ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

  • 関連の記事

「OnGen」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「OnGen」に関する情報が集まったページです。

「TSUTAYA DISCAS」「OnGen」でDRMフリーのMP3楽曲配信スタート
「TSUTAYA DISCAS」「OnGen」がMP3形式での音楽配信をスタートした。まずは2レーベルの5000曲を配信する。(2009/9/9)

公衆無線LAN+1曲ダウンロードで月額480円 トリプレットゲート
毎月1曲の音楽ダウンロードが可能な公衆無線LANサービスが月額480円で登場。(2009/8/4)

USEN、音楽総合サービスサイト「OnGen」の携帯サイトを開設
(2009/1/16)

楽天の決済機能を他社サイトに 「楽天安心支払いサービス」
楽天会員向けの決済機能を他社サイトに提供する「楽天あんしん支払いサービス」が始まった。他社サイトも巻き込んだ楽天「“準”経済圏」を構築する狙いだ。(2008/10/7)

TSUTAYAが音楽配信サービス USENと連携
オンラインDVD・CDレンタルサービスを手がけるツタヤ・ディスカスが音楽配信サービスを始める。USENの音楽配信サイト「OnGen」から楽曲の提供を受ける。(2008/7/30)

「WILLCOM 03」6月27日発売、予約は6月20日から――ウィルコム
ウィルコムはシャープ製のWindows Mobile搭載端末「WILLCOM 03」を6月27日から販売すると発表した。3インチのワイドVGAタッチパネルとQWERTYキーボードを備え、ワンセグや無線LAN、Bluetoothに対応する。(2008/6/18)

「ショートショートの神様」の作品をiPodで:
伊藤忠商事、星新一の短編小説をiTunes Storeなどで配信
伊藤忠商事は「ショートショートの神様」と呼ばれた星新一の短編小説をオーディオブックとして配信開始した。(2008/3/14)

1曲相当分をキャッシュバック――ウィルコムのW+Musicスタートキャンペーン
ウィルコムが、音楽配信ポータル「W+Music」のオープン記念キャンペーンを実施。mora win、OnGen USEN MUSIC SERVERで1曲以上購入すると、200円キャッシュバックする。(2007/11/22)

ウィルコム、スマートフォン向け音楽配信「W+Music」
ウィルコムは、Advanced/W-ZERO3[es]向け音楽配信サービス「W+Music」(ダブリューミュージック)を11月22日より提供する。(2007/10/29)

ウィルコム、スマートフォン向け音楽配信サービス「W+Music」開始──11月22日から
ウィルコムは、PC向け音楽配信サービス「mora win」および「OnGen USEN MUSIC SERVER」と提携し、Windows Mediaデジタル著作権管理「WMRM10」対応のスマートフォン向け音楽配信サービスを11月22日に開始する。(2007/10/29)

ソーシャルメディア セカンドステージ:
レコメンデーションの虚実(4)〜ベイジアンは「Amazonを超えた」のか?
ネットジャーナリスト佐々木俊尚氏が次世代ソーシャルメディアのかたちを探る新連載「ソーシャルメディア セカンドステージ」。ベイズ理論を応用して協調フィルタリングの限界を突破しようというレコメンデーションエンジン「zero-zone」について解説します。(2007/10/1)

OnGen、柴咲コウやU2などユニバーサルの動画を配信
音楽ダウンロードサイト「OnGen USEN MUSIC SERVER」がユニバーサルミュージックの動画を配信開始。柴咲コウやU2の動画をWMV形式で購入できる。(2007/8/15)

エイベックスがディズニー音楽を国内配信
(2007/5/15)

KOFショートアニメ主題歌、本日からOnGenで配信開始
(2006/3/8)

楽天ポイントで音楽購入、楽天/USENの音楽配信サービスが開始
楽天とUSENは音楽ダウンロードサービス「楽天ミュージックダウンロード」を開始した。楽天がUSENの「OnGen USEN MUSIC SERVER」から楽曲提供を受ける形となっており、楽曲購入には楽天のポイントが利用できる。(2005/11/1)

特集:初めてのポータブルプレーヤー
SonicStageとWMP10のちょっと便利なTips
前回はiTunesのTipsを紹介したが、今回はSonicStageとWMP10の知っておくと便利なTipsを紹介したい。(2005/8/29)

リッスンジャパン、配信楽曲の価格を見直し
リッスンジャパンは音楽配信サービス「Listen Music Store」における配信楽曲の一部値下げを発表した。シングルは150円、アルバムは1500円/900円へと値下げ。(2005/8/5)

オリコンとUSEN、配信楽曲の価格を見直し
音楽配信サービスを手がける、オリコンの「ORICON STYLE」とUSENの「OnGen Music SERVER」が楽曲価格の改訂を発表した。中心価格帯は1曲150円〜200円へ移行する兆しを見せている(2005/8/4)

ポイントで曲購入も――楽天が音楽配信、USENが楽曲提供
楽天が、有料音楽配信サービスを8月中旬から開始する。USENの有料音楽配信サービス「OnGen USEN MUSIC SERVER」が楽曲を提供。楽天市場でのポイントでも購入可能。(2005/7/27)

OnGen、アグネス・チャンやアグネス・ラムの楽曲を配信
USENが運営する「OnGen USEN MUSIC SERVER」は、渡辺音楽出版から提供を受けた楽曲の配信を開始した。第一弾は、アグネス・チャンの「ひなげしの花」、アグネス・ラムの「雨あがりのダウンタウン」、小柳ルミ子「わたしの城下町」など。(2005/7/14)

USENの「OnGen」でイーバンク決済が可能に
イーバンク銀行は7月11日、USENが運営する音楽ダウンロードサービス「OnGen USEN MUSIC SERVER」にイーバンク決済を提供したと発表した。あわせて、最大3曲が無料ダウンロードできるキャンペーンも実施中だ。(2005/7/11)

“ギャル社長”のデビュー曲、PCと携帯に向けて配信開始
USENは運営する音楽配信サイト「OnGen USEN MUSIC SERVER」ならびに携帯向けサイト「メロうたUSEN♪」「うたメロUSEN♪」にて、“ギャル社長”藤田志穂(sifow)のデビュー曲の配信を開始した。(2005/7/6)

CHARA「光の庭」の着信メロディ・着うたなどを独占配信
(2005/6/16)

OnGen、「ザ・ブルーハーツ」のヒット曲をダウンロード提供
USENの音楽配信サービス「OnGen USEN MUSIC SERVER」では「ザ・ブルーハーツ」の楽曲を配信開始した。配信されているのは「リンダ・リンダ」など全6曲。(2005/5/19)

インタビュー:
「着うたやiPodのヒットは歓迎すべきこと」――「OnGen」が目指す音楽配信のカタチ(後編)
音楽配信の現状を「まだ足場固めの時期」と語るUSENの下浦敦史氏。「OnGen」の前途には障壁や課題も多いが、着うたやiPodのヒットなど明るい兆しもあるという。(2005/5/2)

インタビュー:
「今は足場固めの時期」――「OnGen」が目指す音楽配信のカタチ(前編)
音楽配信サービスを提供しているのはレコード会社/関連事業者だけではない。FTTHを展開するUSENも「OnGen」で音楽配信を行っている。レコード会社ではない同社が目指す音楽配信のカタチとは?(2005/4/27)

OnGen、クイーン、レディオヘッドなど東芝EMIの洋楽を配信開始
USENは音楽配信サービス「OnGen USEN MUSIC SREVER」にて、東芝EMIの提供による洋楽約8000曲の提供を開始する。配信されるのはクイーン、レディオヘッド、ケミカルブラザーズなどで、4月末には約3万曲に増強される予定。(2005/4/14)

WMP10からOnGenの楽曲が購入可能に
USENの提供している音楽配信サービス「OnGen USEN MUSIC SERVR」(OnGen)は、4月12日よりWindows Media Player 10(WMP10)での楽曲配信を開始した。これによって、WMP10から直接アクセスできるコンテンツ提供サイトは11となった。(2005/4/13)

OnGen、洋楽の配信を開始――第1弾はワーナーの7000曲
音楽ダウンロードサービス「OnGen USEN MUSIC SERVER」は、ワーナーミュージック・ジャパンから提供された洋楽楽曲の配信を開始した。提供が開始されたのは、エリック・クラプトンやグリーン・ディなどの約7000曲。(2005/3/28)

USEN、WMA形式の音楽配信サービス「Ongen」を開始
有線ブロードネットワーク(USEN)は、Windows Media Audio(WMA)形式を採用した音楽配信サービス「Ongen」を開始した。開始当初は、シングル14,000曲、アルバム1,000タイトルを揃えている。(2004/8/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。