ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「オトメイト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オトメイト」に関する情報が集まったページです。

2月開業:
「オトメイトビル」池袋にオープン 1棟丸ごと乙女ゲームの世界
アイディアファクトリーは2018年2月に、同社の女性向けゲームの世界観を体験できる複合商業ビル「オトメイトビル」を東池袋にオープンする。(2017/12/20)

類似点の解消目指す:
「ラブクロ」開発元、「夢100」運営と協議 「類似」指摘相次ぐ
人気ゲームとの類似指摘が相次いでいた開発中のスマホゲーム「ライブラリークロスインフィニット」。開発スタジオが類似点の解消などの対応を行うと発表。(2017/10/6)

「おそ松さん」がゲーム化決定 女性向けゲームブランド「オトメイト」から
ついにゲーム化か……ってオトメイト!?(2016/1/18)

コミケ89にデパートの「丸井グループ」が初参戦 「おそ松さん」「コードギアス」「ペルソナ3」の限定グッズ販売
くまみこの限定ステッカー配布もあるよ!(2015/12/17)

パピレス、『薄桜鬼』など オトメイトの人気タイトルを「絵ノベル」で配信
パピレスは、アイディアファクトリーの乙女ゲームブランド「オトメイト」作品を「絵ノベル」形式で配信。『薄桜鬼』ほか『猛獣使いと王子様』など人気タイトルを毎月連続リリースする。(2014/7/29)

まさかのコラボ 乙女ゲームブランド「オトメイト」×手塚治虫「テヅカオトメ展」開催
オトメイトタイトルと手塚治虫作品のコラボイラストなどを展示!(2014/5/29)

PS Vitaのタッチパネルにキス! 斬新すぎる乙女ゲームが話題に
インタラクティブすぎるゲームシステムに驚きの声が。(2014/5/13)

小説やゲームをリノベーション――電子貸本Renta!の「絵ノベル」とは?
次世代コンテンツ開発の一環としてコンテンツ仕様/ビューワを独自開発したビジュアル電子書籍「絵ノベル」を配信開始。(2014/2/18)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2012/8/7)

アイディアファクトリーに新グループ会社誕生 イチカラム設立
女性向けゲームブランド「オトメイト」にて「悠久ノ桜」や「華ヤカ哉、我ガ一族」シリーズなどの開発を手掛けた高木亜由美さんが独立。(2012/1/5)

ゲッチャTV Gamez出張所:
事前の予習は万全ですか?――今週はなんかいろいろ甘酸っぱい感じです
最新ゲーム情報番組「ゲッチャTV」2010年6月10日放送分は、「オトメイト」ブランド最新3作品と、「ラブプラス+」特集第2弾として石原明広ディレクターインタビューをお届け。「高橋名人世代」の第5回目は「プーヤン」です。(2010/6/18)

「恋愛番長 命短し、恋せよ乙女! Love is Power」公式サイトオープン
(2010/5/28)

ゲーム性の高い女性向けタイトルを――新ブランド「オトメイト フォルテ」設立
アイディアファクトリーの新ブランド「オトメイト フォルテ」が誕生。第1弾タイトルとして、主人公のデザインにイラストレーターのカズキヨネ氏を起用したアクションゲーム「俺がオマエを守る」を発売することも発表された。(2009/1/20)

乙女サイト「がる★パラ!」で「ランダムコレクション〜乙女ゲーム祭〜」を開催
(2008/5/27)

「プティフール」のボイスキャスト&限定版の内容が決定
(2007/11/2)

アイディアファクトリー、新規ブランド「オトメイト」を設立
(2007/4/10)

「ふしぎ遊戯 玄武開伝 外伝 鏡の巫女」プロモーションムービーが公開
(2005/6/3)

「ふしぎ遊戯 玄武開伝 外伝 鏡の巫女」の予約特典はキャラクター誕生日入りカレンダー
(2005/4/15)

PS2ソフト「ふしぎ遊戯」の詳細が明らかに
(2005/3/11)

アイディアファクトリーが新ブランド「オトメイト」の設立と新作タイトルを発表
これまでユーザーニーズに合わせたブランドを3つ確立してきたアイディアファクトリーに新たなブランドが登場。その名も「アイエフ オトメイト」。さらに「アイエフ メイト」からの新作情報も公開する。(2005/2/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。