ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」に関する情報が集まったページです。

ハロウィーンの仮装もう決めた? 普段着でキャラクターを表現する「バウンドコーデ」のコツを聞いてみた
普段着の組み合わせでこんなにかわいいちょこっと仮装に!(2019/10/28)

ピカチュウやゼルダ、人気のキャラクターがパイに スゴ腕職人が作ったパイアートがすごい
パイに使われているさまざまな技術の背景には、数多くの失敗がありました。(2019/5/26)

売れる映画はどんなタイプか 英大学がデータサイエンスで分析
“感情”の動きに着目して分析しました。(2018/7/30)

「池袋ハロウィンコスプレフェス2016」のフォトレポートをお届け 「街ごと、コスプレ劇場」だったよ!
10月29日・30日に開催!(2016/10/30)

ベイマックスも仲間入り! ディズニーツムツムのクリスマス・プチケーキ、銀座コージーコーナーで販売
ひとあし早いクリスマスパーティーに。(2016/10/27)

今年のハロウィンはこれで決まり? 「マインクラフト」風ピクセルメイクに注目集まる
この顔自体をマイクラで再現できそう。(2016/5/14)

仮装しながら肌をケア? 「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」のフェイスパックが登場
ハロウィンにぴったり!(2015/10/3)

東京ディズニーリゾートのハロウィーンイベント発表 シーは「ヴィランズ」がテーマ!
ディズニーシーの「ディズニー・ハロウィーン」ではディズニーアニメの悪役たちが活躍します。(2015/6/4)

対応機器で解決されるべき課題とは?:
3D普及への道
3D映画の公開や、3Dテレビ、3Dビデオカメラの発売や発表が相次ぐなど、3D業界の勢いは加速するばかりだ。今後も3D対応機器やコンテンツが増加するのは間違いないが、一般家庭に3Dテレビを普及させるには、3Dメガネやディスプレイ、コンテンツの配信方法についての課題を解決しなければならない。本稿では、3Dの実現方式について簡単に見直した後、3Dを普及させる上で問題となる事柄を指摘してみたい。(2010/8/1)

レイ・アウト、ディズニーケースなどウォークマン用アクセサリ
レイ・アウトがディズニーキャラクタケースなど、ウォークマン「NW-A840シリーズ」「NW-S640/S740シリーズ」に対応した各種アクセサリを発売。(2009/10/23)

レイ・アウト、ウォークマン X1000シリーズ用のディズニーキャラジャケット
レイ・アウトがディズニーキャラクターをあしらったウォークマン「NW-X1000」シリーズ用シリコンジャケットを販売開始。(2009/5/29)

本山由樹子の新作劇場 特別編:
ジャンル別おすすめBD37本、これを見ずして年末年始を過ごす事なかれ
タイトルが豊富になってきたBDは、年末年始の休暇にぜひともチェックしたいもの。今回はBDの迫力を十分に味わえるアクションや、話題のアニメなど、ジャンル別お薦めを一挙37本ご紹介!(2008/12/29)

写真で解説する「DM003SH」
ディズニーケータイの第3弾として登場する「DM003SH」には、「光の魔法」をテーマにした“キラキラ感”が、外観と内蔵コンテンツに反映されている。ワンセグやAF対応3.2Mカメラ、防水性能も備え、スペックを求めるユーザーにもお勧めできる。(2008/12/5)

ディズニー・モバイル、“光の魔法”がテーマの防水端末を発表──「DM003SH」
ディズニー・モバイルは10月29日、2008年冬モデルとして、防水機能と国際ローミング機能をサポートした「DM003SH」を発表した。12月6日から販売を開始する。(2008/10/29)

本田雅一のTV Style:
家庭における3D映像の可能性を考える(1)〜映画とAVの密接な関係〜
近年、多くのハリウッド映画会社が3D映画に注目している。「市販のビデオパッケージが劇場に近い画質を実現し始めたら、次の差別化は3D化しかない」というわけだ。では、増えてきた3D映画を家庭のAVシステムで楽しめる時代はくるのだろうか?(2008/2/29)

「戦国BASARA2」と「クリスマス ブギーの逆襲」がカプコレで登場
(2007/3/14)

新作DVD情報:
あの世とこの世で奏でられる恋愛狂騒曲――「ティム・バートンのコープス ブライド」
ティム・バートン監督の魅力がたっぷり詰まった、ダークでファンタジックなストップモーション・アニメ。小心者の花婿に、心優しい花嫁、そして地面から這い出してきた死んだ花嫁の三角関係の行方は!?(2006/2/28)

「キングダム ハーツII」レビュー:
この冬、ディズニーキャラとFFキャラが奏でる壮大で痛快な一大オーケストラ
2005年の年末商戦真っ只中に発売された「キングダム ハーツII」は、ディズニーアニメのキャラクターとファイナルファンタジーのキャラクターが共演する人気シリーズの最新作だ。流麗なグラフィックと華麗なアクションと美麗なキャラクターが織り成す、キングダム ハーツの世界は今作でどうなっただろうか。その魅力を探っていきたい。(2005/12/29)

東京ゲームショウ2005――ディースリー・パブリッシャーブース:
おなじみの「SIMPLE2000 シリーズ」最新作などをプレイアブル出展
今回初の単独出展を行ったディースリー・パブリッシャー。おなじみの「SIMPLE2000 シリーズ」最新作を始め、「魁!!男塾」やディズニー映画をゲーム化した「チキン・リトル」といったタイトルがプレイアブル出展されている。(2005/9/17)

ディースリー・パブリッシャー初の単独出展――TGS2005
(2005/9/8)

ディースリー・パブリッシャー、日本におけるディズニーゲームの販売契約を締結――2006年春までに5タイトルが登場
(2005/4/25)

映画原作ゲームの認知度は低い
C-NEWSによると、ゲームユーザーは映画を視聴しても、その映画を原作にしたゲームソフトを購入するとは限らないようだ。理由としては、ゲーム自体の認知度が低いほか、「映画で十分」という意見も見られた。(2005/4/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。