ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

  • 関連の記事

「Oracle Public Cloud」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Oracle Public Cloud」に関する情報が集まったページです。

「未来のITインフラが、今ここに」をアピール:
オラクルが注力する「コンバージドインフラ戦略」の意図
「いま出荷しているのは、未来のITインフラである」。オラクルが日本顧客向けイベントで、クラウドの基礎となるハードウエアの重要性をアピール。同社が注力するコンバージドインフラストラクチャの戦略を語った。(2015/12/18)

Database Watch(2015年4月版):
これからのORACLE MASTERはPaaSのスキルが必須に
「クラウドナンバーワンカンパニー」を目指すオラクルが、日本国内にデータセンターを開設することが明らかになるなど、話題が多かった「Oracle CloudWorld Tokyo 2015」をウオッチ。「ORACLE MASTER」の資格取得者にもPaaSスキルが問われる時代になったようです。(2015/5/1)

OOW 2013速報:
オラクル、Oracle 12cにインメモリとカラム型データベースの追加機能を発表
米国で開催中のOOW 2013では、12cのインメモリオプションや“ビッグメモリマシン”「Oracle M6-32」、DBのトランザクションログ管理アプライアンスやそのクラウド展開などの発表が相次いだ。(2013/9/24)

Weekly Memo:
OracleとMicrosoftがPaaS市場で真っ向勝負
OracleとMicrosoftが先週、相次いでクラウド事業の強化を発表した。とくに注目されるのはPaaS分野の動き。両社とも強みとする分野だけに、真っ向勝負となりそうだ。(2012/6/11)

9つのPaaSの違いが分かる比較表付き!
主要PaaSの機能とユーザーの開発トレンドを解説
PaaSの多くは、複数のプログラミング言語や開発フレームワークなどに対応し、料金体系も多岐にわたる。本稿では、言語やフレームワークのユーザー動向、主要PaaSの機能、料金体系のトレンドを紹介する。(2012/4/26)

会社を元気にする次世代アプリケーション【第3回】
“作らないERP”を目指す「Oracle Fusion Apps」、その提供モデルは?
カスタマイズが当たり前のERPから、作らないERPへ――エンドユーザーはより低コストで、迅速に利用開始できるERPを求めている。日本オラクルは次世代ERP「Oracle Fusion Apps」でどう応えるか。(2012/3/6)

日本オラクルが「WebCenter」を刷新、顧客や業務関係者をつなぐ情報基盤に
Webマーケティングから取引先・社内関係者の情報共有までに対応した企業向けの情報基盤スイートとして展開する。(2012/1/16)

クラウドベースのビッグデータ分析、主権を握るのは?
Google、Oracle、Microsoft、IBMのビッグデータ対応アプローチ
いち早くクラウドベースのHadoopアプリケーションをリリースしたAmazon。それに続き、Google、Oracle、Microsoft、IBMがビッグデータ分析のためのHadoop対応を進めている。各社のアプローチを見ていこう。(2011/12/19)

Oracle、クラウドCRMのRightNowを15億ドルで買収
OracleはRightNowの顧客管理サービスを、パブリッククラウドサービス「Oracle Public Cloud」に統合する計画だ。(2011/10/25)

ERP Now!【第10回】
次世代ERP「Oracle Fusion Apps」から探るERP製品選択の未来
「高くて使いにくい」から「安くて使いやすい」へ――米オラクルが発表した新ERP「Oracle Fusion Applications 11g」はERPのイメージ刷新を狙っている。同ERPの機能を紹介し、次世代ERPを選ぶ上でのポイントを探る。(2011/10/18)

Oracle OpenWorld San Francisco 2011:
顧客に幅広い選択肢を 「Oracle Fusion Applications」を提供開始
昨年の「Oracle OpenWorld」で発表があったモジュラー型アプリケーションスイート製品「Oracle Fusion Applications」がついに一般リリースとなる。(2011/10/11)

Google、クラウド型データベース「Google Cloud SQL」を発表
Googleが、salesforce.comのDatabase.comやOracle Public Cloudのデータベースサービスのようなクラウド型データベースサービスを開始した。(2011/10/7)

Oracleのイベントから締め出されたベニオフCEO、近くのレストランで基調講演
ラリー・エリソンCEOの怒りを買って基調講演の予定をキャンセルされたsalesforce.comのマーク・ベニオフCEOが、ソーシャルメディアで探した代替会場で講演を行った。(2011/10/6)

Oracle OpenWorld San Francisco 2011:
偽物はどっち? 「これが真のパブリッククラウドだ」――エリソンCEOがサービス参入を表明
サンフランシスコで開催している「Oracle OpenWorld」の最後の基調講演に登場したラリー・エリソンCEOは、パブリッククラウド事業への参入を発表するとともに、同市場で先行しているsalesforce.comをやり玉に挙げた。(2011/10/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。