ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「PlayNow」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「PlayNow」に関する情報が集まったページです。

「Xperia ZL2 SOL25」がAndroid 5.0.2にバージョンアップ 本体単体でのハイレゾ音源出力に対応
「Xperia ZL2 SOL25」のOSバージョンアップが始まった。ユーザー自ら操作して行う必要があるので注意しよう。(2015/12/9)

「Xperia AX SO-01E」の“ここ”が知りたい:
第4回 どんなプリインアプリがある? スモールアプリはどう?――「Xperia AX SO-01E」
「Xperia AX SO-01E」の気になるポイントを一問一答式でレビューするコーナー。第4回ではプリインストールアプリについて調べた。(2012/12/13)

PlayStation Certified対応――「Xperia PLAY SO-01D」がドコモから登場
海外で発売されているソニー・エリクソンの「Xperia PLAY」がドコモから登場。「Xperia PLAY SO-01D」では、初代プレイステーションのタイトル、Xperia PLAYに最適化されたタイトルなど豊富なゲームを遊べる。発売は10〜11月の予定。(2011/9/14)

ドコモ、小型ボディの「Xperia ray SO-03C」を8月27日に発売
ドコモが「Xperia ray SO-03C」を8月27日から販売することを正式発表した。Xperia rayは手に収まるコンパクトボディに高機能を凝縮しているのが特徴だ。12日から予約を受け付けている。(2011/8/19)

小さくなっただけじゃありません:
写真で解説する「Xperia ray SO-03C」(ソフトウェア編)
小型・軽量ボディが注目を集めているソニー・エリクソンの新スマートフォン「Xperia ray SO-03C」だが、ソフトウェアはどうか。arc/acroから進化したポイントはあるのか。UIや主要機能をじっくり見ていこう。(2011/8/11)

デザインとスペックに一切の妥協ナシ:
「Xperia ray」で女性向けスマホ市場の扉を開けるソニー・エリクソン
ドコモが発表したソニー・エリクソン製のコンパクトなAndroidスマートフォン「Xperia ray SO-03C」。女性のスマートフォン・シフトを視野に入れ、デザインとカラーバリエーション、そして持ちやすさを重視して開発された。(2011/8/11)

高級感×コンパクトサイズ:
幅53ミリ、アルミボディのAndroid――ドコモから「Xperia ray SO-03C」発売
ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズが、コンパクトサイズのAndroidスマートフォン「Xpeira ray」をNTTドコモからリリースすると発表。国内ではSO-03Cという型番で8月27日に発売になる。(2011/8/10)

Sony Ericsson、QWERTYキー付き「Sony Ericsson txt」を発表
Sony EricssonのQWERTYキーボード付きフィーチャーフォン「Sony Ericsson txt」が発表された。SMSやSNSを便利に使える機能を用意した。2.6インチ液晶と320万画素カメラを搭載している。(2011/6/22)

Xperia rayは日本でも発売予定:
小型ボディにアルミ合金採用の「Xperia ray」、防水・防塵対応の「Xperia active」
Sony Ericssonが、小型ボディにアルミ合金を搭載した「Xperia ray」と、防水・防塵性能を装備した「Xperia active」を発表。2011年7〜9月に世界で発売する。(2011/6/22)

「Xperia acro」の“ここ”が知りたい:
第1回 内蔵アプリやメモリ容量は? 緊急地震速報には対応している?――「Xperia acro SO-02C/IS11S」
ワンセグ、FeliCa、赤外線通信を搭載したことで話題を集めているソニー・エリクソンの「Xperia acro」。ドコモ向けSO-02Cとau向けIS11Sの気になるポイントをまとめてチェックしていく。第1回は外観や内蔵コンテンツに焦点を当てた。(2011/6/17)

au初のXperia――“撮る、観る”に注力、日本向け機能搭載の「Xperia acro IS11S」
日本市場に特化したモデルとして話題を集めている「Xperia acro」が、ドコモに続いてKDDIからも発売される。FeliCa、ワンセグ、赤外線通信はもちろん、Skype auやjibeなどau独自のサービスも利用できる。(2011/5/17)

ドコモ スマートフォン:
Android端末の頂点へ――FeliCa、ワンセグ、赤外線対応の「Xperia acro SO-02C」
ソニー・エリクソン初の、日本向けサービスの“三種の神器”と言われている、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信に対応したスマートフォン「Xperia acro SO-02C」がドコモから登場する。(2011/5/16)

日本でも発売予定:
8.7ミリの薄型ボディにAndroid 2.3搭載――Sony Ericsson、「Xperia arc」を発表
Sony Ericssonが、「Xperia(Xperia X10)」の後継モデル「Xperia arc」を発表した。Xperia arcは最新OSのAndroid 2.3をサポートし、4.2インチのフルワイドVGA液晶を搭載。日本を含む世界のマーケットで2011年第1四半期から発売される予定。(2011/1/6)

写真で解説する「BRAVIA Phone S005」
11月上旬に発売予定のau新機種「BRAVIA Phone S005」。2010年夏モデルの「BRAVIA Phone S004」からのマイナーチェンジモデルだが、何が変わったのか。写真と動画を交えて説明していく。(2010/10/20)

Xperiaで電子コミックを購入――「millmo Book Player for PlayNow」
ミルモが、ドコモのXperia向けに、電子コミックの購入と閲覧が可能なアプリ「millmo Book Player for PlayNow」の提供を開始した。(2010/10/1)

spモードに対応:
「Xperia」がバージョンアップ、POBox Touch 3.0に進化
ドコモのスマートフォン「Xperia」のバージョンアップが8月30日に開始される。「spモード」が利用可能になるほか、日本語入力システム「POBox Touch」が3.0に拡張される。(2010/8/27)

その名は「セルポン」:
ソニエリ「PlayNow」の着せ替えコンテンツに新キャラが登場
ソニー・エリクソンのケータイサイト「PlayNow」に、新たな着せ替えコンテンツが配信された。(2010/4/22)

開発陣に聞く「Xperia」(後編):
“枠のない”無限のつながり――「Xperia」で目指した造形美
TimescapeやMediascapeなどのUIが大きな注目を集めているXperiaだが、デザインにも新しい試みを盛り込んでいる。後編では、ハードとグラフィックの面からデザインへのこだわりを聞くとともに、今後の日本市場での取り組みにも迫った。(2010/4/21)

フルキーボード付きエンタメ携帯「Vivaz pro」、ソニエリから
「Vivaz pro」は、Sony EricssonのSymbian携帯「Vivaz」のQWERTYキーボード版。720pのHD動画も撮影できる。(2010/2/15)

レーベルゲート、「Xperia」発売に合わせ音楽配信「mora touch」を開始
4月の「Xperia」発売に合わせ、レーベルゲートがAndroid端末向け音楽配信サービス「mora touch(モーラタッチ)」を開始する。音声認識機能などにも対応し、タッチパネルならではの使い勝手を目指す。(2010/1/21)

ドコモ、Androidスマートフォン「Xperia」を発表
NTTドコモとソニー・エリクソンが1月21日、Androidスマートフォン「Xperia」を発表した。(2010/1/21)

日本でも発売予定:
Sony Ericsson、Android搭載スマートフォン「XPERIA X10」を発表
英Sony Ericssonが、Rachaelという開発コードネームで噂されていたAndroid OS搭載スマートフォン「XPERIA X10」を発表した。2010年前半以降に日本市場にも投入するという。(2009/11/4)

Symbian Foundation、アプリの公開支援プログラム「Symbian Horizon」を開始
Symbian Foundationが開発者向けのサポートプログラムを開始。ストアへのアプリ提供やマーケティング、翻訳、ローカライズを支援する。(2009/10/28)

ソニエリ、Windows Mobile 6.5搭載の「XPERIA X2」を発表
英Sony Ericssonが9月2日(現地時間)、Windows Mobile 6.5を搭載したスマートフォン「XPERIA X2」を発表した。2009年第4四半期の出荷を予定している。(2009/9/3)

2009 JavaOne Conference Report:
開発者のつくる携帯向けアプリをユーザーに提供 ソニー・エリクソン
ソニー・エリクソンはモバイル端末向けのコンテンツ配信サービス「Play Now」において、アプリケーション販売を開始すると発表した。(2009/6/4)

5分で分かる、先週のモバイル事情――5月23日〜5月29日
auが2009年夏モデルの8機種を発表。iidaブランドの4機種と、法人向け端末「E06SH」を加えた計13モデルで夏商戦に臨む。ドコモはiモード機能に不具合が見つかったことから「P-07A」の販売を一時停止。マイクロソフトはWindows Mobile端末向けのクラウドサービス「My Phone」の日本語β版を開始した。(2009/6/1)

1210万画素カメラ搭載携帯「Satio」、ソニエリが発表
Satioはキセノンフラッシュやタッチフォーカス付きの高解像度カメラと、フルタッチ機能を備えている。(2009/5/29)

Mobile World Congress 2009:
日本の技術を世界に――バリューとブランドで勝負する英Sony Ericsson
Mobile World Congress開幕前夜に「Idou」を発表した英Sony Ericsson。景気後退によるコンシューマー市場の冷え込みを前に、ハイエンドな高付加価値端末を投入する狙いはなにか? 日本市場やソニーのゲーム部門との取り組みについても聞いた。(2009/3/2)

Mobile World Congress 2009:
Sony Ericsson、12.1Mカメラ搭載のタッチスマートフォン「Idou」発表
Sony Ericssonは2月15日、スペイン・バルセロナで16日に開幕する「Mobile World Congress 2009」に先駆けて発表会を開催。タッチパネル+12.1Mピクセルカメラを搭載する新スマートフォン「Idou」(アイ・ドゥ)を披露した。(2009/2/16)

タッチ&1210万画素カメラ、ソニエリのエンタメ携帯「Idou」
「Idou」は1210万画素カメラやSymbian FoundationのOSを搭載、Sony Ericssonの「Entertainment Unlimited」構想を体現する。(2009/2/16)

Sony Ericsson、第4四半期の携帯販売台数は前年同期比6%減
(2009/1/19)

写真で解説する「W64S」
auの秋冬モデルでは唯一GSMローミングに対応する「W64S」。艶のあるデザインや本体色ごとに異なるイルミネーションを採用するほか、ワンセグや3.2Mピクセルカメラを搭載するなど機能面も進化した。(2008/10/29)

Smartphone Show 2008:
「2009年後半にSymbian Foundationベースの端末を発表」――英Sony Ericssonのオルソン氏
Symbian Foundationの設立企業に名を連ねる英Sony Ericsson。同社のパトリック・オルソン副社長は、Foundationのビジョンに賛同するとし、2009年後半をめどにSymbian Foundationベースの端末を発表する予定であることを明らかにした。(2008/10/24)

ソニエリ、音楽無制限ダウンロードサービスを提供
Sony Ericssonの「PlayNow plus」では、4大レーベルの楽曲を無制限に利用できる。(2008/9/24)

SO706i購入者向け、「デコレーションキット」プレゼントキャンペーン
ソニー・エリクソンは「SO706i」購入者向けプレゼントキャンペーンを実施。抽選で200人に「クリスタルデコレーションキット」が当たる。(2008/6/23)

ソニエリ、800万画素のサイバーショット携帯発表
Sony Ericssonの新サイバーショット携帯は、810万画素のキセノンフラッシュ付きカメラを搭載する。(2008/6/18)

ドコモ端末でも“頑張れサラリーマン”――きせかえツールサイト「PlayNowキセカエ」
(2008/2/21)

Mobile World Congress 2008:
「XPERIA X1」投入の狙いは――Sony Ericssonに聞く携帯戦略
Mobile World Congressの開幕直前にSony Ericssonが発表した携帯電話の新ブランド「XPERIA」。最初のモデルにWindows Mobileを採用したのは、同社が掲げる“幅広いユーザー層にリーチする”という戦略の一環といえるだろう。世界シェアトップ3入りに向けた2008年の取り組みについて、マーケティング部門の担当者に聞いた。(2008/2/14)

Mobile World Congress 2008:
ウォークマン携帯、サイバーショット携帯の新モデルも発表
Sony Ericssonはタッチスクリーン搭載の携帯電話も発表した。(2008/2/12)

Mobile World Congress 2008:
Sony Ericsson、3インチWVGAタッチパネル+フルキー+横スライド搭載スマートフォン「XPERIA X1」発表
Sony Ericssonは、「P1」に続く新たなスマートフォン「XPERIA X1」を発表。3インチワイドVGAのタッチパネル液晶にQWERTYフルキーボード、横に開くアークスライド機構、3.2Mカメラ、無線LAN、GPS、Bluetoothなどを搭載する。(2008/2/11)

ソニエリ、携帯向け音楽サービスで大手レーベルと契約
Sony Ericssonは4大レーベルのうち3社と、携帯向け音楽ダウンロードサービスに関する契約を結んだ。(2008/1/28)

ソニエリ、新たなコンテンツサービスとウォークマン携帯発表
Sony Ericssonは来年、DRMフリー楽曲も提供するコンテンツサービスを開始する。ウォークマン携帯の新モデルやWebサーフィン携帯も発表した。(2007/11/7)

Ericsson Strategy and Technology Summit:
世界シェアトップ3入りの鍵は、ブランド携帯とエントリー市場への進出──Sony Ericssonのルイス氏
世界シェアのトップ3入りを虎視眈々と狙う端末メーカーのSony Ericsson。ブランドの名に恥じない機能を持つ端末の開発と、エントリー市場への進出がその鍵になるという。(2007/9/18)

ソニエリ、「SonyEricsson@ez」で音楽配信サービス──「PlayNow」
(2006/12/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。