ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「Pandigital」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Pandigital」に関する情報が集まったページです。

なぜ電子書籍リーダー/タブレット製造企業は失敗するのか――別の視点から
Good e-Readerのマイケルによる電子書籍業界の失敗論。しかしそこには最重要事項が抜けているように思う。エコシステムの欠如だ。(2012/12/27)

なぜ電子書籍リーダー/タブレット製造企業は失敗するのか
Good e-Reader Blogで過去5年、世界の電子書籍市場を追ってきた人間からみた「失敗のトレンド」とは?(2012/12/26)

Barnes & Noble「NOOK Tablet」の実機レビュー
Amazonの「Kindle Fire」がより幅広い目的で利用するタブレットだとすれば、Barnes & Nobleの「NOOK Tablet」は読書により重点を置いたタブレットだといえる。本稿では、NOOK Colorとの比較や実機に触れて分かったことなどを紹介しながらNOOK Tabletの魅力に迫る。(2011/11/30)

Amazon Kindle Fireの実機レビュー
Amazonの「Kindle Fire」は、2011年で最も待望されたAndroidタブレットの1つだ。本稿ではKindle Fireの購入を迷っている方のために、ハードウェア、ソフトウェア、ユーザー体験といった観点から分かりやすい実機レビューをお届けする。(2011/11/29)

E Ink、電子書籍リーダー市場が2011年に成長すると主張
タブレットにより駆逐されるといわれることもある電子書籍リーダー端末。E Inkは強気の出荷台数を予測しているが、マーケットシェアの小さなプレイヤーを中心にこの流れに期待する向きは多い。(2011/9/30)

A×Aがけん引するタブレット/電子書籍端末市場――米IDC調べ
米市場調査会社IDCは、2010年第4四半期に出荷されたタブレット端末は全世界で1010万台、電子書籍端末は600万台とレポートした。AppleとAmazonがけん引している状況はまだしばらく続きそうだ。(2011/3/11)

第3四半期のタブレット市場、iPadが約90%占める
世界メディアタブレット市場はiPad人気にけん引されて好調に伸びている。2011年以降はAndroidタブレットも伸びてくる見通しだ。(2011/1/20)

世界タブレット/電子書籍リーダー市場、成長率は優秀――IDC調べ
米IDC調査によると、2010年のタブレットおよび電子書籍リーダー端末の市場はAppleとAmazon.comがけん引し、高い成長率を見せているが、今後も多数のプレイヤーが参戦しながら成長を続けるという。(2011/1/19)

Pandigital、3G通信費が無料のタブレット端末「Pandigital Multimedia Novel」を発表
AT&Tの3G通信が無料の9型の電子書籍リーダー端末をPandigitalが今月から市場に投入する。(2011/1/7)

2010年に投げ売りされるのはなんだ!:
Androidタブレットデバイスは「玩具扱い」
2009年は「主役Kindle」「投げ売りNetbook」だった米国の年末商戦。消費者の好みがはっきり示される米国の現場から注目ガジェットの“扱われかた”を報告。(2010/12/17)

米国電子書籍事情:
過熱する「Kindle」と「nook」の戦い
日本語に対応したKindleがようやく登場すると沸く日本。しかし、米国ではKindleとnookが激烈な争いを繰り広げている。日本の数歩先を行く現場からの報告。(2010/8/6)

米電子書籍リーダー市場、KindleとNOOKの寡占状態へ?
今年1月に多数のメーカーが独自の電子書籍リーダーを発表したが、その多くが後退している。端末価格が下落を続けて100ドルにまで達すれば、長く戦っていけるのはAmazonのKindleとBarnes & NobleのNOOKだけかもしれない。(2010/8/5)

Android搭載の電子書籍リーダー、200ドル切る価格で登場
カラーの7インチタッチスクリーンを搭載し、マルチメディア機能も備えたAndroid電子書籍リーダー「Novel」が199.99ドルで発売される。(2010/5/26)

2007 International CES:
海賊気分で新製品ゲット――CES恒例“Digital Experience!”
「Digital Experience!」は、CESで展示する新製品を一足早く披露しつつ、出展社と報道関係者がお酒を飲みながらフランクに語り合う場だ。今年はなぜか“海賊”がテーマ。会場は異様な盛り上がりを見せていた。(2007/1/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。