ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「小野坂昌也」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「小野坂昌也」に関する情報が集まったページです。

「アイマス」「ラブライブ!」「アイカツ!」などによる初の合同フェスが開催! 夢の共演にファンからは「実質スマブラ」の声
最高の宴が始まる……!(2019/7/13)

人気声優・中村悠一「楽しいけど怖いわー」 スーパーカー「マクラーレン 570GT」初乗りを報告、お値段なんと2500万円
親友・マフィア梶田さんも運転「たのちい!」と感想をつぶやく。(2019/4/13)

年末年始は鼻毛祭り アニメ「ボボボーボ・ボーボボ」、Amazonプライム・ビデオで全76話公開
主食がところてんの人に朗報。(2018/12/24)

モバクソ畑でつかまえて:
もうちょっと加減しろ! 「ときめきアイドル」のネタがあまりにも濃すぎるのでがんばって解説する
合言葉はbee!(2018/3/25)

「ボボボーボ・ボーボボ」BD-BOX化でネット民に衝撃走る 「15年前の作品とか鼻毛飛び出る」「今でも意味分からんし面白い」
皆でお祝いをしよう。ただしつけもの、テメーはダメだ。(2017/11/8)

「美香さん、アソコに行きたいの…」 叶恭子、初降臨の東京ゲームショウで女神から子どもに戻る
恭子さんにゲーム布教の大チャンスだ!(2017/9/23)

テレビアニメ「ツヨシしっかりしなさい」 アニマックスで再放送
ソフト化されていない幻のアニメ。(2017/9/2)

「なんだよこのクソリプ祭りは!」 明坂聡美、佐藤聡美の結婚で“エア祝福”の悲劇に見舞われる
本当の結婚発表待ってます!(2017/7/6)

声優スタンプ第2弾! 神谷浩史&小野坂昌也のスタンプがLINEクリエイターズスタンプに登場
神谷浩史さん、お誕生日おめでとうございます!(2015/1/28)

総合司会は小野坂昌也――「テイルズ オブ フェスティバル 2012」、出演声優などが発表に
「テイルズ オブ フェスティバル」の出演声優とチケット販売スケジュールが発表に。先行予約は2月下旬からスタートする。(2012/1/20)

「テイルズ オブ」なカルタ第2弾受注開始
「『テイルズ オブ』シリーズ Tales of Magic Carta2(テイルズ オブ 魔法 カルタ2)」の受付が開始された。(2011/5/24)

暗愚なボンボンと侮るなかれ――「真・三國無双6」
仁を継ぐ蜀の二代目・劉禅登場。各キャラクターに用意された特殊な攻撃「EX攻撃」を紹介する。(2011/1/24)

「テイルズ オブ」シリーズ15周年を祝うファンイベント――「テイルズ オブ フェスティバル 2011」開催決定
2011年5月28日(土)と29日(日)の両日、パシフィコ横浜 国立大ホールにおいて「テイルズ オブ フェスティバル 2011」が開催されることになった。(2011/1/21)

「信長の野望・天道 パワーアップキット」に小野坂昌也&竹本英史考案のオリジナル武将登場
タイアップダウンロードコンテンツ“小野坂昌也・竹本英史のネオロマ&無双”を配信開始。(2011/1/6)

「レディアント マイソロジー3」にフレン登場! 前作からの改良点も一挙紹介
(2010/12/17)

石田三成&和歌山ゆかりの武将を配信――「信長の野望・天道 パワーアップキット」のAIエディタにも迫る
いよいよ発売間近となった「信長の野望・天道 パワーアップキット」において、ダウンロードコンテンツが配信されることが分かった。(2010/12/13)

装いも新たに推して参る――「真・三國無双6」武将紹介
新規参戦の司馬師、司馬昭、鮑三娘だけじゃない! 夏侯惇、甄姫、陸遜、周泰、趙雲だって健在です。(2010/10/29)

ロンドンブーツ田村淳も絶賛の出来栄え!――「真・三國無双6」プレス向け発表会
コーエーテクモゲームスが「真・三國無双6」を発表。新要素満載の本作を応援に駆けつけたのは、ロンドンブーツの田村淳氏を初めとする「吉本無双」の面々でした!(2010/10/27)

バンダイナムコゲームスの出展タイトルや各ブースのイベントスケジュールが明らかに――「TGS2010」出展ブース情報
来週半ばから始まるということで、「東京ゲームショウ2020(TGS2010)」の各ブース内イベントについてもその詳細が続々と明らかになってきている。(2010/9/10)

新機能体験ゾーンからコスプレコンテストまで――「TGS2010」出展ブース最新情報
今日発表されたのは、SCE、カプコン、コーエーテクモの3社。SCEブースには50タイトル以上の試遊ゾーンが、カプコンブースには5タイトルの出展のほか関連グッズ販売も。コーエーテクモはコスプレイヤーに人気の「真・三國無双」コスプレコンテストを9月19日に開催する。(2010/9/2)

水樹奈々さん、子安武人さんなどが初登場――テイルズ オブ フェスティバル 2010
「テイルズ オブ」シリーズのファン向けイベント「テイルズ オブ フェスティバル 2010」が開催。出演声優によるシリーズおなじみのスキット(朗読劇)の様子や、水樹奈々さん、奥華子さんによるライブの模様を紹介していく。(2010/6/18)

満を持しての“同窓会”! 「劇場版 TRIGUN -Badlands Rumble」初日舞台挨拶
(2010/5/24)

今回も盛大に行います――「テイルズ オブ フェスティバル 2010」開催
6月5日・6日、パシフィコ横浜の国立大ホールにおいて3度目となる「テイルズ オブ」シリーズのファン向けイベントが開催される。(2010/1/29)

小野坂昌也のトークに水樹奈々、冬馬由美も振り回されっぱなし!? OVA「テイルズ オブ シンフォニア テセアラ編」先行上映会
OVA「テイルズ オブ シンフォニア シルヴァラント編」の続編となる「テイルズ オブ シンフォニア テセアラ編」の第1巻が遂に完成した。小野坂昌也さん、水樹奈々さん、冬馬由美さんらも登壇した先行上映会の模様をリポートする。(2009/12/18)

misonoが「TOS」テーマソングを約6年ぶりに熱唱――テイルズ オブ フェスティバル 2009
バンダイナムコゲームスの人気RPG「テイルズ オブ」シリーズのファン向けイベント「テイルズ オブ フェスティバル 2009」から、出演声優によるシリーズおなじみのスキット(朗読劇)やシリーズテーマソングのライブの模様をお届け。(2009/7/27)

「テイルズ オブ フェスティバル 2009」 開催決定
(2009/3/6)

東京ゲームショウ2008 メインステージ:
みんなで敬礼! 「機動戦士ガンダム00」&「テイルズ オブ」スペシャルステージ
TGS3日目、メインステージにおいてバンダイナムコゲームスによる「機動戦士ガンダム00」と「テイルズ オブ」シリーズ関連のイベントが行われ、声優たちが駆けつけた。イベントは敬礼に始まり敬礼に終わる!?(2008/10/11)

「TOD」オープニングムービーをバックにDEENが歌う――「テイルズ オブ フェスティバル 2008」
9月23日、「テイルズ オブ」シリーズ初の単独ファン向けイベント「テイルズ オブ フェスティバル 2008」が行われた。歴代出演声優が多数登場した本イベントの様子をお届けする。(2008/9/24)

「テイルズ オブ フェスティバル 2008」開催決定
初の単独ファン向けイベントとなる「テイルズ オブ フェスティバル 2008」が、9月23日に開催されることが決定した。ゲストによるトークショーのほか、テレビアニメ「テイルズ オブ ジ アビス」の先行上映も開催。(2008/7/25)

5年待ったかいがありました――ファンのための「テイルズ オブ ファンダム Vol.2」
2002年に発売された「テイルズ オブ」ファンのためのディスクが、最新作「ジ アビス」キャラまでの藤島氏デザインキャラを網羅し、今年夏に発売されることが分かった。(2007/2/23)

ネオロマンス、聖地で新たなるイベント――「アンジェ舞踏会」開催
(2006/9/29)

「テイルズ オブ ファンタジア -フルボイスエディション-」の予約特典は「ドラマチックDVD」
(2006/8/7)

別マの「ラブ★コン」が今度はゲームに――「ラブ★コン 〜パンチDEコント〜」登場
別冊マーガレットに連載中で、この夏には映画も上映される「ラブ★コン」がアドベンチャーゲームになって登場。原作を忠実に再現したストーリーモードと、オリジナルの展開が楽しめるパンチDEコントモードでノリボケ・ツッコミを楽しもう。(2006/6/10)

「東京ゲームショウ2005」直前予習をしてみましょう
9月16日〜18日(16日はビジネスデー)に千葉県・幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2005」がいよいよ開幕。出かける前の予習をしておきませんか?(2005/9/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。