ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ニューラルネットワーク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ニューラルネットワーク」に関する情報が集まったページです。

Innovative Tech:
Wi-Fiで果物の中身を測定できる「Wi-Fruit」 切らずに腐っているか判定可能
中国の上海交通大学と深せん大学、廈門大学、カナダのマギル大学による研究チームは、Wi-Fiを活用して果物の中身を外から計測するシステムを開発した。スイカやグレープフルーツなど皮が厚い果実も測定可能で、推定結果から内部の腐敗具合を判断できる。(2022/1/26)

僕たちのKaggle挑戦記:
Titanicから始めよう:ハイパーパラメーターチューニングのまねごとをしてみた
Ray Tuneというハイパーパラメーターチューニングパッケージを使って、隠れ層や学習率などをチューンしてみました。その結果は果たして?(やっちゃダメなこともやっちゃったよ)。(2022/1/24)

消費電力削減と航続距離延長の実現:
Mercedes、EVにニューロモーフィックSoCを採用
Mercedes-Benzが、“史上最も効率的なMercedes-Benz”と謳うコンセプトカー「Mercedes VISION EQXX」は、消費電力の削減と航続距離の延長を促進するニューロモーフィックコンピューティングを採用している。VISION EQXXに搭載されたBrainChipのニューロモルフィックチップ「Akida」は、既存のAI(人工知能)ベースのキーワード検出システムよりも電力効率の高い方法として、車内でのキーワードスポッティングを実現して高効率化をサポートしている。(2022/1/25)

低消費電力AIチップ実現に向け:
Samsung、MRAMベースのインメモリコンピューティングを発表
Samsung Electronicsは2022年1月13日(韓国時間)、磁気抵抗メモリ(MRAM)のイノベーションを発表した。同社は、「単一のメモリネットワーク内でデータストレージとデータコンピューティングの両方を実行できる、世界初のMRAMベースのインメモリコンピューティングを実現した。このMRAMアレイチップは、低消費電力AI(人工知能)チップの実現に向けた次なるステップだ」と主張している。(2022/1/26)

AI:
ルクレ、工事用電子小黒板を自動作成するAI技術で特許取得
ルクレは、鉄筋コンクリート工事用の電子小黒板を自動作成するAI技術「電子小黒板生成装置および電子小黒板生成方法」で特許を取得した。同技術を「e-Kokuban」として施工管理クラウド「蔵衛門」に搭載し、配筋検査用写真の準備時間を削減するという。(2022/1/18)

Ambarellaの車載SoC:
20ストリームの画像データを同時に処理できるSoC
Ambarellaが、自動運転車用ドメインコントローラーの新しいSoC(System on Chip)製品ファミリー「CV3」シリーズを発表した。これにより同社は、引き続き自動運転車のドメインコントローラーをターゲットとしていく方向性を示したといえる。CV3は、最大20ストリームのイメージデータを一度に処理することが可能だという。(2022/1/13)

視点:
エンタメ業界に学ぶ技術戦略の要諦
近年では、業界を問わず経営戦略を語る上でテクノロジー活用は切っても切り離せない。エンタメ業界も例外ではなく、さまざまな先端テクノロジーが生まれている。(2022/1/5)

本当に「ネイティブ超え」をしたのか? 新ツール「ICAT」で検証するNVIDIAの最新超解像技術の実力
NVIDIAがゲームにおけるグラフィックスの画質を比較するためのツール「Image Comparison & Analysis Tool(ICAT)」を開発した。これを使って、GeForceの最新ソフトウェアで実装された「 Image Scaling and Sharpening」「DLSS 2.3」の実力をチェックしていこう。(2021/12/30)

Innovative Tech:
実世界に溶け込むCG 空中に浮かずに配置し、光の当たり具合も適切に調整
オーストリアのグラーツ工科大学とVRVis Research Center、ニュージーランドのオタゴ大学の研究チームは、実世界に溶け込むようにバーチャルオブジェクトをレンダリングする技術を開発した。(2021/12/28)

AI・機械学習の業界動向:
2022年の「AI/機械学習」はこうなる! 8大予測
2021年は、Transformerを中心に技術が発展し、日本語モデルの利用環境も整ってきた。また、ローコード/ノーコードをうたうAIサービスも登場した。2022年の「AI/機械学習」界わいはどう変わっていくのか? 幾つかの情報源を参考に、8個の予測を行う。(2021/12/27)

動く「機械学習帳」、東工大教授が講義資料を無償公開 回帰や分類のグラフをアニメーションに
東京工業大学の岡崎直観教授が、大学の講義で使う資料「機械学習帳」をGitHubのホスティングサービス上で公開している。利用者はPythonのコードとその実行結果を見ながら学べる。(2021/12/22)

Amazon SageMaker Studio Lab入門:
無料でPython/機械学習できるAmazon SageMaker Studio Labとは? Colabと比較
メールアドレスだけで無料で使えるStudio Labは、同種のColabとどう違うのか。Studio Labプロジェクトランタイムのスペック(CPU/GPUや、実行時間、メモリ、ディスクサイズなど)や機能(ランタイムの保存と再開など)について説明する。(2021/12/20)

SynSenseとProphesee:
“脳型プロセッサ”を統合したイメージセンサー開発へ
SynSenseとPropheseeは、Propheseeのイメージセンサー「Metavision」とSynsenseのニューロモーフィックプロセッサ「DYNAP-CNN」を統合したイベントベースの単一チップイメージセンサーを共同開発している。両社は今後、同イメージセンサーの設計、開発、製造、製品化でも連携し、小型化と安価を両立した超低電力センサーを生み出すことを目指す。(2021/12/17)

Innovative Tech:
最大時速40kmの自動運転ドローン 未知の環境でも障害物を認知し、飛行
スイスのチューリッヒ大学とIntelの研究チームは、見たことがない全く未知なる環境において、障害物にぶつかることなく高速でその環境を突破できるドローン自動運転システムを開発した。(2021/12/14)

AutoML OSS入門(7):
ディープラーニングモデルを自動構築するAutoML OSS「AutoKeras」
AutoML OSSを紹介する本連載第7回は、KerasベースのAutoML OSSである「AutoKeras」を解説します。AutoKerasは、ENAS(Efficient Neural Architecture Search)によりニューラルネットワークの構造設計とハイパーパラメーターチューニングを自動で行うツールです。(2021/12/13)

僕たちのKaggle挑戦記:
Titanicから始めよう:データを可視化して、EDAのまねごとをしてみた
今回はseabornライブラリを使用して、Titanicデータセットの各列が生死とどのような関係にあるかを(少しだけ)確認してみました。それだけで、スコアはアップ!(2021/12/10)

CNNにも変換可能:
米BrainChipがSNNプロセッサ向け開発キットを発表
ニューロモーフィックコンピューティングIP(Intellectual Property)のベンダーである米BrainChipは、2021年10月に米国カリフォルニア州サンタクララで開催され 「Linley Fall Processor Conference」で、同社のニューロモーフィックプロセッサSoC(System on Chip)「Akida」の開発キットを発表した。(2021/12/8)

AI・機械学習の用語辞典:
コサイン類似度(Cosine Similarity)とは?
用語「コサイン類似度」について説明。2つのベクトルが「どのくらい似ているか」という類似性を表す尺度で、具体的には2つのベクトルがなす角のコサイン値のこと。1なら「似ている」を、-1なら「似ていない」を意味する。主に文書同士の類似性を評価するために使われている。(2021/12/8)

PR:“デジタル人材に頼り切り”からの卒業――全社員がデータサイエンティストになれるノーコードAI構築の可能性とは?
発展目覚ましいデータサイエンス分野において、広く企業へ導入が進んでいるのがAI(人工知能)である。人材マネジメントやOCRなど多様なツールに導入されているAIだが、実は「自分で作り、業務に活用できる」ことを知っているだろうか? AI・機械学習の第一人者であり、ヒューマノーム研究所でAI構築ツールを開発する瀬々潤氏に話を聞いた。(2021/12/8)

僕たちのKaggle挑戦記:
Kaggleで学ぶ、Optunaによるハイパーパラメーター自動チューニング
Kaggle公式「機械学習」入門/中級講座の次は、本稿で紹介する動画シリーズで学ぶのがオススメ。記事を前中後編に分け、中編ではOptunaを使ったハイパーパラメーターの自動チューニングを試した体験を共有します。(2021/12/1)

ET&IoT 2021:
画像鮮明化+エッジ推論で異常検知を簡単に
LeapMindは「ET&IoT 2021」(2021年11月17〜19日、パシフィコ横浜)のジーニックのブースにて、超低消費電力のAI(人工知能)推論アクセラレーターIP(Intellectual Property)「Efficiera」のデモを展示した。(2021/11/30)

人工知能ニュース:
1W当たりの処理性能は12TOPS、高い電力効率を有するAIアクセラレーターを発表
エヌエスアイテクスは、電力効率に優れたAIアクセラレーター「ML041」を発表した。分割した入力データごとに複数のレイヤー処理の入出力を連結して処理するため、外部メモリへの中間データの退避を削減し、電力効率を高める。(2021/11/29)

僕たちのKaggle挑戦記:
Titanicから始めよう:ベースラインの作成とユーティリティースクリプトの記述
Kaggleの世界に足を踏み出すべく、Titanicコンペティションに参加してみました。今回はベースラインモデルの作成とユーティリティースクリプトの記述を中心に見てみます。(2021/11/26)

SAPがローコード/ノーコード向け開発ツールを発表 AI関連機能も追加へ
SAPはSAP BTPで利用できる統合的なローコード/ノーコード開発ツールを発表した。コーディングのスキルを持たないユーザーでも、新しいアプリケーションの開発や、既存のアプリケーションの拡張などが可能だとしている。(2021/11/25)

ReRAM利用で高性能を実現:
Rain NeuromorphicsがアナログAIのデモチップをテープアウト
Rain Neuromorphicsが、脳型アナログアーキテクチャのデモチップをテープアウトした。ランダムに接続されたメモリスタの3Dアレイを用い、ニューラルネットワークトレーニング/推論などを超低消費電力で計算することが可能だという。(2021/11/24)

AI・機械学習の用語辞典:
残差平方和(RSS:Residual Sum of Squares)/[損失関数]二乗和誤差(SSE:Sum of Squared Error)とは?
用語「残差平方和」「二乗和誤差」について説明。残差平方和は、線形回帰の最小二乗法で用いられる関数の一つで、各データに対して「観測値と予測値の差(=残差)」の平方値を計算し、それを総和した値を表す。二乗和誤差は、損失関数の一つで、各データに対して「予測値と正解値の差(=誤差)」の二乗値を計算し、それを総和した値、もしくはさらにそれを2で割った値を表す。(2021/11/22)

ET&IoT 2021:
消費電力10mW以下のエッジAIマイコン、ReRAM上のメモリコンピューティングで実現
ヌヴォトン・テクノロジージャパンは、「ET&IoT 2021」において、メモリコンピューティング技術を用いたエッジAI(人工知能)マイコンを披露した。ReRAM上でAIの推論処理を行うことにより、消費電力を約10mWに抑えるとともに、AI推論エンジンのコード量も約10分の1に圧縮できるという。(2021/11/18)

Innovative Tech:
動きを想像するだけでロボットを操作できる脳波計 軽量で柔らかく皮膚を傷つけない設計
米ジョージア工科大学などの研究チームは、動きを想像するだけでロボットを操作できる脳波計を開発した。軽量で柔らかく、携帯性を兼ね備えた非侵襲的(生体を傷つけない)な設計になっている。(2021/11/18)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
Tesla乗りだけが感じ取れる「ファントムブレーキ」の怪異を知ってるか? オートパイロットの快適さと限界
まるで幽霊にでも出会ったような……。(2021/11/12)

詐欺に遭わないためには
偽動画「ディープフェイク」を見破るには“ここ”を見るべし
攻撃者はディープフェイクを悪用して事実を改ざんし、さまざまな詐欺行為に及ぶ。ディープフェイクの仕組みと、脅威を軽減するための対策を紹介する。(2021/11/12)

次世代のエッジデバイス向け:
ラティス、新sensAIソリューションスタックを発表
ラティスセミコンダクター(以下、ラティス)は、次世代のエッジデバイスに向けて、FPGA「Nexus」上で動作する「sensAIソリューションスタック」の最新版(v4.1)を発表した。(2021/11/12)

CAEニュース:
設計パターンを迅速に評価、3次元CAEデータ対応の深層学習用AI構築ツール
サイバネットシステムは、3次元CAEデータ対応の深層学習用AI構築ツール「Neural Concept Shape」を発表した。10万超の設計パターンでも、数秒〜数分間で高精度に評価する。(2021/11/11)

AI技術:
PR:ロッキード・マーティンが宇宙船オリオン開発に採用、製造現場で要求される説明可能なAI技術
近年のAI技術といえば機械学習や深層学習が当たり前のようになっている。しかし「現場での使いやすさ」という観点で一線を画しているのが、NECが製造業を中心に展開している「NEC Advanced Analytics - インバリアント分析」である。ロッキード・マーティンの宇宙船「オリオン」の開発にも採用された説明可能なAI技術はどのような特徴を備えているのだろうか。(2021/11/9)

演算速度は現行チップの60倍以上:
超高速かつ省電力の光リザバー計算チップを開発
金沢大学と埼玉大学の共同研究グループは、リザバー計算を高速かつ低消費電力で実行できる、新たな「光回路チップ」を作製した。演算速度は現行の光リザバー回路チップの60倍以上、省エネ性は電子回路に比べ100倍以上にできる可能性があるという。(2021/11/11)

第2世代チップも開発中:
AIチップ開発の「ユニコーン企業」Hailoが1億3600万ドル調達
イスラエルを拠点とするAI(人工知能)チップのスタートアップHailoは、シリーズCの投資ラウンドにおいて1億3600万米ドルの資金を調達した。同社がこれまでに調達した資金は、2億2400万米ドルに達することになる。また同社は、ユニコーン企業(企業価値が10億米ドル以上で、非上場の民間新興企業)としての位置付けを獲得したと報じられている。(2021/10/25)

サブスクリプションで:
Cerebras Systemsのウエハースケールエンジンがクラウドで利用可能に
大規模なAIワークロードを高速化するために開発されたCerebras Systems(以下、Cerebras)の第2世代ウエハースケールチップを搭載したディープラーニングシステム「CS-2」が、AIクラウドのスペシャリストプロバイダーであるCirrascale Cloud Services(以下、Cirrascale)のクラウドで、一般利用に向けて公開された。CS-2は、カリフォルニア州サンタクララのCirrascaleに導入されている。(2021/10/15)

マクロ撮影のためにiPhone 13 Proにする必要なし? 13 Pro以外でも高精細接写可能にするアプリ登場
マクロ撮影はiPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxにしかない。今日まではそうだった。(2021/10/11)

「画質改善+物体検知」も可能に:
超低消費電力のエッジAI、ASICで100TOPS/Wの実現も
エッジでのディープラーニング技術(エッジAI技術)を手掛けるLeapMindは2021年9月30日、超低消費電力のAI(人工知能)推論アクセラレーターIP(Intellectual Property)「Efficiera(エフィシエラ)バージョン2(Efficiera v2)」のβ版をリリースした。正式版は同年11月末に提供を開始する。(2021/10/7)

3500万米ドルを調達:
エッジAI新興Deep Vision、22年に第2世代チップを計画
米国のエッジAI(人工知能)チップのスタートアップ企業であるDeep Visionは、Tiger Globalが主導するシリーズBの投資ラウンドで3500万米ドルを調達した。同投資ラウンドには、既存の投資家であるExfinity Venture PartnersとSilicon Motion、Western Digitalが参加している。(2021/10/6)

オンチップメモリで省電力に:
「電池でエッジAI」を手軽に実現、ADI
Analog Devices(Maxim Integrated Products)は近年、エッジAI(人工知能)にも力を入れている。それを象徴するのが2021年7月に発表した、エッジAI向けの小型カメラキューブのレファレンスデザイン「MAXREFDES178#」だ。顔認識やキーワード認識などを、コイン電池で実行できるほど低消費電力なのが特長である。(2021/10/4)

自動運転車用モデルのトレーニングを進化:
最大362TFLOPSの「D1」チップなど、Tesla AI Dayハイライト
Teslaが2021年8月半ばに開催した「AI Day」では、自動車用チップの他、機械学習(ML)/ニューラルネットワーク(NN)トレーニング向けシステムとソフトウェアが紹介された。それらを共に用いることで、自動運転車用モデルのトレーニングが進化するという。(2021/10/4)

数学×Pythonプログラミング入門:
Matplotlibで折れ線グラフ(正規分布など)を描こう
「モデルとデータの可視化」というテーマで関数グラフの描画やヒストグラムや散布図などの各種グラフの取り扱い方を前後編で解説。前編である今回はシグモイド関数のグラフを描く問題を手始めに、さまざまなグラフの描画方法を見ていく。(2021/10/4)

3Dスキャナーニュース:
リモート処理に対応、3Dスキャンソフトの最新版とクラウドプラットフォーム
Artec 3Dは、3Dスキャンソフトの最新版「Artec Studio 16」とクラウドプラットフォーム「Artec Cloud」を発表した。デバイスの技術的な制限や場所にとらわれず、ブラウザを介して3Dスキャンの処理ができる。(2021/10/1)

「Deep Edge AI」が加速、ST:
エッジAI発展に重要な「インメモリコンピューティング」
欧州最大級の半導体国際学会「ESSCIRC-ESSDERC 2021」(2021年9月、オンライン開催)で、STMicroelectronics(以下、ST)のデジタル&スマート・パワー技術およびデジタル前工程製造を担当エグゼクティブバイスプレジデント、Joël Hartmann氏が講演。エッジAI(人工知能)の展望を語る中で、「インメモリコンピューティングへの移行」の重要性を訴えた。(2021/9/30)

AutoML OSS入門(4):
AutoMLを最短3行で! 表形式や画像、テキストのデータにも対応可能なOSS「AutoGluon」
AutoML OSSを紹介する本連載第4回は、たった3行のコードでAutoMLが実行できるOSS「AutoGluon」を解説します。AutoGluonは表形式や画像、テキストのデータにも対応しており、データの前処理からモデル選択まで自動で実施してくれるAutoMLのツールキットです。(2021/9/27)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「iPhone 13」「13 Pro」を試して分かったこだわりの違い コンピュテーショナルフォトグラフィーはここまで進化した
これまでiPhoneのファーストインプレッションでは、SoCとその使い方といった視点でコラムを書くことも多かったが、今回の「iPhone 13」世代ばかりはカメラにかなりフォーカスした記事にせざるを得ない。評価用端末を使い始めてすぐにそう感じた。(2021/9/22)

変わる自動車のコアコンピタンス:
IoV(車のインターネット)実現への道はシリコンで敷き詰められている
自動車メーカーのコアコンピテンスはエンジンやシャーシの機械的設計から、ソフトウェアとシリコンに移行しつつあります。IoVへの道はシリコンで敷き詰められているのです。(2021/9/16)

組み込み開発ニュース:
「Armadillo-IoT」がエッジAIに対応、専用Linux「Armadillo Base OS」も開発
アットマークテクノがエッジAI処理に対応したIoTゲートウェイの新製品「Armadillo-IoTゲートウェイ G4」とIoT機器向けに新たに開発したOS「Armadillo Base OS」を発表。Armadillo-IoTゲートウェイ G4の開発セットの価格(税込み)は4万9500円で、2021年11月末に発売する予定だ。(2021/9/10)

120兆個のパラメータの学習を実現:
Cerebras、人間の脳に匹敵するAIシステムを発表
Cerebrasは、2021年8月22〜24日にオンラインで開催された「Hot Chips 33」で、自社の次世代AI(人工知能)アクセラレーター「CS-2」に向けた新たなメモリ拡張技術やソフトウェア実行アーキテクチャを発表した。それにより、単一のウエハースケールチップで120兆個のパラメータモデルをトレーニングできるようになるという。(2021/9/9)

Appleの利用停止通告から4年:
車載で存在感を増すImagination、AIとのシナジーも強化
25年以上にわたりGPUコアを提供している英Imagination Technologies(以下、Imagination)は、順調に売上高を伸ばし、新しいGPUコアのシリーズを立ち上げ、その製品ラインアップを増やしている。オートモーティブはImaginationにとって中核市場の一つだ。(2021/9/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。