ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「野沢雅子」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「野沢雅子」に関する情報が集まったページです。

Vtuberにテクノ法要にシウマイ弁当にミニ四駆の本気! 平成最後の「ニコニコ超会議2019」はやっぱりカオスだった
ホール間の移動すら楽しいイベント。(2019/4/30)

アイデンティティ田島、悟空になりきり結婚報告 ベジータ「人生のフュージョンとはおめでたいヤローだ」と祝福
「おめぇも早くブルマ探せ!」。(2019/1/8)

映画「ドラゴンボール超」試写会、一部招待客が“入場拒否”受けるトラブルに東映が謝罪文
オラに席を分けてくれ……。(2018/11/15)

「いい湯加減じゃのう」 茶碗風呂に入る「目玉おやじ」がしゃべる加湿器になって発売
「いいミストなんじゃ」(2018/9/2)

声優・沢城みゆきが一時休業を発表 鬼太郎や峰不二子など出演多数、ネットでは代役にも注目
「産前・産後休業、育児休業」のためとのこと。(2018/6/28)

「鉄郎、新しい旅が始まるわよ」 漫画『銀河鉄道999』が完全新作で11年ぶり再始動
松本零士生誕80年記念単行本に収録。(2018/2/23)

「ゲゲゲの鬼太郎」アニメ6期が4月から放送決定 元鬼太郎の野沢雅子、目玉おやじに
鬼太郎は沢城みゆきさん。またねこ娘がかわいくなってる!(2018/1/19)

まるでドラマ版「ポプテピ」 AbemaTV「#声だけ天使」ゲスト出演の声優陣がレジェンドだらけ
胸熱。(2018/1/16)

鶴ひろみ「送る会」2018年1月に開催へ 発起人に野沢雅子、戸田恵子ら
一般の参加も可能となっています。(2017/12/13)

「おめえ誕生日か」「ぶっ殺すぞ」 ドラゴンボール好きな旦那のために作った「バースデー野沢雅子ケーキ」がナメック星爆発レベルの破壊力
オラぁワクワクしてきたぞ。(2017/9/21)

大先輩来ちゃった 「映画 妖怪ウォッチ」に鬼太郎登場でジバニャン「えええーーーっ!」
ジバニャン×鬼太郎のコラボも。(2017/9/13)

ウクレレじゃなかった ももクロ高城れに、高木ブーからベースのプレゼント
たかぎコンビ。(2017/7/7)

40年前のコレジャナイ感を払拭! DX超合金魂「コン・バトラーV」の完成度がビクトリー
(2017/6/4)

音声とBGM収録で合体・変形シーンを再現……! 「超電磁ロボ コン・バトラーV」がDX超合金魂から超豪華仕様で登場
これはアツい……!(2017/6/3)

平野綾、孫悟空役・野沢雅子らと“ドラゴンボール飲み” 大先輩の言葉に「感動してしまいました」
4月7日には、再放送が始まった「涼宮ハルヒの憂鬱」へのコメントも。(2017/4/9)

おめぇ〜つえ〜な〜!(伝説) 声優の野沢雅子さんが2つのギネス世界記録に認定
大事なことを教えてくれた声。勇気をくれた声。(2017/2/1)

ドワンゴが「ネットユーザーが本気で選んだ声優総選挙」発表 2位石田彰、3位沢城みゆき、1位はやっぱりあの人!
テレビ朝日の「人気声優200人が本気で選んだ!声優総選挙!」と見比べても面白そうです。(2017/1/12)

「ドラゴンボール超」でシリーズ初の副音声放送! ヤムチャ主役回で野沢雅子、古谷徹らが台本なしのDB談議
あっというまに白目をむかせてやろう。(2016/12/4)

ものまねタレント・みかん、ざわちんの“ものまねメイク”をパクリ「有吉反省会」で謝罪 その後まさかのコラボ
ぺことりゅうちぇるになりきりました。(2016/6/20)

完走したい! 東映アニメーション、創立60周年記念で29時間マラソン特番
栄光の60年を完走できるか。(2016/6/1)

アニメ化記念インタビュー:
「戦争をしている国の子どもにも届けてほしい」 ちばてつやが「風のように」に込めた日本人らしさ
インタビュアーはアニメ「風のように」のプロデューサーを務めるエクラアニマルの豊永ひとみ。(2016/3/20)

ちばてつやの短編「風のように」劇場アニメ化へ クラウドファンディングで支援募集
5月以降、下北沢トリウッドで公開予定。(2016/2/26)

Googleストリートビューに声優・野沢雅子さんが登場!? 青二プロダクション付近に写っていると話題に
現代の奇跡。(2015/12/24)

アニメの街においでよ! 「練馬アニメカーニバル」今年は10月17日・18日に開催
テーマは「『レジェンド』と『最前線』を楽しもう!」。(2015/9/14)

40周年記念:
『世界名作劇場ぴあ』7月30日発売、付録はアンやラスカルたちが描かれた特製トランプ
全26作品のストーリーやキャラクターなどの設定集や、宮崎駿が手掛けた「赤毛のアン」レイアウト原画など貴重な資料を多数掲載している。(2015/7/21)

サブキャラも豪華すぎ! 映画「GAMBA ガンバと仲間たち」7役の声優が発表 過去ガンバ役の野沢雅子さんも
コナンの元太役の高木渉さんやシャアで知られる池田秀一さんなどすごい声優陣!(2015/7/17)

NHK Eテレ「趣味どきっ!」で「一声入魂!アニメ声優塾」がテーマに 野沢雅子や関智一ら声優陣が講師に
講師は野沢雅子、井上和彦、千葉繁、関智一、神谷明、平野文、勝生真沙子、古川登志夫。塾長は中川翔子さん。(2015/7/9)

「ドラゴンボール」18年ぶりの新作テレビアニメが7月スタート タイトルは「ドラゴンボール超(スーパー)」に
ストーリーは「ブウ編」のその後!(2015/4/28)

「ミニ四駆の日」3月24日より ニコ生が第一次ミニ四駆ブームの代表作「ダッシュ!四駆郎」を一挙放送
四駆郎たちのぶっ飛んだレース展開に、ユーザーはコメントでついていけるか!?(2015/3/18)

アニメ「ピンポン」のキャスト発表 ペコ役は声優初挑戦
メインキャラ5人それぞれをフィーチーした5種類のCMを放送する。(2014/2/28)

「BLEACH」元柳斎など演じた声優・塚田正昭さん死去 Twitterには声優仲間から悲しみの声
ベテラン声優の訃報が相次いだ。(2014/1/29)

故・滝口順平さん追悼番組 山寺宏一さんらが語る「これが声優だべぇ〜!」
アニメ「ヤッターマン」のドクロベエ役などで知られる、声優の故・滝口順平さんの追悼番組。豪華声優陣をゲストに迎え、滝口さんの人生を振り返りながら、声優の誕生や成立過程、歴史をひもとく。出演者は声優の羽佐間道夫さん、野沢雅子さん、山寺宏一さん。司会は政治ジャーナリストの角谷浩一さん。配信は11月1日20時0分〜。(2011/10/27)

ゲームポットが放つ、純国産オンラインアクションゲーム――「メビウスオンライン」ついに発表!
ゲームポットは2月26日、満を持して新作タイトル「メビウスオンライン」を発表! 野沢雅子さんや田中真弓さんもゲストとして登場したイベントの様子をお届けする。(2011/2/28)

「NHK@秋葉原」 無料でアニソンライブや豪華声優のトークショー
NHKが、アニソンライブや声優トークショーなどを行う無料イベントを東京・秋葉原で開く。(2010/10/27)

「リトルビッグプラネット」のCMに野沢雅子さん、古谷徹さんら豪華声優陣を起用
(2008/10/29)

オラに元気を分けてくれ!:
声が出る、ドラゴンも出る「ドラゴンボール」グッズ
バンダイは、食玩「ドラゴンボールアイテムズ NEO」を2月下旬に発売する。キャラクターが劇中で身につけているものをテーマにした“なりきりシリーズ”第3弾。孫悟空の声が出るボイスバンドや人気の「スカウター」を用意する。(2008/2/8)

2008年のWebトレンドはどこに――オルタナブロガーたちの視点
ニコニコ動画が国際化? ラジオ番組はネット再放送が可能なのか、なぜリメイクが流行っているのか、ケータイ小説で性教育? Twitterのカテゴリは? 2008年も、オルタナティブ・ブロガーたちは、ITにまつわる時事ネタなどを、独自な目線で語る。(2008/1/22)

「ドラゴンボールZ」アニメ全話をケータイ配信
「ドラゴンボールZ」の全291話を携帯電話で見られるサイトがオープンした。20〜30代のドラゴンボール世代がターゲット。「携帯電話は有力な映像メディア」と見て急拡大する市場に切り込む。(2007/8/20)

アニメ&ゲーム専門の「メロディコール」用サイト開設──ドワンゴ
(2007/6/18)

「超電磁ロボ コン・バトラーV DVD-BOX」発売――豹馬とちずるの座談会
今年生誕30周年を迎える「超電磁ロボ コン・バトラーV」が、DVD-BOXで発売される。発売日の7月21日を前にして葵豹馬役の三ツ矢雄二さんと南原ちずる役の上田みゆきさんによる座談会が開催された。(2006/6/15)

声優のなんたるかを知りたくばこのアニメを見よ――「ラブゲッCHU 〜ミラクル声優白書〜」
4月4日より放映中のテレビアニメ「ラブゲッCHU 〜ミラクル声優白書〜」。この作品は、アニメ業界や声優業界の裏事情を赤裸々に描いた作品だ。その内容はどのようなものなのか……? 実情を探るべく、出演者の方々に直撃した。(2006/5/17)

「ファーレンハイトTHEラジオドラマ」が1月9日から放送開始
(2005/12/27)

「半熟英雄4」キャラクターたちを演じる声優陣が明らかに
(2005/4/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。