ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「PlayNow arena」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「PlayNow arena」に関する情報が集まったページです。

Symbian Foundation、アプリの公開支援プログラム「Symbian Horizon」を開始
Symbian Foundationが開発者向けのサポートプログラムを開始。ストアへのアプリ提供やマーケティング、翻訳、ローカライズを支援する。(2009/10/28)

ソニエリ、Windows Mobile 6.5搭載の「XPERIA X2」を発表
英Sony Ericssonが9月2日(現地時間)、Windows Mobile 6.5を搭載したスマートフォン「XPERIA X2」を発表した。2009年第4四半期の出荷を予定している。(2009/9/3)

Mobile World Congress 2009:
日本の技術を世界に――バリューとブランドで勝負する英Sony Ericsson
Mobile World Congress開幕前夜に「Idou」を発表した英Sony Ericsson。景気後退によるコンシューマー市場の冷え込みを前に、ハイエンドな高付加価値端末を投入する狙いはなにか? 日本市場やソニーのゲーム部門との取り組みについても聞いた。(2009/3/2)

Smartphone Show 2008:
「2009年後半にSymbian Foundationベースの端末を発表」――英Sony Ericssonのオルソン氏
Symbian Foundationの設立企業に名を連ねる英Sony Ericsson。同社のパトリック・オルソン副社長は、Foundationのビジョンに賛同するとし、2009年後半をめどにSymbian Foundationベースの端末を発表する予定であることを明らかにした。(2008/10/24)

ソニエリ、音楽無制限ダウンロードサービスを提供
Sony Ericssonの「PlayNow plus」では、4大レーベルの楽曲を無制限に利用できる。(2008/9/24)

Mobile World Congress 2008:
「XPERIA X1」投入の狙いは――Sony Ericssonに聞く携帯戦略
Mobile World Congressの開幕直前にSony Ericssonが発表した携帯電話の新ブランド「XPERIA」。最初のモデルにWindows Mobileを採用したのは、同社が掲げる“幅広いユーザー層にリーチする”という戦略の一環といえるだろう。世界シェアトップ3入りに向けた2008年の取り組みについて、マーケティング部門の担当者に聞いた。(2008/2/14)

Mobile World Congress 2008:
ウォークマン携帯、サイバーショット携帯の新モデルも発表
Sony Ericssonはタッチスクリーン搭載の携帯電話も発表した。(2008/2/12)

ソニエリ、携帯向け音楽サービスで大手レーベルと契約
Sony Ericssonは4大レーベルのうち3社と、携帯向け音楽ダウンロードサービスに関する契約を結んだ。(2008/1/28)

ソニエリ、新たなコンテンツサービスとウォークマン携帯発表
Sony Ericssonは来年、DRMフリー楽曲も提供するコンテンツサービスを開始する。ウォークマン携帯の新モデルやWebサーフィン携帯も発表した。(2007/11/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。