染した問題で、総菜店「でりしゃす」全店が営業終了。(2017/9/20)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
勢い止まらぬ「HUB」 なぜ人気?
英国風パブチェーン「HUB」。2017年4月に店舗数100店を突破するなど、堅調に成長し続けている。今回はこのHUBについて解説していきたい。(2017/7/25)

すき家、女子大生との共同研究で「フォトジェニックな牛丼」開発 丼も箸もいらない「牛丼クレープ」など
オシャレすぎて、牛丼に見えない。(2017/7/11)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「はま寿司」が急成長! 「かっぱ寿司」を追い越せた理由
「スシロー」「くら寿司」「かっぱ寿司」を抜き、店舗数でトップに立った「はま寿司」。脱落しつつあるかっぱ寿司とは何が違うのか。外食ジャーナリストの長浜淳之介氏が読み解く。(2017/6/27)

“いま”が分かるビジネス塾:
コンビニが「焼き鳥」強化、何が起きようとしているのか
ファミリーマートが焼き鳥の本格的な販売に乗り出した。ローソンも2016年から焼き鳥を強化しているが、今後、コンビニ各社は総菜類の品ぞろえをさらに拡充していく可能性が高い。一方、国内でもじわじわと「UberEATS」や「楽びん」といったデリバリーサービスの普及が進んでいる。近い将来、デリバリーを軸に、コンビニなどの小売店と外食産業の垣根が消滅する可能性も出てきている。(2017/6/21)

13日〜20日、「カルビ焼肉」も:
松屋が「大創業祭」 「牛めし」50円引き
松屋フーズが6月13日から1週間、割引キャンペーン「大創業祭」を開催する。「プレミアム牛めし」シリーズから50円、「カルビ焼肉定食」シリーズから130円を割り引く。(2017/6/8)

小売・流通アナリストの視点:
ゼンショーが小売スーパーを買収する理由
牛丼チェーン「すき家」などを運営するゼンショーホールディングスが小売事業を強化している。昨秋には群馬県の食品スーパー、フジタコーポレーションの買収を発表し、小売事業の売上高は900億円に迫る勢いだ。ゼンショーの狙いとは何か?(2017/6/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。